« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月27日 (火)

再会

このあたりの植栽のツワブキが一斉に花開いている。
20181127_114038
ツワブキがこんなにきれいだとはおもわなんだ。

昼はパレスサイドビルのレストランアラスカでランチ。
20181127_121206
Kさんとは去年のプロジェクトで知り合った。丁度私の血管が大変だったこの夏、彼女もむかしかかった難しい病気が再発したことを、Instagramで知った。
彼女も私の病気を同じくインスタで知り、あわせて仕事でも転機となった彼女から、ランチに誘われたのである。

命に向き合って生きる彼女は美しく、思わずみとれてしまう。
20181127_131654
ふとみるとグラスに差した光がテーブルで輝いていた。

年明けからまた再治療に入るそうだ。桜の季節までには元気に生還したいというKさん、その頃の再会を約束して別れた。

転職して色々難しいことも多いけれど。以前の職場では決して出会うことができなかったこんな出会いがあると、奇跡のように嬉しい。

夜は丸の内の小岩井フレミナールでみんなで肉を食べる会。
20181127_184426


20181127_184412


20181127_191730


20181127_193954


20181127_195514


20181127_201745


20181127_205520
いやいやー、食べすぎました。ごちそうさまです。

丸ビルのツリーがひっそりと輝いているのを眺めながら帰った。
20181127_214755

| | コメント (0)

再会 そのに

仲通りのアートが展示換えになり。マルビル前にいたホワイトタイガーはライオンに変わった。

前に彼に会ったのは、三島にある美しい森の中の美術館で。
20181211_191319
窓からは美しい景色。口許をゆるめて微笑んでいるように見えたものだ。

20181211_191401


20181211_191651


20181211_191606

今宵の彼は、そんな景色を懐かしんでいるようにも見えた。
20181127_225916
もうすぐライトアップも消えて街も眠りにつくよ。おやすみなさい。

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

わたしのいいとこ、悪いとこ

調子が悪くなってしまったおぼっちゃまくんを、病院に連れていくため貴重な有給を使って半休。昨日なら2号と一緒に行けたのにな。

昼は師匠とランチ。リアルなビジネス最前線の話を聞くと、いまや対局の世界にいる私ができることって何だろうとしみじみ思う。
20181126_114310

あれこれ話しながら、ふと師匠が思う私の欠点について聞いてみた。(前にも聞いたことがあるが。)
20181126_114758
うーむ。。
ずばりというか、さすが長年の付き合い、よくご覧になっていると感服するとともに。いままでで一番、素直に水が吸い込むように聞けたなあ。
思うに、人生の残り時間が短くなるにつれ、痛いと思うより残された時間でいち早くリカバリしたい気持ちの方が強くなるのではないかと思う。

あと、ある人に言われてから自分で欠けてるんじゃないかと密かに思ってきた部分は、具体例をあげて「そうではない。」と言ってもらい。人はよくも悪くも人の言葉の呪文にかかりやすい生き物だな。

夜、イベントと懇親会に顧客が着ていたので21時まで対応し。
片付けもほったらかして飛んで帰ると、具合の悪かったおぼが出迎えてくれた。
あー。。へなへなと緊張が崩れたら猛烈に飲みたくなり。
20181126_220503
ねこにご飯をあげたら自転車で駅前のいつものきはちに行く。
20181126_220846
焼き牡蠣に

焼き物に
20181126_221101

四方竹のキムチ和え
20181126_222435

濁り酒追加 ほやの塩辛
20181126_224629

お寿司で〆
20181126_225050
ごちそうさまでした。

帰り道、最近できたバーに寄ってみたらすごくよかった。
20181126_232308
ラフロイグのグラスだけど中身はラガブーリン16年。久々に飲む懐かしい味。

これから1匹ずつ色々大変になるなあ。
我が家に高齢化の波がやってきたのである。

| | コメント (2)

2018年11月25日 (日)

法螺侍

暑く晴れた日曜。雨だと言っていたので着物の準備をしていなかったが、これなら着られたなあ。。しかも帯つき(羽織なし)で軽やかに出掛けられた。

今日もまた、国立能楽堂で狂言。
20181125_122934

レストランで、中庭を眺めながら蕎麦すする。
20181125_123810

山菜そば。こんな感じ。まあまあです。
20181125_123816

驚異的な暖冬で、まだ紅葉も色づき半ばだ。
20181125_124954

それにしてもやはり国立はさすがの風格。
20181125_125358
他の能楽堂とは一線を画している。

今日のメインは新作狂言法螺侍。
20181125_125601
穏やかで上品な佇まいの万作さんが、太っちょで大酒飲みで女と金にだらしない侍の役。そしてほんとにそう見えるから、役者ってすごいなーと思う。

法螺侍はもともとシェイクスピアの喜劇を狂言用に書き直したものだ。場面転換をたくさんするので、珍しいことに屏風が能舞台におかれている。
20181125_140025


Img_20181125_180449_565
実は法螺侍の前にやった演目で、ちょっと居眠りしてしまった。
本来はとても面白い話らしいのだが。なにしろ長くて台詞が多く、これ全部覚えるのすごいなあー。。と関心しきりだった。(ということは、「笑えて」いない。)
演ずる若手にとってはなかなかチャレンジで試練だ。でもかれらもあと10年経ったらまたずいぶんうまくなるだろう。
最近萬斎さんだけでなく、色々な役者さんを覚えてきたので、いっそう狂言が楽しい。(たとえ居眠りしても。)

帰宅してねこを病院に連れていったら、あまりに重くてくたくたになって。
お茶漬けを食べて寝た。三連休、あっという間だったなあ。

| | コメント (0)

疲労困憊はどっち

2号の眼病が良くならず近所のかかりつけの先生に行くと、なんと先生急病により閉院となっていた。

ということで、坂を上がった先にあるちょっと歩くにはしんどい距離の先につれていった。

肛門で熱測ったり、目薬さされたりでもう疲労困憊なんですと。
20181125_183034


20181125_182958


20181125_182943

6.85kgの巨漢を背負って往復30分以上歩いた私の方が、息も絶え絶えだったんですけどね。トーレニングだと思って歩いたけどさ。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

飯能いちにち小旅行

本日はフィールドワークに参加。あさもはよからバスにて飯能へ。
2拠点居住から飯能暮らしに転換した方の拠点。
20181124_120712

白菜やら、色々頂いて帰る。
20181124_121704

Img_20181124_221817_870

几帳面なまでに洗っていただいた里芋、海老芋を頂いた。
20181124_121412

この方は獣害を防ぐために、猟師の免許もとられていて
20181124_112624
みんなで猪の肉を頂いたりした。

その後は念願のカールバーンでランチ。秒速で腹におさまるクラフトビール。
20181124_132605

ピタのランチセット
20181124_133635

ムサカもついて
20181124_133858
お皿素敵。欲しいです。

ビールはリピート。これはバナナみたいな香りの金賞ビール。
20181124_140511
うーん美味しい。幸せ。

このレストランは隅々まで美しい。
20181124_144235

借景の紅葉も見事だ。
20181124_144324

前回来たときに気に入っていたアラジンのランプがないなあーと探していたら、女子トイレにありました。
20181124_144201

食後はキウイ農園を見学した。
20181124_152627

取り立てのキウイって岩のように固くて酸っぱくて、食べられたものではないらしく。
20181124_153300
園内には熟成に使うための姫りんごの木が何本もあった。姫りんご、かわいいね。

さいごはプレオープン中のムーミンのテーマパーク、メッツァを見学。
20181124_160248

北欧っぽいかと言われれば、そうかもしれぬが。(15年位前スウェーデンに行ったし。)
20181124_160429

20181124_160500

20181124_161701

20181124_160630

広場には木のチップがしきつめられていた。
20181124_161531

まだプレでもあり、色々中途半端なところもあるけれど、きっと少しずつ変わっていくでしょう。

この、湖の横というロケーションはいいよね。
20181124_161435
みずうみって好きだ。あの色がなんともいえずいい。若い頃ツーリングに出掛けて山の中のみずうみを見つけた時、なんともドキドキしたことを思い出す。

帰宅して自宅で軽めのごはん。
20181124_202342
ずっとバスにすわったままたった割りには、けっこう疲れたいちにちだった。

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

なにもない休日

朝、りんご。りんごが最高に美味しい季節になりました。

お昼は磯辺焼きとおみおつけ。
20181123_133744

おやつ、餅入最中。きのう大手町のマルシェで買った、彦根のお菓子。
20181123_140354

夜、おでんののこり きのう同じくマルシェで買ったじゃこのオリーブオイル和えを大根にのせた。
20181123_194821
今日は予定が何もなく、いちにちのんびり。本を読んだり写真の整理をしたり。こんな休日もいいな。

| | コメント (2)

家事の工夫

ちょこちょこのつまみを入れた小皿を洗って伏せる。食洗機が壊れたのを機に、食器を手洗いに戻したのである。
Img_20181123_125906_596 
ホームセンターで200円で買ってきた簀に手拭いをかけてその上に洗った器を伏せて置く。(実際にはもっと重ねるけど)

ちなみに小皿は、蓋物の古い器の蓋を使うことが多い。というより蓋物を買うときは、蓋の模様をよく見て買っている。

終わったら乾かして、
Img_20181123_125906_597


Img_20181123_125906_586

まな板とまとめておく。
20181123_122028
これでキッチンがすっきりとても使いやすく気持ちいい。一人分ならこれで十分!
どんなに便利でももう食洗機には戻れないわたしです。

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

インスピレーションをくれる人

水曜、以前の会社で長くお取り引き頂いていた顧客Uさんと、シンガポール料理のレストラン、トリプルワンでランチ。
20181121_113934
麺はちょっと独特の海老臭が気になり今一だった。
何気なく話していて、定年後に始めたいことのヒントを頂いたようではっとした。思えばUさんからは、以前の仕事でもたくさんのインスピレーションを頂いてきた。

Uさんの会社に営業に伺ったのは20年ほど前。着任した支店の攻略リスト筆頭に上がっていた超大手企業の窓口となっていた方だ。

必死で企業研究をして、つたない提案を数えきれぬほど持ち込むわたしに、長らくお付き合いいただき、たくさんご指導下さった。

とりわけ5年かけて成約した大きな取引は、自分にとって、部門にとって、そしてそれを見ていた部下にとっての素晴らしい糧となった。そしてそれからの私の仕事スタイルの基本型がここでできたのである。

最初に提案内容を思い付いたとき、社内では鼻先で笑われ誰も相手にしてくれなかった。ただ一人、全然違う部署の友人Kだけが面白がって、内容のブラッシュアップを手伝ってくれた。

ドキドキしながらUさんに提案を終えるとにっこり笑って、「りきまるさん、これは経営が考えていることそのものです。よく調べましたね。進めましょう。」と言われた。その瞬間は、ホールインワンでもきめた気分だったけれど。それから長く始まる旅の入り口に過ぎなかった。

商談は途中2回途切れて終えかけた。さいご社長の部屋に上司とともに入り、「りきまるさん、この案件何年かかりましたか?」と笑顔で聞かれた日は忘れられない。(それが内定の言葉となった)
祝勝会の宴会の二次会では嬉しさのあまり、カラオケボックスのテレビによじ登ったわたしだ。

会社とは、仕事とは、社会とは、たくさんのことをUさんとこの会社との取り引きを通じて学んだのである。
思うに必ずしも経験に数はいらぬ。深さをもって人はあまりあることを学べるものだ。小さな隠れ家の中で一生分の人生を学んだアンネフランクのように。

夜、作りおきしていたおでんを食べた。
20181121_203611

金曜、昼イベントのお手伝いでおそくなった。
大手町グランキューブ地下の石川亭で、ハンバーグランチ。
20181122_143549

夜はちょこちょこつまんで久々の晩酌。
20181122_220756
あー、明日からの三連休がほっとする。今週はいつもよりお酒を飲んだせいか、少しからだが疲れております。

| | コメント (0)

ちかくにいるねこ

年取って甘えん坊が増したおぼっちゃまくん。
わたしが座っている真後ろが最近の彼の定番となった。
20181122_234032
撫でてほしい時だけ、小さい声でにゃと声をかける。

ちなみに愛用のこの椅子は、イギリスの教会で使われていた古いもの。後ろに聖書をいれるラックがついている。

そして釘を一本も使っていないのがすごく気に入っている。

板張りなのに、長く座っていても全くお尻や腰がいたくならない。
改めて見る度、これを作った職人に敬意を感じるわたしです。20181123_141858


| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

ぼちぼちの変化のご報告

げつよう、湯豆腐で翌日の大食の予感に備える。
20181119_194630

火曜夜、本当に久しぶりに中目黒のことことさんに伺った。
20181120_193046

相変わらず硬派なひろみさんの料理。
20181120_203012

20181120_202234

家庭料理とうたっているけれど、ひろみさんの料理は硬派でプロの料理だ。
20181120_193515

大好きなドライカレーに
20181120_214409

お手製の白菜漬
20181120_205037_2

初めてデザートをいただいた。美味しい。
20181120_221226

ことことにいるJさんとは、インスタ友達であったが。
夏の手術前、大変不安な時期にずいぶん心強いメッセージをいただいた。同じく大病を経験されたJさんの言葉は心強かった。

元気になってことことさんに伺ってご挨拶して、美味しいご飯が食べられるのはこの上ない喜びである。

「りきまるさん、きっとこの先の人生が変わる。」と言われた世に、わたしの人生を変えていきたいな。でもまだぼちぼちではあるのですが。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

