« 伊勢原で製茶作業の巻 | トップページ | 出張田園生活 : 援農 初日 »

2013年6月15日 (土)

放蕩オヤジ、畑に戻る

苗の植え付け以来久しぶりに畑に顔を出した。
行こうと思った日は疲労MAXで寝たきり。その次は雨、その次は伊勢原の臨時麦刈りで浮気。

んな訳で、誘引とか敷き藁とか。夏の収穫に欠かせない地味な作業に参加せずじまいとなってしまい大変申し訳ない気持ち。

まずは先週収穫したじゃがいもを、農協へ出荷用に軍手で泥落とし&選別する作業から開始。今年のじゃがいもはえらく不作で、サイズは小さいわ、青芋(土が流れて日に当たる)が出るわ。とりわけヨトウムシの被害がひどく、虫食いの実がたくさん。

作業を終えて畑に出ると、ベテランさんから、ワタシ分のじゃがいもの畝を掘らずに撮っておいてくれていると言われた。

あぅー。。(感涙)   じゃがいもの植え付けすらしていないのに。。

感動しながら芋を掘る。
20130615_095916
腰がやばいので、四つんばいになってふわふわの土を手で掘ると、わらわらごろごろと真っ白な実が出てくる。

実はこの芋、根ではなく茎が太くなったものなのだそうだ。だから芋は日に当たると緑色になる。そこにはソラニンと言う物質ができる。それはじゃがいもの芽にある成分とおなじ。

ところで畑。ちょっと来ない間の成長加減は恐るべし。
こんな赤ちゃん苗の並ぶかぼちゃは
20130504_121510 

こうである!
20130615_104512

アーチのぼっゃんかぼちゃと隣のズッキーニは
20130504_121530

こうである。
20130615_104501 20130615_104525

きゅうりもかぼちゃもトマトもズッキーニも
20130615_104326 20130615_104432_2 20130615_104451 20130615_104541

枝豆もいんげんも。そしてぶどうも
20130615_104631 20130615_104638 20130615_110813
みな豊かな実りを迎えていた。

たとえて言えば、『妻の出産以来、ろくに自宅にも帰らず飛び回っていたオットが、小学校に上がった息子に久々に再会したときに感じる申し訳なさ』   みたいな感情といおうか。。

して今日の収穫。
20130615_110930 20130615_110936 20130615_110933 20130615_110950

今日何よりも楽しみにしていたもの、それはこの畑のキュウリ。
20130615_110942 
スーパーでキュウリを買うたびに、もうその不味さにがっかりしていたのである。

と言うことで今回の分け前。
20130615_123252
実りの恵みを頂く夏が、今年も始まりました。

|

« 伊勢原で製茶作業の巻 | トップページ | 出張田園生活 : 援農 初日 »

農業クラブ2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放蕩オヤジ、畑に戻る:

« 伊勢原で製茶作業の巻 | トップページ | 出張田園生活 : 援農 初日 »