« 刀鍛冶の小鎌 | トップページ | »

2016年8月 9日 (火)


毎年この時期草の勢いにやられ、「もう今年で終わりにしようかなあ。」と思いながら畑に入ると、大抵畑から素敵な贈り物をされる私。そうこうしている間にお盆。そろそろ雑草たちも大人しくなる頃です。
という畑の宝物たちの解説。

左上 草に負けて二株だけしか残らなかった東北ひまわり。見た瞬間、「さー!草、刈るぞ!!」とパワー注入されました。

上中 大豆と紫蘇。日本古来の植物はやはり元気いっぱい。今年も紫蘇の実漬けができそうです。

上右 蛇の脱け殻を発見!お財布に入れておくと金運があがるんでしたっけね。(^-^)

左中 青草を鋤き込んだ里芋は今年も好調。ここで作る里芋は肌がきれいでさらっとして美味しいのです。秋の煮物が楽しみたのしみ。

中心 一昨年巾五センチくらいしか育たなかった三つ葉が大きな株になりました。
おひたしにすると、ちょっと滑りが出て美味しい三つ葉です。

右中 今年も落花生がたくさん咲き始めました。もぐらとの競争、開始です。

左下 ちょっと早いかなあとも思ったけれど。まずは一個収穫です!この子の前世は2年前伊勢原の直売所で買ったすいかの種。それを去年蒔いて、熟しすぎて畑で崩壊したすいかの種だけを持ち帰り今年も蒔きました。
何だか感動します。

下中 生姜がとっても頑張っています。本日は一株だけ収穫。アーユルヴェーダ的に重要食材の生姜。自前の生姜がいただけるのは嬉しいです。新生姜は来週紅しょうがにしようかな。

右下 手入れは大変だけれど、大山をのぞむこの景色を見ると、心が解放されるのを感じます。

|

« 刀鍛冶の小鎌 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 刀鍛冶の小鎌 | トップページ | »