« はじめての天神さん | トップページ | 肉の適量 »

2017年3月26日 (日)

蒸し寿司初体験

うううー。。気持ち悪いー。。

久々の二日酔いにヨロヨロと起き上がり、ホテルのベッドサイドテーブルを見ると。。
2017040510184600
うおー!何考えたんだ、昨日の自分!
お土産にコンビニで買った京都の袋麺の口が開いていた。

今日が貴重な最終日であるが、特に何も考えておらず行き当たりばったり状態。とりあえずホテルに荷物を預けて、近くの東寺まで散歩に出ることにした。

新幹線ホームから眺める東寺の塔。間近で見るのは25年ぶり位だろうか。
2017040510203100
塔の右に、瑞雲のような輝く雲が写った。

重厚な南大門の前で、新撰組の羽織を着た若い女子たちが写真を撮っている。
2017040510210000
時代の変化を感じてしまうねえ。

掘のドジョウでも狙ったか、大きな鳥が近くにいてびっくり。
2017040510213400

南大門から金堂をのぞむ。
2017040510221600

一歩入り、金堂の重厚さにうたれるわたし。
2017040510241900
唯一残る平安京の遺構という東寺は、創建からおよそ1200年を経た古寺であるゆえか、なぜか奈良を感じる趣がある。

その東寺が建つ以前よりここにあるという八島神社にまずお参り。
2017040708273900

桃山時代の夜叉神堂。昔参拝者が拝まないで通ると祟りがあったということなので、
2017040714054600
ちゃんとお参りする。その姿は、写真なんかに撮ったらすごいもんが一緒に写りそうな位怖い形相だった。

昔良く来たはずなのに、なぜか全然印象が違う。
2017040510245800

その時々の心持ちで様々な顔を見せてくれる京都である。
2017040510253400

さて!
お土産にしたいお菓子を買おう!と百万遍に行くと。
がーん。。なんと休日。(不定休)
気を取り直し、、少し早めの昼食を取りに、寺町に向かった。

またぶらぶらして買い物してしまうとまずいので、11時の開店を店の前で待つ。
2017040510261500

何十回となく前を通りながら、入店は初めて。ずっと気になってきた店は、期待に違わぬ渋い造り。
2017040510271700

待っていると近所のお馴染みさんと思われる方が、仕出しの相談に来たりなんかして。町に愛されているお寿司やさんである。
2017040510270600

来ました!蒸し寿司。3月だからそろそろ名残であろうか。いただきまーす!
2017040510273000
うわー。。これ、好きだなー。金糸卵の下にはたくさんの刻み穴子。冬に食べたら尚更美味しそうだ。

というあたりで、長かった京都旅もそろそろおしまい。
バスで祇園に出て、お菓子を買い、宿に戻って荷物をピックアップして駅に。今回は行きはマイルを使って飛行機で伊丹から京都入りし、帰りはエクスプレスカードのポイントを使ってグリーン車という贅沢。

席に座ったら即寝てしまい、ふと目覚めると伊吹山が見え関ヶ原。
2017040510530900

次に起きたらもう小田原。すっかり眠ってすぐ東京についた。

荷ほどきをして、買った食材をしまったり。
2017040703140900
寺町のごく普通の八百屋さんで野菜と白菜漬けを買ったら、この白菜漬けが素晴らしく美味しかった。

夜は旅の名残のご飯を買ってきた器に盛る。菜花のごま和えに、買ってきた漬け物。
2017040707273900

末廣寿司でお土産につくってもらった鯖寿司に、寺町で買ったねぎと駅で買った花麩のお吸い物。
2017040707271000
丁寧に取った出汁は久しぶりだ。
結局鯖寿司はお代わりして全部食べてしまったよ。ごちそうさまでした。

|

« はじめての天神さん | トップページ | 肉の適量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめての天神さん | トップページ | 肉の適量 »