2008年3月20日 (木)

おいしいお鮨でがっつり昼酒

さて、バスは夜通し11時間高速をひた走る。
疲労でぼろぼろになりつつ、朝7時半に降り立った場所、それは。。。

りきまるの第二のふるさと高知市であった。
Dscf2594
ゆうべは食ったまま一ミリも動かず寝てばかりであったが、朝になると不思議におなかがすいている。
しかし高知である。しかも祝日だ。
東京みたいに簡単に朝メシ屋が見つかるかなあー。。と思うまもなく。。。

バスの中からピシッ!とこういうものに目がいくのである。
Dscf2571
我ながらこの嗅覚には感動である。

[朝食]
はりまや橋近くの三菜一汁食堂にて。
・あじの一夜干、おから、しらあえ、しらすおろしなどをおかずに卵かけごはん
Dscf2570
セルフで色々おかずやごはん、麺が選べるこの店でニッポンの朝ごはんを仕込む。うめー。。。

三菜一汁という名の店で四菜一汁がっつり朝メシ食う女。

お昼もお魚が食べたいなあ。

でも土佐料理のお店に行くと、ムリに仕込んだ『土佐名産』(季節はずれのかつおのたたきとかね。)が出てきてしまう。

そうじゃなくて、種類は少なくても、今日本当に仕込んだものが食べたい。折角地元に来たんだしね。

ということで、中心街の老舗のこの店にやってきた。
Dscf2580

[昼食]
帯屋町の菊寿司にて。
地牡蠣の酢のものにビールで昼酒開始!
Dscf2581_2 
小指の先くらいの小さい牡蠣。高知にいた頃食べていたのはいつもこれである。
小さいがうまみが濃くてとっても美味しいの。懐かしい味だー。

この菊寿司に入るなり、「テーブル席」を勧められる。無理もない。ここ、高知で女1人、昼日中からカウンターにどっかり座って酒飲む気満々な女なんて、まああんまりいないもんね。(いや、東京だってそんないないぞ。。)

が。
すし屋でテーブル席じゃあね。どーにもこーにも盛り上がらない。
ので、カウンターに移動させてもらう。やっぱすし屋はカウンターでしょ。
まずは赤身といかをつまみつつ、お次を考える。
Dscf2582_2 
・うつぼのから揚げ
Dscf2589
高知ではうつぼを食べるんだよね。カリカリもちもちっとコラーゲンな感じ。
・なまことげそ
Dscf2583 Dscf2584
ちなみにこれはお茶でもお水でもなく、高知の地酒。
Dscf2585
聞いたことない名前。地元でしか流通してなさそう。辛口でうまい。
たけのこと、軽くあぶっためじながゲキうまだった。
Dscf2586 Dscf2587

[ゆうげの一杯]
高知空港でビール一杯。
両腕が抜けそうになるほど食材やらを買い込んだ。くたくたの体に染み込む一杯だ。

その後飛行機は木の葉の様にゆれ、羽田着陸直前風に煽られて再度急上昇。久々に恐いフライトでげっそり帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい高知の食材たち

高知の野菜は美味しい。これは本当である。
東京で入手できるものと比べ、どれも活き活きのびのびとして、野菜らしい味をしていると思う。
今回もそんな食材を買うのを楽しみにしていた。

買出しした食品を片付けながら、買ってきた食材で晩ご飯である。
びっくりするほど育ってしまったほうれんそう。ゆうに2把分以上はある。
Dscf2606
でもとっても柔らかでおいしい。

大菜という始めてみる菜っ葉。ピン!と元気。葉脈が赤いって変わってるね。
Dscf2608
ひき肉と炒めたら、味が濃くて美味しい。
Dscf2617_2

きゅうりもでかい。ぷっくり育った身は香りも味も良い。
Dscf2612
お隣はちょいすいのたくあん。ちょいすいとは、ちょっとすっぱいの意味。

トマトにきゃべつ。高知の春トマトはおいしいんだー。
Dscf2610 Dscf2613
これはシンプルにサラダにした。
Dscf2620_2
うまうま。

山蕗は葉っぱまでみずみずしく薫り高い。葉っぱも佃煮にする。
Dscf2607
でっかいしいたけを焼く。東京で買うものとは比べ物にならないほどジューシーで柔らか。
Dscf2621_2

