伊勢原自然農2015年

2015年11月29日 (日)

順調な生育の恩恵


左上 カリフローレ。前回行ったときは拳より小さかったのに私の顔よりでかい。。3歳児だった子供が次に会ったら渡部直美になっていたような衝撃。
左中 寄居蕪が大きくなってきた。そして蕪の普段気づかないくらいの細い根は、こんなにしっかりと土を蓄えることができる。
左下 お隣の畑の方に、馬鈴薯とザーサイを頂いた。ザーサイって、この肥大化した茎を食べるんだそうな。
上中 空豆がようやく芽だし。蒔くのが遅れたので心配したけれど、霜にもやられず元気でよかった。
右上 白菜が一抱えもあるサイズに育った。少々巻きが甘いけれど、自宅使いには上々。
下中 キャベツもだいぶんキャベツらしくなってきた。収穫まであと少し。
右下 今年はおたふく春菊が順調。初収穫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

冬近い畑


今日は餅陸稲を刈った。
去年よりは苗もずっと少なかったから少な目の1把のみである

そしていよいよサフランが開花し始めた。雄しべをそーっとピンセットで抜いて、持ってきた袋にしまった。こんな地味な作業を世界のどこかでやっているおかげで、美味しいサフランライスやブイヤベースが食べられるのである。

本日は花の球根をたくさん植えた
しかしお隣の農家さんによると、そろそろ霜が来るそうだ。うーむ。。もったいないが無駄になってしまうだろうか。

ちょっと寸詰まりの亀戸大根も収穫となった。これを塩漬けにするととても美味しいので大変嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

里芋収穫と野菜長者


なんとなく出かけたくなかったけど、先週も行ってないし、3日に我が家で芋煮会をやるので、2時過ぎに畑に入った。
日が短くなり、2時間もすると夕陽が差してきて大いに焦った。

左上 これで一株分。無肥料ですから用賀のよりずっと少ない。でもなかなか美しい里芋でしょう?

右上 ルッコラとディルの間引き菜。ルッコラは芋煮会で生ハムとともに。残りはディルとイタリアンパセリとともに香味野菜のサラダにしましょうか。

左中 秋になりようやく畑らしくなってきた私の区画。(後ろの草原は別の方のでーす。)

右中 亀戸大根が上手にできました。まずは3本収穫。塩漬けにするとほんとに美味しいのです。

左下 白菜がきれいに巻いてきました。うっとり眺めています。

下中 サフランが育ってきた。雌しべは開花してすぐ摘んだ方がいいらしいので、うまく週末にあたりますように。。

右下 里芋の茎は捨ててきたのですが。あとで畑の大家さんから、これはセレベスかも、食べられたかも。。と言われがっくり。ずいき、好きなんだよね。

本日は収穫物が多くて大変。
里芋、人参間引き菜、ミニ人参、ディル間引き菜、イタリアンパセリ、つるむらさき、菜っぱ色々、蕪間引き菜(こかぶ付き)。

お隣の農家さんにも沢山頂いた。きゃべつ、ブロッコリー、茄子、紅芯大根、レタス。

もう野菜長者状態で、3日の日お裾分けができそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

もぐらと競争


今日も伊勢原。
セイダカアワダチソウがかわいかったので、あれこれ足して母の遺影に飾るブーケを作ってみた。素敵でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

断食あけの畑仕事


『秋の種蒔き1週の遅れは収穫1ヶ月の遅れ』と言われているそうで。
最近気温が低く、今日あたりがもうギリだなあーな種もあり、断食明けの体にムチ打って畑にいく。ひゃー、きっっいわあー。。

左上 今日はてんとう虫を沢山見つけた。可愛くてハッピー。
上中 キアゲハの芋男。3週に渡って捕殺してきた生き残り。こいつらのせいでいくら蕾をつけても一向に種が採れないのだけど。こんなに一生懸命に食べていると武士の情け、見逃してあげるとしよう。
右上 お隣の農家さんに稲藁を頂いた。来年はもっと上手に西瓜を作りたい。
左中 白菜がとても順調で嬉しい。なんというか、土ってすごいね。
真中 ほうれん草の種を蒔きました。蒔くときは右手は素手で。無駄に種を蒔いて先生に叱られたのが懐かしいです。
右中 涼しくなってきたらごぼうがやたら元気。急に身長が伸びた中学生みたいにぐんぐん成長中。
左下 つるむらさきが順調。お昼おにぎり一個でお腹が空いたのでなまでパクパクやった。結構いけます。
下中 大豆が実に順調で喜ばしい。念願の、自分で育てた大豆で味噌が仕込めるかな。
右下 人参の間引き菜もたくさんとれた。白和えにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

梅もぎに雑草とり


2週ぶりに畑にいくと、想像はしていたけれど、ものすごい勢いで雑草が爆発し、草ボーボー。

その上粒マスタードを作ろうと楽しみにしていた芥子菜の種は、見事なまでに鳥にやられていた。声を大にして言いたい。
「お前ら!辛くないのか!」

ところで今日は先日『えいようのわ』という団体のイベントで知り合った女子大生が畑のお手伝いに来てくれるのである。
畑の荒れた様子を確認したら伊勢原駅に女子大生のお迎えに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)


午後から伊勢原の畑。

夕日に光る間引きニンジン。
このニンジン、こんなにちっちゃこいのに、いっちょ前に黒田五寸の味がするんですよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

梅の木の下で茶摘み


今日は畑の大家さんの茶摘みに参加。江戸時代から少しずつ植えたされてきた梅の古木の下に、たくさんのお茶の木がある。それも在来種。(最近のお茶畑はほとんどやぶきた茶と言う品種。)
お茶の新芽が出るときには梅の葉陰になるので、玉露のような天然の被覆効果があるのだ。

かごいっぱいに摘んだ柔らかい葉の香りをかぐと、なんとも言えないアロマが広がる。
昔の人はきっとこの香りを特別なものと考え、製茶法を考えたんでしょうねと、一緒に摘んでいたお茶の先生が仰っていた。

茜たすき姿のわんこ、ときちゃんに見送られて、午後は帰宅。最近本当に忙しすぎて何が何やらな状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

地下足袋が似合う女


昼過ぎて体調が回復してくると、何だか寝てばかりいるのも勿体ない天気だ。
ということで、畑でも行って外の空気に触れようと車を飛ばした。谷間の平日のせいか、東名はガラガラ。

今シーズン初の地下足袋装着。我ながら惚れ惚れするほど似合うのである。

人の区画を見学したあと、椅子を置いて栽培法の本を読んだり、自分の区画の計画を見直したり。畑はやはり気持ちが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

家庭菜園だからできる自然農

午後は伊勢原の畑に。今日は畑ダブルヘッダーだ。

馬鈴薯こぼれ種三兄弟×2ヶ所。
えっ?こんなところに?って場所から馬鈴薯がひょっこり芽を出していた。去年取り残した小芋があったのね。
なんか嬉しい畑のおすそわけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