2007年1月 8日 (月)

さよなら New York

NY最後の朝。土砂降りの雨である。
ベーグルを買って、どこかのカフェで通勤客ながめながら朝ごはんと思っていたけど、諦めて部屋で食べることにした。

[朝食]
・ベーグル             ・コーヒー
・グリーンマーケットのサラダ
2007_01090678











ベーグル2個はお土産用。今朝もサラダ、野菜の生きた味がしておいしい!

さて、雨の中空港行きのバスに乗りに、グランドセントラルに向かう。
2007_01090679 2007_01090680










JFKとラガーディア行きのバスをボーっと眺めながら突っ立っていた。
なかなか来ないなあー。あれ?場所間違ってる?(前回りきまるはJFKだったのだ。)
バスの運ちゃんに、「ニューアーク行きってここでいいんだっけ?」と聞くと、あっちの角を曲がった先だよと言われ、あわてて飛んでいく。

オーマイガー。。。!
角を曲がると、乗る予定だったバスが発進していくところだった。
どーしてりきまるっていつも。。。(この旅行中繰り返した愚痴。)

ま、15分起きにくるからいいか、とたかをくくっていると、さすがの雨の月曜、道が混んでいるのかなっかなか来ない!!

途中も渋滞につかまり、チェックインは、出発の1時間45分前であった。満席の帰国便なのに。危ない危ない。

2007_01090682[お昼の一服]
・ビール
飛行機に乗り込み、ほっと一息。
大好きなこぐれひでこさんの文庫本を読みながら乾杯。
毎度思うが、食い物の本を読みながらもの食うりきまるって、ほんとに食い意地の塊みたいな女である。



[昼食]
・鱈のアジアソース  ・スモークサーモンのサラダ
・赤ワイン
2007_01090683










パンとクッキーは食べなかった。

メニューにはっきりと『鱈』と書いてあった。が、どう見ても、色も味も『鮭』なんだけど、どうなんでしょうねえー。。。

2007_01090687[夜の軽食]
・ビーフパテとチーズのホットサンド
・ビール

行きのより全然おいしい。外国の航空会社で出る、こういうホットサンド、りきまる大好き。





さて、長旅であるが、本読んだり、酒飲んだり、音楽聴いたり、うとうとしたりでリラックス。。。と言いたいところであるが。

風邪引いたな!!!オレ!
道中くしゃみがガンガン出.るのである。

到着の翌日、スーパーで色々と見ていたらくしゃみが出た。横にいた店員さんがりきまるに「Bless you.」と言った。
あとで友人に、こういうときなんて返すの?と聞いてみた。
「Thank you. だよ。『Excuse me.』『 Bless you.』『 Thank you.』の三点セットなんだよね。」

そしてりきまるがくしゃみをする度、となりのおじさん、「Bless you.」と言ってくれる。
ああ、聞いといてよかった。って良くないけどさ。
教えられたとおり、『Excuse me.』『 Bless you.』『 Thank you.』を繰り返して帰ってきた。

道中映画は見ず、モニターに地図を表示して、時々自分の位置を確認。
北極を抜ける頃のモニター。
2007_01090688










ああ。。NYって遠いんだねえ。。。
北極をはさんで日本とま反対だ。
どんどんNYが離れていく。ちょっと寂しい気持ち。

2年前、色々疲れちゃったときもNYに行ったんだよね。

今回もりきまるの新しい門出になる年の始まりに、沢山充電してもらって帰れるのをとってもうれしく思う。

NYの街にパワーをもらい、ここのところのゴタゴタで見失っていた、本来の自分を取り戻すことが出来たと思う。
そういう意味で、今回の旅は、『自分を再生する』旅であったのだ。

さよならNYC!
楽しい思い出を沢山ありがとう。
りきまるが東京の次に大好きな街。また必ず、ここにやって来ます。

それまで、しばし、お別れです。それではまた。
2007_01090572 2007_010905732007_01090598 










**********
皆様、新年早々ながながと特別バージョンにお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
明日から、りきまるダイエット日記は、シンプルな通常バージョンに戻ります。
引き続きご愛顧くださいますようお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

歓迎と祝福と音楽に満たされる一日

M1のバスに乗ってハーレムに向かうりきまる。
NY実質最後の日の今日、教会に行くのである。
バスに乗って

2007_01090617[朝食]
・ベーグル
・グリーンマーケットで買ったりんご
・同じく、サラダ
・コーヒー

今日もでっかくておいしいベーグルをぱくぱく。




どんくらい大きいかっていうと。。。
2007_01090618
自慢じゃないが、でかいりきまるの顔、その半分ほどもある大きさなのであったー。



ふぉっふぉっふぉー。



さて、今日は再びハーレムだ。
2年前に来たとき、教会の礼拝でゴスペルを聞きたいと思っていた。
が、つまり礼拝ってさ、ひとんちの法事に顔出すようなものである。信仰の場に物見遊山で入るのもどういうもんかなー。
ロンリープラネットではいくつかの教会を紹介していたが、前回はやめておいた。

友人から、Canaan Baptist Church がとてもフレンドリーで観光客を受け入れてくれるから行ってみなよと言われ、今日を楽しみにしていた。

ハーレム、日曜の朝。
2007_01090620 2007_01090621 2007_01090622 2007_01090623





落ち着いた素敵な住宅街に見える。

アパートなんて、へたすりゃ日本の方が質素で貧しいかもさ。

さて、緊張しつつ教会に入る。
入り口で「2時間くらいかかるが。stay?」と聞かれる。
もちろんですとも!
記名帳に名前と国を書いて、教会に入る。

教会は、着飾っておしゃれした人達で一杯である。
日本人はぜーったい似合わないような帽子やスーツにドレス。でもすごくすごく素敵だ。

皆口々に、「Happy New Year !」と挨拶して、機関銃のようなおしゃべりをしている。
そうか、今日は新年最初の礼拝なのだ。

11時少し前、礼拝が始まる。
明るい曲の次、ろうそくの火を持った人が登場すると、切ない曲に変わる。
いきなりりきまる、ただーっと涙が出てきた。あわててかばんをあけてハンカチを取り出すが、間に合わず床にぽたぽた落ちた。
どうしたんだろう。なんだか心の奥に手を突っ込まれて、一番傷ついて、でもひたすら隠してきた場所に触れてもらったような、そんな気持ち。

一緒に聖書を朗読したり、歌を歌ったり。ゴスペル隊の音楽には、皆で立ち上がって手拍子、リズムにスウィング。でもこれってつまり賛美歌なんだよねえ。

渡された冊子に楽譜が載っていたゴスペルを全員で歌う。
りきまるは実は子供の頃からピアノとエレクトーンをやっていた。
のだめカンタービレではないが、初見で譜は読めないが、曲を数回聴けば覚えてしまうまである。
歌詞二番はぼちぼち、三番はちゃんと歌えた。自分のしまいこんでいた能力に感謝。

本日参加している観光客の紹介もしてもらう。
オーストラリア、カナダなどなど、次々に国名を呼び上げられる。次々立ち上がるビジター。最後に「and Japan.」。りきまるだ。
神父様の歓迎と祝福の言葉。
隣のおばあさんが立ち上がり、手を握って、祝福の言葉を言ってくれた。なんだか泣きそうになった。

席につくと、後ろのおじいさんがりきまるにぼろぼろの聖書を渡してくれた。
色んな国の言葉で書かれた祝福の言葉。りきまるのために日本語のページを見せてくれる。胸が一杯になる。

神父様のお説教が入れ替わり始まる。皆、問いかけや語りかけに「Yes!」「Yes!」口々に答える。欧州の教会やお寺ではありえないよね。バックには聖歌隊やバンドがソウルフルな音楽。
教会全体が音楽と言葉で一体になる。
言葉はところどころしかわからないが、心で感じている。
自分がここにいることが信じられない。映画か夢の中に紛れ込んでしまったような気持ち。

聖体拝受の儀式のあと、もう終わりかあー。とコートを持って立ち上がると、今度は別のおじいさんが、手をつなぐポーズをりきまるに促す。
振り返ると皆が手をつなぎ、最後のゴスペルを歌っている。
りきまるも隣の人達の手を取り、歌った。
ゴスペルとは『聞きに行く』ものではないんだねえー。『彼らと祈りの時間を共有する』一部にゴスペルがあるんだ。

最後におじいさんに心からお礼を言った。
「『Good Bye』は日本語で何て言うんだい?」
「『さよなら』です。」
「『さよなら』。じゃあ『Good Morning』は?」
「『おはよう』です。」
「そうかい。『おはよう。』 NYに来たら、また必ずここにおいで。歓迎するよ。」

教会を出て、通りを歩く。もう2時過ぎだ。
温かい歓迎と祝福と音楽に満たされて、全くお腹が空いていない。不思議だ。
カスカスでカラカラのスポンジみたいになっていた自分。でも今はぎっしりと充填されている、そんな気持ち。

バスに乗って再びマッハッタンに戻った。

バスの中で大切なことに気がついた。
両替をしないと、全然ドルがないのだ。オーマイガー。。
しかもホテルで教えてもらった両替所は3時でしまってしまう。うーん、どうしよう。。

でもメトロカードもあるし、カードでメシも食えるし、部屋にビールあるし。まあいっか!(ほんとかよ。)セントラルパークぷらぷらして帰っちゃお!
てなことで、グッゲンハイム近くでバスを降りる。

セントラルパークは穏やかな冬の陽に包まれている。
2007_01090625
2007_01090626_1 池の周りはジョガーが沢山。りきまるの友人も、初めてのNYで、セントラルパークをジョギングしたって言ってたなあ。







冬を示す赤い実と              寒桜
2007_01090632 2007_01090630






今年初の桜だね。

日が傾いてきた公園を、気の赴くままにじくざくと歩く。
2007_01090631










昨日に比べるとぐっと寒い。
2007_01090633 2007_01090636_1 2007_01090637_2 2007_01090641 2007_01090642 2007_01090643






この時点でりきまる、所持金は小銭引っかき集めても400円ないぞ。大丈夫か?オレ!
ほんと、この女は、どっかいっぽんネジが飛んでる気がするのだけどさ。のんきに写真なん撮ってて本当にいいのかよ。

さすがにびびり、グラセンの両替所でドルを仕入れる。
ちょっとほっとして、お土産買った後、地下のコンコンースでビール。
[夕げの一杯]
・ボストンの地ビール
2007_01090645 2007_01090649









これからスタテン島のフェリーでマンハッタンの夜景を見るのだ。
そのあたりに食事するとこはないし、ここで食べようかな。聞くと6時には閉まるという。

そういや、今回ハンバーガー食ってない。チーズバーガーとオニオンリングフライが食いたい~。

[夕食]
グラセンの地下のレストランにて
2007_01090647










(りきまるの席から見える景色)
・チーズバーガー   ・付け合せのピクルス       ・ビール
2007_01090651 2007_01090652









はっはっはっはー!
このピクルスがまた、すんげえ甘くてまずいのだ。(笑)
最近まずいものを発見すると大変嬉しいワタシ。

ではバーガーに行ってみよう!

2007_01090654・・・・










むりっす。。。
こんなにおっきく口、あかないっす。
ウェンディーズのダブルバーガーは好きだが、これはパテ4枚のせ以上のど迫力なのだ。

2007_01090655かじってみた感じはこんな。
顎関節症が悪化しそうっす。




腹九分目くらいまで食べて残した状態はこーんなであった。

食前                     食後
2007_01090650 2007_01090656





場所が場所だけにちょっと高いね。次回は街のハンバーガー屋に是非行かなくっちゃ。


2007_01090657ではでは!
腹も一杯になったし。
りきまるのNY旅行最終イベント、スタテン島フェリーに乗りに行きますか!!!





地下鉄駅を出ると、スタテン島フェリー乗り場。
2007_0109065830分起きに、24時間運行されるこのフェリーはタダなのである。
海から見るマンハッタンを存分に楽しめるということで、楽しみ楽しみ。ノラ・ジョーンズの二枚目のアルバムを聞きながら2階デッキに入る。
昨日より寒いとはいえ、ここで風切っても全然平気なくらいの寒さである。

いざ出航!
りきまるの目に飛び込んでくるマンハッタンの夜景。
2007_01090659 2007_01090660 2007_01090661










遠くに見える自由の女神。対岸のきりん達。(貨物のピッカーね。)
2007_01090662 2007_01090663





スタテン島のあかりが見えてきた。
マンハッタンは遠くかすんでいるが美しい。
2007_01090665










真ん中の緑はエンパイアステートビル。

ここで一旦船を降りて、またマンハッタンに引き返します。

フェリーとすれ違う。こちらに向かってフラッシュがぴかりと光ったり。
そして、再び近づくマンハッタン。
2007_01090667_1 2007_01090671





バッテリーパークが見えてきた。りきまるの旅もそろそろ終わりです。
2007_01090672











ここで、丁度音楽が終わり、頭上を飛行機が飛んでいった。まるで自分がドラマの中に入ったような気になる。(コラコラ。歳を考えろ!おばちゃん!!!)

バスに乗ってミッドタウンに戻る。
だーれもいない。りきまる専用車両と化して夜のバスは走る。
「だーれも乗ってこないよ!!」運ちゃんがりきまるに嘆く。そのうち奥さんに電話して、愛してるよ、会いたいよとか言い出した。(オイオイ。。。)

2007_0109067449丁目で降りる。最後にロックフェラーセンターのツリーにさよならを言う。





2007_01090675遠くにエンパイアステートビルもみえた。
旅の終わりは、いつもちょっと切ないのである。







2007_01090677[寝酒]
・ハニーローストピーナッツ
・りんご
・ビール
・ラガブーリン
切ない夜は飲むに限る!
荷造りも完了。旅の思いでを胸に、またまた酒飲む、NY最後の夜のりきまるであった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

異常気象の土曜日

はあ~。。
随分NYで色々遊んだんだなー、オレ。書くの大変。。
しかも書いてると、またNYに行きたくなってつらい。

そろそろ、りきまるダイエット日記通常バージョンが恋しくなってきた。
が、もう一息だ!頑張って仕上げよう!!!

