« お給料日のお楽しみ | トップページ | 人の持つ可能性が広がる瞬間 »

2019年7月21日 (日)

素敵な器で水羊羹

今日は久々にアンジェラ☆の占いだ。

田原町のSPLENDOR COFFEEで、まずはカフェラテ。

2019072423401206

ここのは泡がしっかりして、コーヒーも香りよく大好き。

まずは占星術。じっくり星回りを見てもらう。面白いな~。

のあとはタロット。初めてデビルが出てぎょっとする。

アンジェラ☆はすこしカードから身を離し、じーっと真剣にカードを眺めたあと「りきまるさん、これ『結婚』って感じのカード!」と言った。(もちろんそのものでなく、ものごとの運びの比喩であるけれど。)

2019072423401205

よい話も聞けたし、ほくほくとお店を出た。

カフェの近くにあるアンジェラお薦めのお店、中国手打拉麺馬賊にて担々麺。

2019072423401204

お店で麺を手打ちしてるからばんばんすごい音がする。むっちりとした美味しい麺だった。

馬賊から蔵前に抜ける道すがら。見事な植木が並ぶ家があった。

2019072423401203

桃に無花果に椿にむくげ。

2019072423423800

たくさんの種類の植木を丹精して育ててるのがつたわってくる。

おうちに庭なんかない下町では、みんな昔からこんな風に植木を楽しんだんだよなあ。

わたしが子供の頃、毎月10日虎ノ門の金比羅さんのお縁日の日には、虎ノ門駅のある外堀通りにはいつも植木やさんがずらりと店を出していた。

母とお参りしたあと、鈴カステラとかあんずあめなんか食べながら、植木を物色しては買って帰ったものだ。だから我が家のある長屋の前は、母の大切にしていた植木がたくさんで、四季楽しかったものである。


さて、午後は漆教室。少し早めに到着すると。。

2019072423401106

なっ、なんとテーブルセッティングされている!

先生(注.男子)が所作も美しく水羊羹を切り分けてくださる。

2019072423401105

トレイも匙も器も先生作。向田邦子さんの喜びそうな、角のピンと立った美しい水羊羹。

いただきまーす!

2019072423401104

匙は水羊羹専用というだけあり、薄くて切りやすく、口に運ぶと水羊羹が更に美味しく感じる。

トレイは漆の木。実は漆を一シーズン収穫すると、その木はもう切ってしまうのだそうだ。(漆は樹液だし、木って実は生きているのは外側だけだから、確かにもう成長はできないよね。)

そして伐採した漆の木は、やはりかぶれるから使用できず廃棄するしかないのがとてももったいないと聞いていた。でもこのトレイはかぶれないんですって。もっと加工して使えばよいのにな。

そして先生みたいに木工の技があると、自分で何でも作れて楽しそうだ。(またあちこち手をつける、悪い癖が始まりそうだ。。)

さて、今日はおやつ食べに来たんじゃないよね。軽く器を磨いて、また拭き漆をする。箸も修繕。

2019072423401103

時間が余ったら先生が「そうだ!裏につける刻印を作りましょうか!」と思い付き、コンビニに消ゴムを買いに行ってくれた。

ということで、裏に押す刻印。名前から一文字にした。

2019072423401102

みんな、雪とか眼鏡とか動物とか、かわいい刻印だったけど。わたしの『す』も良くないですか?


買い物してから帰り道、世田谷線に乗ると

2019072423401101

なんとつり輪が招き猫!沿線の豪徳寺にちなみましたか!(豪徳寺は招き猫のお寺。)


夜、いんげんは煎り酒と山椒醤油とで半割りしたものであえた。ゴーヤとツナのサラダとゴボウ巻き。

2019072423401100

A型風にきっちり盛り付けてみた。

〆は普段の半量のお蕎麦。

2019072423401000

ごちそうさま。盛りだくさんの一日でした。

|

« お給料日のお楽しみ | トップページ | 人の持つ可能性が広がる瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お給料日のお楽しみ | トップページ | 人の持つ可能性が広がる瞬間 »