« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月19日 (日)

味噌づくり

伊勢原で去年の大豆をたくさん頂いてきた。
20131223_134945
虫食いや形の悪いのもを除いて計量すると430gあった。
エクステンションセンターの味噌の会で、「農家は新豆は使わず、去年の豆で味噌を作る。」と聞いた。そう言えば実家が新潟の農家だという子が、おじいさんは新米を食べないと言ってたっけ。
新しいものは販売用や、次の年の蒔く用に取っておくのだろう。飢饉への備えもあると思う。
私もこの古い豆で味噌を作ろうと思い、麹を探すことにした。ネットであれこれ、色々な地域の麹屋を探す。

実はここ数年愛用している味噌、米五の味噌はパッケージに《永平寺御用達》と書いてある。去年の春に座禅を始めた私。これも何かのご縁とここの麹を使うことにした。
20140118_194327
あわせて大豆も1kg購入。この週末は味噌作り   と意気込んでいたのであるが。
あまりの二日酔いに土曜は一日廃人状態。
金曜の夜に冷やかしておくはずの大豆もほったらかし。    ということで、伊勢原の古い豆は土曜の昼、米五の新豆は夜から冷やかし、日曜にひたすら煮た。伊勢原の豆は古いので数時間前から煮始め、煮上がり時間が揃うようにした。

驚いたことに、冷やかして膨らんだ豆、茹で上がった豆を食べ比べると、不ぞろいで形もいまひとつの伊勢原の豆の方がずっと味が濃いのである。

二種類の豆を混ぜて味噌を作ろうと思ったけれど、二つの違いを試してみたくて別々の樽に収めた。
20140119_220916
左が伊勢原の豆、右は米五で買った豆で仕込んだもの。

途中の写真はうっかり撮り忘れたけれど、面倒だったのは中途半端な量の豆に対する麹と塩を計量することくらい。漬物樽用の厚手のビニール袋に茹った豆を入れて、黒田官兵衛を見ながら踏んだり叩いたりしてひたすらつぶした。

左は使わなくなっていたおひつ。味噌を仕込むには板目の樽でないといけないのであるが、おひつは水分を適度に吸収して発散するため柾目になっている。これだと仕込んでいる間に木から水気が抜けていってしまうのである。

ということで、おひつの中に漬物用ビニール袋を入れて
20140125_202748
味噌を入れて重しをした。
20140125_202759
今年の年末、どんな味噌に仕上がるのか、とっても楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

《マイ土》賃貸開始

去年春、秋と参加した農大エクステンションセンターの講座。
これを受けた人に、講座に古民家のご自宅と畑を提供してくださっているお宅から、畑をお借りできる    という話があり、迷いに迷ってお借りすることにした。

今日は畑の区画整理。何をぼさっていたのか、長靴を忘れてしまい、革靴でのたのたと畑に向かう。
雑草そのままをまさに『開墾』するのかなーと思っていたら、なんとなんとありがたいことに
20140111_100141
畑はきれいに耕されていた。土はふかふかである。

10m四方に区画割をしていく。
20140111_103214

りきまるは200平米を三人でわけてお借りする。約70平米。
20140111_105804
ここがマイ土。いつも参加している農業クラブとかけもちだし、旅に行きたい土地やうかがいたい生産者さんも目白押だし、今年はますます仕事が忙しくなりそうだし。本当にできるのか少々不安でもあるけれど。

お借りしよう!と決心したのは、やはり自分でイチから企画できる場所が欲しかったのと、雑草はえ放題にできる自然農ができる機会があまりに貴重であるからだ。

夏場は農業クラブで忙しいし、夏野菜はそこで調達できるから、ここはちょっと違うもの、そして手がかからないものを植えたい。
ベース作物は、大豆と陸稲のもち米にしようと思う。米と大豆は日本人の基本であるから。

あとは、たまねぎ、にんにく、そして練馬大根を作りたい。どれも固定種。固定種を扱う種屋さんに行ってみたい。

出来た大豆で、味噌をつくるワークショップなんかもしてみたいが、まあ人にわけられるほとできるのかはやってみてのお楽しみである。

そのあとはみんなで新年会。
20140111_094848

焚き火。ナマの火なんて久々に見るなあー。
20140111_124744
この火の中には焼芋がー。。
20140111_113245

大量の粕汁。
20140111_113537 20140111_115242
持ち寄りの料理とか
20140111_115909
差し入れのお酒は先日のがみさんで頂いた東洋美人とか伊勢原のお酒とか。
20140111_113822 20140111_113837

雨岳文庫の山口家からはでんがくとか
20140111_120112

鏡開きのお汁粉
20140111_124047

相変わらずいつまでもお箸をもってがっつきまくった。ごちそう様でした。

[おまけ]
スタッフの方のわんこが、すごくいい子でかわいかった。
20140111_113703
笑っています。
東北の被災わんこなのだそうだ。運をつかんだおりこうさんわんこにみんなメロメロでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »