« 南蛮渡来の野菜 | トップページ | 大手町のじゃりん子チエ »

2018年5月31日 (木)

記憶なく過ぎる一週間

月曜、辰巳芳子さんの良い食材を伝える会の定例会で、飯田橋のホテルエドモントのパーティーに行った。

こんな豪華なブッフェは見たことがないというくらい、これでもかと技を極めた料理が並ぶ。

でも牛肉好きなわたしは、まずこの立派な塊肉の前に並ぶのがお約束。
20180528_1840342

で、第一陣
20180528_1847352

第二陣、三陣と続き、
20180528_1934592
タイカレーで〆ようと思ったけれど、

またこんなに盛ってきてしまい
20180528_1947562

冷や汁までいってる間にデザートは完売した。
20180528_2003342
食後はみんなでエドモントのバーにいくと、すばらしいクラシックバーでぴっくりした。

このブログをみて頂いたのがご縁で、時々美味しい宴会にお声がけくださるKDさん。そのKDさんの奥さまが、辰巳先生のスープのお弟子さんということで、いつもご一緒させていただいてきたけれど。
残念ながら今年でおしまいなのだそうだ。

実はわたしと母が半世紀以上近く大切に使ってきた料理本は、辰巳先生のお母様の料理本で。(写真はAmazonから拝借)
618hrltcal_ac_sy400_
いや、料理本というよりも、「家庭で料理を作るとはどういうことか」を学んだ本とも言おうか。
娘さんである芳子さんが主宰されている会の存在は10年ちかく前に農業の勉強を始めた頃から気になっていた。
その会に出て、先生に近い方と杯を重ねているのだから。人生って不思議なものである。

ところでこの週はほんとに忙しくてきりきりまいだった。月曜夜以外はなんにも写真が残っていない。

木曜、なにも予定なく早く(といっても9時頃)帰れたので、料理でもするかと思ったら。
何をつくっていいのかまったくわからず、
20180531_211255
お刺身 わらびの酢味噌あえ しらすおろし 
並べるだけ、切るだけ、おろすだけ。でもこんなシンプルなご飯を、この夜自分が欲していたことに気づいたのであった。

|

« 南蛮渡来の野菜 | トップページ | 大手町のじゃりん子チエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南蛮渡来の野菜 | トップページ | 大手町のじゃりん子チエ »