青ねぎはぴちぴちと音がしそうな元気さ。東京のわけぎみたいに辛すぎず薬味にさわやかだ。これを食べると東京のわけぎは、辛すぎてつらい。

そのねぎをやっこに。
Dscf2619_2
やっこは堅くて味が濃い。
入れているなます皿は、小道具やで、激しく割れてる上に継ぎ方が悪いという事で、2個500円で買った。結構いいものなので嬉しい。

豆腐のとなりは、農家お手製の刺身こんにゃく。
Dscf2615
そうそう、このみずみずしさ!こんにゃく臭さは全くない。もっと買って来れば良かった。
Dscf2618_2
ちなみにこの皿も結構古くていいものだが、手前にひびが入っているのと、1個しかないとのことで、500円で買った。

たけのこはほのかに栗の香りがした。えぐみがなくて素晴らしい味。京都産にも劣らない。
Dscf2616

その他、にろぎ、ちくわ、ごぼうなどなど、色々買い込んだ。

気になったのは、こんな元気な高知の野菜、東京の半値以下なのだ。50円でぴちぴちの
有機春菊を売っていたりする。

安くて嬉しいと言う前に、すごく疑問が湧いた。
例えば東京の有機野菜店で200円から250円くらいはする。いくら地方でも1/5って異常だよね。

りきまるが5年前、中国法人設立をしていた頃、中国が日本のコスト1/5であることに魅力を感じた企業がたくさん進出していた。

いくら流通コストがかからないとは言え、こんなにこんなに日本国内で価格差があっていいものなのかな。

どこに住んで、どこで生産するか、どの業者に卸すか。それだけで生産者の手に入るお金が何倍も違うなんて本当にいいのかな。
生産にかかる労力は、どこで作ろうと何倍もかわらないのだけど。

元気な食材たちを眺めながら、なんだかものすごく富や価値がいびつになっている日本の現実を、垣間見る気がするりきまるである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 : 龍馬がみた景色、りきまるが見た景色

子供の頃7年間を過ごした高知市。とても楽しかった子供時代と家族の思い出が染み付いているこの街は、りきまるにとっては第二の故郷である。

高知と言えば坂本龍馬なんだろうけど、実はこのトシまで、時代劇も小説も、坂本龍馬にも一ミリも興味もなかった。が、昨夏長崎に行った時TVで見た、藤沢周平原作の映画『蝉時雨』をきっかけに時代小説にはまり、半年かけて幕末モノにたどり着き、今。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』に夢中である。

読みはじめてから数週間、ここから見る高知城の景色が、心にちらちらして、いてもたっていられなくなっていたのだ。
Dscf2593

この前の土曜、ネットでぶらぶらしていたら、桂浜近くの美術館で、幕末の志士の写真展を今日までやっていると言うのを発見。
夜行バス1泊2日の強行旅決行とあいなったのである。

懐かしい土佐の海。
Dscf2574
この先にお目当ての写真展に行く。

その後は市内をぶらぶら。
Dscf2598
武市半平太の切腹した場所には碑が立っている。
Dscf2597
子供の頃大河ドラマで竜馬がゆくをやっていた。母がこの碑の前で、「あら。。。!武市はここで死んだのね。。!」としみじみ言っていたのを思い出した。(はまりやすい親子。)

龍馬の通った剣道場のあったあたり。
Dscf2603
この写真右手は鏡川。龍馬が水練をした場所は、りきまるが子供の頃泳いだ場所のすぐ近く。

龍馬の生家の裏あたり。りきまるの通学路だ。
Dscf2604
この川沿いには商店が建ち並び、武士も町人もみな一緒に仲良く住んでいた。
龍馬の持つ平等意識は、こういう環境から醸成されたとも言われている。

龍馬記念館。生家を再現していたので写真をとっていると。。。
Dscf2599

左を見てぎょっとする。ひゃー、江戸の人にしちゃ、でかいねえ。。
Dscf2602

7年高知に住み、その後何回も高知に行ったが今回初めて、自分が龍馬とすぐご近所に住んでいたことを知る。

彼が見た山、彼が見た川。同じ景色をりきまるも子供の頃に見ていた訳である。(感動に浸る単純な女。)

その後は買い物。りきまるの好きな県庁前の落ち着いた道。
Dscf2592
その道沿いに木曜市が出ている。
Dscf2591
有名な日曜市には規模は全然及ばないが、いかにも地元の人のための市という感じである。
食材買い捲り。腕が抜けそうにおもーい!
そんな食材をコインロッカーに入れて、また市内をぶらぶら。

