« 演劇の力 | トップページ | 今年もお施餓鬼 »

2019年6月29日 (土)

神楽坂 一水寮で過ごす午後

午前中、中野の知人のコンサル最終回。当初目論んでいたゴールまでは達しなかったけど。

この半年深く深く考えたことは、これからの人生に必ず楔となると思っている。

来月からは3か月、彼女がスタートする予定の脳科学を使った自己分析の講座をモニターで受講することになった。スカイプを使うから、土日の移動がなくて楽チン。

 

暫く中野には来ないんだから、なんかウマいもんでも食べればよいのに。

久々に立ち食いそばオタクの血が騒ぎ、中野駅北口の田舎そば かさいでかき揚げそばを食べた。

2019070418532606

午後からは、神楽坂一水寮。今日から2階でうつわ松室が展示販売をするというので、金継ぎの前にのぞいてみることに。

2019070418532605

2階にあがるのは初めてだけど、なかなか素敵だ。

2019070418532604

窓辺におかれた時計と

2019070418532603

なんと木をくりぬいたペン立て!ちょっと欲しいかも。

2019070418532602

下に戻ると、生徒さんから麩まんじゅうの差し入れがあった。先生が淹れてくれる香り高きコーヒーとともにいただいた。

2019070418532601

ところで今回から、漆で汚れた道具を拭くためのエタノール入れがすてきな瓶に変わっていた。

2019070418532600

なんと芸こま!コルクに刺された棒からエタノールの水滴を落とすのだ。

2019070418532503

「教室も脱プラスチックにしようかと思って。」と先生が笑う。ふむ。実は作業で自分で作った欠けのパーツの形を整えたりするとき、結構ラップを使うのだ。

ラップは何で代用しますかね~。と聞くと、

「椿の葉とか?」と言われた。それ、地球に優しいかもだけど、葉っぱむしられる椿は「俺に優しくねーじゃん。」かもですねー。

 

帰宅してごはん。

焼きピーマン山椒醤油かけ 貝ひもは千切りきゅうりとともに、海苔で巻いて食べる。

2019070418532502

焼いただけ、並べただけ、切っただけだけど。器を選び盛り付ける時が、わたしのたいせつな週末の時間だ。

漬け物とオリーブの新漬けを出してもう一杯。

2019070418532500

今宵使用した小皿三つが、本日の戦利品である。

|

« 演劇の力 | トップページ | 今年もお施餓鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 演劇の力 | トップページ | 今年もお施餓鬼 »