« 出張田園生活 : 美しい森を巡るの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 里山の朝、美味しい朝食 »

2012年8月26日 (日)

出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻

百年の森構想。
R0019210
素敵な森だなあ。。 と思って以来、訪れてみたかった西粟倉に行くと決めたのは、夏休みを取るほんの10日ほど前だった。

丁度友人Kと飲んでいる時その話をすると、西粟の森の学校という地域プロデューサー会社のMさんにその場でメールをしてくれた。Mさんに宿の手配だけでなく現地のご案内までいただくこととあいなった。

持つべき物は友である。が、ちょっと緊張しつつ村に向かう。こんな風に初めての人に会ったりアテンドしてもらうのは初めてだから。どきどき。

西粟倉村は岡山と鳥取の県境にある小さな村だ。東京からは信じられんほど遠いと思っていたけれど、6時に自宅近くの駅を出て昼前にはこの地に降り立っているのであるからさほどの話ではない。海外旅行だったら、「6時に自宅出てようやっと飛行機離陸したー」 くらいの時間感覚だね。

まずは森の学校のカフェにて腹ごしらえ。
R0018440

鹿カレーをいただく。
R0018441
美味しい。鹿って美味しいんだよね。お皿がどっしりした木でできていてなかなか素敵だ。しかもカレーを盛っても色が染みていない。

ところで最近の山には、熊やらイノシシやら鹿やらが増えすぎて生態系が壊れている。(温暖化や天敵のオオカミがいなくなったからとか諸説ある。⇒りきまるが聞いたマタギの話)

かわいいとか可哀相とかの前に、適正量を保つためにもう少し獲らなければいけないよね。そして美味しく頂かなくては。
鹿なんかは癖もなくて美味しいから、もっと普通に手に入ればりきまるも食べるのになあ。料理してみたい。

このカフェは土日のみ営業。
R0018447
廃校を改装したので、
R0018449 R0018445
こんなんがそのままある。

窓から入る風が気持ちいい。森のカフェというか、風のカフェって感じ。
R0018442

若いスタッフが多いなー。メニューも彼女らが考えているそうだ。
R0018443

日曜なのでお客さんで一杯。
R0018446


カフェ以外に、西粟倉村の木を原料にした製品も販売していて、興味深々であるがそれは後にして、若杉原生林に向かいます。

|

« 出張田園生活 : 美しい森を巡るの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 里山の朝、美味しい朝食 »

出張田園生活 : 岡山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻:

« 出張田園生活 : 美しい森を巡るの巻 | トップページ | 出張田園生活 : 里山の朝、美味しい朝食 »