そうそう。せっかくだから、こいつの写真を載せときましょうか。
日本三大がっかりのはりまや橋。
Dscf2579
うはははー。これ見に来たら、ほんとがっかりだよねー。

りきまるの通っていた小学校の制服だー。子供の頃買った店も健在。
Dscf2595

でも今回中心街の寂れた感じがとても気になった。
Dscf2596
ここ高知も郊外店に顧客を奪われ、町の空洞化は進んでいるようだ。日本の地方都市はどこへ行くのであろうかねえ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

有給でのんびーり

今日は有給で旅の疲れを癒す日  と思ったけど、夕方出社でした。

[朝食]
・さばずしの残り ・つる紫の味噌汁
[昼食]
・精進揚げ
なすが皮までとろとろに柔らかくっておいしい。れんこんもGOODでした。
[夕食]
・なすの煮びたし ・さしみこんにゃく  ・きゅうりとレタスのサラダブルーチーズドレッシング
P1010347 P1010348

                      

                         

                          ゆうべ疲れて見ていなかった骨董市で買ったものたちを洗ってチェック。
古い塗りの小皿  せんべい皿 一枚は鯛の模様が、白い小皿には文字が浮き出ています。 
P1010345 P1010349

P1010346 P1010341                                                  

                          

                            

                             

お椀は、外観はあまりいいとは思わなかったんですが、蓋をあけると、中はつや消しの漆、蓋の裏はつやのある漆に松ぼっくりの蒔絵というのが面白かったので買ってしまいました。(それに安かったし)
P1010339 P1010340

  



古伊万里のなます皿、これが一番高かったです。     

P1010342 P1010344







さっそく夕食で使ってみました。なすの煮びたしをよそいました。我が家の食卓で活躍しそうで嬉しいです。
P1010355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

番外編 セブンデイズホテルプラス

セブンデイズホテルプラス。

P1010127 外観です。

このあたりには、素敵なレストランやインテリアショップがありました。



前日で懲りたので、一泊目はツインのシングルユースにしてもらいました。二泊目は満室なのでシングルでした。

P1010219P1010075シンプルで美しい部屋です。什器は白を中心、無機質だけど素敵です。

そしてやはりシングルは普通でした。大人の女の一人旅は、ツインのシングルユースがお勧めです。



朝食はここで食べます。カフェかギャラリーみたいでしょう。
P1010118 P1010120

                       
                                        

                         

                            

                             

                              


階段にはアートが。朝日が差し込み、快適な場所。人があまり通らないのが勿体無いなあ。
P1010114 P1010111

                       

                               

                         

                            

                          

 

案内板のロゴも素敵でした。                

P1010104 P1010103 P1010096 P1010097

館内のいたるところに、オーナーのこのホテルに対する思いを感じます。

きっとまた、ここに泊まりに行くと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜市で熱くなる

もう食欲が止まらないです。とほほ。

[朝食]

セブンデイズホテルの朝食。今日は窓際で、水色の空を眺めながら。

ゆで卵を入れている器がすごく素敵です。欲しいなー。

P1010214 P1010217

                                          

                                           

                               

                                                                           

                                 

                             

出身小学校を見に行く。なんと数十年経っているにもかかわらず、すべてが昔のままなのです。嬉しくて懐かしくて涙が出た。(歳のせいか涙腺が弱い)

P1010293 [おやつ1]

高知城にて。アイスクリン。アイスクリームではなくてアイスクリン。さっぱりした味です。高知の人でこれを知らない人はいないですね。

                                                     

[昼食]

帯屋町のニュー門田にて。

・カレーセット。

子供の頃、ここに連れてきてもらうのは特別の日でした。いつもカレーにするかハヤシライスにするか死ぬほど迷ったものです。

P1010328 [おやつ2]

昨日も行った帯屋町のひろめ市場にて。

くじらしゃぶしゃぶを、どうしてももう一回食べたい!ということで。たけのこのおでんとともに。後ろに写っているのは、ウーロン茶ですと言いたいですが、やはりビールなのでした。


P1010325  今日もひろめ市場は、一体何時なのかと思う賑わいぶりです。
         

                                 

                            

                           

                            

さて、お次は今回の旅の目的のひとつ、日曜市で買いまくりです。
P1010294 まずは骨董屋さん。
ほんとかな~という古伊万里、古い漆の皿、せんべい皿(小皿)、漆のおわんなどを購入。
昨日行った伊野市には、かつて和紙売買で隆盛を極めたおうちがありました。そういう場所は骨董が出てくるんじゃないかと思いました。漆皿のひとつは、思惑通り、伊野の和紙問屋が代替わりして先代のコレクションが売りに出て、このお店が引き取ったものの中の一つでした。

お次は食材コーナー。P1010316 P1010317 P1010318 P1010319 P1010320 P1010321                                        

P1010322P1010333                                             

                                       

                                       

この日曜市で買う高知の野菜は本当においしいのです。よく東京のスーパーで見る「高知産」はあくまで都会出荷用と思います。味が全然違うんだもの。路地物が多いので見た目は今一歩なんですけどね。こういう野菜が東京でも買えないかしらん。

久しぶりの日曜市では、出店している方々がものすごく高齢化しているのが気になりました。最近は観光客の比率が増え地元の客をスーパーなどに取られているとも聞きました。

[お茶]
と言う名の生ビールを、空港で。
 [夕食]
日曜市で購入した 
・野菜すし ・さばずし ・ビール
P1010334 P1010335                                         
                              

                      

                       

                      

                      

食べて食べて食べた3日間でした。
明日から調整が大変です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

狂ったようにかつおを食すの巻き

高知には思い入れが深いのでちょっと長いです。。。

[朝食]

セブンデイズホテルプラスにて。

今日はこの席で食べます。カフェみたいでしょ。ゆで卵がうまいです。                                 

P1010101 P1010100

                     






                       

                     

P1010130 土佐電鉄の路面電車に乗り、伊野市に向かいます。

私が子供の頃に乗っていたのと同じ電車が今も現役で頑張っています。






P1010044 車内です。昔のまんま。なんだかランドセルを背負っていた小学生に戻ったような気持ちになる。(ちょっとずーずーしい。)                  

                                         

                                         

                                           




                                         
                      

P1010162 伊野で昔ながらのパンやさんで、クリームパン発見。亡くなった父が大好きでした。なので父の代わりに私が食べましょう。(しかし、カーボだしね。ほんとはやばい。。)


                

                                        


P1010163 ローカル線に乗って土佐久礼に向かいます。
平和なローカル線の車内を、一人で安居酒屋に変えるわたくし。でもさ、折角電車なんだし、ビール飲まなきゃですよ。(意味不明)






P1010168 土佐久礼の駅前、匂いに誘われ焼鳥購入。1本70円也。
お肉はぷりっとし、なおかつジューシー。すごーい、う・ま・す・ぎ。地元の人たち、トラックの運ちゃんまでもが車を止めて次々と購入してます。小さいけど、町の人気店だね。





土佐久礼の大正町市場にて。

P1010175 魚屋さんです。以前同じ頃に高知にきたことがあるのですが、その頃より魚種が少ない気がします。

かつおはこの時期、地元産が少ないのか、北陸のものが多かったです。                                         

                                           

                                  

                                       

P1010177 出た!私の中で、高知の豆腐といえばこれ。高知の豆腐は水の中に入ってないんですよ。こうして板の上に鎮座ましましてます。硬くて味が濃くておいしいんです。私が子供の頃は良く見た光景ですが、今回の旅行では豆腐屋さんが激減している気がしました。3日間の滞在で、この昔ながらの豆腐を見たのはここだけでした。

P1010179 [昼食]
前菜として(^^;)
・新子のお刺身  ・ビール  ・かつお丼 
新子とは『めじか』、つまり『そうだ鰹』のこども。
これに『ぶしゅかん』というすだちの一種を絞ったものとお醤油をかけて頂きます。これがかつおなの?ぷりぷりとして歯ごたえがあり、ぶしゅかんの酸味・香りとばっちりマッチでとってもおいしいです。

ANAの機内誌に載っていたかつお丼は、割に普通。ごはんは半分残しました。新子の方が断然私好み。

P1010190 帰り道、県内最古の造り酒屋に寄り道。私この杉玉って、かわいくて好きです。

良心の声 「もしもし、りきまるさん、6月に八海山の飲み放題で地獄を見て、日本酒と生涯袂を別ったはずでは?」

りきまる  「見るだけだし、いいじゃん。」

店を出る私の手には、何故か濁り酒の瓶が。。。袂を別ったのは日本酒で、濁り酒じゃないしね。(おいおい!)


