« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木)

あわただしく過ぎ行く日々

月曜日、お弁当を作る。
20190128_073037


夜、自家製〆鯖、沢庵、べったら漬け、ほうれんそうのからし和えで晩酌。
20190128_211433
胃のサイズに見あった食事は体に楽で美味しく感じる。

お酒は先日いただいた、旭川のもの。
20190128_211254
北海道のお酒ってなんか美味しいイメージがなかったのだけど。
柔らかくて素敵な味。

火曜夜、狂言について語るミーティング。
20190129_200407
軽いつまみで飲みながら楽しい夜。
でも足りなくて家で飲み直し、翌日はグロッキー。

水曜夜、新丸ビルで大規模なビジネス交流会。いろんな人に声かけして名刺交換。立食だったが食事はとらなかったので、新丸ビル地下のえんでお茶漬けを食べて帰った。
20190130_212039
会に出て思ったけど、やはりわたしはビジネスの世界が好きなんだなあ。この世界に関わり続けていく術を考えていかねば。

木曜日、上野の守よしの弁当。
20190131_130834
終日神楽坂の古民家のシェアスペースにこもって、みんなで企画合宿。
なんとかまとまりほっとした。

夜は神楽坂の於茂登にて、
20190131_183406

極上の北海道の魚介類をいただけるお店のようで。
にしん焼き
20190131_185055

豚のローストが美味しかったけど
20190131_193009
海藻成分の入った餌を食べさせてる豚とのこと。餌も気になるがわたしは飼い方がもっともっと気になる。そういい続けて10年は経つけれど、あまり周りは変わらないなあ。。

素敵なバーに、つれていってもらい二次会。
20190131_214433
したたかに酔っぱらって、最近では珍しくタクシーで帰宅した。
酒、弱くなりました。。

慌ただしく過ぎ行く日々。
流されるように毎日を過ごしていることに、ちょっと焦るわたしだ。もっと楔を打ち込むように生きたい。貧乏性なのかねえ。

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

休日の愉しみ

ずっと予定がぱんぱんだったが、ひょこっと一日フリーの休日になった。
とても美味しそうな果物が手に入ったり
20190127_123056

昼寝するねこをソファに座って眺めたり
20190127_123117

何気なくいけた花が、なかなか素敵なとりあわせだったり
20190127_124409

なん十回も見たけどやっぱり大好きな鬼平を流しながら家事をしたり。
20190127_154451
しあわせってなんでもないところに、ひょこひょことひそんでる気がするな。

夜は鯖の味噌煮と長ネギのマリネ
20190127_182529
葱は蒸してからマリネした。とろとろの葱を食べられるのは、冬限定のお楽しみだ。

[おまけ]
昨日買ったお財布、箱を開けて改めて気に入った。
20190127_130715
日本の石畳をイメージしたデザインだとか。お金やカードを出す所作が美しく見えるように設計されているとか。
そういうストーリーを聞くとついぐっときて、大枚はたいてしまうのだよね。

| | コメント (0)

三者三様

じじいねこが最近お気に入り、ハンモック型のねこベッド。
20190103_0051042
高かったのに最初誰も興味を示さずやきもきしていたのであるが。

そしてにーちゃんが好きならあたしもと真似っこ2号。
20190120_175514
人のものが何でも羨ましいという、人間臭い性格である。

この方はマイペース、
20190119_214439
簡単には『流行り』に転ばぬ性格のようである。

たった三びきだけど、性格は三者三様。

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

小太りスナック

朝起きると、ゆうべ『小太りスナックりきまる』を開いた残骸が目に入った。
20190126_103017
お客もママも小太りのお店。。
嬉々としてちょこちょこつまみを小皿に盛る自分が目に浮かぶ。(涙)

昼はお弁当の残りの、牛と大根の煮物と素麺。
20190126_124948

煮物を入れた器は、農大の学祭の陶芸部で300円で入手したもの。
20190126_125018
作りは荒いけどヴィンテージのものと合わせても遜色ない。器って面白いね。

午後金継ぎ教室。
20190126_1558412
もう自宅に継ぐものが無くなってしまったと骨董屋を営む友達に話したら、教材として古伊万里をもらった。

いろいろな割れ方をしたあと、粗っぽく継がれていたものを、一晩水につけてぐらぐらと茹でたらぱらりと剥がれた。
20190126_155910
つまり金継ぎした器は、水にあまり長く浸けぬ方が良いと言うことである。

帰宅して晩ごはん。疲れちゃったし、そもそも今週は食べ過ぎ。
20190126_203950

最近こんな風に『ごはんのおとも』をちょこちょこ盛るのが好きだ。
海苔の佃煮は自家製 沢庵は高知で買ったちょっと酸っぱいのを細切りに ちりめん 大葉 黒豆 前橋たむらやの生姜の味噌漬け
20190126_203931
ゆうべの小太りスナックのつまみもこんなかんじ。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

地球2.2個分の暮らし

水曜、お弁当持参。
20190123_081547
夜は顧客企業が来社して交流イベント。

木曜。キッチンスタッフが昨日のイベントの残り物でランチを作ってくれた。ラッキー。
20190124_121658


20190124_122439


20190124_122446

夜は渋谷のロフト9にて、地球1個分の暮らしってどんなもの?持続可能な未来を思い描こう!というイベントに参加した。
20190205_200633
このパネルディスカッションが実に良かった。パネラーで実質モデレーターをしていた方が、ヒューマンで現実的な議論にリード。ご本人のお人柄がにじみ出ている素敵な議論を楽しんだ。
20190124_214338

ちなみにわたしの生活は地球2.2個分。気を使っている割りに実に平均的な日本人でとほほであるけれど。営業現場でマネージャーをして毎夜飲み歩いていた頃は、出張も旅行も多く。たぶん4個くらいの生活だったと思う。
こちらで測定できます
すのでご興味ある方はお試しを。→クリック
会場で一昨年一緒にイベントをしたお坊さんとばったり会って、事務局の方などたくさん紹介して頂いた。また是非企画しましょう!と言われた。
今年こそは自分らしい企画を職場で実施してみたい。

さあて、早く寝るかな。。などと思っていたら、神泉駅の近くで実に好みのお店を発掘してしまった。
20190124_221709

神泉の日和にて。
20190124_221827

おでん盛り。
20190124_222519
個人的にはもう少しお醤油の味が勝るおでんが好きだけど。その他のつまみも実によく。上品なおでんやさんでした。

金曜、昼の外出のついでにばらちらしを頂く。
20190125_124224
普通に美味しかったけれど。わたしの苦手な『生け簀がたくさんあるお店』だったので。たぶん再訪はないなあ。

夜、顧客と用賀のなかむらやに。
20190125_181617


20190125_182451


20190125_182733
見た目ごく普通の居酒屋なのに、日本酒も何気ないつまみもすべて一歩上質な料理だった。ここ、また来たい。

帰り道、東京農大近くの百麺でトイレを借りたら。
20190125_211002
なぜかラーメンが供されていた。(←うそつき)

あーもう。。これってからだにも地球にも優しくないよね。

| | コメント (2)

2019年1月22日 (火)

かけがえのない存在

月曜、久々にお弁当を作る。
20190121_075726
菜の花のからし和え 豚とたまねぎと干し椎茸のソテー
干し椎茸をそのまま炒めたら、炒めている間にちゃんと水分を吸って美味しく仕上がった。

夜、普通にごはんのあと、目刺しでいっぱい。
20190121_212345

火曜、日本盲導犬協会に行きお話を伺った。
20190122_113744
知っているようでいて知らないことは多いものである。

先日顧客から、ビーコンを使って目の見えない方に道を知らせる機器を開発しているベンチャーの話を聞いた。そんな技術が進んだら、点字ブロックや盲導犬は要らなくなる世界が来るのだろうか。。とも思ったが。

目の見えない人が視力以外に失ういくつかの感覚のひとつに、『自己認識』というものがあるそうだ。自宅などで、周囲に人がおらず音もなくなった瞬間、自分の存在感覚を失う事がある。

そんな時盲導犬が側にいれば、自分を取り戻すことが出来る。

また障がいを抱えるかたはえてして、人から『してもらう』ことが多くなる。しかし人は本質的に誰かの役に立ちたいと思う存在だ。そんな中、自分が世話をする犬がいることは、目の見えない方々の心を深く癒すのだそうだ。

道や障害を教えるビーコンや点字ブロックと、盲導犬は機能の上では全く一緒だけれど。ご本人にとってその存在事態は全く異質のもの。健常者にとっても同様なように、犬はともに生きていくパートナーである。もしやロボット盲導犬も出てくるやもしれぬが、やはり命持つ本物の犬に完全き入れ替わることはないのではないかしら。

昼は綱島のしぶそば。
20190122_123234
大きな金目鯛、しめじ、蓮根の天ぷらの乗ったそばが、500円玉ワンコインでお釣りが来るってすごい。冬のパリを旅していたとき、真剣に「立ち食いそばの仕組みを輸出してくれ!」と思ったものである。

午後、オペラシティに行く。
20190122_153659
早く着きすぎたので、中庭に座って空を眺めていたら、

20190122_153705


20190122_153721
わたしの向かいにも、空を眺める人が。。

オペラシティ、建設からだいぶ経っているけれど、
20190122_170323
この吹き抜けの通路は全然古くない、かっこいい。

夜、水炊きで晩ごはん。
20190122_194401

空を見ると月が実に綺麗だ。
20190123_094206
何千年、何万年前からきっと、人類は月に見とれていたはずであるように。
人の営みの本質的な部分は変わらないのだと、昼の話を思い出していた。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

適正睡眠時間

土曜、知人の運営する交流施設でダイエット塾にモニター参加するつもりでいた。
目が覚めると家をでなければいけない時間で断念。がっくり。

最近よく眠れるのだが、逆に眠れすぎる。長年睡眠5時間で生きてきたが、ここに来て自分に最適な睡眠時間は7~8時間だと気づいた。でも7時間寝ようとすると、あまり飲み会で遅くはなれない。ので大変付き合いの悪い人になりさがっている。
義理の付き合いを断るのはまだよいが、会いたい人もたくさんいるのでそれは不便。

まあ、飲まずに7時間寝た翌日は頭痛がないから、暫くはからだ第一が一番である。

午後、第二回SDGsアワードの報告会に行った。受賞企業のプレゼンを聞くのである。
Yahoo!本社の会議室に、土曜日なのに300人を越える人が集まっていた。
20190119_173535
終わると暗くなっていた。とても面白かったけれど、環境や社会課題を解決しようという動きは、まださほど 大きくないのだなとも思う。半分以上、ずいぶん前から知っている先だったり。経済規模もまだまだ。これからだ。

夜、昭和の食卓みたいな晩ごはん。
20190119_1957462

食後にドライフルーツなど食べた。
20190119_202855
最近ビネガー味のポテチにはげしくはまっている。やばい。

日曜、午前中知人が経営する古民家カフェに行ったあと、新宿のかのやでごぼう天そば。
20190120_1317482

帰宅してお茶。
20190120_163012
母が生きているときはごく普通に三食後に頂いていたお茶が、いまでは時間のあるときに淹れる贅沢なものになった。
でもやはり、ちゃんと急須で淹れるお茶は美味しいな。

セブンイレブンで売ってる安い月餅が実は好きである。
20190120_163019
これで何だかおなか一杯になってしまったので、夜はお茶漬けでおしまい。
お腹空いていないときの食事に、茶碗一杯のご飯は便利だな。

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

押し出しで『狂言山』の勝ち

昨日の狼藉を反省して、お蕎麦。
20190118_130740
大手町パークビルの石楽にて牡蠣そば。芹をたくさん入れたいなあ。

夜は予定が重なっていた。以前仕事でご一緒した方々の定例新年会、鰤の会がまさに今日であった。
しかし今日は、狂言を広めるためどうするか会議(検討会に命名をしなくてはなあ。)をこじんまり開催している。メンバーは若き狂言師と、仕事繋がりなどでご縁ある方々数名。しかし皆まだ狂言を見たことがない。

丁度今回この狂言師の方がとてもよい役で出演されるので、メンバーの皆さんと観劇の約束をしているのである。

鰤と狂言が頭の中で押し合いへしあい相撲した結果、こちらの方が先に決まっていたし。予定通り皆で狂言を見に行くことにした。
20190118_182606

舞台にはまだお正月かざり。
20190118_182915
『新春狂言』ということで、お正月らしい演目が並ぶ。

わたしは狂言が好きすぎて、客観的にはなれないので。狂言初体験の皆が果たして楽しんでくれるのか、どきどきしっぱなしであった。義理のお母さんを初めて自宅にお呼びして食事会をする嫁の気分である。あ、嫁に行ったことはないけれど。

途中眠いところもあったが(私も疲れていると、公演中寝落ちしそうになる)、とても豪華で楽しい公演でみんなも喜んでくれた。良かったー。。

今年かなり本格的に復帰始めた狂言師さんの舞台もとても良かった。何と言うかその方、舞台に上がったとき『華』があるのだ。役者とは不思議なもので、華のある人はぱあっと目がその人にいくのである。(萬斎さんは言うまでもないが)

水筒橋の宝生能楽堂近く、大衆割烹丸八にて、男梅サワーで乾杯。
20190118_214457
今回最初の解説は萬斎さんで。『石神』という演目の説明で男梅のキャラクターを連呼していたので。皆で思わず注文した。

唐揚げ
20190118_215453

梅きゅう
20190118_215240

つくね
20190118_224340

意外にいい店で、たくさんたのんだ中では、
20190118_2157312
きゅうりを納豆で巻いた納豆巻きがすごく気に入った。

〆のおにぎり
20190118_232529
ごちそうさまでした。

松竹という巨大企業が運営している歌舞伎と違い、流派と家ごとにばらばらに興行している狂言はどうしてもプロモーションでも見劣りする。

歌舞伎も好きだが、全く別の楽しさをたたえる狂言も大好きである。歌舞伎で演じられるヒーローとかでなく、登場人物は皆「この辺りのものでござる。」と名乗る通り、ごく普通の人。そして結構『ダメダメな人』。そんな人たちが繰り広げる、ちょっと馬鹿馬鹿しい笑い話を真剣に芸として磨き、室町時代から代々大切に演じて来ている、そんな狂言が大好きである。

皆さんも是非、ご興味ありましたら是非能楽堂に足を運んでみてくださいませ。
公演はこちらです。→クリック

本来は能の舞台の合間に観るものですが。私は能は演目によっては完全寝落ち派なので、最初は狂言のみ演ぜられる会がおすすめですよ。

| | コメント (2)

2019年1月17日 (木)

所持金76円

火曜、直行でおおたかの森に行く。
終わってから北千住の駅ナカ回転寿司で同僚とランチ。
20190115_122430


20190115_122433


20190115_124744

調子にのって食べ過ぎて、お会計高かった。回転寿司って意外に高いよね。

夜、とある異業種交流会の新年会で、青山のビストロヴァンブリュレに。
20190115_192913

30代は仕事に活かそうと、かなり積極的に交流会に出ていたが。少し大人になってからはなんとなく足が遠退いていた。
しかしこの会は、主要メンバーがみな実によい人たちで、いつ行っても心地よい。
20190115_203509
楽しい酒、美味しいお肉を堪能した。よい夜だった。

水曜、夕方顧客訪問で赤坂の路地を歩くと
20190116_170808
パリ、モンマルトルを思い出したというと誉めすぎであるがそんな感じ。

帰宅してじみーな飯を食べた。
20190116_184213

木曜、夜担当イベントで22時過ぎまでほぼスナック菓子とビールを飲んで、解放されたらお腹ぺこぺこを通り過ぎ、逆に食べなくても良さそうだったのだが。
20190117_232713
気分転換とほっと一息を求めて、いつもの駅前のリコピンでビオワインを飲む。

もうやけくそになって、24時近いのにパスタを食った。
20190117_234438
鹿肉のラグーパスタ。鹿肉はヘルシーだしとおのれに言い訳。

夜中のパスタも罪が重いが、今現在、給料日前日でお財布に67円しか入っていないくせに外食するのも問題だ。(定期入れに潜ませた『もしもの金』に手をつけた。)

今年はもう少し支出をおさえて、生活全体を落ち着いたものにしたいのだけれど。根っこが浪費家だから。おさえた横からお金が飛んでいくのである。。。

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

無類の生クリーム好き

子供の頃私たち姉弟の誕生日にはケーキ台を買ったり焼いたりして、母がショートケーキを作ってくれた。
キッチンで母が生クリームを泡立てるのを、目をキラキラさせて弟と見ていたのを思い出す。
なぜそんなにキラキラなのかというと、泡立て器とボウルに残った生クリームをなめさせてもらえるからである。(お行儀悪いけれど。。)

弟と真剣にジャンケンするわたし。もちろん勝った方がボウル。

なんてことを思いだし。
20190114_160637
商店街でチョコバナナ生クリームのクレープを買った。たい焼きと迷ったけど、この行列じゃあね。

生クリーム心を満たして満足。

昼夜はイベントの残り物を消費。食費は浮いたがシャビーなご飯たったので写真は撮らなかった。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

自宅宴会

今日は師匠と友達H君と我が家にて宴会。実は8月の欠勤の給与マイナスが12月支払い給与で調整が入り、大変ピンチの月なので。
自宅飲みがやすいので家飲みとあいなった。
20190113_152644

蓮根の炒め煮 里芋の胡麻味噌和え いか人参 韮豆腐(写真なし)
20190113_152630
いか人参、一昨日のイベントの残り物なのだが、素晴らしく美味しい。作り方をネットでチェック。我が家の定番つまみに決定だ。

春菊としめじの酢の物
20190113_153101_2

福島のさつま揚げ
20190113_153313_2

たこのガリシア風
20190113_160841

しいたけの山かけ
20190113_161652

うずら卵 ピクルスと出汁醤油漬け
20190113_163925

煮込みハンバーグと鯖の一夜干し
20190113_170936

いちごにコンデンスミルクをつけて食べる。
20190113_193752
コンデンスミルク、危険なうまさである。
やはり自宅宴会は安くてうまい。今年はもう少し手際よくなって、もっと家飲みを増やしたいな。


実は大きな鯖を一匹買って、半身〆鯖、半身一夜干しにしたのだが。
20190113_211247
自分はいいけど、アニサキスいたらまずい!と思い返し出せなかった。
とインスタにアップしたら、元料理人のブログ友達から「塩漬けの段階でアニサキスがいると外に出てくるのと、腹にいるやつを丁寧に探せば大丈夫!」とメッセージをもらった。
便利な世の中になったものである。

ところで今回、忙しかったので鯖を魚やさんで捌いてもらったのだが。
持って帰り処理するまでに、血が表面についてしまい、何となく生臭さを感じて残念。。やはり魚は自分で捌かないとだめだなあ。

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

鯛の歯の使い道

昨日会社であったイベントで大量の残り物が出た。
ごみゼロを目指しているので、(なかば押し付けあうように。。)持ち帰り、週末はその消費である。

昼、残り物の鮭の入った汁を温め、蕎麦にして小松菜を散らした。20190112_121243
おー、なんか美味しそうじゃないですか。
ジップロックに入った姿はまるで生ゴミみたいだったのであるが。

午後セミナーのつもりで紀尾井町のyahoo本社に行くが、日程を勘違いしていたようだ。この新しいエリアも初めてなので、お店をぶらぶら眺める。
裏に出ると旧赤プリ旧館が現れた。
20190112_143318
広いスペースにいきなりどーんとオブジェのように現れた。昔はもっとちゃんと塀で囲われ『お屋敷感』半端なかったのに。
今はむき出しになった感じで、今一つ趣が失われているように感ずるのは私の気のせいだろうか。

入り口のオブジェ
20190112_144112
これと同列の扱いのようだ。

これはこれで美しいなって思ったけれどね。
20190112_144033

家に帰って、母のお気に入りだったカップでコーヒーを一服。
20190112_160653

夕方、金継ぎ教室の課外授業に向かう。
持っていったのはこれ。鯛の歯。
20190112_183304

かなり大きな天然の鯛兜を買って酒蒸しにした残り。
20190112_183420
天然の証しか、前歯は三本ほど欠けていて。奥歯も抜けたり折れたり。この鯛、歯が折れるどんなことをして生きてきたのやら。

その歯をペンチではずしていく。
20190112_193005

使わなくなった箸を切って先に穴をあけ
20190112_195457

穴にエポキシ樹脂をいれ、鯛の歯をセット。
20190112_205953

みんなで樹脂が固まるまで待ちます。
20190112_205933

これは金継ぎで仕上げの磨きに使う鯛牙(たいき)という道具になります。
鯛の歯のエナメル質を使って磨くなんて、昔の人はよくかんがえましたねえ。。

といえことで、道具も作る金継ぎ教室。楽しくてどんどんはまっていくわたしです。

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

自灯明

火曜、午前中挨拶回り。赤坂を歩いていたら、突然大きな武家屋敷の門が出てきて驚いた。
20190108_114038
山脇学園の敷地だそうで。しかもこの門本当はもっと大きかったのを両脇削って寄せたそうである。
江戸の老中を勤めるような家の屋敷はどのくらい豪装なものだったのか。残っていたら間違いなく東京の貴重な観光遺産だったのになあと思うと残念だ。

昼、路地脇にある居酒屋に入ってみる。
20190108_121313

おこげというお店。入り口の看板では、大きな豚ロースのしょうが焼きが売りのようだったが。なんとなく揚げ物気分でメンチカツをたのんだ。
20190108_115753

今日は職場のイベントで新年会。100人越えで手が足りず、ヘルプに入り四時間ひたすら洗い物。

へとへとで自宅近くのビオワインの店リコピンに。
20190108_235313

羊のソーセージを食べた。
20190109_000441
ここのソーセージの付け合わせの、ザワークラウトとレンズ豆が、滋養に満ちた味で実にうまいのであるが。
なんでも、手をつけず残す人も多いそうで。美味しいといったらとても喜ばれた。

水曜、月イチの定例会。今年から三菱商事の厚生施設を使うことになり。美しい施設にて美味しい食事を頂いた。(写真なし)

木曜、久々に起床時の重症頭痛。貴重な有給を午前中使ってしまった。最近頭痛薬摂取が減って喜んでいたのになあ。。。

夜は定例会の新年会。東京駅前のOAZOのアマルフィ モデルナにて。お酒控えめに楽しんだ。
20190110_184652
20190110_185601


20190110_191607


20190110_193951


20190110_200747


20190110_210730

生きていくために最も大切なことのひとつに、『自分自身を信じること』、self-confidenceがあると常々思っている。
一方私にとってはとても揺らぎやすい感情でもある。

最初の会社を退職以来、自分自身に価値があると心から実感できる仕事になかなか出会えていない。もちろん人生は仕事だけにあらずではあるが、人生の大半の時間と能力を注いでいるのもまた仕事だ。
そしてここが揺らいでいることが、私を本当の意味の幸福から遠ざけているようにも思うのである。

水曜木曜、このメンバーで飲んでいると、「この人たちと10年以上親しくして頂いている自分に、もっと自信を持とう。」という気持ちになった。
年の初めにそんな風に背筋をのばせる人たちと新年会が出来たのは本当に良かったと思う。
そして今年はこのself-confidenceを持ち続けることが目標だなと改めて思う。

自分を信じて、自分の選ぶ道を信じて進む、『自灯明』としていきるのだ。

| | コメント (2)

2019年1月 7日 (月)

地味なスタート

今年の七草は玄米粥にした。
20190107_075907
昨夜軽く一掴みの玄米を小型のストウブに入れ、朝仕度しながらゆっくりことこと。美味しい。ほんと食べ過ぎた五臓六腑に染み渡ります。

今年は月曜からフル稼働な感じ。お屠蘇気分はあまりないね。
社食で味噌ラーメンを食べたら、その場で血管切れそうにしょっぱかった。とほほ。
20190107_122427

何件か挨拶回りに行く。帰り道、空が美しい。
20190107_172054
今年はこの地でどんな仕事を紡いでいくのだろうね。

夜部門で軽い飲みがあったが、所用で失礼して、
20190107_202418
買って帰った海苔巻きを食べた。

地味に新年がスタート。でも淡々とした日々もまたよしである。

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

変だけど趣味

午前中新宿でとある霊感占いの人に会った。(同僚に「りきまるさん、ホントに好きですね~!」と呆れられたが。)
いやー、面白かった!
一番ビックリしたのが、消えない頭痛について相談したときである。

「左はもう治ってますけど、右が『くも膜下』という言葉が浮かぶので。無理をせず時々医者で見てもらった方がよいですよ。あとは眠れてないかな。」と言われたことである。手術したところは話してないし、まさにくも膜下好発部位が痛く、入院中も、その辺りはもやっとしているから気を付けてねといわれていた。
あと、最近また夜中や明け方に目が覚めるようになり困っていた。

