« 歌舞伎町で励まされるの巻 | トップページ | 家族の味 »

2017年2月25日 (土)

『何もしない』をする

昼、出汁にはゆば、おぼろ昆布とわかめをのせた稲庭うどん。
2017022520183800

今日は大変久しぶりにアーユルヴェーダのクリニックでチェッキング。だいぶいい状態に保たれているそうで一安心だ。

でも最近、現状に対してというか将来へのそこはかとない不安というか、そして本来なすべきことをしてない感に駆られて、不摂生の日も増えつつある。体重もにじりと戻ってきた。そんな話を先生にすると、少し考えたあと。
「あなたはですね、本来『大きな目標を立ててそこに邁進するタイプ』ではないのですよ。」と言った。なんか意外。ずっそそんな風に生きてきたから。

「あなたは『時の流れを見ている』人です。そういうゆったりした大きさに触れ、周りの人は安心したり勇気づけられたりするんです。」なるほど。。
「それがあなたの気質です。そしてまだ物事がうまく動かない時期なんです。だからあまり焦らず、今は『何もしないをする。』を心がけましょう。あなたの場合、それくらいの方が良い。何もしないでもちゃんと事をなしてるから大丈夫。」
と言われた。不思議に腹落ちして帰宅。

言われたことを反芻しながらケーキで一服。
2017022520293000

面倒で食事を作る気にならず、焼き飯に
2017022522373300

餃子なんか食べて帰った。
2017022522371000


|

« 歌舞伎町で励まされるの巻 | トップページ | 家族の味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌舞伎町で励まされるの巻 | トップページ | 家族の味 »