NY5日目。
今回とても行くのを楽しみにしていたのがこれ。
ユニオンスクエアで開かれている、グリーンマーケットである。
2007_01090530 2007_01090533 2007_01090534 2007_01090535 2007_01090536 2007_01090539 2007_01090543 2007_01090547






朝食はここでなんか買ってつまめるものがあればにしようかなっと。

さまざまなハーブ・野菜・メスクランなどをお好みで袋につめてサラダ用に買える店が色々あった。
りきまるもすかさず購入。


2007_01090540そうそう、水菜があったよ。びっくり。






水菜だけでなく、だいこん、ごぼうなどの和野菜もあった。
でもだいこんはあくまでDAIKON。風呂吹きなどには出来ない品種。
2007_01090551 2007_01090552






じゃがいもとたまねぎが10種類以上くらいずつあった。
バラエティ豊か。食べ比べてみたい。
2007_01090553 2007_01090548 2007_01090550 2007_01090559





これは、猫の草。猫もオーガニックかあ。
そしていろんな猫たちがおいしそうに食べている写真が張ってあった。
2007_01090544_1 2007_01090545_1





写真を一枚一枚見る。どの写真も、猫に対する愛情を感じることができる。猫好きの気持ちは万国共通なのである。

[朝食]
・りんご
2007_01090561 2007_01090529





ユニオンスクエアのベンチに座って、Big AppleならぬSmall Appleをぱくり。
りすが獲物の収納に忙しそうである。
英語でりすはsquirrel。りきまるが絶対発音できない単語のひとつ。(ま、他も正しく発音できているとは言いがたいが。)

今日は暑い。いやほんと。
ダウンじゃつらいよ。ホテルに戻ってジャケットにかえよう。(のちにジャケットすらいらないことに気づくが。)

[昼食]
グランドセントラル駅コンコースのオイスターバーにて。
2007_01090570 2007_01090571





・牡蠣ざんまい   ・生のクラムつまりはまぐり
・白ワイン      ・つきだしのクラッカー
2007_01090562 2007_01090563









初日に食べて当たっちゃったら悲惨なので、週末まで待っていたオイスターバー。
念願の牡蠣をがっつり頂く。ロングアイランド産いくつかと、オレゴンのを1種類。
手前のKUMAMOTOがいちばんクリーミーで美味しかった。
2007_01090564 2007_01090566









今回挑戦したのは、生のはまぐり。これもうまいねえ。

でもって牡蠣もはまぐりもおかわり。牡蠣は迷った挙句、今回アテンドしてもらった友人の住む、コネチカットの海のものにした。

が!
確かサーフィン大好きだった彼が、アメリカで1度もやってないって言ってなかったっけ?
ロングアイランドもコネチカットも、水があまりに汚くてやる気がしないってさ。

うううううう~ん。。。

ま、いっか!思い出さなかったことにしようっと。

野菜不足解消のため、サイドディッシュにほうれん草をオーダー。
2007_01090568








が、この謎の物体UFO(注.この表現、歳、ばればれ)が出てきた瞬間、自分が何を注文したのか30秒くらい考え込んでしまった。

ま美味しかったかいいんだけどさ、

それとさ、量が多いんだよねえ~。ここではお約束なんだけど。
どんくらい多いかって言うと。。。

2007_01090569こーんな感じ。
これでサイドディッシュかい?

食っても食ってもへらないのであった。



午後は今回とっても行きたかったアクセサリーショップに行くことにした。りきまるの大好きなMe & Roというショップ。
ちょっと前だけど、ノッティングヒルの恋人でジュリア・ロバーツがつけていたのはすべてここのもの、しかも私物である。
当時数寄屋橋阪急と伊勢丹に入っていたが今は撤退してしまい、日本では買えないのだ、くっすん。

ブルックリンでの大人買いで財布は痛いが、ま、見るだけでもいいよね。ね、ね。

webで住所を調べてきたが、Erizabeth St.としかない。友人に電話して聞いてもらおうと思ったが忘れてたよ!
仕方なく、冷や汗かきつつ自分で電話。
「ワタシ、今、ミッドタウン イルアルヨ。アナタ店、ドコネ。」みたいなんだろうなー。

が、なんとか場所も判明!バスに乗ってSOHOに向かう。

で。
買っちゃったさ。ピアスとネックレス。

はあ~。。(涙)
東京帰ったら、勤勉に労働に励みます。

2007_01090576[午後の一杯]
SOHOのバーにて。
・地ビール
窓際の席を陣取りごくり。

なにせ今日は暑いのである。なんじゃこれ。地球が壊れちゃったみたいだ。
SOHOにはTシャツやらタンクトップ姿の人までいる。


飛び込みで入ったここ、なかなか快適なバーだ。
店中のドアや窓を開け放ち、風が気持ちいい。
2007_01090577











れれれ?

カウンターの右端の物体は。。。

猫じゃん!
お店の人がジュークボックスにお金入れに行く度、襟巻きみたく首に巻かれて、結構嬉しそうにしている。

きゃ~、おばちゃんに写真撮らせて~。。
2007_01090574ねーねー、こっち向いて?










恥ずかしがり屋さんがこちらを振り向いた。

すると。。。

はーっはっはっはーっ!!!

2007_01090575
君の名前は、今日から八!八(ハチ)だよーん!!!

りきまるの心の爆笑に傷ついたのか、このあとどっかに行ってしまった。ごめんね。





さて、ちょっと早いけどホテルに戻って一休みしよう。今日はオペラなんだ。疲れたし一眠りしたいな。
2007_01090597_2暮れなずむ街。
ホテルに急ぐ。




携帯のアラームをセットして、こ一時間ほど寝ることにした。

・・・

ぱちっ!突然目が開いた。

え?
いま なんじ?

ぎゃーっ!!!!!!!

開演30分前である。

ぶっとびながらリンカーンセンターに向かう。
途中地下鉄を間違えながら(タクシー使えよ、このケチっ!)開演5分前に何とか到着した。は~。。
どうしてワタシっていつもこうなの。。?

まっ、いっか。間に合ったしね。
2007_01090599_1

2007_01090601_1[かけつけの一杯]
・シャンパン
りきまるの初オペラにかんぱーい。

開演直前シャンペン一気飲み。

本日の演目は、モーツアルトの魔笛。
ドイツ語なので、前の座席の背に英語字幕が表示されるのだ。英語強くないりきまるには、これは結構嬉しい。が、舞台と字幕、結構忙しいけど。
2007_01090605_1











荒唐無稽なストーリーなんだけど、新年らしく明るくて楽しくて、ハッピーな気分になれるオペラだ。
何より、モーツアルトってそういう曲が多いね。

終わって会場を出るともう11時50分。
目の前に止まっていたM5のバスに駆け込み、5th Ave. 49丁目付近で降り、ホテルに向かう。

何か食べたいけど、マックくらいしかあいてない。
アイリッシュパプが開いてる。ビールにパブミールと行きたいけど、東洋人の女が深夜一人で飲んでるのも危ないよね。
諦めておとなしくホテルに戻る。

2007_01090612 [夕食]
・近所のデリの肉色々
 スペアリブ、肉団子、ウイングチップ
・サラダ
・ビール

昨日、おととい買った食器に盛り付け。へへ、いいでしょ?
グリーンマーケットで買ったサラダ用野菜ミックスには、スーパーで買ったドレッシング。
これが!
うお~っ!!っとマジで叫んだほど、野菜の味が濃くてうまいのである。

予習に使った魔笛のCDブックを聞きながら、スキットルのラガブーリンと黒豆の残りをいただく。
今年も黒豆はおいしくたけた。
2007_01090611





2007_01090615
うまい酒、つまみ、好きな音楽があれば、そこは世界中どこにいても、りきまるの楽しい部屋なのさ。

それではおやすみなさい。







[おまけ]
今回ミュージカルとオペラに行って思ったこと。
どちらも東京でも見られるんだけど。
でもここで見る楽しさって、
2007_01090608 2007_01090609
こんな景色を見ながら、覚えた歌を口ずさみながら帰れるとこでしょうかねえ。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

番外編 : 大好きなグラセン

本編で書く機会がなかったので、ここに登場。
2007_01090343











NYに行く度、巡礼のように何度も何度も足を運ぶ、大好きなグランドセントラルステーション、通称グラセン。

ゴッドファーザーの舞台にもなったここ、グラセンは、リノベーションされたそうである。

かに座の右横、
2007_01090341










針でつついたような、ぽちっと黒っぽいレンガが見える。これが昔のレンガの色なんだって。
 
ここは駅なのに、まるで聖堂にいるみたいに荘厳な気持ちになる場所である。
2007_01090339_12007_01090337_3  2007_010903382007_01090342_12007_01090347_1   

2007_01090340 このあかりがすてきなんだよねえ。。。








そしてここのマーケットも、りきまるの好きな場所。
2007_01090496










魚屋さん。
2007_01090497 2007_01090498
2007_01090504マテ貝売ってる~。
こっちだとどういう調理をするんだろうね。




ここはお肉屋さん。ソーセージは生。美味しそう。
2007_01090503 2007_01090505





肉は薄切り肉ってないのね。

お惣菜色々。
2007_01090499 2007_01090500 2007_01090501 2007_01090506





それと野菜。チーズ売り場はお客さん沢山。
2007_01090507 2007_01090502






Lexinton Ave.出口近くのお惣菜やさんがなくなっていた。残念。
ここのオヤジは、前回・前々回ともに、りきまるに沢山おまけしてくれたんだけどねえ。。

グリーンマーケットといい、ここといい、いつも来るたびに、買い物して料理したーいと思う。
キッチン付のホテルってないのかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

ハーレムの夜

さて、NYも早4日目の朝である。
朝、ちょっと散歩。
この街にはこの黄色いタクシーがとてもよく似合うと思う。
2007_01090336

2007_01090335[朝食]
・ホテルのベーグル
・コーヒー

今まで食べなかったけど、このホテルのロビーでは、コンチネンタル式の朝食を提供している。立ったまま食べている人もいるが、たいてい部屋に持ち帰っている。
昨日の大人買いで、出血多量で瀕死のりきまるのおさいふ。
『りきまる貧乏日記』らしく、ここのベーグルを頂く。

これがまた、ものすごくうまくてびっくり。
しかも、焼いてからあまり時間がたっていない。二つに割るとイーストのいい香りがする。

近くにある有名店、エッサベーグルを思い出す。りきまる、NYに来るたび帰国する朝、そこで沢山買って帰るんだ。

2007_01090380[昼食]
アメリカ自然史博物館のカフェにて。
・クレソンとえびのサラダ
・バドワイザー

バドワイザーの栓がついたままなので、オープナーをたのむと、「Twist.」と言われた。思っても見なかった返事なので、一瞬きょとんとする。

でもって手で王冠をねじる。
おお~!開いたよー。びっくり。全然知らなかった!
みんな、知ってた?

でもって、えびの左にあるオレンジ色の物体。
2007_01090381何だろう。。。これ?
パパイヤとか、桃缶にも見えるんだけど。。

で、食べてみる。






生ゴミの味だー!!!

(んなバカな。。)

いや、りきまる、生ゴミ食べたことないけど。食べたら絶対にこういう味だって。鼻に抜ける匂いがそれだもん。。

大好きなクレソンが生ゴミに触れないよう、慎重に避難させつつ食べた。

クロイスターズという美術館に行く途中に軽く恐竜でも見るか。。。程度の期待で来たアメリカ自然史博物館。
思いのほか楽しくて、結局夕方まで見ることになった。

博物館の外に出ると、もう夕暮れである。
2007_01090486










セントラルパークを歩きたかったけど、暗くなってきたしバス乗って帰るとしよう。

42丁目でバスを降り、ブライアントパークの横を、グランドセントラルに向かう。
小さなこの公園越しに見るエンパイアステートビルが好きだ。
2007_01090488_1










今日は雨でけぶっていたけどね。

公園の東端、市立図書館の裏にとても素敵なクリスマスツリーがあった。

2007_01090490思わず近寄り、見とれていると。
「寒くない?」
と言われる。声のする方向を見た。
東南アジア系の男の人がりきまるに言っているのだ。

初日りきまるは韓国人だった。(笑)
昨日ブルックリンのスーパーでは中国人だった。棚に商品を陳列しているにーちゃんに、「ニーハオ!」と声掛けられたのだ。(やけになって、「ニーハオ マ!」と返した。)

ありがとう!君が今回初めてりきまるに日本語で話しかけてきた人だよ。

歩きつかれてくたくた。
クライスラービルが見えてきた。ホテルも近い。
友達が迎えに来る前に一休みしなくちゃ。
2007_01090492 2007_01090493









夕飯の迎えに来てくれた友人から、ハーレムでジャズ聞く前に、ソウルフードを食べようよと言われる。
わーい、嬉しい!行ってみたかったんだよね。

友人の車で3rd Ave.を北上。景色が少し変わったなあ。
「もうこの辺はハーレムに入っているよ。」

2007_01090509賑やかな通りに入る。
『WELCOM TO 125 TH ST』の電飾が見える。
ほえ~。随分北にやってきたんだね。

週末のせいか、パトカーが沢山巡回している。

クリントンがハーレムにオフィスを移したり、最近では白人や東洋人も増えたって。
確かにね、歩いている人、そんな感じ。
随分治安も良くなったんだそうだ。

2007_01090518そうしてやってきた今宵の夕食は、ソウルフードの老舗Sylvia's。
(今ネットで見たら、レシピ本が出てるんだねえ。買っちゃおうかな。)






[夕食]
・コーンブレッド    ・スペアリブ
・なまずのフリット   ・サイドディッシュ色々
・ビール
ミントグリーンの壁に、白いテーブルクロスの明るく素敵なレストランである。
まず席に着くとこれがやってきた。
2007_01090511コーンブレッド。
おお、あったかい。

甘くてなかなか美味しいのだ。
ブレッドっというか、ケーキに近いね。               
                                                                   
                                       
                                           
                


2007_01090513そしてビールはSugar Hill。
ハーレムでしか飲めない、ここの地ビールだって。

風味が良くってとってもおいしい。





お次、お料理である。

スペアリブとー        なまずとー
2007_01090517 2007_01090516









ちなみになまずって、Catfishって言うんだね。でもなんで?うちの子達、似てないけど。ひげ?

スペアリブは、甘めの味付け。なんこつの部分が柔らかくなるくらいまで煮てある。うまいぜ。

そしてなまずに初挑戦。
きゅっとレモンを絞っていただく。
おお!これ、すごい好みの味。
ちょっと泥臭いような風味なんだけど。
うーん、なんていうか、ごぼうも泥臭いけどその香りがおいしいよね、見たいな感じ。

スペアリブの横についてるオレンジ色のつけ合わせ。
ひとくち食べて、ぎゃーって言うくらい甘かった。それ以外はうまいよ。

にしても量が多い。どこに行ってもそうだ。
いつも料理が運ばれて来ると、『カーン!』ってゴングが鳴って、戦闘開始!みたいな気になるよ。
アメリカ生活4年の友人、こういう食環境にいて、なんで太らないんすか?
「腹八分目。」

はあ~。つまり、飲んでラーメンとか論外ですな。
友達の真似をして、今宵りきまるも腹八分目でやめたので、料理はだいぶ残った。
今写真を見て、もっと食べときゃ良かったとちょっと後悔。

さて、店を出て今度はジャズを聴きに行く。
同じく125丁目、有名なアポロシアターの並びにあるジャズバー。ハーレムで一番古いっていってた気がする。(だったよね?)

