« 夕日の見える場所 | トップページ | まるで親子の巻 »

2017年3月19日 (日)

平成生まれにはもしや『古文』

昼、海老とブロッコリーの脇芽のリガトーニ
2017031916474100
ブロッコリーは畑でいただいてきたもの。

今日はこんな古書を引っ張り出してきて
2017032012522600

ソファーに寝そべって両脇はねこ で読書三昧。
2017032012532800

なんと昭和初期に書かれた復刻版ということで、仮名遣いも漢字も旧字体。
2017032012530400
ふと、私が高校時代位までに読んでいた本はみなこんなだったので、さして抵抗なく読めるが。平成生まれには『古文』かもしれないよね。
しかしこれを読むと昭和初期にも関わらず、たくさんの手仕事が失われている嘆きが満載で。
著者が今の日本を見たらどれほど悲しむかなあ。。でも時代とはそういうものなのかもしれないとも思う。

散歩に出て、おやつを買ってきた。
2017031916481900
高価なスウィーツも良いけれど、こういうおやつがやはりおやつの本道だ。、

夜もあるもので晩ごはん。
2017031921360400
牛肉と菜の花の味噌炒め 菜の花は伊勢原の畑の てっぱい 大根のおみおつけ 出汁は大根のみ。これが好きなのです。

|

« 夕日の見える場所 | トップページ | まるで親子の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕日の見える場所 | トップページ | まるで親子の巻 »