« 出張田園生活 : 切ってこその森 使ってこその森 | トップページ | 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 »

2012年8月26日 (日)

出張田園生活 : 美しい森を巡るの巻

酒井川源流の若杉原生林は、今回の訪問の目的のひとつである。


車で上り口に向かうと、美しく間伐された木々が目に入る。
R0018452
「きれいですねー。。これが百年の森ですか?」と聞くと、
R0018457
「ここいらはまだもう少し樹齢の浅い木です。」とのこと。

それにしてもきれいだ。
R0018463

こんなにきちんと間伐し、下草を刈った森は関東近辺では見たことないと思う。
R0018453
そんな森が観光用に一箇所ではなく延々続いているのである。

と感動してる間に、登山口につきました。ここまでは完全に人の手で作られた森。
R0018467
ここからはうって変わって自然のなすがまま作られた森である。

Mさんのスタッフにご案内いただくが、
R0018520
くっ、熊鈴。。  熊、大丈夫ッスか。。? とびびるが、トレッキングしている人もたくさんだから、こんなに人間臭いところに熊は来ないはず。

若杉の森は静かで豊かだ。
R0018466 R0018473 R0018476 R0018485
川に沿って森を登っていく。
ブナの木って気高いなあー。。といつも思う。
R0018508


この森では一切人の手を入れることが禁じられていて、
R0018480
台風で倒れた木もそのまま。道をふさぐ部分を切るくらいである。

木漏れ日のスポットに
R0018498
きのこが生えてるー。

暑いけれど、木陰を吹く風は気持ちいい。
R0018507
森のカフェもそうだったけど、暑いけれど気持ちいい って感覚、最近はなかったっけ。

ところでここは鳥取と岡山をつなぐ重要な街道のひとつだったそうで、
R0018469
昔むかしの人が敷いた石畳があったり、

峠には、ここにだけ
R0018511 R0018512
目印にと昔の人が植えた二本杉が立っていたりする。

ようやく頂上です!
R0018515
山登りが苦手なりきまるでも楽に歩けるハイキングコースであります。

苔むした岩とか
R0018528 R0018530 R0018533
きれいな川とか眺めながら森を抜けたあとは、

たたら製鉄跡地に向かいます。
R0018542
たたら製鉄とは、昔から日本で行われた製鉄の技法で、山で取れる砂鉄を使った製鉄だ。
今は森になっているけれど、
R0018541
昔はここらへんに集落があって刀剣なども作っていたそうである。

こんな鉄のくずがたくさん落ちていたよ。
R0018548 R0018549

さて、いよいよりきまるをここにいざなった百年の森。

オー。。。これがそうなんだー。。
R0018553
始めて見る、美しい人工の林。
思わず空を見上げる。
R0018552

三越前の地下街でチラシを手に取ったあの瞬間が、今につながっている。
R0018551
写真におさめきれないうつくしい空間にたたずんで、出会いの不思議さを実感するりきまるでありました。

|

« 出張田園生活 : 切ってこその森 使ってこその森 | トップページ | 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 »

出張田園生活 : 岡山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張田園生活 : 美しい森を巡るの巻:

« 出張田園生活 : 切ってこその森 使ってこその森 | トップページ | 出張田園生活 : 森のカフェで腹ごしらえの巻 »