« たった8日間のできごと | トップページ | むさぼり読む日日 »

2018年8月21日 (火)

健常者の食べ物

入院生活さいごの食事。
レーズンパン ツナサラダ オニオンスープ チーズ あんずジャム 牛乳 フルーツ缶
20180821_080709
ベッドで食べるのが何となく嫌で、毎回こうして外を眺めながら食べていた。

医師から緒注意などを聞いたあと、会計、院内処方の薬をもらって、さあ、帰ろうか!と思ったら。
外来診察中の主治医からの伝令がやって来た。
「りきまるさん、H 先生から『髪が抜けるかもしれないけど、またすぐ生えるから心配しないように。』とのことです。」
「それは事前に聞いてたんですけど。抜けるのは今じゃなくてすこし先なんですね。」
「はい、そうです。」

うーむ。。血管内手術は、頭を切らぬかわりに被爆してしまうのだ。(術中放射線で内部を透視しているから。)手術時間3~4時間くらいと言っていた時に、抜ける『かも』と言われていたんだから、8時間なら確実に抜けるんだろう。看護師さんと「左下だけなくなったら、どうやって髪型作ろうかなあ。。」など話していた。
まあそれは追って考えるとしよう。抜け方によってはいっそ短くしてしばらくウィッグでもいいかもね。

さあ、退院だ。
さよならわたしのベッド。
20180820_105112

2018年8月、わたしはここでこの病気の手術を受けるって決めて、この世に生まれてきたような気もするよ。
20180820_105133

ようやく帰宅。
「ただいまー!!みんなー!長いことごめんねー!!」と猫を呼ぶが。

しーん。。。   おっ、怒っているのか。。?誰も出迎えなしである。(涙)

昼、近くのお蕎麦やさんでひっそり蕎麦でもすすりたい  と行ってみるが がーん、定休日。では近くでたこ焼きでも買うか。
自転車を漕ぐのがきつい。朝「大丈夫と思っても結構体力は落ちてるから気を付けて。」と言われた通りだ。

たこ焼き屋の手前に新しいレストランを見つけ、ふらっと入ってみた。
セットサラダ
20180821_130540
ひー!昨日までのわたしの1半食分以上あるんですけど。普通なら喜ばしい量のサービスだけど、病院食に馴染んだ身には、食べきれるか不安に変わる。

ドキドキしながらパスタを待つ。
茄子とトマトのリングイネ。
20180821_131726
量、多っ!そして味が濃い。使っている油の量がすごい。。
以前なら平気で食べて美味しいと思っていたものが、きついのだ。健常者の食べ物って、こんなに消化が大変なものだったんだなあー。元気なからだってすごいものだなあー。

デザートのシャーベット
20180821_133402
これも大概量が多いけど、前ならケーキを選択していたところだろう。
まあ丁度良いから、今の胃袋のサイズを維持して、しばらくダイエットしよう!

久しぶりの晩ごはん。
20180821_191141
冷奴 きゅうりとくらげの二杯酢 鰹なまり節の生姜荷 いくら
退院のお祝いに、お猪口に一杯だけ日本酒を飲んだ。

入院前は耳なり、入院中は痛みでここ1ヶ月あまり睡眠がとれていない。でも今夜は久しぶりに熟睡できそうだ。

機嫌を損ねていたねこたちも、わらわらとベッドに集まり始めたしね。


[りきまるからのご挨拶]

皆様、この度はわたくしの闘病日記にお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。

とある記事によると原因は不明、疾病率『100万人に3人』という思いもかけぬ病気でしたが、闘病期間を通して自分の人生を振り返り、これからを考えるという、今までで最も濃密な体験をすることとなりました。

明日からは『ベッドでわたしも考えた(椎名誠風。あ、古すぎてわかりませんかね。。(涙))』から、『さて、ではどう生きるか?』の実践の日々に変わります。

しかし、ダイエット同様、意志の弱さは豆腐がごとしのわたくしです。
皆様に見守っていただきながら、初心忘れぬようその過程を、こつこつと記録して参りたいと思います。

それにしても!

健康って大切ですね~!!健康が当たり前すぎて全く興味のなかったわたしもすっかり開眼。残った頸動脈保全のためにも、今までの生活をあれこれ改善して参る所存です。

それでは明日からもまた、引き続きよろしくお願い致します。

|

« たった8日間のできごと | トップページ | むさぼり読む日日 »

コメント

りきまるさん

ご退院おめでとうございます。
本当に、本当に、ほんとーーに、
よかったです。。。(感涙)

お逢いしたこともないのにおかしいですが、
りきまるさんの「ココロの持ちよう」が大好きで、
ブログの中の色々なシーンに憧れをたくさん募らせ、
私の目指す人生のヒントを沢山いただいています。
闘病中のりきまるさんも
やっぱりカッコイイです‼︎

なので、とにかく
退院なさったことに、深い安堵を感じています。


ゆっくりと、ゆっくりと
ご慈愛ください。

投稿: みほみ | 2018年8月29日 (水) 19時34分

みほみさん、
本当にありがとうございます。そんな風に言っていただけるなんて、静かな感動があります。

実は孤独を感じやすく、自分では一人きりで生きているつもりだったのですが。
病気になりたくさんの人の優しさに支えられることになり。ああ、人ってどんな環境でも一人ってことはないんだなあー。。と暖かな気持ちになってます。
たぶん、今一番わたし、『いい人間』かも。あ、長持ちしなそうですけどね。(笑)

これからもよろしくお願いします。(^-^)

投稿: りきまる | 2018年8月30日 (木) 06時21分

りきまるさん初めまして。ずっと前から読ませていただいていました。お仕事する姿、いつも丁寧にご飯を用意する姿、いつもすごいな〜いいな〜と思っていました。今回の入院、勝手ながらドキドキして胃がキューっとなって心配していました。手術が成功して、本当によかったです。もうすでに動かれてるご様子。くれぐれもご無理をなさいませんように。またいつものように美味しいご飯とおつまみとにゃんこちゃんを楽しみにしたいです!

投稿: かおれ | 2018年9月 1日 (土) 20時25分

かおれさん、ご愛読&コメントありがとうございます!
ほんとに、今回は皆さんに多大なご心配をおかけして大変かたじけない。。
薄目の着ぐるみ一枚分くらい痩せて(^-^)、またシャバにに戻ってきました。まだ100%の完治ではないわりになんか動いちゃうんですが。その度にからだが警告する感じで、自分のからだに怒られながら復帰中です。

血管を詰めただけ(だけ と言っていいのかですが)なのに、何となく性格が変わったような気がしてまして。そんな新しい日々をまた引き続きよろしくお願いします!

投稿: りきまる | 2018年9月 2日 (日) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たった8日間のできごと | トップページ | むさぼり読む日日 »