« 新緑の上野の森 | トップページ | ご無沙汰しています »

2019年5月26日 (日)

品格について考えた

午前中虎ノ門の会社訪問。すっかりまちが変わってしまって、普通に歩いているとどこにいるのかわからないほどだ。

懐かしいきやと升本。このあたりも開発が決まってしまった。升本にいくなら今のうちだね。

2019062706043900

虎ノ門のつくねにて焼き鳥重 ご飯少なめ。

2019062706042701

午後フレックスで15時に退社して猫を病院に連れていったあと。

本日は東京倶楽部にて、5月誕生日の会。まずはバーで、マティーニなぞいただき

2019062706050000

(写真取り忘れ飲みかけですが。)

豪華なコース料理をいただいた。

残念ながら写真はNGとのことでなし。いつもは個室だが今日はメインダイニングだったから仕方ない。

品格あるメインダイニングでは、さすがの私も大人な顔で料理をいただいた。


二次会は丸の内に移動して、明治安田生命の古いビルの地下にあるバーで一杯。

2019062706050001

実に大人な夜である。

前職でご一緒したお二人とも長い付き合いだ。昔の会社の人の話になると、人に対する評価がわたしとお二人とまっぷたつに分かれて面白かった。

なるほど、こんなに違うものなのだ。頭ではわかっていたけれど、実例をもとにすると、ホンに人とは同じ個性が見方によってかように善くも悪くも映るものなんだ。それが面白かったりもする。


しかし二人の論評を聞いていたら、『評価と悪口は違う』という事実にもまた気づかされた。

人の悪口を言っている場には、なんとも嫌なオーラが流れているものだけれど。今日のこの場は違う。

これが人の品格というものなのかしらね。わたしもこんな年のとりかたをしたいなと思いながら家路についたのであった。

|

« 新緑の上野の森 | トップページ | ご無沙汰しています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新緑の上野の森 | トップページ | ご無沙汰しています »