[二軒目]
ハーレムのとっても古いジャズバーにて。
2007_01090521_1 2007_01090523_1









・ラム ロック(りきまる)             ・コーラ(友人)
2007_01090524 2007_01090525









友人の風邪が悪化。酒やめてコーラに変更。

と、壁を見ると、お一人様2杯は飲んでねの張り紙。嫌な予感。
「ねえねえ、コーラ二杯飲む?」
「飲めない。オレの分飲んでいいよ。」と、ママに私にあげてと説明。

でもってりきまる、ボンベイサファイアのロックにビールと、友人の分もきっちりお酒を頂いた。
今宵カウンターにいたママには、『連れの分の酒を奪ってガン飲む東洋人の女』として記憶されるのね。。(涙)

2007_010905289時半くらいから、ライブが始まった。
かっこいいー。音が違うー。。。
腹に響く。細胞にしみる。ソウルフルな音。
週末で満杯のお客さんののりも、全然違う。
自分ひとりじゃ絶対に来れない場所だよねえ。すんごく嬉しい。ありがとう!

店を出て、ホテルまで送ってもらった。
125丁目の電飾はとてもかわいい。
2007_01090520










忙しい中連日のアテンドありがとうでした。
また飲みましょうね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番外編 : そこまでやるかのアメリカ自然史博物館

NY4日目は雨。

2007_01090471こういう日は美術館や博物館に限るよね、とやってきた、ここアメリカ自然史博物館。
恐竜をちょろりと見て、別のところに行こうと思ったが、あまりに楽しくてすっかり長居してしまった。


そんなお気に入りの覚書。

2007_01090353順路を逆に入ったりきまるの目に、最初に飛び込んできたものは。。。
チラノザウルス!



最強の肉食動物。
りきまる@後輩から肉食獣といわれる女。

ちょっと酒乱で気が強いだけなのに。
ホントは心優しき草食動物なのよん。
2007_01090418バッチコーイ なポーズのトリケラトプス。





2007_01090419 こいつらがみんな卵から生まれたって、信じられないんだけどさあ。。





もすこし普通の生き物のコーナーに。。
君ってさあー、          もしや、いいヤツなんじゃない?
2007_01090363 2007_01090364

2007_01090365おっ。
うちの猫たちちがうんちするポーズと一緒じゃん!
がはははははー。

と思って、正面から見ると。。。


2007_01090366そいつはまるで、泥酔して土下座するりきまるであった。
とほほ。

つまり飼い主とは似るってこと?



2007_01090361復元の苦労を語るコーナーも。
骨一つ一つに番号をふってある。
ものすごい数の骨をくみ上げていくんだね。



2007_01090360ていうかさ、『ここでいいことにしよう』って適当にはめ込んじゃったヤツもいるんじゃないのー?(笑)




お次は空飛ぶシリーズ!
空飛ぶトリケラトプス!          空飛ぶガメラ!
2007_01090359 2007_01090362






性格の悪そうなイルカとー         クエって魚に似てない?
2007_01090371 2007_01090372


2007_01090370 きゃーっ、こわーい。。

でも、舌が出てたらストーンズのマーク?



もう少し平和な生き物を探す。
魚拓のコーナーですな。(注.化石です。)
2007_01090374 2007_01090376

2007_01090375新巻鮭もいたよ。





でもさ。。。

2007_01090373こんな獰猛そうな魚釣るの、やだけど、りきまる。







2007_01090379そしてスウィングする恐竜の先には。。。





2007_01090384マンモスだー。

はじめ人間ゴンってまんがあったよね。

マンモスのステーキとか食べるの。(注.歳がばれる。)

2007_01090407そーそー、こーんな骨ー。(笑)





おお!2007_01090391
目黒と五反田にある、プロレスラー御用達ステーキハウスリベラのマークがなぜかここに!




2007_01090393ところで、
こういう顔のおじさんっているよね。。。




きゃーっ!   怖いっ!!!  あんた、誰?!
2007_01090396 2007_01090397









と思ったら、熊だって。

アルマジロは、毛糸の帽子をかぶったおばあさん顔。
2007_01090406 2007_01090408

2007_01090420「りきまるさん、面白かった?」
見返り美人の恐竜が話しかけてくる。

「最高です!」

さて帰るか、と思ってちょっとだけ覗いたそこに。。。
2007_01090426










巨大な象の群れ。
すっすごい。。。

象に引かれて、動物コーナーにいっちゃって、ついついはまるりきまる@動物好き。

すべての展示がとてもドラマチックなシーンで演出されている。
2007_01090435 2007_01090467





獲物をはこぶ鷲とかー。。  おおー~!!ワイルドターキーだよー!
2007_01090438 2007_01090439





でも冷静に考えるとさ。。。
家族ごと捕獲かよ!              雛までかよ!
2007_01090429 2007_01090436





とっても楽しくて夢中でみたけど、冷静に考えるとかわいそうな話である。

2007_01090437君たちが大きくなったら、獲らないで増やす方法を考えてね。
動物のいない地球は、きっと味気ないと思うから。





2007_01090351[おまけ]
ここにもかわいいクリスマスツリーがあった。








良く見るとオーナメントは皆、折り紙で作った動物達なのだ。
2007_01090475_1 2007_01090476_1 2007_01090479_1 2007_01090481_1 2007_01090482 2007_01090483





かわいいでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

ブルックリン散策

野菜食べてないなあ。。
そう思って朝食の場所を物色。デリのサラダは『パーティパック』みたく、何を考えているのかと思うほど量が多いし。(洗面器みたいにでかくて、肉などもどっちゃり。)

とあるカフェのメニューをチェック。こういうところのサラダなら、上品な量で出てくるのかも。と入ってみることに。

しかしサラダは朝はないのである。がーん。
こっちの人って、朝にサラダは食べないんのかな。

2007_01090244[朝食]
Radisson Lexinton Hotelのラッフルズカフェにて。
・フライドエッグとソーセージのベーグル
・コーヒー
なのでこんなものを注文。
卵の火の通り具合、申し分なし。ソーセージはハーブが効いて大変おいしい。





2007_01090245さて、朝メシ食ったら散歩に出発だ!
あまりダウンタウンを歩いたことがないので、まずはCity Hallあたりからスタートするかな。







と思っていたら、地下鉄の出口を間違えた。目の前にはブルックリンブリッジが見える。
観光客やジョギングしている人の姿もちらほら。予定変更し、橋を徒歩で渡ってブルックリンに行ってみることにした。

聖堂のように美しいブルックリンブリッジ、音楽を聴きながら歩く。
2007_01090253_1 










NYは今年記録的な暖冬とのことで、東京より温かいくらいだ。
さすがに橋の上は風が強い。マフラーと手袋で温かくしてるので快適。

風がきもちいい。振り向くと雲がどんどんなくなり、美しい青空が広がっていく。最高の気分だ。
2007_01090256 2007_01090257






橋の途中にあるベンチに腰掛けて空をながめたり、友達に写メールしたり。

橋を降りて、ブルックリンの冬枯れの公園を抜ける。
2007_01090259






冬の公園って結構好きだ。冬『枯れ』って言うけど、葉を落とした木々はしっかり次の春のための芽を宿しているのである。
2007_01090260_1 2007_01090261










