« 伊勢うどんリベンジ | トップページ | タニマチでなくともだち »

2019年3月29日 (金)

自分、再起動

昼休み、歯医者さんの帰りに白金タワーの天山飯店にて、タンメン。麺少な目。

20190329_130414

天山飯店なんて、すごく本格中華っぽい店名だけど、ものすごく庶民的なまちの中華やさんだ。たぶんここにタワーができる前からあるに違いない。

先日陸前高田に出張した時、試食させていただいた帆立と牡蠣のアヒージョ。(とても印象的だった本件は後日更新予定)

20190223_1735572

帆立や牡蠣の出汁と油を一緒に鍋に入れて暖めるととても美味しいのである。

20190223_1728222

少し前に牡蠣だけ酒のつまみに食べてしまっていたのであるが。残った瓶の出汁と油の中に、別の牡蠣に火を通して入れてあった。これを使ってパスタでごはん。本日も酒抜き。

20190329_211928

午前中の商談では、よい情報が引き出せたと思う。前年下期から担当がえとなり、渉外系の仕事が多くなった。

 

長く勤めた会社では、後半は管理職だったから、わたし自身ががんがん営業にまわるということはなかったけれど。わたしが同行する必要のある顧客訪問は基本、表敬以外は何らかの問題のある案件も多かった。短時間、初見の顧客の商談室で行われる、30分一本勝負の交渉ごと。目の前の相手に集中して頭をフル回転させる時間が大好きだったんだなあーと、へなちょこ渉外をしていると懐かしく思い出す。

転職して新しい仕事での自分の立ち位置を見つけられぬまま2年が過ぎた。脳みその奥底にくちゃくちゃに丸めて突っ込まれていた『自分らしら』みたいなものが、もぞもぞと動き出して来たきっかけは、昔懐かしい『営業』だったことが自分としてはとても感慨深い。

わたしは本当に営業の現場が好きなんだなあ。金を稼ぐという仕事にプライドを持っていた自分を思い出すよ。どんなに優れた商品もサービスも研究成果も、お金を払ってくれる顧客を見つけられなければなんの意味も持たぬ。

来週から新年度だ。

ようやくもたげてきたわたしらしさが、はやく完全復旧しますように。

来期こそ、自分らしい仕事ができますように。

|

« 伊勢うどんリベンジ | トップページ | タニマチでなくともだち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊勢うどんリベンジ | トップページ | タニマチでなくともだち »