セミナー

2012年10月13日 (土)

公園に棲む森の妖精

今日は農大エクステンションセンターにて、
Nec_6035
『キノコ入門 街のキノコ』という講座を受講。
R0019548

講義を受けたら今度は馬事公苑に向かう。
R0019553
馬事公苑ねえ。。そんなところにキノコなんてあるのかしら。半信半疑。

そんな感じで入ったとたん。
「はい、みなさーん、ありましたー。」
R0019556

「ちょっと傷んで来ていますが。」
R0019557
「これは、所謂ポルチーニ茸です。」

うおおおおおおー! いっきにテンションが上がるオレ。

目をさらのようにして公園を眺めるが、一向に見つからぬ。
R0019579 

でも先生方は次々とみっけていく。
R0019562_2 R0019583

見つけては名前を特定して、
R0019596
カードに書いて説明してくれる。

殆どすべてが毒キノコ。でも木漏れ日を浴びてひっそりとはえているきのこは、まさに森の妖精と言う風情だ。
Nec_6038 Nec_6045

これはとても美味しいんだそうだ。
R0019594
ササクレヒトヨタケ。うおー。。 場所を覚えておいて今度採りに来ようかな。

「せんせい、きのこが生えるのは何月ですか?」

「春と秋、5月と10月ですかねー。雨のあとの晴れた日とかがいいですね。」

とる気満々、鼻膨らませるが、なんと公園のきのこは採取NG、今日は特別許可をもらったそうです。がっくし。

ところでキノコは菌糸の花なのだそうだ。
森の中にはヒトの目には見えないけれど、一面に菌糸の森が広がっているのだそうだ。
なんだかとても幻想的な気持ちになる。

これはノウタケ。丁度満開の状態。
R0019587

蕾状態のノウタケ。これは食べられます。  こちらは数日経って枯れてきた菌糸の花
R0019586 R0019588

昼食後はまた教室に戻り、採取したきのこを分類して説明を受ける。
R0019627

実は東京の公園や郊外の山には沢山のきのこが生えているのであるが。
きのこは排気ガスに含まれる重金属とか、都会にばら撒かれている毒素をよく吸収してしまうんだそうだ。

その上フクシマ原発からばらまかれた放射能だ。先生は、近郊野山のきのこはしばらくはあまり食べないほうがよいと言う。

「でも食べるだけではなくて、見て歩くだけでも楽しいものですよ。」と仰った。

確かに。
美しい青空の広がる気持ちの良い秋の日、
R0019559
森に入ると

そこには目には映らぬもうひとつの森、菌糸の森が広がり、
R0019578_2

誰に見られるためでなく、ひっそりときのこがそこここにいる。
Nec_6040
それはとても不思議で素敵な気がするのである。

[森のおまけ]
たくさんのどんぐりを拾った。
Nec_6047
木曜お寿司を頂いた方が、軽井沢の庭に植えたいと仰っていたので差し上げようと思い。
できるだけいろんな種類のを拾ったら、きのこに負けず劣らずとても可愛いのでありました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)