[夕食]

市内の居酒屋にて。

かつおたたき ・やっこ ・ビール
P1010202 P1010203

                                  

                           

                       

                       

                        

                        




[二次会]

酒菜 浪漫亭 廿代店にてP1010206
P1010205 P1010204                                 




・かつおたたき(。。。え?また?) ・チャンバラ貝 ・りゅうきゅうの酢の物 ・麦焼酎

板さんとおしゃべりしながら飲む。サービスで酒盗の味見をさせていただいた。うまいねー。

[三次会]

昼に買った濁り酒をホテルでちょっと試飲。飲んじゃえば荷物、少し軽くなるし!

毎日かつおばっかり食べてますが全然飽きません。高知で食べるかつおのたたきは、全く臭みがなくて魚って言うより肉みたい。

にしても、痩せたいときに旅行しちゃいかんと深く反省。(口ばっかなんですけど。。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 高知の田舎町を巡る旅

土佐電鉄の路面電車に乗り、伊野市に向かいました。

伊野市は、土佐和紙の産地として栄えた町です。

和紙で大もうけした商家が大切に保存されていたり、昔の民家が観光用でなくごくごく現役の町並の中に残っています。古民家マニアのりきまる、観光化されていないこういう小さい町を歩くのが大好き。

P1010153 町は土佐の清流仁淀川に面しています。そのためか、町を流れる水がとてもきれいです。
これは仁淀川です。

めだかのいる小川も久々に見ました。フナもいます。子供の頃こういうところで毎日のようにフナやめだかを取って遊んでました。

P1010146 これは和紙をすくために使った水を流す水路のようです。川底は白くなり、時々小さい紙くずが流れていきます。

一般の小川とは区別して環境に配慮しているのかな。いいねえ。

単線の土讃線に乗って、土佐久礼の大正町市場に向かいます。

P1010165 P1010164
                  

                                   

                                       

                                

                             

                            

行きの飛行機の機内誌で、この市場のことが紹介された記事がのってたのを見て、早速ホテルのPCでネット検索してやってきました。
P1010169 P1010170

市場は、思ったより小さいので、これだけを目的にわざわざ行くというよりは、ドライブのついでに寄るというのがいいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

のんべの街、高知

私は3歳から10歳まで父の転勤で高知に住んでいました。
今は知り合いは誰もいないけど、私にとって高知は大切な場所の一つです。
P1010035 [朝食]
セブンデイズホテルで。
パン×2 ・コーヒー ・バナナ ・オレンジジュース

朝食後、土佐電鉄の路面電車に乗って、昔住んでいた町に向かう。車窓の外は思い出の町並み。
ちょっとうるうるきてしまう私。

P1010059 [昼食]
上町五丁目のごくごくふつーのうどん屋さんで。
きつねうどん
「おお、子供の頃出前で食べた味!」と感動する。                 

              

P1010067 [おやつ]
帯屋町にあるひろめ市場で。
・さらしくじら ・くじらしゃぶしゃぶ ・ビール
いいんですー!ビールだって、あきらかにつまみとしか思えない食べ物だって、3時に食べたらおやつなの!!
それにしても、このくじらしゃぶしゃぶ、歯ごたえ良いし、噛むとじゅわっと口に広がるあぶらといい、うんまい。

ところで皆さん、市場って名前に惑わされてはいけません。確かに八百屋や魚屋さんは
あるにはあるんですが、このスペースの半分以上を占めるのが、『昼からやっている居酒屋』です。
P1010068 しかも昼のひなかから、子連れ、おばさん、じーさんばーさん、あちこちでジョッキでぐびぐぴ。(日本酒もいるぞ!!)写真のににぎわいを見よ!
いやいや、まっこと高知は酒飲みに優しい国やき。さすがりきまるの第二のふるさとだけはあります。

[夕食]
うろうろうろうろうろと繁華街の飲み屋をチェックしまくり、居酒屋に入る。
・かつおたたき ・焼きなす ・鯨カツ
P1010089 かつおのたたきには、高知の定番ゆずの絞り汁を使っています。爽やかで実にうまい。
ゆずの絞り汁+醤油は、市販のゆずポン酢とはまーったく別物です。香り、味わいが違います。                                             

