« | トップページ | »

2014年11月29日 (土)

自然農の畑と慣行農の畑


今日は農業クラブで大根と小松菜を収穫。
約半年伊勢原と掛け持ちすると、自然農の畑と普通の畑、同じ農とは思えないとしみじみ。(私のはひどすぎるってのもあるけれど。)一般の農学さんからみると、雑草も虫も野菜の成育もきちんと管理していない畑は、小汚なくてだらしないんだろうな。来年は少なくとも小汚なく感じぬような仕立てにしよう。ここの畑のじゃがいもは、ヨトウムシ大発生でここのところ虫食いだらけなのだけれど。伊勢原の畑には出ない。それだけでも何が違うのか、たまたまなのか、あれこれふたつを観察していこうと思います。


白菜は健やかに大きくなり。来年の葱の苗はすくすく育っている。

葡萄畑はさしずめお芝居の終わった舞台みたいにがらーんとしていて、でも穏やかで気持ちのよい空間だ。

|

« | トップページ | »

農業クラブ2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然農の畑と慣行農の畑:

« | トップページ | »