« タニマチでなくともだち | トップページ | オタク道 »

2019年3月31日 (日)

目から鱗の日本美術

午後、上野に出掛けた。

20190331_130922

上国立博物館での日本文化に関する講座を受講するのである。

ちょうど桜の盛り、

20190331_133436

普段は非公開の庭園にも入れ、

20190331_155625

しばし花見を楽しんだあと入館。

フランク・ロイド・ライト設計という日本館をめぐる。

20190331_134324

まずは浮世絵からじっくり説明を受ける。

作られ方、絵師の話、当時の風物の話、そして見方。花の季節にあわせ、桜のある風景がたくさん展示されている。

 

この絵のしなやかな動きと着物の動きが実に素敵である。

20190410_111449_1

粋な着物に帯。わたしも着てみたいよ。

20190410_111721_1

絵師についても、意外に知らないことばかりだった。

歌麿はこの絵が幕府の逆鱗に触れ投獄された。

20190410_111600_1

牢屋を出てから逆に注文が殺到。歌麿は絵が荒れる中描き続け、2年後に没したそうだ。全然知らなかった。

浮世絵の構図は素敵なもののひとつであるが。

20190410_111754_1

小鳥の表現も素晴らしい。

20190331_142912_1

曾祖父母が小鳥やさんを営んでいたので、子供の頃から鳥に馴染んできた。この人が鳥をよーく観察している人だってよくわかる。

 

これは団扇絵。こんな団扇を使うって、なんて江戸の人たちは粋だったんだろうね。

20190410_111852_1

国立博物館の日本館には、実に多用な収蔵品が展示されており、そして頻繁に展示替えされているそうな。

20190331_144439

鎧兜に

20190331_152941

20190410_111924

能装束

20190331_154345

大人になって日本美術の魅力にようやく気づいたわたしである。

ガイドしてくださった先生いわく、「西洋美術は『対峙する』感じで長く触れるには疲れる。でも日本文化は『わかる』し『入り込める』。」と言っていた。

 

そんなことを話ながら、参加メンバーと先生と公園のカフェでお茶をした。とても素敵な午後だった。

 

土日出歩き疲れてしまい、夜は江戸っ子寿司で軽くつまんで帰った。

20190331_175926

20190331_180801

|

« タニマチでなくともだち | トップページ | オタク道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タニマチでなくともだち | トップページ | オタク道 »