« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月 3日 (日)

刀鍛冶の小鎌


早起きして伊勢原で農作業。大山が美しいが、もう少しすると隣のデントコーンが育ちすぎ、わたしの区画からは見えなくなってしまう。

今日は雑草の海から大豆、落花生、バジル、韮、ダリア、すいか、生姜、きゃべつ、三つ葉を救出。
この夏購入した新潟の渋い草刈り鎌が大活躍。軽い力で雑草の根っこをさくさくカット。何事においてもよい道具はワンダホーであると実感しきりです。Facebookで知人から、「小鎌には『越後月潟住人角兵衛新助』とあります。昨年燕三条に行った時に聞いた話だと、燕三条と新潟市との真ん中あたりにある月潟村では、刀鍛冶から発展した小鎌づくりが盛んとか、角兵衛獅子でも有名です。」と教えて頂いた。江戸時代の刀鍛冶が作る草刈り鎌、かっこいいです。

里芋は、わんわん生えていた雑草を一旦すべて除草したあと、近くの青草を刈って根元に置いてから、鍬で畝だて。青草を鋤き込むと良いと、畑の大家さんに教えて頂いた育て方。

ようやくすいかに花がついた。

ダリアも咲いた。切り花にして持って帰るつもりで植えたんだけど。
マンションで枯れるより、大山を眺めながら枯れる方が花にとって幸せかも。。とそのままにして帰る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »