« ちもとの隣の自然食品店 | トップページ | 名古屋の読めない看板 »

2017年3月 6日 (月)

念願の店

今日明日は名古屋出張。
新幹線駅ホームには、住吉駅とぐるめんと二つのきしめん屋がある。
部下のKさん曰く、ぐるめんの方が出汁がしっかりしていつというので試してみると。
2017030613260000
確かにその通り!
麺は住吉の方がよいけれど、やはり出汁は重要だ。

夜はいつも行ってみたいと思っていた伏見の大甚に。
2017030723340600

念願かなって入店。部下のKさんと、昨日連絡があって同じく名古屋にいることがわかった友達Yさんもご一緒に。
2017030723343000
『酒』ってのれん、最高。

入るとはたして最高にわたし好みの店であった。
2017030723354600
ずらり並ぶ惣菜。

それはひとつずつ皿に盛ってあり、好きなのを取っていく。
2017030723351700
どうやら皿の形が値段になっているようで、回転寿司スタイルだ。
魚や肉は奥のショーケースに入っていて、調理方法をお願いすると席に運んでくれる。
タイやラオスにあるスタイルと一緒だなあー。

いただきまーす!
2017030723361200
お惣菜はとても丁寧さを感じる美味しいものだし、熱燗はほどよく樽の香り。奥を見ると加茂鶴の大きな樽酒が置いてある。素晴らしい。
ここはお会計をお願いすると、お店の人が見事なそろばんで計算してくれる。
2017030723364700
今宵は一人二千円くらい。
名古屋最後の夜にして最高に自分好みの店を見つけてしまったけれど。
Yさんはあまりお酒が飲めないので、大丈夫だったかなあ。

ご機嫌のほろ酔いでホテルまでぶらぶら歩き、
2017030723383400

問屋街で軽く飲める店を探したが、
2017030723391300

こんな店しか見つからず、
2017030723380700
おとなしくホテルに帰った。

|

« ちもとの隣の自然食品店 | トップページ | 名古屋の読めない看板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちもとの隣の自然食品店 | トップページ | 名古屋の読めない看板 »