« 放蕩オヤジ、畑に戻る | トップページ | 今年も人参の収穫 »

2013年6月18日 (火)

出張田園生活 : 援農 初日

「現地の気温、16℃です。」

機長のアナウンスに思わず機内どよめく。6月というのにクソ熱い羽田をでて1時間半。根室中標津空港に到着。
今日から二泊三日、別海町の酪農農家に泊り込み、援農体験をするのである。

まずはアレンジしてくれたJAなかしゅんべつに向かいオリエンテーション。
簡単な説明と、作業着と長靴をいただき、受け入れ農家さんにもご挨拶後、農場に向かう。

JAの入り口にこんな写真があった。
R0022463

品評会に出された牛、つまり『かっこいー牛』なんだそうだ。
R0022464
つまり牛のミスコンである。いや、経産婦もいるかもだからミスコンではないけれど。
たしかにかっこいー体格な気がする。

農場の宿に着く。
深い霧につつまれた農場。
R0022465

美味しい牛乳飲み放題。
R0022466
ヨーロッパで飲んだような濃厚な牛乳。

一休みしたら、外に出て
R0022468

牛さんたちにご挨拶に伺う。
20130618_171736
経産婦。52歳、独身のオレのはるかに先輩。

牛さんたちは好奇心旺盛。
R0022471
「だれ、こいつら?」

「ほら、きょねんもきたわよ。」
R0022470
「あー、とかいのしろうとさんかー。」

コニチハー。。
R0022478

行く先行く先で牛に凝視されるのはとても不思議な気持ち。
R0022477

さて、今日の晩ごはんは、炭をおこしてー。
R0022481

バーベキュー!
R0022483
チクレンさんから美味しいお肉。写っていないけれど、野菜もすんごく美味しい。

農家さんの豚汁とかわらびとか。
R0022484

厚岸のぶりぶりの牡蠣。
R0022485

おいしいバーベキューも素敵だったけれど、同じ地区の農家さんや、農協の方々も沢山集まっていただき、楽しい宴会となった。

受け入れ農家さんは『婚活』もされているそうで、実は別海町と大阪のとある市は提携して定期的にお見合いをしているとのこと。

15人以上のお嫁さんが大阪から別海町の農家にきたそうだ。一大勢力だよねー。あはは。

何しろ別海町の人たちは明るい!その明るさは、大阪人と会い通じるところもあるのかも。

ビール飲みのみ、そんなことを考えながら肉をつついていたらすっかり眠くなってしまった。明日は早い。

|

« 放蕩オヤジ、畑に戻る | トップページ | 今年も人参の収穫 »

畜産と酪農を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張田園生活 : 援農 初日:

« 放蕩オヤジ、畑に戻る | トップページ | 今年も人参の収穫 »