« 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 大人の民宿 »

2012年8月27日 (月)

出張田園生活 : 里山の朝、美味しい朝食

早朝起きて、散歩に出かけることにした。
R0018597
天気も上々で空気も澄んでいる。

宿のすぐ裏にはローカル線の西粟倉の駅。
R0018602

そこから緩やかな坂になり、田んぼが広がっている。
Nec_5863

ここは棚田オーナー制度の田んぼのようである。側溝を流れる水がとってもきれい。きれいな水で作る米はうまいのだろうなあ。。

もう少し上がるとこんな茅葺の古民家があって、
R0018618
これは星を見るためのスペースのようだ。
R0018619

西粟倉って、コンビニもなくて何にもなくて。
郊外型店もなくて、不思議に看板もあまり見ない。ものすごく田舎なんだろうけど不思議に豊かな感じがする。もっとお店とか一杯あるのに、豊かさを感じない田舎も多いと思う。

農家の軒先で赤く光る玉ねぎとか、すごく古い道端の何かを祭る置物とか
R0018611 R0018615 R0018623 R0018630
玄関先の植栽が竹。自宅前でたけりこ堀ができるのね。。

さて、宿に戻って朝食を頂きましょうか。ユゴー・エ・レオはB&B形式の宿なのです。
宿のお隣にカフェ&ベーカリーがあり、ここでいただくのである。
R0018641

まずはサラダ。
R0018634_2
フランス人のご主人が焼くパン
R0018635_2
美味しいソーセージとたまご
R0018636_2
スムージーとデザート
R0018639
窓から入る風に吹かれて、おいしい朝食。

オーナーのひろみさんとあれこれお話をした。りきまるが興味を持っている畜産の話をすると、先日この宿とこの地域の方々の取材されたTV番組を見せてくださった。
R0018640
放牧で養豚している隣町の養豚&販売している方のあと、ここの宿が紹介されていた。

最後にご夫妻が「夢は必ず実現できます。」と言うのを見て、ちょっとぐっときた。私も何かを実現することができるのであろうか。

部屋に戻り軒下図書館で本をピックアップして、
R0018651

部屋でごろごろしながら読む。
R0018650
あー。。帰りたくないなあ。  自分の家より落ち着く不思議な宿だ。
不思議と言えば、ここも森の学校もクーラーと言うものがなかった。だから暑い。でも夜はとても涼しくて、昼の暑さもかえって気持ちいい。りきまるが子供の頃の夏がここにあった。

ご主人がお子さん二人を幼稚園に送るついでに、森の学校での買い物&駅まで送っていただいた。(お子さんはフランス語、英語、日本語のトリンガルである。すごい。)

森の学校の雪の中での鹿肉バーベキューとか、
6月から7月頃見られる、星のように細かいというヒメホタルとか、
空一杯、びっしりぎっしり振るような星空とか、

そしてユゴー・エ・レオ。
R0018647
またここに絶対にきてみよう。のんびり何泊か滞在してみるのもよいし、フランス語やパン作りのレッスンを受けてもいいね。

西粟倉は、昭和に過ごした子供時代のにおいのする場所でありました。

|

« 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 大人の民宿 »

出張田園生活 : 岡山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張田園生活 : 里山の朝、美味しい朝食:

« 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 大人の民宿 »