« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月26日 (日)

品格について考えた

午前中虎ノ門の会社訪問。すっかりまちが変わってしまって、普通に歩いているとどこにいるのかわからないほどだ。

懐かしいきやと升本。このあたりも開発が決まってしまった。升本にいくなら今のうちだね。

2019062706043900

虎ノ門のつくねにて焼き鳥重 ご飯少なめ。

2019062706042701

午後フレックスで15時に退社して猫を病院に連れていったあと。

本日は東京倶楽部にて、5月誕生日の会。まずはバーで、マティーニなぞいただき

2019062706050000

(写真取り忘れ飲みかけですが。)

豪華なコース料理をいただいた。

残念ながら写真はNGとのことでなし。いつもは個室だが今日はメインダイニングだったから仕方ない。

品格あるメインダイニングでは、さすがの私も大人な顔で料理をいただいた。


二次会は丸の内に移動して、明治安田生命の古いビルの地下にあるバーで一杯。

2019062706050001

実に大人な夜である。

前職でご一緒したお二人とも長い付き合いだ。昔の会社の人の話になると、人に対する評価がわたしとお二人とまっぷたつに分かれて面白かった。

なるほど、こんなに違うものなのだ。頭ではわかっていたけれど、実例をもとにすると、ホンに人とは同じ個性が見方によってかように善くも悪くも映るものなんだ。それが面白かったりもする。


しかし二人の論評を聞いていたら、『評価と悪口は違う』という事実にもまた気づかされた。

人の悪口を言っている場には、なんとも嫌なオーラが流れているものだけれど。今日のこの場は違う。

これが人の品格というものなのかしらね。わたしもこんな年のとりかたをしたいなと思いながら家路についたのであった。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

新緑の上野の森

今日は友達のカウンセリング&コンサルを受ける日で、朝から中野。終了後、友達お勧めのカフェがあると聞き行ってみる。

教えられた場所に行くと、ほそーい路地の奥に

20190502_131020

喫茶店。

20190502_134350

でも普通のおうちでもある。なぜなら入り口は庭だ。

老夫婦お二人で営まれているお店だ。

野菜サンドイッチセットをたのんだ。

20190502_131657

20190502_132001

うん、とても美味しい。パンがいいなあ。

丁寧に淹れられた香り高いコーヒー。

20190502_132450

応接を改造した風のお店は、仲良しの親戚のおうちに遊びに来たみたいな心地よさだ。

友達にメールすると、昔都心で店舗を持って他のだけれど、行くさき行く先で地揚げに会い、ならばいっそ自宅をとここに腰を据えたらしい。

そして美味しいと思ったパンはなんとペリカン。毎日田原町まで買いに行っているそうである。

中野コンサルを受けはじめてから休日中野にくる機会が増えたが、なかなかたのしいまちであるなあ。

 

午後は日彫展を見に東京都美術館に行った。

出てくると少し日が傾きはじめて、

20190502_160035

なんかすごくきれいな上野の森だ。

20190502_160320

上野ってゴミゴミしている印象であんまり好きでなかったんだけど、ちょっと見直しちゃった。

 

国立博物館に向かうと、旧因州池田屋敷表門がめちゃかっこいい。思わず写真におさめると

20190502_160443

門の右上にかかる雲が不思議な色に輝いている。

肉眼ではただの雲なのに、モニターで見るとこの色なのだ。不思議。なにかの吉兆だと思うようにしよう。

 

気分もよいので、お寿司でも食べて帰りますか!

神田の江戸っ子寿司に行ってみた。

2019053020360900

あまりに素敵な夕暮れなので、一駅手前で降りて、緑道を歩きながら帰ることにして。

20190502_183004

唐揚げなんか食べながらぶらぶら歩く。

20190502_183701

夕焼けがしみじみきれいだ。

20190502_183411_1

なんかすごく贅沢をしている気持ちで帰路についた。

| | コメント (2)

2019年5月 1日 (水)

令和の幕開け

今日のランチはバスマティライスを炊いて

20190501_115115

但馬の田中畜産さんで企画したたなカレーを作る。

20190501_115142

スパイシーで美味しい!

20190501_115026

もちろん牛は田中さんの放牧敬産牛。大満足のランチ。

 

夜は小学校、中学校の同級生四人と三軒茶屋の赤鬼で宴会。

20190501_215306

一応紅一点だが、みんなが紅と思ってくれてきるかはビミョー。

 

まー、とにかくここは日本酒の名店であるからして。みなで慎重にお酒を選定。

20190501_184510

つまみはいかにものんべが好きそうなものばかり。

ほたるいか

20190501_181654

刺し盛り

20190501_185007

美味しい酒はピッチが上がる。

20190501_191519

第二陣

20190501_191735

三陣と飲み進む。

20190501_201948

穴子の八幡巻き 見た目いまいちだけど、穴子はとろっと、牛蒡は歯応えが残り大変美味。

20190501_192935

どうやって仕上げたのか謎だ。

 

焼き筍に

20190501_192114

タコぶつ揚げ

20190501_202849

竹輪の磯辺揚げが、カリカリでもう最高。

20190501_204446

でも飲み屋のメニューとしては、ちょっと珍しいかもね。

みんな連休を台無しにしたくないから、水をたくさん飲みながらだ。(お陰でよわなんだ。)

 

〆のおみおつけ、厚揚げと山椒がたくさん入っていて

Img_20190502_100322_815

素晴らしく美味しかった。汁物仕込んでラーメンの煩悩も消えたしね。

自分では酔っていないつもりだったけど。この日通っている歯医者の女医さんとここで会ったことを、2週後に治療でお会いするまで忘れていたのだから。やっぱり相当酔ってたんだよね。

 

とあれ、令和がおっさん日本酒飲みで始まったって、楽しかったけどびみょーな気持ちで振り返るわたしでした。

| | コメント (2)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »