« 五月の色 | トップページ | 子供にはわからぬ魅力 »

2017年4月29日 (土)

筍の扱い、あれこれ

頂いた筍、食べきれぬ分を干し筍にしたのが干し上がった。
2017050417303100
Facebookにアップしたらみんなに気味悪がられた。たしかにこの穂先の部分は、まるでは虫類の尻尾だ。
干し筍が今一つメジャーにならぬのは、戻すのに時間がかかるのと、このブッキーな見た目かもしれない。

昼はあんかけスパ、ミラカン。ウインナーがなかったので豚肉で代用。
2017050417311500
お店で食べると炒めてしまうので、えらくハイカロリーになるのだけれど家なら安心。

着物に着替えて根津美術館に光琳の燕子花図を見に行く。
庭を散策していたら、ざーっと通り雨が来たので雨宿りに入った小屋で
2017050808050900
お抹茶を頂いた。和室だと亭主のお手前が見られないとのことだったので立礼にて。
大学時代にやっていた鎮信流では、お菓子はお茶とともに頂ける。その方がずっと美味しいといつも思うのであるがのであるが。
お茶の世界ではスーパーマイノリティであるから、無作法と思われてもと先に頂いた。
2017050808043000_3
かきつばたの美しい練りきり。

帰りに長年行ってみたかったコスメショップ、アンテイアンテイオーガニクスの東京店に寄ってみた。噂通り店員さんのノーメークの肌が素晴らしく。肌は遺伝、化粧品だけではだめとわかっているのに美容液を買ってしまった。

夜、うるいと豚肉のソテー 筍の木の芽和え 筍のつけ焼き
2017050909184300

筍のつけやき、
2017050909134700
新鮮な筍はほのかにとうもろこしの香りがするので、これは焼きもろこしだなあと毎年思う。

[おまけ]
ソファにごろりとしていると、よってくる猫がかわいい。
2017042918231000
お気楽な生活もあとわずか。

|

« 五月の色 | トップページ | 子供にはわからぬ魅力 »

コメント

りきまる様
新しいお仕事はいかがですか? お身体ご自愛くださいね。
根津美術館へお着物でお出かけなんて、とても素敵ですね。
ネコちゃんも、とてもかわいい写真です。

私は、とても長生きだった姑が亡くなり、ひと段落です。
もうすぐ100歳でしたので、最後は眠るようでした。
寿命というものを感じました。
これからは、自分の両親を大事にしたいです。
りきまるさん、新しい会社での御活躍お祈りしています!
              

投稿: ヤスコ | 2017年5月11日 (木) 13時20分

りきまるさん、こんにちは。いまりきまるさんのバックナンバーを一気読みしています。日々の日課です。私もAntiantiの化粧水使ったことがあります。もう10年位前かなあ。そのときは南青山のインテリアショップの片隅で販売されていました。ローズの香りがとっても良くて、なんて”柔らかいお水”なんだろう、と思った記憶あり。値段は高くはないけど、何もここまで来て買う必要もないだろ、ほかにも化粧品はあるさ!もっと安いのでバンバン使ってやる!とリピなしでした。私は化粧なしですが、そのほうが肌も鍛えられて毛穴もつまりにくいかな、と思っています。何より安上がりだし。肌も断捨離が必要です。

投稿: ぜんまいわらび | 2017年5月11日 (木) 15時44分

ヤスコさん、ご無沙汰しています!
いつもご覧いただきありがとうございます。(^-^)
だいぶ着物を着なれてきて、「どの休みの日に着ようかな。」と思うのが楽しみになっています。
お義母さま、大往されたのですね。次々と親族が鬼籍に入る度母がよく、「どんどんわたしが長老になっていく。」と感慨深く言っていましたし、それがいまのわたしです。これからはご両親とともにヤスコさんご自身の人生を大切に楽しんで過ごしてくださいね。それが『長老達』の特権かなあーと最近思います。


ぜんまいわらびさん、
そうでしたかー!バックナンバーには、いい歳して[未熟なわたし]が詰まっていて(笑)、管理人としてはあけるのがこわいような気がして封印しているのですが。。楽しんで読んで頂くと嬉しいです♪
わたしも、お肌なにもしない派です。(笑)でもけっこう歳にしては肌がきれいと言われるのを鑑みると、やっぱり断捨離もよかったり。そして遺伝も多いかなあと思います♪

投稿: りきまる | 2017年5月13日 (土) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五月の色 | トップページ | 子供にはわからぬ魅力 »