おやつ大好き

美容院の帰り、時々渋谷の羽當をのぞいてみた。
20181118_145758
ラッキーなことに並ばず入れそうだ。カウンターに席確保。

お酒を控えるようになってから、おやつ大好きが復活してきた。
子供の頃自宅に帰るなり、「ただいまー!おやつなあに?!」という子供だったし。
大人になって転勤するとき、行くさきの部署の女性が「今度来るりきまるさんてどんな人?」って聞くと「りきまるさん、おやつが好きだよー。」という引き継ぎがなされていたらしい。

ということでおやつ。レアチーズケーキケーキを頼んだら、ブルーベリージャムと生クリームたっぷりのってきた。おいしい。
20181118_145825
若い頃ブルーベリージャムがついたレアチーズケーキって、すごくおしゃれな食べ物だった。昭和時代はまだ皆があまり裕福ではなかった時代だったんだなあ。

夜は昨日神楽坂の魚やで買った、めかじきのカマ肉を使ったねぎま鍋。
20181118_193353
赤葱を使ったので色が微妙になったけど、なかなかである。

残っためかじきは自家製ツナにして保存。スープ煮だから早めに食べきらないとね。
20181123_132902

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

平安から続くおやつ

今日は金継ぎ教室。日程変更して、珍しく午前中の教室に。
20181117_095929
朝陽に輝くすすき。やっぱり午前中の時間帯って気持ちいい。ひかりも空気もぴんと張ってぴかぴかしている。
それが11時半も回ると、だらっとしてくるように思うのだ。

いつものように作業にはいる。
20181117_114830
一巡作業を終えると、ひとつひとつの行程が、仕上がりにどう影響するかがわかるので、さらに面白い。

もう少し上手くなったら実家に作業場を作るつもりなので。来月世田谷ぼろ市で道具を仕込むつもり。
20181117_105850
忘れないよう写真を撮っていたら、先生から「できるだけ使い込まれた道具を買った方がいいですよ。使い込まれたってことは使いやすいということだから。」と言われた。なるほど!

昼は帰り道高田馬場駅構内のそばやで、春菊天蕎麦。
20181117_123825
ここ、すきなんだよね。安くていい蕎麦です。

今日のおやつは亥の子餅 。
20181117_140945

最近一番のお気に入りのとても古い器でお茶を飲む。
20181117_141034
たしか室町時代のものだったと思う。(でもそんなに高くなかった。)

亥の子餅って源氏物語にも出てくるおやつだ。11月の亥の日に食べるものとか。

光源氏がむりやり紫の上とベッドインしてしまった翌日。惟光が亥の子餅を源氏に持っていくと、「今日は日が悪い。明日これをこんなに大袈裟でなく持ってきてくれ。」と言って。それが紫の上との三日夜餅になったのだ。(正式な結婚の証し。)

三日夜餅の風習は消えたけど、亥の子餅は残ったのって、なんか不思議ね。

夜、神楽坂で買ってきた白いかでご飯。
20181117_200450
本日の炭水化物は、おやつで打ち止め。

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

ふぐで〆た1週間

月曜、狂言の普及に関する企画会議。
20181112_210247
ほぼ途中から記憶ないが、翌日たしかに企画案が作成されてメールきたので、たぶんまともに話してはいたのであろう。

火曜昼、食べすぎ修正茶漬け。
20181113_123655
夜はふたたび中野のアトリエひらやで打ち合わせ。

水曜、打ち合わせで社食。スープカレーをたのんだら、薄めのカレーがやってきた。
20181114_115321

夜は出向元の部門の宴席で、上司の送別と定年を迎えた方の区切りの会。新しくできた二重橋スクエア地下、大連餃子基地DALIAN に。
20181114_190745
私は幹事なので、オフィスから移動式プロジェクタースクリーンを運んだ。長くて重いのでみんなにびっくりされたが、まあいい運動です。(&畑にいるとそういうものはよく運ぶ。)

定年のJさんが今までの会社人生を振り返るえる力作のPowerPointを発表。とても楽しいプレゼンが無事できてほっとした。

入院以来二次会は控えていたけれど、珍しく参加。美味しいドイツビールとポテトを堪能。

木曜、顧客のイベント見学のため国際フォーラムのShake Shack ハンバーガーにみんなで行く。
20181115_115750

きょうは素晴らしいお天気だった。夕方二重橋ビルに昨夜のスクリーンを取りに行くと、暖かで穏やかな夕日が差していた。
20181115_155518

丸の内は本当に美しいな。先日ベンチャー企業の関係者と話していたとき、丸の内はエスタブリッシュメントの象徴で、地価も高く、自分達の街ではないと言われたのだけれど。
そんな『トランプ支持層』みたいなこと言わずに、気軽に来てほしいなと思った。秒速で進むビジネスの世界にどっぷり浸かるのもまあ若いうちは良いけれど。美しいものを見て美しい空間に我が身を置くと、心が解放されるとわたしは思うのだ。
第一京浜沿いの芝のあたりを毎日歩いていた頃、「なんだか砂漠のようだ。。」と思っていたことを思い出した。

夜は同僚と大手町グランキューブ地下の篝でラーメン。
20181115_174415
あっさり醤油。麺がすごく良かった。上品なラーメンだ。

金曜、昼は浜松町のなつかしの鳥まつできじ焼き。
20181116_123621

夜、恒例のふぐ宴会で新橋のよし田へ。
20181116_180002
少し厚めのよし田のてっさ、いつもながら美味しい。

唐揚げ。食べない人のももらって倍食べた。
20181116_185123

てっちり
20181116_194531

雑炊で〆。
20181116_203038
久々によし田に伺えて嬉しかった。いつもブログをみてくださっているというおかあさんも、お元気で良かったです。

みんなで駅に向かう。
20181116_212233
わたしも含めてみんな少しずつ歳をとってきた。からだを大切にして、来年もまた美味しいふぐを食べに集えますように。

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

いいかげんラーメン

Nobrinさんがいつも美味しそうなラーメンを作っているので、自家製ラーメンにチャレンジしてみた。
20181111_113458_2
ま。と言うより、買い置きしてあったみかくやの乾麺を使いきりたかったということだけど。

そしてスープは、冷蔵庫の残り物の野菜でとったベジブロスに、ガラスープとかコンソメ、お酒とかを適当に混ぜ、胡麻油をプラス、という、きわめていい加減なものだったけど。なかなか美味しかった。こんどはちゃんとスープに挑戦してみようかな。

夜は控えめに。
20181111_193620
蒸し野菜に胡麻酢だれをかけたのと、買ってきた照り焼き。

夜、経堂の商店街はエイサー祭りというのをやっていた。
20181111_181948
夏のサンバカーニバルはまさに、立錐の余地もないほどの人混みなのだけど。こちらはうってかわって人がまばら。

イベントの告知や集客って大変なんだなー。。と、ここ一年半主催側に回ることがおおいので、しみじみ思うのでありました。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

タマスなカレー

朝もはよから中野のアトリエひらやでワークショップ参加。
20181110_100502
こことは来年深いお付き合いになりそうだ。

帰りに近くのトリコカレーに行ってみた。
20181110_124647
座禅でアトリエひらやに行く度に、えもいわれぬすスパイスの芳香を周囲に放っているお店である。

野菜カレー ごはん少な目
20181110_125303
うん、美味しい。ルーが濃いので、好みで備えられたスープをかけてゆるめて食べるのだが、それもまたよし。

こういう一晩煮込んだようなカレーを、アーユルヴェーダの世界では『タマス』が多いという。タマスって表現が難しいけど、重いとか不活性とかそんな感じ。そしてタマスが多い食事をすると、決まって眠くなるわたしである。

昼寝のあとの、
20181110_152306
おやつタイム。

夜は鯵の酢〆に、あら汁。
20181110_201422
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

同窓会実行委員会

木曜は、丸の内仲通りの点灯式、White Wight Nakadoriというイベントがあった。
20181108_173646

北欧の音楽なのか、独特の旋律が流れる。
20181108_173656

白いサンタがいたり。
20181108_173546

子供用だけど、メリーゴーランドもあった。
20181108_173822

パリに行った時にも、ずっと昔ニュージーランドに行った時も、夜街にメリーゴーランドが出ていたなあ。
おしゃれで楽しいアトラクションを道路でやろうとすると、日本はなかなか大変らしい。

今日は大昔のプロジェクトメンバーで、年明けに同窓会をやろうと思い、その実行委員会第一回。
銀座の土佐料理TOSA DAINING おきゃくに集合。
20181108_191259
高知県の食材を使った豪華な前菜。最近のわたしはこれだけでもういいかな。

でも次々料理が出る。
20181108_193318


20181108_195403


20181108_205647

メインのかつおのたたきが素晴らしく美味しかったのだが。とても食べ切れなかった。
20181108_200735
でもここ、すごく美味しい。アラカルト頼めるなら弟たちと快気祝いで飲みに行きたいな。しつこい頭痛がもう少しよくなったらね。

