« 地下足袋が似合う女 | トップページ | »

2015年5月 9日 (土)

梅の木の下で茶摘み


今日は畑の大家さんの茶摘みに参加。江戸時代から少しずつ植えたされてきた梅の古木の下に、たくさんのお茶の木がある。それも在来種。(最近のお茶畑はほとんどやぶきた茶と言う品種。)
お茶の新芽が出るときには梅の葉陰になるので、玉露のような天然の被覆効果があるのだ。

かごいっぱいに摘んだ柔らかい葉の香りをかぐと、なんとも言えないアロマが広がる。
昔の人はきっとこの香りを特別なものと考え、製茶法を考えたんでしょうねと、一緒に摘んでいたお茶の先生が仰っていた。

茜たすき姿のわんこ、ときちゃんに見送られて、午後は帰宅。最近本当に忙しすぎて何が何やらな状態です。

|

« 地下足袋が似合う女 | トップページ | »

伊勢原自然農2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅の木の下で茶摘み:

« 地下足袋が似合う女 | トップページ | »