« 『ものには適量というものがある』 を知る日 | トップページ | イタリアンパセリの収穫 »

2012年5月 5日 (土)

ゴンベが種撒きゃ

今日はりきまるが参加している農業クラブの、苗の定植の日である。
去年は6月から加入したので、定植は初めて。なんかどきどき。

数日前に、定植の手順と心得が送られてきたのを読んで参加。それによると、苗は赤ちゃん。そして定植は赤ちゃんのドキドキの畑デビューなんだそうな。

加えて、赤ちゃん苗は弱くて折れやすい。
そしてぽっきりいってしまうと、その分夏の収穫が減る。農家だったら収入を左右する大切な作業だ。

まあそんな色々はどーでも良いほど今日はいい天気!

農園に着くと、
Dsc_0045
赤ちゃん苗たちが勢ぞろいしていた。

トマトとか、きゅりとか、なすとか、ピーマンとか、ズッキーニとか、かぼちゃとか。
Dsc_0046 Dsc_0048_2 Dsc_0049 Dsc_0050 Dsc_0051
うふふ。嬉しい♪

さてさて。みんなで苗を畑に運んで準備できたら、

農家さんに植え方を教わる。
Dsc_0052
赤ちゃんをベッドに寝かせるみたいに、そーっとね。(つーか、ほぼ赤ちゃん、人生においてまともに触ってませんよ、オレ。・涙)

トマトときゅうりも植え終わって、
Dsc_0057

ピーマンと茄子の畑では、
Dsc_0058
ビニールにシャワーをあてながら灌水中。たっぷり灌水して保湿すると着根がいいそうな。

そのあとは枝豆の種まき。
縄すりと言って、向こうとこちらで縄をもって地面をごりごりとやると、
Dsc_0053
種を撒く筋ができてまっすぐ植えられる。あたまいー!

筋の跡に溝をさくってから、一箇所にふたつぶずつ撒くと、
Dsc_0054

ベテランのおじさんが土をかけていく。
Dsc_0056

終わったら紗をかける。
Dsc_0059
「なんでですか?保湿?」と聞くと、

「昔から言うでしょ。ゴンベが種まきゃカラスが食べるって。」

なんとなんと、鳥はどこかからじーっと種まきしている様子を見ていて、紗をかけないとほじくって種をたべちゃうんだそうです。すごいよねー!

じゃがいももだいぶ大きくなってきたが、
Dsc_0062
やはり草丈が短い。りきまるのうちのじゃがいもは明らかに日照不足である。まあ仕方ないか。

去年の畑には、緑肥をまいていて、
Dsc_0061
びっしり緑のじゅうたん。豆科の植物は土が肥えるよね。
Dsc_0060

ということで本日の作業終了!
Dsc_0064
指導する農家さんのぶどう畑のはじっこで手を洗う。

気持ちいいなあー!
Dsc_0063
もっと頻繁にこれるといいんだけれどなあ。。

|

« 『ものには適量というものがある』 を知る日 | トップページ | イタリアンパセリの収穫 »

農業クラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴンベが種撒きゃ:

« 『ものには適量というものがある』 を知る日 | トップページ | イタリアンパセリの収穫 »