« はじめての祇園祭 | トップページ | ついに自然養鶏と出会うの巻 »

2017年7月28日 (金)

さいごは電池切れ の1週間

一時のひどい忙しさは一服したとはいえ、休み明けはまたばたばたと忙しく。
火曜日。なめこめかぶ蕎麦食べて残業。
20170804_085316

水曜、産休を取る同僚の送別ランチで、アスコットホテルにあるシンガポール料理レストラン トリプルワンにて。
20170804_085347
チキンライス、チキンはスチームとフライ半々。
デザートはクレープに巻いたアイスクリーム
20170804_085414
中にひっそりとパクチーが入っているのが面白かった。

夜、西麻布の一即多( いっしょくた)で、前々職の先輩や同僚と。
20170804_085459

20170804_085739


20170804_085836
たくさんのおつまみが出てきたあと、

甘鯛焼き
20170726_203008

牛カツにエビフライ
20170804_085931

ステーキ
20170804_085958
どっかりたべた。

そのあと友達と駅に向かいながら、ラーメンラーメン騒ぐわたしに、「りきまるさん、絶対やめた方がいいって。明日俺に感謝すると思うよ。」と言われた。

木曜朝、目が覚めたらぐだぐだで。なぜかように酔っているのやら。。と必死で出社。
エレベーターを上がりながらスマホを見て
Img_20170727_090753_499
わたしが誘ってもう一軒いったことを思い出した。   がっ、頑張れ、オレの海馬。。!

夜は大人しく酒抜き、ノーカーボ。
20170804_090305

金曜、早朝6時出社。
昼はもうやんカレーのテイクアウト。
20170804_090517

夜、浴衣に着替えて打ち水イベントに参加。
20170804_090549
涼しげに見えるが、猛烈に暑い。

浴衣姿のマルケンも可愛かった。
20170804_090617
そのあとはまた仕事だったが。
かくっと電池切れしてしまったか、しんどくてタクシーで帰宅した。

先週末足がまめだらけになるほど歩いた疲労がボディブローのように効いていた1週間だった。老いたのう。。

[おまけ]
今回着た浴衣のセット。
Img_20170729_181502_722
竺仙の浴衣に麻の名古屋帯。
ちょっと大人な組み合わせで気に入っている。

|

« はじめての祇園祭 | トップページ | ついに自然養鶏と出会うの巻 »

コメント

二度目のコメント失礼いたします♪
エビフライの踊りっぷりいいですね。
真っ直ぐなのよりずっとそそられてしまいます(๑´ڡ`๑)

ところで我が家、
りきまるさんのおかげで毎日寝不足でもう大変です。笑
「JIN 仁」面白いですね!←どれだけ過去ログさかのぼってるかバレますw
使っていなかったamazonのfireTVstick大活躍です。
主人の帰りが遅く、そこから夕餉を終え後片付けをするともう深夜なのですが
つい1話で終わらず・・・今完結編の3話目まで来ました。
感情移入し過ぎて観終えるとへとへとなので夫婦の会話は減りましたが
そろってどっぷりハマっております。
昔あまりドラマに興味がなく観る習慣がなかったのですけど
去年真田丸にどーーーっぷりハマってしまい、観る習慣ができ
今期は「あきらとアキラ」「黒皮の手帖」「直虎」と毎週小さなお楽しみがあって更に「仁」、嬉しい悲鳴です。

そして、わたしも実は、大大大酒飲みなのですが・・・
アルコールは量の如何に問わず海馬が委縮するそうですね。。
でも、昔より厭なことも悲しいこともうじうじしなくなって
なんだか生きやすくなったような気がします。
あれ、オバサン化してしぶとくたくましくなっただけかな。。(;´∀`)

長々とすみません。
次の更新楽しみにしてますね♪

投稿: momo | 2017年8月 6日 (日) 16時25分

MOMOさん、こんにちは!
JINですか!それはかなりの遡りっぷりですね。(笑)
あれはほとんど役者並みに、台詞が頭にはいるほどf(^_^)見た記憶があります。
わたしもはまるとかなりどっぷりなので、真田丸に引き続き見事ツボな大河を放映している大河がうらめしいです。(何度も見直すから、明らかに読書量が激減しています。。)

アルコールの害は私も聞いたことがあります。
最近では、3歩歩けば忘れてしまうこの記憶力は間違いなく若い頃の飲酒が原因と思っていますが。


まあ、楽しければよいですよね!(笑)
何でも忘れちゃう上司も困ったかもだけど。永遠にしつこく覚えている上司もやだなあと。(あ、間違いなく『中間』がありそうですけどね。。)

投稿: りきまる | 2017年8月 7日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめての祇園祭 | トップページ | ついに自然養鶏と出会うの巻 »