そう言えば、昔ブログの読者の方に教えてもらった占い師に「あなた、銀行合ってる。」と言われ。でも今更銀行に就職はないよねと思っていたら。あろうことか銀行に出向し、サラリーマン人生指折りの良い仕事ができた。
まあ、世の中にはそういう不思議な人がいるもので。そういう人と話すのは私のちょっとおかしな趣味みたいなもんである。

小田急のミキモトで、姪っ子の成人祝いのネックレスを買ってから、地下の立ち食い。
20190106_140533
は~。。最近物入りである。株でも売らなきゃだ。。

家に帰っておやつ。
20190106_160949

夜は煮大根 小松菜ソテー こんぶ佃煮
20190106_190919

これで終われずもう一杯。
20190106_202512

長いお休みが終わり明日から仕事。
ふと、本年の抱負とか目標とか珍しく今年は立てていないことを思い出す。
そんな一年もまたよし。ゆるりといきましょう。

| | コメント (2)

2019年1月 5日 (土)

切り替える日

昼、野菜室の片隅に放置されていた蕪でスープを作る。
20190105_120305

パスタには大分の物産展で買った大葉のソースを使用。
20190105_123540
かおりは良いが塩辛い。パスタは茹でるときにしっかり塩味をつけるから、ソースを控えめにすればよかったのかな。でもそれじゃ香りが負けるよな。

片付けついでに、残った黒豆を瓶詰めにした。
20190105_144514

夜、三が日ですっかり増えた体重の調整。
20190105_174322
めんたいこ ほうれん草のごま和え 蕪のスープの残り 

お正月が静かな日常に切り替わる週末である。

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

同僚とたべるお昼ごはん

高知でかったきび入りのお餅でお雑煮。
20190104_102632

今日は一応仕事始めだが、28日同様リモートワークで自宅で仕事。さくさくはかどる。

昼、残っているお節でちらし寿司を作る。筑前煮はお弁当用の一回分を冷凍し、半端な残りを刻んで酢飯にまぜた。
あとは小肌、かずのこ、かまぼこ、いくら、小肌についていた粟、大葉などを彩りよく散らして完成。
20190104_122237
おいしー!満足。

しかし自宅で食べるランチも美味しいが、わたしは会社で同僚とよもやま話をしながら食べるランチも大好きだ。
いくつもの職場を歩いてきたけれど、みんなで食べるお昼って、サラリーマンの楽しみのひとつだと思う。

あと何年くらい、そんなランチを食べられるのかなあ。 年の初めにちょっとしみじみしてしまった。

夜、高知で買っためひかり からすみ 焼きくわい ナットー
20190104_180826

ローストビーフの最後の一切れを焼きなおしてステーキに。
20190104_200734
いただきます!

大好きな焼きくわいで日本酒を飲むと、わたしのお正月もおしまい。
明日から節制してまたこつこつと暮らす日々が始まります。

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

三が日のしあわせ

お正月三日目、飽きずにお節。今日は早く起きたし外出もないので、芦ノ湖から必死に山を降りる駅伝ランナー見ながら酒の準備。
20190103_153450
三日目の盛り付けテーマは『山のお節』。
ちょっと地味かなって木の器、土モノの焼き物を取り合わせる。

地味に見える器に料理を盛ると、ぐぐっと華やかになるから器は面白い。
20190103_094621

はー、極楽♪昼酒を己に許しているのを最近は正月に限定しているから、まさに至福。一人のお正月ってはた目には悲惨で痛いのかしらねえ。でも本人的にこんなに幸せならいいんじゃないかって思うよ。
寝たふりしてるねこも、わたしのお休みを楽しんでいるようだしね。
20190103_104711

今日もガスレンジ前お手前で一服したあと
20190103_114214

さすがにあまりの怠惰なくらしの是正に、散歩に出た。
20190103_150431

もう最近では、そこいら中の畑ワークショップを探しまくったりということはしなくなったけれど。
20190103_150233
農ある景色を愛したり、自然な食材を求めたりすることは、歯を磨くがごとく自然に自分の生活になじんでいる。

このあたりに唯一残る貴重な畑の景色が好きだ。
20190103_150646

豪農らしきお屋敷の門
20190103_151149

春を待つ梢は、枯れているものとは違い、何やら銀色に輝いているといつも思う。
20190103_150527

夜、麦飯ナットーで地味に仕上げようと思ってたのに。
20190103_181457

結局また日本酒をあけて
20190103_184735

ちびちび開始。
20190103_183907
封印していた飲酒習慣が復活してしまった。いかんなあー。。

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

雑貨好き女子の正月

初詣から帰り急ぎお節のしたく。
二日はいつもつちやまりさんの富士山のお皿を使う。
20190102_143043
昔経堂の商店街のはずれにあったロバロバカフェで買ったつちやまりさんの大皿。
母からもらったフランスの白い皿をあわせてみる。

