« よく考えるとめちゃ高いドーナツ | トップページ | わずか数時間で物欲炸裂の巻 »

2017年3月23日 (木)

魔物を払う音色

今回の旅の一番の目的は実は、仏具店巡り。
2017032919283700
先月問法会館に泊まったとき、気になっていた仏具街に行ってみる。

この奥の煉瓦づくりの建物は明治45年建築の本願寺伝道会館。
2017032919295100
この町にいると、明治の建築物が最近に思えるからこわい。

仏具街は定休日のところが多いようで。
2017032919284900

開いていても何となく敷居が高く入りづらいものである。
2017032919290500

ものすごい名前のお店が。。
2017032919342400
調べてみると安政2年創業の老舗で、この店名は西本願寺の高僧からさずかったものなのだそうだ。

明るい感じのお店に入ってみて、おりんを購入。
2017040208545300
色々叩いてみて、沙張(さはり)のおりんにした。サービスでお香サンプルもいただく。

沙張とは奈良時代、正倉院の宝物として扱われてきた金属。沙張の音は「魔を切り、場を清め、悪霊を祓う」というそうだ。その音が鳴り上がりすると言われ、五年十年使用しているうちにどんどん音が良くなるのが特徴なのだとか。
確かに、何とも余韻のある美しい音でほれぼれした。

すっかり買い物ぱんぱんで、大好きな裏路地をぷらぷらと散歩。
2017032919354400

がんこに暖簾をまもる商店に
2017032919341000

町で大切にされている地蔵。
2017032919333600

家を建て替えても大切に守り、さらに屋根まで追加している心持ちが好きだなあ。
2017032919361200

何のお店かと思ったら、
2017032919352500
会計事務所だ。
京都駅から徒歩15分のところにこんな町が残る奇跡。しかしこの家の両脇は駐車場になっている。

東本願寺に抜けて
2017032919365600

さて、どこかでお茶でもしようかなあ。
2017032919371600


|

« よく考えるとめちゃ高いドーナツ | トップページ | わずか数時間で物欲炸裂の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よく考えるとめちゃ高いドーナツ | トップページ | わずか数時間で物欲炸裂の巻 »