金曜、所用で半休。お昼を自宅で食べて出社。
20181109_113036

夜、遅くなったのでスーパーで惣菜をちょこちょこ買って並べたのだが。
20181109_213412
あんまり美味しくない。ほうれん草のおひたしにほっとなごむ。簡単なものでも自分で作った方が美味しいんだよなあ。

実行委員会で決めた準備作業をみんなに割り振るメールをしなくちゃ。忙しくて未着手のままだ。。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

東洋文庫

月曜、いつもの朝ごはんに、姫きゅうりの醤油糀漬けをプラス。
20181105_075045

昼、大手町パークビルのさかなさまで鯖味噌定食。
20181105_121605

夜、あなご丼、じゅんさい、おひたし。酒抜き。
20181105_195601
日曜のマルシェでじゅんさいを買った。今の季節にじゅんさい?って思ったら解凍品だった。なんと家庭用フリーザーで袋ごと冷凍できるときいてびっくり。

水曜、会社のみんなと東洋文庫に行った。ふらっと追いていっただけだったけれど、一歩足を踏み入れておおおー!っとなった。
20181107_175311

圧倒される、知の殿堂。
20181107_175247

古い本の美しい背表紙を眺めていると、子供の頃図書館の書棚を眺めて本を物色していた頃のときめきが甦る。
20181107_175255_2
わたしが子供の頃はまだ、こういう装丁の本が沢山あったものだ。

色々な国の文字
20181118_224057


20181118_224317

巻物状の書。
20181107_180121

滝沢馬琴の書もあったり
20181118_224209

江戸時代のガイドブックもあり。
20181118_224430
日本人の旅好きガイドブック好きはこんな頃からなのね。

レストランに向かう通路には、世界中の様々な文字で知の大切さが語られている。
Img_20181119_221643
文字ってそれだけで既に芸術のように美しいね。

レストランで食事。
Img_20181121_194414

ここは小岩井農牧さんが運営するレストランとのこと。
Img_20181121_194523

庭をのぞむ素敵なレストラン。お天気のよい土曜のランチとかも良さそうだ。
20181107_205547
ここと朝倉彫塑館を回るなんてのもいいな。

食べ過ぎてお腹一杯だったのだけど、駒込駅前にちょっといい感じの焼売専門店を見て、みんなで『一時間一本勝負!』となった。
Img_20181121_194815
美味しかったけれど、なぜか焼売の写真が残ってなかったな。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

思い出のバッグ

朝、柿とおみおつけ。
20181106_082507

昼、社食でお総菜盛り。
20181107_131401

今日は早めに上がって、柏警察にカードを取りに行った。
2年前の秋名古屋に出張の日、山手線の品川駅で網棚にハンドバッグを忘れて降りてしまいそのままなくなっていたバッグに入っていたカード類だ。

スマホの位置情報で探すと、日暮里駅にあるというので駅に行ってみるとバッグの届けはなく。追跡を恐れてゴミ箱にでもスマホを捨てたのだろうなと思っていた。

財布だけ抜いて捨てたのかと思っていたのに、こんなに時間が経ってカードだけ見つかるなんて。バッグごと犯人が長く持っていたと思うと何やら気持ち悪い。世の中には悪い人がいるからねえ。。

そんなことを考えながら、柏駅のボンベイでカシミールカレーを食べて帰った。
20181106_180225

財布もお金も要らないから、30歳過ぎに母とロンドン旅行に行った時買った、お気に入りのグリーンのコーチのバッグだけは返してほしかったな。

| | コメント (0)

自己紹介をつくって考えた

明日、部門の会議で自己紹介の順番が回ってきた。皆さんなかなかの芸達者だったり経験豊富なの毎回面白いのだ。

なかなか内容が決まらず、帰宅後に昔の写真をあれこれ引っ張り出してパワポを作成した。
(もちろん見栄張ってかわいい写真しか採用しない。)

小学生のわたし。うーん、かわいいぞ。(自画自賛)
20181106_131603
この頃の体型とキャラのまま、かーちゃんに育ててほしかったな。

大学に入り、バイクに乗り、
20181106_154932

中国古代史って、えらくマニアックなゼミで3年必死に勉強。(が、なにも頭に残っていない。せんせい、スミマセン。。)
20181118_222532

20代後半、前橋に転勤してスキーにはまり

ボーゲンからはじめてさいごは結構上手くなった。
20181106_131735_2

30過ぎて母とイギリスに旅行に行った。湖水地方の雄大な美しい景色を見て、その場で母がナショナルトラストに募金しているのを見てびっくりした。
20181106_131824
私たち姉弟の子供や孫も、この美しい景色を見られるといいなと思ったのと母は言った。