P1010091  焼きなすを一口食べた瞬間、「あ、土の味がする!」と思いました。泥臭いんではないんです。
何というか、土の滋味を感じるんです。実は高知の野菜っておいしいんですよ。

P1010090 私の子供の頃は、街の至るところに鯨肉を売るお店がありました。それは、もしかすると肉やや
魚やより多いんじゃないのかと思うくらい。

[二次会]
はあ~。『だいえっとにっき』なんだから、二次会はやめなよ~ と、これを書いている今は思います。
P1010092 ・屋台の餃子とビール
ゆうべの餃子のうまさが忘れられず、屋台の集積場所をうろうろ。ああああ~うまーい。                             

                                          
                         

P1010095 [夜食]
昨日の酒屋にまた行き、おかあさんお勧めの赤ワインハーフを、栓をあけてもらいホテルに帰る。
つまみはコンビニで買ったいか焼きとチーズなど。
また食うか、お前!

まだあと2日もあるよ、でぶまっしぐらの旅行。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編 セブンデイズホテル

P1010039 今回の旅行の目的の一つは、ここに泊まることでもありました。

全部で3泊するので、最初の一泊はセブンデイズホテル、あとの2泊はセブンデイズホテルプラスです。

セブンディズホテルのシングルの部屋は、すごーく狭くてごくごく普通のビジネスホテルって感じ。イマイチでした。

P1010036 でもロビー階はとてもすてき。

ここで朝食を食べます。                              

                                            

P1010037 飾ってあるアートもポップで、雰囲気にぴったり。

セルフの朝食は、よくあるホテルのバイキングとは違って、パンと飲み物だけ。

でもこんなにすてきなところで食べると、なんか満足しちゃうんです。

出張らしきサラリーマンのおじさんたちのご愛用の宿のようでした。意外!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おいしいお店/おみやげ・お取り寄せ | おいしいお店/おやつ | おいしいお店/夜の部(エスニック) | おいしいお店/夜の部(バー) | おいしいお店/夜の部(中華) | おいしいお店/夜の部(和食) | おいしいお店/夜の部(洋食) | おいしいお店/昼の部 | きっとリピート 四谷 | きっとリピート 虎ノ門 | きっとリピート 西麻布 | アニマルウェルフェア | ウチ宴会メニュー | ダイエット | チーム マイナス6% | ベランダ菜園 | ラーメン | 今週のおねえさん | 今週のおねえさん2 | 家計を抑えて有機を買うぞ実験中 | 忘れられない一日 | 料理 | 断捨離生活、はじめますた | 旅 : 上海2日目 | 旅 : 上海1日目 | 旅 : 上海1日目 そのに | 旅 : バンコク2016年 | 旅 : パリ 1日目 | 旅 : パリ 2日目 | 旅 : パリ 3日目 | 旅 : ラオス | 旅のお土産 | 旅先での出来事 : 京都 | 旅先での出来事 : 京阪神 | 旅先での出来事 : 京阪神2 | 旅先での出来事 : 京阪神3 | 旅先での出来事 : 倉敷 | 旅先での出来事 : 兵庫 | 旅先での出来事 : 加賀 | 旅先での出来事 : 北海道 | 旅先での出来事 : 台湾 | 旅先での出来事 : 山口 | 旅先での出来事 : 山形 | 旅先での出来事 : 岡山 | 旅先での出来事 : 広島 | 旅先での出来事 : 愛知 | 旅先での出来事 : 東京日帰り | 旅先での出来事 : 浜松 | 旅先での出来事 : 福岡 | 旅先での出来事 : 長崎 | 旅先での出来事 : 長野 | 旅先での出来事 : 静岡 | 旅先での出来事 : 香川 | 旅先での出来事 : 高知 | 旅先での出来事 : 鳥取 | 旅先での出来事 : NY | 東京の祭 | 東京の街 | 東京の街 8 | 東京の街2 | 東京の街3 | 東京の街4 | 東京の街5 | 東京の街6 | 東京の街7 | 爆食 | | 猫 14 | 猫10 | 猫11 | 猫12 | 猫13 | 猫14 | 猫15 | 猫16 | 猫2 | 猫3 | 猫4 | 猫5 | 猫6 | 猫7 | 猫8 | 猫9 | 生活の道具たち | 農場見学 | 農業