« 不発な夜 | トップページ | への字口 »

2017年2月28日 (火)

経験の意味を探す夜

私が辞めることがオープンになって、チーム合同の懇親会が急遽中止になった。でも折角予定していたのだからと、女子だけで飲むことにした。

隣のチームの女性の行き付けという新宿の居酒屋にて。
ほうれん草のサラダ
2017030306593400

白子
2017030306595700

ステーキ
2017030307002800

メンチカツ
2017030307011100

なかなか楽しい会だったのだけれど。
心のなかに言いたくても言えない言葉をたくさんためこんでいたのと。
次の仕事が結局6月まで入社できないことがわかった。しかも内々定からまだ進んでいない。
12月までにと言っていた結論が1月に延び、2月に延び、結局確定は3月末(予定)。不安と失望できりきりする。
2017030307014200
セブンイレブンですごく余計なものを仕込んだ。

長年働いてきて。経験に無駄はないことは良くわかっている。フランクル流に言えば、今直面している事態は、自分に何を問うているのだろう。この苦しい状況はこの先のわたしの人生にどういう意味があるのか。

深夜まで考え込む私であった。

|

« 不発な夜 | トップページ | への字口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不発な夜 | トップページ | への字口 »