2007_01090262りきまる@おのぼりさん全開の姿。
手にはガイドブック。
NYっておのぼりさん丸出しでも全然OKなところが好きさ。

ちなみにりきまるイチオシのガイドブックはロンリープラネット。色々見たけど、これがベストだと思う。


遊歩道からシティをのぞむ。
2007_01090269










以前はこんな風に、ワールドトレードセンターが見えていたんだね。
2007_01090281 2007_01090280





川沿いの遊歩道を離れて街に入る。
ここブルックリンはとても美しい街であった。すぐマンハッタンに戻ろうと思っていたが、しばらく散策してみることにした。

落ち着いた街並みが続く。
2007_01090282 2007_01090283






2007_01090284クリスマスの名残が残る家々。








クリスマスの名残と終わりと。
2007_01090297 2007_01090308





教会もあちこちに。
2007_01090295 2007_01090299






2007_01090300追いかけて写真を撮っていたら、べっぴんさんの猫に遭遇。ちょっと遊ぶ。





静かで美しいブルックリン。
なんだか、いつまでもどこまでも歩いていきたい気持ちになる。
2007_01090302 2007_01090303





いいなあー。ここに住んでみたい。ここに住んで、マンハッタンで働けたらいいなあ。

2007_01090289[昼食]
ブルックリンのどうってことないデリにて。
・サラダ 小 (ブロッコリ、オリーブ、チキン、ブルーチーズ、
きゅうり、ピーマン、オニオンなどなど)

20種類くらいのトッピングと、6種類くらいのドレッシングを選ぶと、ボウルがわしわしわしっと混ぜてくれるのである。
表参道のエチカでこんなお店があったよね。

よくばってトッピングたのみすぎたので。。。
2007_01090290食べても食べても減らないのである。くっすん。
仕方なく、これだけ残す。









さてNYは新年、街全体がセールの季節である。
五番街のブランドショップには興味がない。
2007_01090286が、食器おたくのりきまる、こんな張り紙を見ると素通りできないのである。

ここで白いオーバルの皿などを買う。1000円くらい。うんうん、かしこい。理性理性。


が!

2007_01090306ここ、アメリカとヨーロッパ各地の食器セレクトショップに入り、りきまるの理性はぷっつりと飛んでしまったのである。

皿、アンティークナイフ、イタリア製ピューターの食器、スプーン、サラダサーバー、あれこれやばいほど大人買い。
出費も痛い。しかも重い!
お前は雑貨屋のバイヤーかよ!

お店の人「どれも素敵ね。パーティするの?」
りきまる 「そうそう。来月ね。」

うそをつけ、うそを!!!

はあ~。。
すっかり懐がすっからかん。
今日からこのNY旅行は、『りきまる貧乏日記』に変更である。

ブルックリンはまた、中東食材を扱うお店やレストランの多いエスニックタウンでもある。
モロッコの食材を扱うお店。
2007_01090309 2007_01090310






2007_01090311これは中東食材を扱うお店。ここで今晩の夕食を調達。




地下鉄駅。レリーフが素敵ね。
2007_01090318 2007_01090319
でもなんでラーメンのどんぶり模様?





何故か夜店を思い出す売店  雰囲気のある古い駅
2007_01090320 2007_01090321






では地下鉄に乗ってマンハッタンに戻りましょう。
2007_01090322 2007_01090323





見慣れたLexinton Ave.の街。
不思議に「あ~、帰ってきた。」って気になるんだよねえ。

[夕食]
ブルックリンのデリでかったお惣菜。
・クラッシュ小麦、トマト、青ねぎ、イタリアンパセリのサラダ
(もちっと酸味が効いてるとおいしいな。こんどやってみよう。)
・ぶどうの葉に包んだもの
・中東風ローストチキン
2007_01090325










本日購入した食器に盛って食す。
これでしめて5ドル。ブルックリンの物価はマンハッタンより安いね!

今日はおやじさまの命日である。酒好きの父に乾杯。
ビールにワインにウイスキーに。うーん、酒が進むー。
2007_01090324_1 2007_01090330_1 2007_01090329_1





2007_01090333そして酔って自分撮りであーる。
酔っ払いりきまる、NYの夜は更けるのであった。




それでは皆様、今年もよろしくお願いいたしまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

和食探検のいちにち

2007_01090144さて!NY二日目である。

時差ぼけに強いというか、寝不足に強いりきまる。朝からさっそくわしわしとお散歩開始である。これも日頃の飲酒癖と不摂生の賜物であろう。
おバカな生活習慣もたまには役に立つもんだね。

今回も宿はミッドタウンイースト、グランドセントラル近く。過去二回ともこの辺だ。
どこに行くのも近いし、結構静かだ。
そしてりきまるの大大だい好きなクライスラービルを、朝に夕に、身近に眺めることができる。
2007_01090147 2007_01090148









何度見てもうっとり。。。

[朝食]
52丁目あたりのごく普通のカフェにて。
・ミネストローネ
2007_01090129 2007_01090130

どうってことないんだけど、野菜ごっちゃりの温かいスープが胃に染み渡ってうまかった。

りきまるは自分でも『典型的な日本人顔』だと思っている。しかし何故か海外に行くと日本人に見られない事が多い。

しこうして本日も、カウンターの中にいる東洋人店員、りきまるに向かって、「アニョハセヨー。」である。
うーん。。。この場合どう答えりゃいいんだ?
にっこり笑って、「Hi. ミネストローネ プリーズ。」
にっこり笑った店員さん、スープを渡しながら、「カムサハムニダ。」

今回はりきまる、韓国人らしい。(笑)

31364291_1 行きの飛行機で読んだ玉村豊男の、『回転スシ世界一周』。(画像はYahoo ブックスから拝借)
パリ、ロンドン、アムステルダム、ロス、そしてNY。急速に世界に浸透する和食、とりわけスシについてのレポートだ。

「よし!外人が押し寄せる、『日本人的に変でダメなスシ』を食ってみよう!」と思い、道々スシバーを探す。

[昼食]
ミッドタウン48丁目、Park Ave.付近の和食レストラン春にて。
・にぎり まぐろ、サーモン、ほたて
・サーモンスキンロール            ・ビール
2007_01090149 2007_01090150










ガリの横に添えられたわさびを見よ!
うわさには聞いていたが、『ガイジンスシ』は、醤油にわさびを溶いてつけて食べる。
ネタをめくると、やはりそこにわさびはないのだ。

日本人的には許しがたい行為かもだが、りきまる的にはぜんぜんOK。結構うまかったっす。

そして何より、和食の浸透に心からびっくりした。
おしゃれでスタイリッシュなレストラン。入るなり日本語で全員から「イラッシャイマッセー!(注.なまってる)」の歓迎。
でかいスシバーでずらり並んでわしわしと寿司にぎる、東洋人の職人達。(日本人は一人もいない。)
オフィスからものすごい量の出前の注文。伝票を見ながら握る職人達、自転車で配達する人。
カウンターりきまるの横で、セットについてくる『Miso Soup』をれんげですするアメリカ人ビジネスマン。
近隣の、しかも昼食に20~50ドル払える、リッチなビジネスマンで満杯になるレストランコーナー。
皆が談笑しながらおすしをぱくぱく食べてるのを見て、静かに感動した。
いいじゃん、ヘンなスシでもさ。
日本人だってイタリアンは『ナポリタン』から始めたんだもんねえ。

さて、新年のNYはまだクリスマスの飾りが沢山残っている。
2007_01090126 2007_01090139 2007_01090151 2007_01090152





やっとぼちぼち片付けようかなーってとこでしょうかね。
2007_01090124 2007_01090123





のんびりびりのアメリカ人のおかげで、クリスマスってこんななんだーというのがわかり、とってもお得な気分。

2007_01090228[夕食]
ミッドタウン、ホテル近くのめんちゃんこ亭にて。
・醤油ラーメン
ここまで見てると、「りきまるさん、ほんとにNY行ったんすか?」と言われそう。。
でもシンプルな醤油ラーメン、うまかったよ。

食後少しお散歩。有名なロックフェラーセンターのツリーを見に行くことに。
おおおおおお~!!!!!すげー。。。
りきまるの目の前一杯に広がる輝く光たち。


2007_01090231
2007_01090229 これ、見たかったんだよねえ。(しみじみ。)
でもクリスマスシーズンに会社休めないよなあって諦めてたよ。
嬉しいなあー。夢みたいだよ。










そしてタイムズスクエア。今宵もすんごい人、人、人。
2007_01090234










目覚ましTVの『Oh!My NY』って、こんなとこでロケとかしてんだねえ。。ってさ、邪魔じゃん!!!

今回のNY行きを決めたのは12月20日過ぎ。宿も、クリスマス休暇前22日金曜、ギリギリで押さえたワタクシ。当然有名どころのミュージカルはチケットがとれない。
マイナーだけど、『ターザン』ならすごくいい席が取れるよと言われ、それに決めた。
2007_01090238










ほんと、真正面かぶりつきの席でございます。

NY三回目にして初ミュージカル。
でもやっぱいいねえー。リズム感も迫力もすごくいい。
音楽はフィル・コリンズだそうで、「そうそう、フィルの音だよ~!」なポップな音楽とワイヤーアクション。ジェーンがとってもかわいかった。

満月をながめながらホテルに帰る。今日もいいいちにちだった。ほんと新年、最高である。
2007_01090242[寝酒]
・ビール    
・かずのこ残り

こーんなもんで一杯、お約束の寝酒。
アメリカに来ると、やはりアメリカのビールがうまい。

では、おやすみなさい。







2007_01090243[おまけ]
これは何でしょう?






答え 夜11時半、バスタブにたまる茶色いお湯。

夕方散歩から帰ってくると、エレベータに張り紙があった。
なになに。。?
『皆さんコンニチハー。NY市から連絡あってー、このあたりの水道、夜7時半まで止まっちゃうの。ごめんね。がまんしてねー。Thank You !』。(注.りきまる的にはものすごくのんきな張り紙に読めた。)

ってオイ!
聞いてねえよ!!!


大体、ホントに7時半スタートするんだろうな!

でもって、夜11時になっても水もお湯もなし。
やっと出たと思ったら、『ここは東南アジアか!』と思うようなサビサビのお湯である。
(マレーシアのとあるホテルでこんなことが。。。)

のんびりびりなアメリカ人のおかげで、風呂なしのりきまる、2日目の夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 : MoMAを堪能するの巻

***この番外編は、近代絵画好きのりきまるの覚書です。とっても長いし、個人的な感想の記録なので、興味のない方、先入観なしでMoMAに行きたい方は、下のリンクをクリックして、他の記事に飛んでくださいましー。***

トップにジャンプ   

2日そのいちにジャンプ   
2日そのににジャンプ

3日本編にジャンプ

今回のりきまるがとっても楽しみしていたのは、このMoMA訪問である。
前回来た時は改装中で、クイーンズまで行って、限定版しかないということで諦めていた。

そして初MoMA、大好きな近代絵画を夢中で見まくったりきまる。写真撮り放題、スケッチし放題のMoMAのご好意に甘えた覚書の始まりー。

実はりきまる、あんまりピカソが好きではなかった。
特にさあ、自分の奥さんをモデルにした抽象画。あんな風に書かれたら、私が奥さんなら即日離婚である。

2007_01090158でもこの絵の前では、思わず立ち止まり、見入り、静かに感動していた。

美しいねえ。。。

鏡を通じて向き合う女性。
聖母と娼婦、二つの側面を持つということを暗示しているそうだ。
うんうん。確かにそうかも。



2007_01090162_1 これは、ピカソが、自分にとっての一つの時代に別れを告げる時に書いたものたそう。
真ん中が自分。

つまり、今のりきまるみたいな時期ってことだね。




2007_01090160作者をメモるの忘れちゃった。
でもこの絵の前に立つと、不思議に心が落ち着く。

MoMAのスカイアンブレラというかさを持ってるんだけど。
外側が黒、内側が白い雲が点在する青空という素敵な傘だ。
あれはこれをモチーフにしているのかなあー。



もちろん、近代芸術ゆえ、りきまるの能力では理解出来ないものも多い。

ってさ、あんた。。何。。?    何故これが。。。?
2007_01090163 2007_01090164









有名なモネ、睡蓮の間。

2007_01090165
2007_01090166絵の正面で、両端で、椅子に座り、うっとりと心行くまでながめた。

何故か、唐招提寺に奉納された、鑑真和上像の間、東山魁偉の屏風絵が見たくなった。

モネの他の絵も素敵。
2007_01090167Japanese Footbridgeというタイトルのこの絵。
この人の、こういう情熱的な色使いって珍しいと思うんだけど。。






2007_01090168 アパガンサスという絵。

こちらに向かって、草の匂いを含んだ風が吹いてくるみたいな気がした。


いや~ん。猫が眉間にしわを寄せてるよー。。
ウチの猫達って、りきまるがいなくなって怒ってるよねー。。
と思ったら、
2007_01090174










しわではなく、鳥でした。Paul Kleeという人のCat and Birdですと。

2007_01090177ミロの巨大な絵、The Birth ob the World。
「げー。この絵、嫌い。」と、ろくに見ずに離れたのに、隣の部屋から見たらすごい迫力。
舞い戻りじっくり観察。

ブロンズ像のコーナー。とっても素敵。
暫く回りをぐるぐる回って観察。
2007_01090179

2007_01090180うくく。
おちょぼ口の魚、かわいい。

マジックで目、書きたいな。(コラコラっ!)


今回一番見たかった絵の一つがこれ、マティスのDance。
2007_01090182










これはロシアの金持ちが発注したんだって。
でも冬のロシアでこれ見たら、なんか寒そうー。

2007_01110498ちなみに、今年のプライベート用手帳は、久下久志さんのマンハッタナーズのイラスト付。
これってマティスをモチーフにしてるんだね。
でもこれ買ったとき、まさか自分が新年、NYに行くとは思わなかったよ。

おつぎもマティス。
The Blue Window                           Morrocan Garden
2007_01090183 2007_01090186
左はりきまる的には、『お月見の絵』。右真ん中にいる生き物は、山猿2号だなと。

2007_01090185 マティスの赤って、独特。レンガっぽい色。
あんまり好きじゃなかったんだけど、印象的でこれもいいいかな。

好きじゃないといえば、今回MoMAでは、好きじゃなかった絵がいくつも好きになった。
アンリ・ルソー、The Sleeping Gypsy。
2007_01090204










自分がこの絵の幻想の風景に入り込んでしまいそうな気持ちになる。

2007_01090207これこれ、点描で描かれた海。この人も有名だよね。誰だっけ。

じーっ。。。と見ていたら、何故かここが美術館ではなく、旅先の窓から暮れなずむ海を見ているような錯覚におちいったよ。


絵と額縁の関係にも深く考えさせられた。
2007_01090205 セザンヌの静物画。
この絵、上の茶色い額縁だったら魅力半減である。
誰が決めているかわからないけど、ここでは、額縁のあるなし、額縁のデザインが相乗効果となって、絵そのものを引き立てているのだ。

