« 夢中になれるもの | トップページ | 東京會舘 »

2019年2月 5日 (火)

ひなびた飯

昼は社食。
20190205_120519

火曜の夜、調整めし。
納豆 わかめの酢の物 おみおつけ 炊きたてご飯 箱根で買ったウニいかと自家製海苔の佃煮
20190205_211211
おみおつけ(お味噌汁)は何の出汁もとらず、野菜の出汁のみで作るのにとてもはまっている。オットが居たら文句が出そうだから、独り者に許された楽しみとも言える。

アブラナ科の野菜はとても良く出汁が出るので、これに慣れるとかえって鰹出汁を使うと『過剰感』を感じたりする。
ただし野菜は良い野菜、味噌も昔ながらの製法の良い味噌を使うんだけれど。

外食の合間にいただくひなびたご飯は、まさに五臓六腑にしみわさる命の食だと思う。

|

« 夢中になれるもの | トップページ | 東京會舘 »

コメント

りきまるさん お元気そうで嬉しいです!
私も普段は専らひなびた飯ですよ。
育ち盛りの子供らとは違いますからね。
その分、調理の手間はかかりますがヌチグスイと思えば大して苦になりません。
主人にも私と同じような食事をさせていたら大病をする事が無かったかもと悔やむばかりです。
愚痴になり申し訳ありません。

投稿: 由紀子 | 2019年2月27日 (水) 00時03分

由紀子さん、はい!げ元気にやってます。
といいますか、調子にのって平日も土日もスケジュール入れすぎて少しばててます。(笑)たまの家飯タイムは自分でも心なごむ時間です。

わたしも日々いろいろ後悔することは多いのですが。
先日何かで見ましたのですが、「いつも人はそのとき取れる最善の手段を選択している」そうですよ。
きっとその時はそれしか選択できなかったのです。と言い切ってあるのを見て、くよくよと考えそうになるとその言葉を思い出したりしています。

投稿: りきまる | 2019年2月28日 (木) 11時55分

ありがとうございます。
確かに、日々生きていと取捨選択の繰り返しですからね。、
後悔しないよう生きるのは難しいわ。

投稿: 由紀子 | 2019年3月 2日 (土) 00時05分

由紀子さん、そうですよね。
わたしもくよくよ考えちゃいますが。そう言うときって自分の心が『過去』に飛んでってるので、『今』に連れ戻しに行ってます。😊

投稿: りきまる | 2019年3月 2日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢中になれるもの | トップページ | 東京會舘 »