« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

雑草堆肥作り


早起きして伊勢原に行く。

畑のすぐそばのセブンイレブンの駐車場の真ん前も畑。こんなかわいい直売コーナーがあり、いつも楽しみにしている。
目の前の畑はとても可愛くて、支柱も竹を使ったり、自然な佇まいだ。
大山を望む眺めの良い畑で仕事をしているおじさんを見ていると、羨ましくて、私もいつかこんな素敵な自分だけの畑を持ちたいなと思う。

今日はわけぎ100円、ブロッコリーの小さい芽を集めたの50円、ほうれん草50円を購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


左上から、
エシャロットが食べ頃になってきた。
不気味だったルバーブは、折り畳まれていた葉がほどけてきた。
ルッコラは楽しみにしていた花をつけ始め。
にんにくは随分逞しく成長。
亀戸大根も芽を出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


大きな送電線が何だかアートみたい。

午後から雨の予想だったけど、午前中は素晴らしいお天気。いい風に吹かれて畑仕事をしていると、色々なことがアースされていくのがわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


本日の収穫は、
練馬大根
金時にんじん
菜の花、辛し菜、ルッコラの花
エシャロット

ルッコラの花ってちょっと甘くて美味しいんだよね。去年ワークシヨップで食べて、絶対ここで蒔いて花を収穫しようと思ったんだ。

エシャロット、初収穫。引き抜くとねぎの良い匂いが辺り一杯に立ち込めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


収穫のあとは雨岳自然の会のお手伝い。
一面に広がる雑草を刈って堆肥場に積み上げ糠と完熟鶏ふんをかけてビニールシートで覆っておく。約一年、本当は二年置くと、素敵な堆肥のできあがり。

杭の回りを稲藁や竹で補強してこぼれ出ないようにして、古い草、新しい草を積んでいく。
沢山入るようになかでずかずか踏むのが楽しくて先生に、「子供が喜びそうですよね。」と言うと、
「お母さん達が『汚いからやめなさい。』って言うよ、きっと。」と先生に言われた。
私のなかで、土も草も汚いものではないから、少し驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


綺麗に刈られてスッキリした、講座で使う菜種と麦の畑。

今日の花はオオイヌノフグリとタンポポ。
高知で子供時代を過ごした私には、とても懐かしい花だ。駆け回った高知の田んぼを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


帰って野菜を洗うと、ぱあっと台所に光が差し込むような美しさが現れる。
野菜って綺麗だなあ。。と見とれながら、こんな人間になりたいなとふと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

春にかわりゆく畑


たった1週間で畑は冬から春に生まれ変わろうとしていた。枯葉の畑があちこちに、こんなに菜の花を隠していたとは、とびっくりするほどである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


白菜は沢山の花芽がついていた。柔らかくて美味しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


きゃー!何?このブッキーは。。?

と考えて、秋に枯れてしまったルバーブでは と気づく。 踏まなくて良かった。大きな株に育てて、ジャムを作りたいな。

植物は本当に逞しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


なずなの花も今を盛りと咲いていた。
なずな、またの名をペンペン草。こんなに綺麗だなんて今まで思ったことがなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


咲き乱れる名もなき花がこんなに美しいとは。
ここにチューリップとか派でな花は無用だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

大根の塩漬けを作る


昨日収穫した人参は倍量で薄めた梅酢に漬け、練馬大根は塩漬けに。
きれいに洗ってから半分に切って塩で揉む。今日は4%。本当は3%位の方が甘塩で美味しい。ホーローの容器に入れて重石をする。
私はちょっとした漬け物にはヴィンテージのほうろう鍋を使っています。

この丸い重石は平らなので板を敷かなくても良い優れもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

夕暮れの農作業


久しぶりの畑におそるおそる行く。
蕪と大根にかけていた寒さよけのシートを外す。

ほったらかしの主をよそに、イタリアンパセリもパクチーもにんにくも、逞しく冬を越していた。

空きスペースに亀戸大根、ミックスレタス、二十日大根、黒田5寸(人参)を撒く。

測量しながら今年の区画を作成。黙々とやる作業は楽しく、没頭して無我の境地を体感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


白菜は前回にもまして酷いことになっていて、ケモノにすっかり食い倒されていた。汚いところを取り除き、菜の花として大きくなるのを待つとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


人の気配のない畑は、ケモノ達のワンダーランドだったらしく。
まっすぐ白菜方向に向かうケモノの足跡を発見した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


聖護院蕪と練馬大根を一つずつ離して、種取り用に別のところに植え替えた。(練馬大根は結局根付かなかったけど。)

ケモノ達よ、オレの野菜、食ったら殺す!!(日頃の動物愛護の精神は、はるか大山の向こうに飛んでいった。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)


本日の収穫。
聖護院蕪、練馬大根、
からし菜・ルッコラ・ちりめんからし菜のブーケ
蕪は少し遅すぎて皮が固そう。練馬大根は塩漬けにちょうど良いサイズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


畑に私ののっぽな影がのびる。
あー、何だか帰りたくないなあ。

オトコにも言ったことがない台詞をそっと心で呟く私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


さよなら大山、また来週。

夕暮れの畑もまた良いものだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »