« 師匠の初仕事 | トップページ | 古染付けの気持ち »

2019年6月20日 (木)

夏の日本酒

本日はお給料日。
6月は切れ間なくみっちり宴会が続いていてもうお財布が大ピンチであるから、宴会なくイベントもパスって帰宅した今日くらい自炊した方がいいんだけれど。

やっぱりふらふらとご近所夜回りしてしまう。
蕎堂 壮 にて。

お通しは蕎麦豆腐。
2019062221535700
一杯目は山梨のひまわり花酵母を使ったお酒。花酵母と言えば農大。これもさわやかで飲みやすい。

2019062221535701

ヤングコーンの西京みそ漬け。これおいしい。今度やってみようかな。

2019062221535604

メインはアユ。高知で過ごした子供時代、6月から秋まで3か月、親父は毎週仁淀川に鮎釣りに行ってしまい。子育て放棄していたから母が怒っていたものだ。

しかしそのおかけで私たちは7年間天然アユ食べ放題ができたのである。

2019062221535602
この季節このサイズのアユは養殖だよね。と思ったらやはり背脂あったけど。でもなかなかおいしいアユだった。

ちなみに我が家では、アユを泳いでいる状態に起こし、背中を頭からしっぽに向けて押して、しっぽを切って、すーっと骨を抜いて丸ごとぱくつくのであるが。(子供のころはそれをごはんにのっけてぱくついたものだ。)

ちょっとお行儀悪いような気がして、ふつうの焼き魚のようにして食べた。あと、養殖だと骨周りに脂がついていて、すっと取れない事があるし。

2杯目も夏のお酒。

2019062221535603
最近の日本酒はほんとおいしい。学生時代に飲みまくっていた安い日本酒は、「先輩、これたくさん飲んだら目がつぶれたりしませんか?」と聞いてしまうほど、ツーンとしてまずかったのである。

〆に半蕎麦。

2019062221535600

ごちそうさまでした。

このお店ができて大好きな蕎麦前で一杯 を近くで楽しめるようになったのだけど。欲を言えばこじゃれすぎているのである。

もっとふつーな、『いかにも近所の蕎麦や』みたいなのがあるといいのにな。まあわたしのイメージするご近所蕎麦やって小川町のまつやだったりするから、そりゃむりだろー!なんだけどね。

|

« 師匠の初仕事 | トップページ | 古染付けの気持ち »

コメント

今日も美味しそうです。

りきまるさん、まつや(神田淡路町でしたっけ?)がお好きですか?私も「まつや」です!!初めて食べた時(学生時代、30年以上前です。遠い日・・)あまりの美味しさにひっくり返りそうになりました。ご近所さんで何時も混んでいて、お昼からお酒を楽しんでいる人もちらほら見かけました。いまもそうなのかな?

高知、行ってみたいです。四国のみ足を踏み入れたことがないので、いつかは四国巡りをしたいなあ。

投稿: SUZU | 2019年6月24日 (月) 08時19分

SUZUさん、こんにちはー。
そうそう、淡路町でした!そのまつやです。
あそこは良いですよね~。内装からしてサイコーです。何年か前の夏休み、あそこで憧れの昼酒を(しかも一人。。)したことがありました。

高知よいとこですよ。四月に高松行ってそれも気に入りました。関西とも違う文化圏な感じです。是非行ってみてください!

投稿: りきまる | 2019年6月25日 (火) 04時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 師匠の初仕事 | トップページ | 古染付けの気持ち »