« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月23日 (土)

じゃがいもの収穫

ベランダのじゃがいもがすっかり枯れた。
R0017548
今日掘り上げるとしよう。

植えたのは3月18日。
Nec_5222
農業クラブで余った種芋いっこをもらって帰った。

1か月後、4月22日。
R0016460
ここで三個出た芽のうちひとつを取って、二本仕立てにした。

4月29日。
R0016571_2
だいぶ大きくなったなーと思ったけど、こんなもんじゃない。

5月22日
R0016993
ぐんぐん伸びる伸びる。
花芽が出てきていたので、
R0016909
いっこは取って、いっこは残した。じゃがいもの花ってかわいいから好きなんだよね。
R0017210
(これはよその畑の花。)
なぜか残した芽には花が咲かなかった。

6月6日。少し葉っぱが枯れてきたけど、
R0017330
殆ど肥料もあげてないし、ぎりぎりまで放置することにした。

して掘り上げる。どきどき。
R0017550

小さいのが5つほど。
R0017551
はつしゅうかくですー!嬉しいなあ。。

すぐ洗って、茹でて塩とかバターをつけて食べた。
R0017552
味はと言うと。。    うーむ。  フツーのじゃがいもですね。でもベランダで初めてじゃがいもを育てて、なにやら嬉しい私であります。

来年は珍しいお芋にしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

フクシマと農業クラブ

昨日の雨でまたまた土曜の農業クラブが順延された。
まだ天気はイマイチだけれど、今日収穫しないとじゃがいもが大きくなりすぎてしまうとのことで、農園に飛んで行く。

地元の幼稚園で掘るところ以外、全部収穫してしまうのである。
Nec_5572

一週間で、随分芋が大きくなっているのがわかる。
Nec_5570
こういうのを見ると、植物ってすごいなー。。と思うのだ。土と水と光だけで、これほどの糖質を短期間に形勢できる能力に対して、尊敬の念のようなものを感じる。大げさですけどね。

掘った芋を畝の間の溝にぽんぽん入れていく。
Nec_5571
大漁です!
芋だけでなく、ズッキーニやきゅうりが随分育っている。
Nec_5581

縞々ズッキーニ。
Nec_5574
ふだん良く見るの。
Nec_5575
丸ズッキーニは大漁だった。
Nec_5573

かぼちゃもだんだん大きくなってきた。
へちまみたいに大きくなる丹生川かぼちゃの赤ちゃん。
Nec_5576

坊ちゃんかぼちゃ、新生児ってとこですかね。
Nec_5580
幼稚園児サイズ
Nec_5577
小学生サイズ
Nec_5578
高校生くらい?
Nec_5579
収穫まではもうちょっと先ですね。

ということで、みんなで収穫物をチェック。
Nec_5582 Nec_5584 Nec_5585 Nec_5586_2
じゃがいもはなんと120kg!
25kgを農協に出して、15kgは指導いただいている農家さんに差し上げて。

残りをみんなで分けて、なんと。。
Nec_5583
バケツ一杯の配当がありました。ひやー。。

野菜の成長を見守り、
Nec_5587
収穫を喜べるって本当に幸せだね。


一方最近とても悩むことがある。
りきまるの下の弟は、放射能がすごく怖いらしく、食品の産地が確かなものしか食べない。だから先週かーちゃんちに置いてきたじゃがいも、上の弟は持って行ったが下の弟は受け取らなかったそうだ。
弟からすると東京の土も、少なからず被爆しているということかね。

ちょっとむっとしたけれど、これから子供を作る人、今子供を育てている人にとっては(程度の差はあれ)、とても真剣なことなのかもしれない。

でも生産者のことを考えるとね。食べ物を作るという仕事の尊さを、最近しみじみ感じるのである。

とあれ、大漁のじゃがいもや、これから爆発的に取れる夏野菜を誰にあげようか。あげていいのか。
ここの生産物は大丈夫と思うけれど、放射能検査をした訳ではない。

現実に直面し、本当の生産者さんの辛さ、悔しさ、むなしさ、やりきれなさを、改めて実感するりきまるである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

再挑戦

ブラックベリーとラズベリーは、ベランダにあるといいなあー。。と思い続けていた果実である。
が、今までに何度となく枯らしてしまっていたのである。どうも夏の暑さがだめなようだ。

でもたわわに実るベリーを夢見て今年買い足し再挑戦。
R0017419
ラズベリーと
R0017421
ブラックベリー
R0017420
夏までは室外機のあるベランダに置いて、エアコンをかける季節になったら西側のベランダに移す予定。本によれば、日照がやや少なめでも大丈夫なんだそうで。

実が熟して、今年初収穫である。
R0017422
ほんのちょっとなので、毎回ヨーグルトに入れて楽しんだ。
R0017423
ジャムが作れるようになるといいのになあー。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

じゃがいも初収穫

昨日雨だったので農業クラブのじゃがいも収穫が今日に変更になった。ラッキー♪
大喜びで畑に行く。
Nec_5497
4列植えたうちの一列を今日試し掘りするのです。

まずは葉っぱを鎌で切ってもらったら、手で土を掘る。
Nec_5500
土は柔らかいので手でさっくり掘れる。

土の中から真っ白なじゃがいもが出てきた。うわー!嬉しいー!
Nec_5502
じゃがいもって、こんな風に地下茎につながって栄養をもらっているである。
Nec_5506
よくみるとへそみたいにへっこんでるんだよね。
ちょっと掘るだけで
Nec_5505
ごろごろじゃがいも。
面白いことにじゃがいもにも個性があって、多産型の苗にちょっとしかできてない苗とかまちまちなのである。

掘り上げた芋は、かぼちゃのアーチの敷き藁の上で乾かした。
Nec_5510
掘り終えた畑はもう一度土起こしをして、
Nec_5511
小さいじゃがいもが残っていないかチェックチェック。残っていると次の作物を植えたとき芽が出てきてしまうので。

そのあとは、のびて来ているかぼちゃの誘引。
Nec_5512
ズッキーニもぐんぐん成長中。
Nec_5513

苦瓜といんげんもつるを巻いてきたよ。
Nec_5523 Nec_5522
ぼっちゃんかぼちゃは可愛い実がついた。
Nec_5518 Nec_5519
ゴツゴツしたかぼちゃも最初はこんなにかわいいんだよね。

里芋と枝豆はまだちょっと小さい。
Nec_5498 Nec_5521

ところで今日はコリンキーという生食かぼちゃがの初収穫があった。
Nec_5517
(自分の手がすっかり『農婦の手』と化している。・涙)

あー、天気良くて気持ちいいねー!
Nec_5516
本日の作業終わり。
Nec_5525
夏野菜は控えめだけど、

たった一列でじゃがいもはこんなである。
Nec_5524
種芋10個でこの収量。この効率のよさがヨーロッパの人たちを支えたという点はとても納得できるよね。

ところで刈り取ったじゃがいもにはこんな実がついていた。
Nec_5507
じゃがいもが実はナス科で、トマトとも親戚だということが良くわかるよね。

「食べられるんですかね~?」と農家さんにお聞きすると、

「たべられないって事はないけど、『売ってない』ってことはうまくはないんだよ、きっと。」

とのこと。

而して、悪食りきまる、持ち帰って味噌漬けにしてみたが、やっぱり美味しくなかったのでありました。

さあ、今日は掘りたて、ビタミンたっぷりのじゃがいも料理だ!⇒クリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

青いトマト

土曜にもらってきたミニトマトの未熟実。
R0017301
洗って、
R0017302
切ってみると、中はちゃんとトマト。
R0017303
ネットでレシピをみて、半分はジャムに
R0017304
あともうひと煮と欲張って焦がしてしまった。がーん。。(涙)

ということで、半分はピクルスに致しました。
R0017306
ジャム、結構美味しかったのになあ。。 ちょっと残念でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

久々の農業クラブ

久々の農業クラブ参加。すっかりと畑らしく変貌していた。
Nec_5435
茄子にてんとう虫がついている。
Nec_5442

コリンキーにはかわいい花がついた。
Nec_5436
去年は植えっぱなしにしていたズッキーニ、
Nec_5437
今年は支柱仕立てにしている。
あともう少し。。の実がたくさん。
Nec_5438 Nec_5460 Nec_5461 Nec_5462
楽しみである。

アーチ仕立てのきゅうりにちっちゃい実がついていた。
Nec_5451
トマトもぷりぷりの青い実。
Nec_5443
実に健康そう。
ミニトマトも含め、こんな風に
Nec_5458
紐で吊って誘引。
Nec_5459
下のほうの枝についたミニトマトは、
Nec_5454
苗を太らせるために青いうちに切った。

みんなが捨てると言うので、
Nec_5456
もらって帰る。ピクルスとかにしてみよう。

枝豆はまだ少し小さめ。
Nec_5452

で、今日の作業は
Nec_5434
インゲンとナスに敷き藁。雨の季節、泥はねで葉っぱが病気になるのを避けるのである。

この敷き藁、なかなか奥が深く、風下から風上に向かって敷いていく。こうすると風で飛んでしまうということがないのである。

お百姓さんって実は知恵の塊だよなと、畑に来るといつも思う。

葡萄もね、
Nec_5463
実をつけるためには沢山のことをしなければならないのた。
ほっとけば実が生るわけではない。そんな知恵を学ぶ楽しさも、このクラブの面白さであるのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

採り時を過ぎた葉

トウ立ちして葉っぱも育ち、いい加減採り時を過ぎた三つ葉と芹を収穫。
R0017251
大体芹なんて早春に摘むものであるから、どちらも女に例えればりきまると同じ50代以上であろう。。。(涙)

ということで、ねぎと一緒に薄味の出汁で煮込んだ共食い湯豆腐のお味はと言うと。。
R0017253
やっぱり葉っぱは少し堅くて。でも香りはまだ健在よ。  と、ちょっとばっか自分と葉っぱに強がりを言いつついただきましたとさ。

やっぱり来年は美味しい時期に収穫しようっと。くっすんすん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »