« まるで高尾登山 | トップページ | ソフトシェルクラブ »

2018年8月29日 (水)

読書記録

昼、社食。お総菜とサラダに、大根とこんにゃくが入ったローカロリーごはん半分におみおつけ。
20180829_130719
同僚に教えてもらった、カレー用の福神漬けとらっきょうと食べるのがお気に入りだ。

夕方同僚にわらびもちをもらったので、あまりおなかはすかない。でも気分転換にごはんは食べたいな。

ピーマンを生でがりがり食べたい欲求を満たす。
ピーマン、きゅうり、玉ねぎ、茗荷を千切りにしたサラダ
20180829_191710
ゆず胡椒ドレッシングがすごくマッチしするなあ。オリーブオイル、リンゴ酢、ゆず胡椒、塩、こしょうの順に、ひとつ入れてはさくっとまぜていく。

週末牛スジを煮ておいたので、カレーが簡単にできた。
20180829_191702

ところで最近、ちゃんと読書記録をつけたい欲求に駆られている。読みながら心に浮かんだたくさんのことも、塩が水に溶けるようにあっという間に消えていってしまう。そもそもどんな本を読んだのかすら忘れてしまうのはなにやら勿体ない。

食後どんな方法があるのかネットで調べてみた。

お手軽で便利なのはなんといってもアプリだ。なるほど。しかし一番気に入ったアプリはAndroid対応を止めたらしい。それにアプリは永続的に機能提供やデータ保管される保証はない。人気が落ちれば閉鎖の可能性だってあるだろう。

InstagramやTwitterに投稿するいう手もあるようだが、一覧性にかけるし、どちらかというと私がやりたいことは、人と意見をかわすのではなく、自分のための記録だからなあ。

Evernoteも良さそうだ。Amazonとリンクもできるらしい。

結局ノートとEvernoteの組み合わせにしてみることにした。
エディットというノートが、ノートとしてのデザインも書きやすさもよさそうである。書籍リストはEvernoteで作り、感想を書いたら写真にとってEvernoteに貼るとしよう。

皆さんはなにを利用しているのかな。よい方法があれば是非教えてくださいませ。

|

« まるで高尾登山 | トップページ | ソフトシェルクラブ »

コメント

りきまるさま

この度は、手術のご無事とご退院、陰ながら本当に安堵しております。どうかご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
以前(と言っても、おそらく10年以上前になりますが)コメントをさせてもらったこともありました、福岡在住の愛読者の1人です。
りきまるさんの、しっかりとした軸をもって素敵なアンテナを立てて、自分自身に常に問いかけながら、何事も、真っ当にごまかさずにいこうとするお姿を(年を重ねるにつれ、その面倒さを感じることも出てきてしまったので、なおさら)尊敬の気持ちで、そして励まされながら拝読しております。
どうか、どうか、ご無理なさらずにお過ごしください。

ちなみに、、「人と意見をかわすのではなく、自分のための記録」という、りきまるさんの意図する方法ではないので全く参考にならず恐縮ですが、、、一応、、、読書記録は、私は(読者数はほぼ自分自身しかいないので)自分のブログにカテゴリを作って残しております。読者はいませんが、web上公開すると思うと、読んでいてぼんやりと感じていたことも、最低限推敲するので整理できるし、「あの日、あの本を読了して、こんなこと感じてたんだ」と思い返すことも楽しく、今のところ気に入っております。


投稿: tohiyo | 2018年9月 8日 (土) 17時13分

tohiyoさん、長年のご愛読と暖かいコメントありがとうございます。感じ入りますとともに、ふと『10年以上前?』と思い、バックナンバー一覧を見返して、このブログが14年目に入ったことに改めて気づき、本人なのにびっくりしております。(昔の自分はその未熟さがなんだか気恥ずかしく、ほとんど読み返さないので。。)

個人的なことを書きすぎているかなあと反省しつつ、書くことでこころを整えている部分も大きく。そんな自分のための日記が何かのお役に立てているなら、本当にありがたく嬉しく思います。

読書記録、ありがとうございます。
そうなんですよね。ブログもよいなあと思ったのです。ココログのサービスで、追加料金なくもうひとつくらいはブログが作成できるのも魅力ではありました。推敲のしやすさは紙より断然パソコンですしね。
しばらく今回の運用でやってみて考えようかと。

もしお差し支えなかったら、tohiyoさんの読書ブログをお教えくださいませ。
引き続きよろしくお願いします。

投稿: りきまる | 2018年9月 9日 (日) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まるで高尾登山 | トップページ | ソフトシェルクラブ »