その時のひとことがずっと、わたしの心に種のように眠っていたと思う。
40代後半になって色々なところに首を突っ込み今に至る。
Img_20181118_223812

泣いたり、笑ったり。
ワーカホリックになったり、苦労したり、昇格したり。
太ったり痩せたり。
恋愛して失恋して。
自分に絶望したり、希望の光に包まれたり。

随分色々なことがあったけれど、すべてのことが今と未来に繋がっている。
そして今この時から振り返れば、すべてのことが意味があり価値がある。苦しんでいた過去のわたしに「大丈夫。」って言いに行ってあげたいな。

そしてきっと、未来のわたしもそう思っているのだろう。だからまた、明日から一歩ずつ頑張っていこう。

| | コメント (2)

2018年11月 4日 (日)

農大陶芸部の器

毎年農大の学園祭で、陶芸部の器を買うのを楽しみにしている。
釉薬も安いものを使っていたり、粗っぽい仕上げだったりするんだけど。たくさんあるがちゃがちゃしたものの中から、『私だけのもの』を選び出す行為は、少々大袈裟に言えば自分の美意識を鍛練し、自分の食卓をデザインしているような気持ちにもなる。

して今年、選んだ器たち。
20181104_093928
志野風の粟の絵がついたものだけ1000円、あとは200、300、400円。

毎年買っているけれど、人にあげたり割れたりして数は減ってしまった。
20181104_095456


20181104_095407
古い器、高価な器、海外の器、そんなのにひっそり混じってかっこよく料理を盛り付けられた時陶芸部の器たちは、「ふふふっ。」っと、誇らしそうに笑ってる気がする。

お昼、ナットー定食。
20181104_114219

昨日今日と、関わっているプロジェクトが丸の内でマルシェに参加しているので、陣中見舞いと言うか様子を見に行く。
野菜をたくさん買って、有楽町ビルの古そうな喫茶店で一服。
20181104_144043

レシートも昭和な面影を残すデザインでかわいいな。
20181104_144051

本日のおやつは、みたらし団子。
20181104_160718
器も湯飲みも陶芸部モノ。

夜、マルシェで買ってきた野菜などでごはん。じゅんさいのお吸い物、うまい。
20181104_191450

食後ちょっとナッツをつまんだ。
20181104_201708
なんかこの器、メキシコっぽいな。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

カザフの布に込める思い

今日は母の法事。幼馴染みのご住職にお経をあげていただいたあと、ご住職夫妻も一緒に虎ノ門ヒルズの和音バルにておとき。
20181103_122319


20181103_122305

軽く昼酒で気分もよくなり、
20181103_142645

近所をすこし散歩。
20181103_142753

お寺以外の古い家はもうほんとに風前の灯火で。
20181103_143135

京都御所南の古い町並みを思い出す度に、
20181103_143149


20181103_143209
少しでいいから、残しながらの開発ってできなかったのかなあとすこし悲しくなる。

もうちょっと地権者たちが頑張れば、谷中みたいになれたのかな。
20181103_143228
それでも、ピーク時1平米3000万円もした土地の固定資産税とか、もう個人の努力を越えてるしね。
相続税もかかるから、代替わりで瞬く間に消えていってしまったのである。

夜は経堂のRungtaにて、カザフの布、トゥス・キーズに関するセミナーに参加した。
20181103_213404

ロシアから迫害を受け現在は西モンゴルに自治区を得て暮らしているカザフ人の遊牧民。
20181103_192718

その人たちの生活する天幕型住居の内部を飾るため、代々受け継がれてきた刺繍の数々を見る。
Img_20181117_093743
カザフの女性は、家族の幸せや繁栄への祈りを、この刺繍に込める。ぐるぐるした模様は彼らの財産である羊の角。ハート型は腎臓。それらがたくさんあるという豊かさを表し。

刺繍は未完のまま終えられる。それはその繁栄が『続いていく』ことを表している。

文化人類学者で、長年にわたりフィルドワークで毎年長期間滞在しながら研究を続けている廣田千恵子さんの説明も素晴らしく、最前列で聞き入っていた。

料理家の方がカザフをイメージして作ったお弁当も素晴らしく美味しい。
20181103_185145

トゥス・キーズの古布で作られたドレスに見とれてしまう。
20181103_205117
こんなすごいものを普通の主婦が刺すのである。人の中には宇宙のような広がりを持つ才能の数々が埋もれているのだ。

しかしそんな技術も伝統も、彼の地においても生活の変化で失われつつあるそうだ。
それを守り引き継ぐために、様々に努力を続けている廣田さんの姿を見ながら、わたしも夢中になれるなにかを見つけたいなあーと思ったのであった。

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

夜回りの1週間 後半

水曜は御殿場で顧客の工場見学。
20181031_144115_2

終了後上司と同僚から、近くの美味しいビストロで一時間一本勝負で飲もうと誘われたけれど。明日の朝えらく早いのと、近くの花屋さんが閉まる前に明日の母のお花を買いたかったので、早々に失礼した。昔の自分だったら相当高熱でもない限り、飲みの誘いを断るなどありえなかったよなあ。

まあでも、おかげで無事素敵な花も買えた。
お茶漬けでも食べて寝ようと思ったが、またまた駅前の行き着けに、挨拶で顔を出した。
経堂のリコピンにて。鰹のカルパッチョとビオワイン。
20181031_211131
美味しいけど次回頼むときはドレッシング控えめでお願いしたいな。

数ヵ月ぶりにお店に入ったらびっくりされ、一皿一杯でお勘定したらまたびっくりされた。
ダイエットが済んだらたくさん食べるねと言うと、「または失敗しても来てね。」と笑われた。いやー、今回は本気よ。

木曜、母の祥月命日。早朝の空はばら色。
20181101_055227

ゆうべ買ったお花を活けて手を合わせた。
20181101_070431
母はこんなブーケが似合う美しく華やかな人であった。私とは『女としての種別が違う』感じ。

実は今日、一の酉である。酉の市は真夜中からやっているので、朝イチで熊手を買いに向かった。
20181101_082045
夜や土日はこの鳥居をくぐるのに数時間待ったりするのだが、さすがに早朝だとすいすい。

でもやはり本来の酉の市の活気はない。
20181101_082630

20181101_082703

その代償として、一番好きなここの熊手は買えたからまあ良しとしよう。
20181101_082725

ここの熊手は飾り物が手書きの絵で、わたしは一番美しいといつも思っている。
20181101_083218
皆さんに三三七拍子で商売繁盛をご祈念してもらうと、やはり酉の市だなあーと思う。

お約束の切山椒とべったら漬けを買って出社した。

夜はカラオケ部で八重洲のカラオケボックスに。
20181101_205725
歌っていたらふと、とある店がたまらなく懐かしくなり。。

終わったあとひっそりと向かった。
20181101_222448

銀座のコッペリアのカウンターで、静香ママ(注、男性)と差し飲み。
20181101_230617

ママの若い頃の話とか聞いていたら、まだ未熟者だった自分の若き日々をたくさん思い出した。とほほ。当時のみなさん、ほんとすみません。
20181101_230907
ここもあと少しで閉店となる。こうしてひとつひとつ、私の遊び場がなくなっていくなあ。。

金曜、午前中はダイバーシティ&インクルージョンのセミナーに行った。日本でダイバーシティというと、昔女性活用(失礼なワードだとおもうが)、いまLGBTですかね。このテーマにはあまり興味がなかったのだけれど。
USでの事例を聞いて、日本に言葉が輸入されたとき、大幅に意訳されたことを知り目から鱗だった。本来のD&Iであれば、私が30数年働きながらずっと希求してやまぬものである。

終わって乃木坂の長寿庵でランチ。茄子のあんかけ蕎麦。
20181102_122849
店構えは大変高級そうに見えたが、とても庶民的なよい店だ。夜も閉まるのはすこし早いけれど、こじゃれていない素敵な蕎麦前がある。
今度は帰り道にご飯食べに寄ってみるとしよう。

さすがに金曜夜は疲れて家で刺身定食。
20181102_214710

久々に夜回りしてみた感想は、「もう暫くはいいや。」だった。昔のように一晩に何軒も回ったり毎日飲み歩くより、有限な時間とお金を使って行きたいところ、やりたいこと、会いたい人、じっくり考えたいことがある。
週1回飲めば十分かな。でもさすがにお付き合いもあるし、やはり仕事で最上の『仲良くなる方法は一緒に飲む』には変わりない。

あまりこれだと決めつけず、ゆるっと、でも心は進む方角を見据えて日々を送ろうと思う。お声がかかるうちが花ともおもうしな。

[おまけ] 
スマホの画像をチェックしていたら、なんと鷲神社の鳥居をくぐる瞬間の自分が写っていた。
20181101_082102
手に持っていたスマホで、シャッターをさわった記憶もなく、前後も写ってないし。なっ、何事??!!と思ったけれど。

空もきれいで素敵な写真でもあるので、なんか縁起がいいかもってことで大切に残している。

| | コメント (2)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »