« 虎ノ門ヒルズでヨガ | トップページ | ふらりと立ち寄る酒場 »

2018年6月 6日 (水)

選ばなかった方の人生

大手町パークビルでお昼。今日はテイクアウトせず、階下を見下ろせる広い2階フロアで食べた。
20180606_130912
キャベツがぎっしり入ったメンチカツが、舌をやけどするレベルでカリカリに揚げたてで美味しい。

「あの時こうしていたら。」「あの人と結婚していたら。」
人は選ばなかったもうひとつの人生を思い描くことがある。
私の場合前職を退職する時、お声がけいただいていた会社、そこに行っていたら今ごろどうしていたのかなあ。。と、この1年事あるごとに、思っていた。

先日その会社の近くの企業を訪問し、またお約束の「今ごろわたしは。。」と思いを馳せていたら。帰社したらすぐにその会社に誘ってくださったHさんから、オフィス見学にいらっしゃるとメッセンジャーが入りびっくりした。

して、ご見学のあと。
パークビルのさかなさまにて、おなじくHさんの旧知でもある同僚と三人で一献とあいなった。
Hさんは、何度も大型の仕事でお世話になり、前職の退職を考えていた頃、とても親身に相談に乗ってくださった方だ。
20180606_183201

20180606_183301


20180606_184840


20180606_184847

詳しくは書けないが、もしそちらに行っていたらこの一年大変な激震にみまわれていたようである。Hさんも近く退職予定とのこと。面接してくれて、熱く事業について語ってくれたもう一人の知人もすでに転職されたそうだ。

むー。。どちらの人生を選んだとしても、この一年は激動にもみくちゃになるということだったのだ。
感慨深く蕎麦をすする。
20180606_202610

人はこの世に生まれてくるとき、おおむね今生で学ぶこと、そのストーリーを決めてくるという話がある。
半分信じているものの、「でも人生って選択肢も多いし、自分だけで物事が進むわけではないから、ほんとにそうかな。」って半分疑ってもいた。

でも今宵、神様が決めた人生のルールを垣間見る思いでHさんの話を聞いていた。あちらに行っても似たような『修行』をしている私の1年間の姿がだぶって見える。そしてわたしがこの1年で学ぼうと決めてきた『科目』をしっかり理解した。

ならばいつも目の前のことに身を委ね、もみくちゃになりながら懸命に生きていくしかないのである。

なんかそんな腹が座った不思議な夜であった。

|

« 虎ノ門ヒルズでヨガ | トップページ | ふらりと立ち寄る酒場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虎ノ門ヒルズでヨガ | トップページ | ふらりと立ち寄る酒場 »