« 後編 : 炭焼きの煙たなびく奥多摩  | トップページ | 大根の虫取り »

2012年9月29日 (土)

前編 : 檜原都民の森炭焼き体験に参入 

雨も上がった土曜の朝。
R0019277
今日は檜原都民の森で、炭焼き体験をするのでございます!
去年秋、農大オープンカレッジで東京チェンソーズのセミナーに参加したとき、ここで定期的にやるイベントが楽しいと聞き、ずっとチェックしていたのである。

炭焼き小屋前に集合!
R0019284

今日の講師、炭焼きの匠  
Nec_6002
ではなく、実はここの職員の方。昔檜原村でお父様と炭を焼いていたという方が本日の講師である。

炭には1週間かけて焼く黒炭と、24時間かけて焼く白炭があるそうな。
本日焼くのは当然白炭。とはいえ、今から焼いては間に合わないので、実は昨日から炭焼き名人のこの方が仕込んでくれていたのである。

まずは窯の説明。
R0019292
石を積み上げて蓋をした周囲の壁は、石を砕いて作った粘土でできている。とても固い。ここが炭焼き釜ではイチバン大切だからね。

石をいっこどけていただき窯をのぞく。
R0019295
真っ赤に燃え盛る炎。

窯の上に上がると、
R0019296
こんな煙突がある。

この煙突には蓋があり、火勢を見ながら蓋を調節して焼き上げていくのだそうだ。
R0019297
炭焼きの匠が実演してくださる。  げほげほ むせる匠。。 煙そう。。(キケンでもあるね。)

そうして煙は森にたなびく。
R0019288

何ともいえないいい雰囲気。
R0019289
匂いをお届けできないのが残念である。

さて、焼き上がりまでもう少しなのでお昼を食べて待つことにする。(森のお昼ごはんは⇒クリック)

もう少し時間もあるので、プチ木工にチャレンジすることにした。
檜原村の檜でキーホルダー作りである。

木を一枚もらったら、色々な型紙でなく型板からまず好きなカタチを選ぶ。
R0019299
うーん。。迷う迷う。

で、
R0019302
これにしました。

じゃーん。糸鋸でーす。
R0019303
中学の頃使って以来かなあー。。

これで板を、ミシンで布を縫う要領で切っていくのである。コツはゆっくりゆっくり切ること。

ちょっと失敗したけど、じゃーん!できましたー!!
R0019306
嬉しいけど、余った木を捨てるのもモッタイナイな。

てなことで、余った木で小さいおうちを作りましたー!
R0019307

切りあがったのをやすりとサンドペーパーでつるつるにして
R0019308
できあがり!! いやいや、なんか楽しくてはまりそう。糸鋸ほしいなあー。。アマゾンでチェックしたら、1~2万円で買えることが判明。しかしそんなにキーホルダー作ってどーすんだっての。。

なんて遊んでいる間にそろそろ炭の焼きあがりの時間です。 後編に続く。

[おまけ]
都民の森で実にみごとな木を見つけた。
R0019392

美しいなあー。。。
R0019391

思わず見とれて見上げる。
R0019393
これ、まだほんの入り口にある木なのである。

軽い登山を楽しめるコースがあれこれある都民の森。
R0019394
今度じっくり散策に行きたいなと思うりきまるである。

|

« 後編 : 炭焼きの煙たなびく奥多摩  | トップページ | 大根の虫取り »

森と林業を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前編 : 檜原都民の森炭焼き体験に参入 :

« 後編 : 炭焼きの煙たなびく奥多摩  | トップページ | 大根の虫取り »