« 情熱のありかに目を向ける | トップページ | 万一の時のお金の話 »

2018年8月25日 (土)

今のいちばん

来週から出社するので、今日は普通の土曜日を行動してみる。
午前中は車を出して、近くの直売所に野菜を買いに行く。

昼、買ってきた野菜で。モロヘイヤ麺ともろきゅう。
20180825_123155

退院後初めての遠出は、神楽坂の金継ぎ教室。
最終行程、鯛の歯で作った道具で磨き。
20180825_152801
入院前より何倍も金継ぎが好きだ。漆を精製する作業も、塗る作業も、病気の前よりずっとずっと丁寧にできている自分がいた。

20年くらい前、出張の日当を貯めては少しずつ買い足していたピジョン窯の器に銀を蒔く。金、青金、錫、銀と迷い、銀を選択。時と共に少しずつ酸化していくさまを楽しもう。
20180825_170838
買った店は閉店し、パリで探したがピジョン窯のお店はみつからず。大きく欠けたフチを諦め切れず、10年暖めてきた器だ。

帰宅が夜になり、空はほんのりと秋の風情が混じる。
20180825_190438

やけに明るいと思ったら、今日は満月前夜の小望月(こもちづき)。
20180825_214146
またの名を幾望(きぼう)とも言うらしい。幾=近く つまり望つ月が近いってことらしいけど、響きがなんとも良いね。

夜も直売所の野菜。
畑のかぼちゃ、おいしいなあー。
20180825_200416

茄子をフライパンでゆっくり焼き、とろとろになったところで茗荷のみじん切り、胡麻、少量の醤油で味付け
20180825_200430

稚鮎の南蛮漬けとともに、いただきます。
20180825_200503
無事外出できたお祝いに、おちょこ二杯強の日本酒をいただいた。でもあまり美味しく感じない。
そしてやはり無理は禁物だね。すこし具合も悪くなり、早々に休んだ。

|

« 情熱のありかに目を向ける | トップページ | 万一の時のお金の話 »

コメント

りきまるさん、こんばんは。
入院してから間もなく手術。そして退院。
スムーズに進んだかのように思われがちですが、退院してしばらくは今までのようなペースでお仕事をするのは辛くなるかもしれません。焦る事の無いようどうかご無理をなさらずに。

ここでは互い出会った事もない方々が、一緒にりきまるさんの復帰を喜んでいます❗️
私はこれまでりきまるさんにどれだけ励まされてきたか。
陰ながら皆さまと共にりきまるさんのこれからを応援しております。
どうぞご自愛くださいませ。

投稿: 由紀子 | 2018年9月 2日 (日) 23時57分

由紀子さん、ありがとうございます。
本当ですね。たくさんのコメントに、私もどれだけ励まされたかわかりません。。
実際、ここに書いた何倍も病状はひどく。手術までの期間は、『書くこと』で心を平静に保とうとしていましたが。ある意味書いてしまうことで、皆さんに不安の一端を持っていただいていたんだなあと感じています。

根が貧乏性なので、ちょっとからだが動くようになるとすぐ、やりたいことぜんぶしようとしてしまうのですが。。
そこは体がきっちりセーブかけてくれているようで、パタッと電池が切れて動けなくなってます。(笑)

そして脳に影響が出たはずはないのに、なんだかとても自分の中身は変わってるようで不思議な日々です。
引き続きよろしくお願いします。(^-^)

投稿: りきまる | 2018年9月 3日 (月) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情熱のありかに目を向ける | トップページ | 万一の時のお金の話 »