« 近郊の名もなき農村 | トップページ | 久々の農業クラブ »

2014年7月12日 (土)


ここの野菜たちはメンバーの方々がとても大切にお世話をされていて、豊かな恵みに溢れている。

とりどりの野菜を眺めていると、『収穫の喜び』という言葉が自然に頭に浮かびます。

私は生産者になりたいわけではないし、性格的になれないとも思うのであるけれど。

すごい名人農家の野菜を食べるのも良いけれど、ある程度年をとったら仕事もしながら、自分の食べる野菜は自分で作る、そんなささやかな暮らしに憧れています。

果たして東京に住まいながら、そんな老後が送れるのかはわからないけれど、いつかそうなりますようにと神様にお祈りするとしよう。

|

« 近郊の名もなき農村 | トップページ | 久々の農業クラブ »

農業クラブ2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 近郊の名もなき農村 | トップページ | 久々の農業クラブ »