どことは言わないけど、日本の某企業が所有する美術館に行ったとき、日本の明治時代の農村の風景画や、菊の花の絵に、全部おんなじようなキンキンキラキンの額縁をつけていて、がっくりしたことがある。

文化を育むには、年季が入るのだな。

2007_01090212さくさく行こう。

きゃー。まぶしい!っと思った絵。
イタリアのBallaという人の、Street Light。










2007_01090188_1クリムトの風景画。

クリムトってこんな絵も描くのね。

以前よく行った、調布の野川公園に似てる。







2007_01090189 このあたりから、夏の涼しい風が吹いてくる感じ。






そして、一番気に入ったコーナー。
ゴッホとゴーギャン。
ゴッホの激しい絵2枚の両脇に、ゴッホを見守るように、ゴーギャンの優しい絵がかけられているのだ。

ゴッホ、荒れ狂う熱情。
2007_01090193 2007_01090195










両脇で、彼を見守るようなゴーギャンの優しい絵。
2007_01090199_1 2007_01090192 

2007_01090201 独特なカンバスのタッチを撮ろうとしたんだけどな。。

ゴーギャンは、物事の明るい部分を見ようとしていた人だったのかもと勝手に思った。
実は貧困うずまく、全く楽園などではなかったタヒチ。
なのに、そこで描かれたゴーギャンの絵は、どれも明るく優しい。

精神的に不安定なゴッホは、ゴーギャンが大好きで、とっても必要だったのかも知れないなあ。

私にもいるもの。私の明るい部分を引っ張り出してくれる友人。その人といると、明るい自分になれる。そんな人。

二人は別かれてから永遠に会うことはなかったのだけど。こうして絵を一緒にかざっていると、なんだか『お墓だけは一緒にしてあげた』ような温かさを感じたのだった。

まだまだ気に入った絵があったんだけど、この辺でおしまい。

1フロアだけでくたくた。
でも建物もスタイリッシュでとっても素敵。
2007_01090219_1










次回NYに来た時も、また来たいな。そんな魅力満載のMoMAであった。

2007_01090214[おまけ]

マティスの水浴という絵。

これを見たら、たこ八郎を思い出したよう。

海水浴行って死んじゃったんだよねえ。。

たこちゃん、好きだったんだけどなあー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

いざ、出発!

[朝食]
抜き

うえっ。
見事な二日酔いである。

しかし例によって例のごとく、荷造りが全く終わっていないのだ。
加えて、8日間ペットシッターとして久々ご登場の弟のための、布団や朝食の準備やらなにやらすらない。
なみだ目になりながら、二日酔いの体にムチ打ち必死で準備するりきまる。

ああ!これこれ、これ忘れちゃいかんいかん!
2007_01020331スキットルにつめた、ラガブーリンだよーん。
ホテルで飲むんだ~♪
(こんなものを必須荷物にする女ってさー。。)






そうそう、これも忘れたらたーいへん。
2007_01020329頭痛薬でしょー。
胃薬でしょー。
二日酔いの薬2種類!
あと足りないものは現地で調達しようっと。





・・・・

ていうかりきまるさん!

あなたNYに何しに行くんですか!?
(注.間違ッタ荷造リノ典型。)

[朝食]
抜き

ギリギリにスカイライナーに飛び込む。
今度はスカイライナーの中で年賀状書き。(って、おお~い!!!)
印刷の文面だけじゃ愛想ないので、揺れる電車の中で一言コメントを書くりきまる。

成田の荷物検査の横のポストに年賀状を投函。
ま、ギリギリだけど、全部間に合ったって事は縁起の良い新年としようっと。(注.その性格があなたをきっと間違った方向に導いてる気がしますが。。)

[昼食]
成田空港のカフェにて。
・ビーフカレー
こんなだから、昼を食べたのはチェックイン直後の4時。とほほ。

2007_01090101[ゆうげの一杯]
・シャンパン
うんまーい!
ほっとしたこの一杯が、二日酔いの胃に染み渡るよん。

コンチネンタル航空は、酒類が有料である。という、健康的だが、りきまる的には許しがたいが、仕組みになっている。
しかも往路はフライトアテンダントに日本人が少ないため、外人アテンダントに「また飲むか!このババア!」と思われつつ、「Red wine ,please.」などなどを連発する必要がある。

しかしそんなものに負けるりきまるではない。
元気にばりばりお酒をオーダー。
[夕食]
機内食で。
・ビーフの煮込みご飯半分          ・海老サラダ
それ以外はみんな残す。
2007_01090104










うふふ。海外牛肉っぽく、お米も肉もぱさぱさ。でもなんか嬉しいんだよね。
海老サラダはレタス一杯。くし型レモンをきゅっと絞ってから、ドレッシングを控えめにかけた。結構うまいよ。
2007_01090105お酒は赤ワイン。
これも結構いけた。

ほろ酔いなったところで一休みだ。
アメリカ行くときは、2日が2回あるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おいしいお店/おみやげ・お取り寄せ | おいしいお店/おやつ | おいしいお店/夜の部(エスニック) | おいしいお店/夜の部(バー) | おいしいお店/夜の部(中華) | おいしいお店/夜の部(和食) | おいしいお店/夜の部(洋食) | おいしいお店/昼の部 | きっとリピート 四谷 | きっとリピート 虎ノ門 | きっとリピート 西麻布 | アニマルウェルフェア | ウチ宴会メニュー | ダイエット | チーム マイナス6% | ベランダ菜園 | ラーメン | 今週のおねえさん | 今週のおねえさん2 | 家計を抑えて有機を買うぞ実験中 | 忘れられない一日 | 料理 | 断捨離生活、はじめますた | 旅 : 上海2日目 | 旅 : 上海1日目 | 旅 : 上海1日目 そのに | 旅 : バンコク2016年 | 旅 : パリ 1日目 | 旅 : パリ 2日目 | 旅 : パリ 3日目 | 旅 : ラオス | 旅のお土産 | 旅先での出来事 : 京都 | 旅先での出来事 : 京阪神 | 旅先での出来事 : 京阪神2 | 旅先での出来事 : 京阪神3 | 旅先での出来事 : 倉敷 | 旅先での出来事 : 兵庫 | 旅先での出来事 : 加賀 | 旅先での出来事 : 北海道 | 旅先での出来事 : 台湾 | 旅先での出来事 : 山口 | 旅先での出来事 : 山形 | 旅先での出来事 : 岡山 | 旅先での出来事 : 広島 | 旅先での出来事 : 愛知 | 旅先での出来事 : 東京日帰り | 旅先での出来事 : 浜松 | 旅先での出来事 : 福岡 | 旅先での出来事 : 長崎 | 旅先での出来事 : 長野 | 旅先での出来事 : 静岡 | 旅先での出来事 : 香川 | 旅先での出来事 : 高知 | 旅先での出来事 : 鳥取 | 旅先での出来事 : NY | 東京の祭 | 東京の街 | 東京の街 8 | 東京の街2 | 東京の街3 | 東京の街4 | 東京の街5 | 東京の街6 | 東京の街7 | 爆食 | | 猫 14 | 猫10 | 猫11 | 猫12 | 猫13 | 猫14 | 猫15 | 猫16 | 猫2 | 猫3 | 猫4 | 猫5 | 猫6 | 猫7 | 猫8 | 猫9 | 生活の道具たち | 農場見学 | 農業