わたしの好きな生産者

2012年8月28日 (火)

出張田園生活 : ウシの幸せ

ギリギリまで決まらなかった夏の旅。西粟倉に行くと決めた後、ならばどうしても行きたいところがここであった。

田中畜産さんである。

鳥取でレンタカーを借りて、田中さんのお宅に伺う。
そこで車を置き、奥さんの車で放牧場に連れて行っていただく。
R0018820


急峻な坂をぐんぐん上がる。
R0018786
放牧場は山のかなり上の方にあります。

電柵を外して中に入ると。。
R0018792
おー!ウシだー!!うしー!!! (大の牛好き、心で絶叫中。)

ウシはウシで、
R0018793
「あれ。だれかきたー。」 とみんなで寄って来た。

りきうし、
R0018808
あまりに嬉しくて写真を撮りまくる。
R0018799
「えー、だれー、こいつ。」
R0018794
と言われている気がする。

この子はたしか、この冬お肉になる『夢』ではなかったかしら。
R0018795

ウシたちの角が、ブルーグレーの微妙なグラデーションですごく素敵だ。これは但馬牛独特のものなのだそうで、お客さんで欲しがる方もいるとのことである。

ここにいる主な牛たちは、お母さん牛。
R0018804
妊娠して安定期になるとこの放牧場に移すそうだ。妊婦さんに運動が必要なのは人間と同じね。

または、何産もお産をしたあと、お肉になる牛もここで最後の夏をすごす。

R0018802
狭い牛舎にいるより放牧の方が牛には幸せなのかと、初めて農業や畜産の勉強を始めた頃は勝手に思っていたけれど。実は放牧は牛にとっても初めはストレスになる というのを、田中さんのブログで知った。

放牧にはリーダーが必要なのだそうだ。そう言えば農大の富士農場に行った時もリーダー牛がいたなあー。。

それにしても、牛のいる景色ってなんて素敵なんだろう。こんな景色がもっと身近に見られたらいいのに。
R0018813
でも農家さんによっては、牛を飼っている姿を見せたがらない方も多いとか。病気とかは心配だけれど、それだけではなく色々な考え方があるようだ。

帰り道振り返ると、帰り道の木のところで頭を掻いている牛がいた。
R0018817
なんだかお見送りをしてくれているようでちょっと嬉しかった。

今度は自宅前の牛舎で牛を見せていただく。
R0018832
牛舎は、明るく風がそよそよとなびき心地良い。

柵に張ってある名前を見ると、お父さんお母さんもわかるようになっている。
R0018833 R0018834
牛に血統はとても大切。

この牛舎には、お母さん牛と
R0018836
(つぶらな目がかわいい♪)

こども牛と
R0018823
R0018827

きゃしゃでかわいい赤ちゃん牛と
R0018824
いろんな年齢の牛たちが暮らしている。

田中さんは繁殖農家と言って、お母さん牛を沢山飼って、生まれた子牛を売る農家さんである。

肉牛の畜産家さんにはもうひとつ肥育農家というのがあり、繁殖農家から牛を買って、育てて肉にする農家だ。最近では一貫経営する農家もある。(そんなことも私たち消費者は意外に知らないよね。)

牛というのはなかなか好奇心旺盛で、もりもり食べながらりきまるのことをチラ見。
R0018829
「アンタ、誰だモ?!」 と言われた気がする。

と、写真をばりばりとっていたら、ふと視線に気づく。

じいっ。。。

身を乗り出して、写真を撮っているりきまるを凝視中の牛。
R0018828

あのう。。なんでしょうか。。。
R0018830
と、寄ってもそのまま、じいーっ! とカメラ目線見つめている。
牛に凝視されるって、なんだか不思議な気である。あはは。

なんとずうずうしくも田中さんのお宅でお昼を頂く。田中夫妻を前にしてなんだか信じられない気持ち。そしていつになく無口になってしまうりきまる。

ちょっと緊張気味のりきまるを
R0018838
人間大好きのねこちゃんがたくさんご接待してくれた。
R0018839
『びびりそろい』の我が家に指導に来てほしいよー。

とこでりきまるが農業や畜産に興味を持って勉強し始めたのは4年ほど前。
丁度仕事でもあまり恵まれない日々だったりきまる。リンクリンクで飛んだ先で偶然田中さんのブログにいきあたった。以来ずっと憧れていた生産者さんの一人である。

会社のパソコンでお昼を食べながら見て、「ああー、ここに行ってみたい。会ってみたい。」と思い続けていたその場に、自分がいることが不思議で信じられない気持ち。

ここの子達は田中さんの収入と夢を支えている。
R0018822

そうして日々ともに暮らし、子供取り上げ、何年もともに過ごす。そんな牛を、最後に出荷し肉にする。その現場を目の前にすると、『命を育てる仕事』の重さに圧倒される思い。(田中さんご夫妻は、そんな気負いもなく淡々とされているのであるが。)

なんだか色々とお聞きしたいこともあったけれど、何か軽々しく聞いてはいけないような気持ちになって、あまり話もできなかった。

牛の気持ちはりきまるにはわからないし、何が牛にとって幸せなのかはわからない。

でもりきまるが牛だったらやはり
R0018811 R0018810
田中さんのお宅の牛になりたいな。
もしかすると牛に幸不幸なんて概念すらないのかもしれないけれど。
R0018814
田中さんの牛たちには、幸せに暮らす生き物のゆったりした雰囲気が漂っていると思う。

生き物は大切に育てて大切に食べたいと思い続けてきた。スーパーの棚に並び、お皿の上のる、お肉のずっと向こう側の世界を見たいとずっと思い続けてきた。

都市に住む私たちと生産の現場、この二つがこんなに離れていていいのかしらとずっと思ってきた。
そしてそのふたつの世界をすこしでもつなぐ仕事をするのが、りきまるの夢でもあります。(それが何かも今はわからないのだけれど。)

田中さん、本当にありがとうございました。(柄にもなく)無口な私でスミマセン。
また牛に会いに行きたい。そして次回はもっと色々とお聞きしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

ふくさとミートソースのゆくえ

通信はあまり好きではないりきまるが、おととしから購入している肉がある。但馬の田中畜産さんの、放牧敬産牛である。

田中さんの取り組みはまた今度じっくりと説明したいと思う。
放牧敬産牛とは、沢山子牛を生んだお母さん牛のことで、田中さんの造語でもある。

田中さんのお肉を買うと、うしうし新聞という冊子が一緒にやってくる。
今回購入したひき肉、それはふくさとの肉。そして今回いただくふくさとが、
R0018330
どんな牛だったかを教えてもらう。猫を長年飼っていても、その性格や個性の違いに驚くが、その何百倍の大きさの脳を持つ牛も、豊かな個性を持っていることを知る。

ふくさとが最後の夏をすごした放牧場。
R0018331
人から見たらはるかに短い命を一杯に生きた場所だ。

今回のうしうし新聞では、屠場で震えながら順番を待つふくさとの写真が載っていた。
そんなお肉だから、大切に肉片ひとつまでちゃんと頂こう。。何にしようかなあー。。と考えて、ハンバーグとミートソースにするとした。実はワタクシのミートソースって結構うまいんだよ。

オリーブオイルににんにくと生姜を入れて、
いい匂いがしてきたらたまねぎのみじん切りを入れて、
R0017878
透き通ってきたら、ひき肉を入れて炒める。

放牧で仕立てる田中さんのお肉は、炒めているとすごく水分が出るのである。
R0017879
調理方法もいつも手探りだが、今回は火を強めにして水分を飛ばした。

セロリ、にんじん、丸ズッキーニなどのみじんぎりを入れて、(マッシュルームなんかもいい)
R0017880
小麦粉を入れてざざっとソテー。(みじんの野菜はあまりいじらずにソテーすると美味しいと聞いた。)

赤ワインを入れて、アルコールを飛ばしたら
R0017882

ホールトマトを入れて、
R0017884

ビーフブイヨンと、オレガノ、ローリエを入れて、
R0017888
ぐつぐつ煮込んでいく。(火入れして冷まし、また火入れして冷ます。)

野菜一杯。しかも草で育ったふくさとミートソース。
あまりにうまくて、ちょくちょく冷蔵庫のストッカーを開けてつまみ食いして、

ちょっとしたアテに、チーズをのっけて焼いたり。
R0017940
ひー。。うますぎ。。

もううまくて、ちゃんとした料理に使う分は一回分だけ残し、殆ど食べてしまいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)