« 過酷な環境で育つじゃがいも | トップページ | ガーデンセンターの楽しみ »

2012年4月28日 (土)

連休初日の直売所めぐり

本日訪問するのは、用賀地区の直売所。

用賀駅周辺の路地路地にはいまだ農家が点在していて、小さな畑の横で直売所を出していたり、農家を営む自宅の玄関先で野菜を売っていたりする。
一回りすると、スーパーでは買えないとれとれの季節の野菜が手に入る。

まずはここ、目印は用賀中学校。裏の通り、中学のはす前にある。
R0016531
畑からとりたてで水が滴っているキャベツと、菜花と春菊をいただいた。

今日は連休のためか、開いているのは二か所だけだった。
もう一箇所は、上の直売所の一本北の通り、環八寄りにある。
R0016535_2
蕗200円、小ぶりな八つ頭300円、絹さや200円。
ここで、見るからにやわらかそうな蕗と絹さやをいただく。

たいがいは後ろの畑でとれたものだけれど、畑の状態は
R0016534
まだ定植準備といったところである。蕗はなかったので別の畑から持ってきたものなのかもしれません。

ところで以前、この直売所でジャンボししとうというのを買って食べたら、あまりにうまくて悶絶した記憶がある。
野菜のうまさは、土、育て方は言うまでもないが、品種の選定もかなり大切なんだよね。
直売所の野菜は、日持ちして流通に向かないけれど味はいいという品種が多いから、余計うまいのかもしれない。

三箇所目は、農大の食と農の博物館の南端、ちょうど馬事公苑の入り口前で、進化生物学研究バイオリウムという施設の入り口にいつも出展している。
R0016537

ここの特徴は、色々な種類、
R0016538
特に変わった品種のものが手に入ること。あと、洋モノの野菜も多いね。

今日はこの農家の作った
R0016536
ルッコラを買った。
この小さいルッコラ。スーパー売りのものとはちょっと違って、ぴりっと辛い。
R0016542
でも味がぎゅーっと詰まっておいしい。
農大OBの作っているしいたけは、ちょっと高いけど本当においしいよ。
R0016539
運がいいと研究所で飼育している鶏の、取れたてたまごが手に入る。以前ブログにアップしたアローカナという青いたまごもここで買った。

で。

本日の戦利品。
R0016541
『裏の畑でとれました。』状態のとれとれちゃんたち。
直売所の野菜を抱えて帰る瞬間は、実に幸せである。

ふきの葉もぴんぴんだー!
R0016546
さあて、どうやって食べようかなあー。。

⇒ この日の晩ごはんはこちらにて。

|

« 過酷な環境で育つじゃがいも | トップページ | ガーデンセンターの楽しみ »

● 直売所めぐり 東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休初日の直売所めぐり:

« 過酷な環境で育つじゃがいも | トップページ | ガーデンセンターの楽しみ »