タイトルをつけるならば『雑貨好き女子のお正月』かな。
20190103_081843

そのままだらだら幸せな酒。

おやつに大好きなポテチ一気食い。
20190102_153004
トリュフ味とビネガー味。どちらも大好物だが、この味は国産ではとんと見かけぬ。思うに国産ポテチメーカーは大人をターゲットにしておらぬ。

夜、大晦日の鴨を使って鴨蕎麦。
20190102_190144
長ねぎ、小松菜、青ねぎ かまぼこ 焼きもちとあれこれいれる。めちゃうまい。

久々にお茶をたてる。お菓子は椿か?と思ったら万両だそうです。
20190102_193732

三日月が浮いてるみたいにきれいにたてられたよ。
20190102_193807

夜更かしのくせがついてしまい。
木耳の胡麻油和えとたこなんかでだらだら一杯。
20190102_230825
たこは高知でかった『ぬた』というたれをつけて食べた。うまいよ。冬に高知に行ったら是非市で買ってください。

| | コメント (0)

今年の氷川神社

少し寝坊して、昼過ぎにいつもの氷川神社。この、相も変わらぬルーティンもお正月の良さである。
20190102_121735

ところがである。
今年はいつもと違う。何が起きたのかびっくりするほど、行列ができているのである!
20190102_121819

ちゃちゃっとお参りをして帰るつもりだったのに。
でももう、仕方ないので列に並ぶ。
20190102_123337

私の前にいる車イスのご婦人連れの家族と、隣にいる老婦人はみなご近所さんらしく。同様に「列ができてる!」とビックリしていた。
20190102_123805

ここは並ばないのがいいのにねとご婦人が言う。
20190102_123954

家族連れの若い女性が、「最近パワースポットとか言われてるみたいですよ。」と言う。
20190102_125056
パワースポット!最近いちにを争きらいな言葉。ははは。

老婦人とぽつぽつと話ながら、ようやく参拝にこぎつけた。
20190102_124604

ふと気づくと、この方何となく母ににているのである。
20190102_124617

「いやあねえ。来年は3日に来よう。」その言葉も如何にも母みたいな江戸の女だ。

今年は母が久しぶりにやってきたのかなあ。
20190102_123634
そんなこともあるかも知れないよね。

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。
今年も自宅でのんびり、大好きなお節三昧の日々を送っております。
20190101_144030

数少なくなった年賀状をピックアップしたら、
Img_20190101_152456_586
ままま萬斎さまから年賀状が来た!!と一瞬思ったのですが。

当然というか当たり前というか、ファンクラブからのものでした。

というか、冷静に考えたらどこをどうすればそんなものが来るんだよ、お前。。!と突っ込む新年。
今年も思いやられます。

こんな私ですが、ねこ3びきともども、
20180416_2208042


Img_20170607_101629_955


2017050411055800
引き続きよろしくお願い致します!

| | コメント (2)

元日の楽しみ

ようやっとお正月である。
20190101_110301_2
今年も何とかかっこがついた。歳神様をお迎えできそうだ。

月命日な元日は母の墓参りが習慣だが。昨夜夜更かしして昼前に起きた身としては、ちょっと躊躇われた。

でもやはり車を飛ばして来てよかったなあ。やはりなんか清々しい。
20190101_125219
いつも来てくださる弟の義母が、百合を足してくださったみたいで、とても豪華になっていた。

こうして元日、母やご先祖様も一緒に我が家に来ていただくのである。

いそいそと支度。元日の盛り付けは『赤と白』。朱塗りの漆に白い器で取り合わせる。
一の膳。
20190101_144037

二の膳
20190101_144106

三の膳
20190101_144117

日本酒も用意して
Img_20190101_154618_332


いただきます!
20190101_144505
これはうまくできた、あれはもうひと味とか確かめるのもまた楽しい。時鮭の昆布巻き、とても美味しくて、鰊より好きかな。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »