« 自家製沢庵の喜び | トップページ | 畑はじめ »

2014年2月25日 (火)

過去と未来をつなぐ店

二日酔いの朝。
20140225_104923
頑張って起きだして、ここ、飯能までやってきた。
三系統のバスで行ける  とホームページに書いてあったのでバスターミナルに行くと
20140225_110914
がーん。。  一時間に一本。
早く東京にも戻らないといけないし、仕方ないのでタクシーに乗って向かった。(高かった。・涙)
山に向かって走った先にはまだ雪がたくさん残っている。
20140225_111301
その先は、ここ。
20140225_111346
野口種苗。固定種の種を扱う、知る人ぞ知る種苗会社である。
私たちが食べている野菜、その野菜の種がどこから来ているか知らない人が案外多いのではないかしら。

私がそのことに最初に気になり始めたのは、10年くらい前。ベランダ園芸のためガーデニングショップに行ったときのことだった。
どの袋もどの袋も、みな製造国が海を隔てた遠い国。
たしかに日本は国土が狭くて、安く沢山の種を作るのには大変そうである。
でも例えば戦争が起きたり、国力が弱まって外貨が高くなってしまったら、種を安定供給することが出来なくなってしまうのではないかしら。

次に気になったのは通販のオイシックスを取材したドキュメンタリーを見た時。
長崎で自家採取した種で野菜を作っている農家さんの取材。今や自分で種をとる農家が稀有な存在になっている  と聞いて驚いた。農家が自家循環せず、種といういわば農業の出発点のようなものをすべて他者資本に依存していることに漠然と不安を感じた。

そしてその後、6年ほど前食と農の勉強を始めてから、F1とか雄性不稔のF1とかについて知った。(詳しくは別途記載したい。)
出荷しやすい同じ規格の野菜ができるとか、農家の手間は減るとか、作る側にとって、あと安ければ安いほど良い消費者には好都合かもしれないけれど。[それしかない]状態って、社会のありかたとして不健康ではないかしら。

ということで、神楽坂の瑞花という八百屋さんの勉強会で教えてもらった野口種苗で、今年の伊勢原の野菜の種を仕入れることにした。
20140228_065408
あわせて固定種野菜の育て方や自家採取の方法の本なども買った。

頑張るぞー!いや、頑張らない畑にするんだけれど。

憧れの野口種苗店の前の、つぼみをたくさんつけた木を見上げる。
20140225_111423
憧れた場所に行って、うきうきしながら種を選ぶ。
ずっと昔、ガーデニングショップで種の袋を手に取り首をかしげて考えていたあの瞬間が、今ここにつながっている。

では今この瞬間は、どんな未来につながっているのか?

きっとそれは、多少しんどいことはあっても自分が納得する生き方につながっているのではないかと思うのであります。

|

« 自家製沢庵の喜び | トップページ | 畑はじめ »

伊勢原自然農2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去と未来をつなぐ店:

« 自家製沢庵の喜び | トップページ | 畑はじめ »