« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

経験の意味を探す夜

私が辞めることがオープンになって、チーム合同の懇親会が急遽中止になった。でも折角予定していたのだからと、女子だけで飲むことにした。

隣のチームの女性の行き付けという新宿の居酒屋にて。
ほうれん草のサラダ
2017030306593400

白子
2017030306595700

ステーキ
2017030307002800

メンチカツ
2017030307011100

なかなか楽しい会だったのだけれど。
心のなかに言いたくても言えない言葉をたくさんためこんでいたのと。
次の仕事が結局6月まで入社できないことがわかった。しかも内々定からまだ進んでいない。
12月までにと言っていた結論が1月に延び、2月に延び、結局確定は3月末(予定)。不安と失望できりきりする。
2017030307014200
セブンイレブンですごく余計なものを仕込んだ。

長年働いてきて。経験に無駄はないことは良くわかっている。フランクル流に言えば、今直面している事態は、自分に何を問うているのだろう。この苦しい状況はこの先のわたしの人生にどういう意味があるのか。

深夜まで考え込む私であった。

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

不発な夜

先日の京都旅行で買った匂袋を、お稽古の襦袢にひそませる。
2017022009183900
ひそやかな香りとモダンな柄の袋が気に入っている。三年坂の香十で買ったものだ。香十は東京の会社だけれど、創業は京都で念願の里帰り出店したそうである。

昼は古川橋のどらいちにて、汁なし担々麺 麺少な目。
2017022722292300

着付け教室の帰り適当に居酒屋に入ったら、
2017022722562900
恐ろしく不味い付きだしと、蕪の浅漬けが出たきり次が全然出てこない。
ちょっとむっとしてお店を出ることにした。

もうすこしだけ何か食べたいので、虎ノ門駅近くの升本に入る。
2017022722551700
ラストオーダー間近で、食べたかった野菜のつまみは売り切れ。唐揚げをたのんだら、思っていた味と違って。

何だか今日はいまいち不発な夜だった。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

家族の味

今日はまさに『何もしない』をした。
のんびりと休息。
胃腸にも休息を与えるために、夜は軽く。
2017022722283900
アスパラ菜のからし和え 青菜のからし和えは母の定番。
たらの湯豆腐 ポン酢とおかか醤油。おかか醤油で食べるたらの湯豆腐は、母と私が10歳の頃亡くなった父と囲んだ食卓を思い出す味だ。
白飯には、土井の在所漬けと新橋の玉木屋のこの季節のお楽しみ、蕗の薹。どちらも母の好物だ。

一人暮らしの食卓だけれど、日々自宅で食べているものにはいつも、家族の生活の積み重ねがあり。そんな一つ一つをいとおしむように食べるのがとても気に入っている。

| | コメント (2)

2017年2月25日 (土)

『何もしない』をする

昼、出汁にはゆば、おぼろ昆布とわかめをのせた稲庭うどん。
2017022520183800

今日は大変久しぶりにアーユルヴェーダのクリニックでチェッキング。だいぶいい状態に保たれているそうで一安心だ。

でも最近、現状に対してというか将来へのそこはかとない不安というか、そして本来なすべきことをしてない感に駆られて、不摂生の日も増えつつある。体重もにじりと戻ってきた。そんな話を先生にすると、少し考えたあと。
「あなたはですね、本来『大きな目標を立ててそこに邁進するタイプ』ではないのですよ。」と言った。なんか意外。ずっそそんな風に生きてきたから。

「あなたは『時の流れを見ている』人です。そういうゆったりした大きさに触れ、周りの人は安心したり勇気づけられたりするんです。」なるほど。。
「それがあなたの気質です。そしてまだ物事がうまく動かない時期なんです。だからあまり焦らず、今は『何もしないをする。』を心がけましょう。あなたの場合、それくらいの方が良い。何もしないでもちゃんと事をなしてるから大丈夫。」
と言われた。不思議に腹落ちして帰宅。

言われたことを反芻しながらケーキで一服。
2017022520293000

面倒で食事を作る気にならず、焼き飯に
2017022522373300

餃子なんか食べて帰った。
2017022522371000


| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

歌舞伎町で励まされるの巻

今宵は久々の歌舞伎町。相変わらず欲望ギラギラだ。
2017022520005400

風俗店の看板がでかで出ている脇の階段を降りると、予想もしない静かな大人の居酒屋が現れる。うまいもん一番街にて。
友達の大好きな十四代。飲み比べでいただきます。
2017022520014000

お刺身
2017022520012200

里芋の揚げ出し
2017022520015900

ぷりぷりのレバーは
2017022520021600

炭火焼きで。焼いてもぷりっと感が残ります。
2017022520023700

わたしはにごり酒に変更。大好きなんだよね。
2017022520025700

牡蠣焼き。これすごくうまい!
2017022520032000

河豚のから揚げ。
2017022520034200

梅水晶。これも大好物。
2017022520040500

ついこの前、『社長に辞表を叩きつける』荒芸をかまして、見事転職に成功した友達に、ここのところのもやもやした状況の話を聞いてもらった。

うんうんと静かに聞いたあと、私が言い尽くしたなというところあいで、
「りきまるさん、だーいじょうぶ!何があってもりきまるさんならちゃんとなるから!」
と、根拠はないけどどどーんと断言してもらったら、ものすごく気分が軽くなった。上から目線がみじんもなく、こういうときに人の心を軽くできる聞き方アドバイスの仕方は、まこと見習いたいものである。
(ちなみに翌週起きたゴタゴタも、この言葉を思い出して乗りきった。まこと友達は人生のたからである。)

大変なことも次の喜びのための前哨戦だと思えばいいよね。
静かに週末を迎えられそうだ。

| | コメント (0)

熱視線

何やら熱い視線を感じて振り返ると
2017022308344700

『すごくいい顔』で「わたしを可愛って言って!!」とオーラを出しているねこがいた。

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

春の嵐

兜町のトラットリア ラーチェロにて。
ランチサラダ
2017022418071100

豚挽き肉とトマトのパスタ
2017022418073800
茅場町界隈では珍しい雰囲気の良いイタリアンでランチ。ちょっと麺の量が多すぎるな。
いつもは行く末が心配になるほどガラガラなのに、今日はえらく混んでいてびっくりした。穴場が界隈のビジネスマンに見つかってしまったかな。

ホットヨガに行ったあと、近くの飲み屋で一杯。
昼間に話したことをよくよく考えていたら、「ちょっとちょっと!それはないんじゃないの!?」となり。(平たく言うと久々に「きー!!」となり。)
あおりで直接関係ない友人Kとも絶交するくらいの喧嘩になった。
2017022418081300

ヨガやっていても串焼き食べていても「きー!!」のことを悶々と考えている。
2017022418083800

ラムチョップ
2017022418091100
お酒一杯とこれでお仕舞いにしようと思っていたのだけれど。もっと言うと今日は飲まないでお握りでいいくらいに思っていたのだけれど。

こういう日のためにやけ酒やけ食いってのがあるんだ!と腹据えてがつんと行こうと思ったのに。
2017022418093300
不思議と体が酒もつまみも受け付けない。不思議である。

今日の自分のキレ方が、嫌だなと思っていた母のそれに似ているのに気がつき、すごく反省した。あれは本当に迷惑だったなあ。
思えば母は、傷ついた自分にほんのちょっとの優しさをかけて欲しかったのだ。それが裏切られると八つ当たりしたのだ。

自制心をもって生きなくては。
心に春の嵐が吹いた夜、反省しきりでありました。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

東京の居酒屋文化

品川シーズンテラスのタイ料理屋でランチ。
2017022221321400
ココナッツミルクの麺に生春巻のセット。麺がちょっとしつこい。

カフェに移動してラテを飲んでいたら、ビルを間違えたことに気がついた。よりによって反対側だ。先日も似たような事があったのだけれど。
思い込んで全く間違いってことが増えた。これが進行すると認知症なのだろうか。こわいこわい。

夜、先日Nobrinさんのブログで近くにあると知ったふくべというお店に行く。
2017022221332000
まずは東京に2軒ほどしか置いていないという菊正宗の樽酒をぬる燗でいただく。

仕事を切り上げてきてくれたIさんとカウンターを陣取ってメニューをらんらんと見る。
わかめ
2017022221334200

しめさば
2017022221350200_2

いか刺しうに乗せ
2017022221342300_2

まぐろぶつ
2017022221344300

ねぎぬた
2017022221350200

アジの開き
2017022221352200

おでん
2017022221354100

卵かけご飯
2017022221360200

料理はさほどではないけれど、というか、普段のわたしんちのつまみだ。割烹風だったり、もっと手の込んだ美味しい料理を出す店はいくらでもある。
でもこの素晴らしい雰囲気は、絶対にここでしか味わえない。こんないぶし銀のような酒場が東京から次々姿を消しているからだ。

貴重な東京の居酒屋文化に浸りに、時々カウンターへいこうと思った。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

思い出のカレー

名古屋駅の地下街で、立ち食いきしめんやを見つけた。
2017022117332900
こういうの見ると、試してみたくてたまらなくなる

唐揚げきしめん。
2017022117333500
唐揚げもきしめんも今一歩。名古屋駅ホームの立ち食いの実力を思い知ったよ。

今日は行きも帰りも富士山がきれいだ。なんというか、隅々までぱりっとしていた。
2017022117342700

品川駅のカフェで仕事をしてから、夜着付け教室に向かう途中、匂いにつられて新橋駅前ビルの地下のなんでもないスタンドカレーに入った。
2017022123314200
うーん。。別にここでなくても良かったのにな。。と思っていたら、隣に年配の親子が座った。
「女の人がいるからきっと美味しいよ。」と私より少し若いくらいの娘さんが話しているのを聞いて、ちょっと申し訳なく思った。どうやら二人は久しぶりに父娘で東京観光に来ていたらしく、これが東京最後のごはんのようだ。

でも「お父さん、美味しいね。」と言い合っているのを見たら、自分の贅沢で文句の多さにちょっと反省なんかしてしまった。
それほど、お互いを思いやりながらイマイチのカレーを食べる父娘はほっとする輝きを放っていたので。

でもやっぱり、イマイチのカレーで一日を〆るのは嫌でー、
2017022123320500

いつものお店で軽く口直しとかしちゃったんだけどね。
2017022123325800
というわがままな私だ。

でもあのカレーをいつまでも、懐かしく良い思い出にしているであろう二人が、何だかとても羨ましいぞ。
子供の頃母にケンタッキーフライドチキンに弟と連れていってもらい、有頂天になっていた頃の自分を思い出したよ。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

蕎麦前を楽しむ夜

転職することを報告する前にブログで書いてしまい、Nobrinさんからご連絡をいただいた。
お祝いまでしていただいてから1年も経っていない上に、先にご連絡をもらってしまい誠にお恥ずかしい限り。

お店は、いつもブログで拝見して夜に行きたかった阿佐ヶ谷の達吉で一献をお願いした。

菜の花のゼリー寄せ
2017022117302700

レバーのオイル煮
2017022117304900

だし巻き
2017022117310800

鴨焼き
2017022117313200

天ぷら
2017022117315200

かけそば
2017022117321100
想像通りの良いつまみ良いお蕎麦。蕎麦前で一杯をこよなく愛する私は月曜から嬉しくて飲み過ぎた。(きっとつられてNobrinさんも。)

そして会社にいる時、言葉や表情に細心の注意をして過ごしているので、心置きなく話せる場はほんとに安心。

それにしてもなぜ会社を辞めるのかって、なかなか説明が難かしいね。きっと離婚もおんなじなんじゃないかと最近思う。それはそれは事ここに至るまでたくさんの事があったのだけれど。
事実を一つずつ話すととても陳腐だ。
振り返ると自分の人生が『そういう方向に向かっていたのである』としか言いようがない。

ま、さしずめ私の場合は、この一年で熟年離婚と成田離婚(もしやこの言葉は死語?)を立て続けに経験した訳である。
それは疲れるわけだなあ。

| | コメント (0)

アンニュイなねこ

お気に入りのおもちゃを並べて、アンニュイに寝ているねこ。
2017022117384400
ねこ的にはいろいろあるんだろうけど、なんかうちのねこがちょっと羨ましいぞ。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

金メダル銀メダル

ホットヨガ、始めました。

ヨガ、嫌いだったんだけどねえ。。知人二人の男性から「りきまるさん、すごくいいですよ。痩せますよ!」と熱烈に言われついに(言われてから1年後だが。)開始した。

わたしの中では『OLさんの習い事』というイメージ通り、スタジオ内にはいかにもヨガやってまっせーな均整のとれた女性が多い。

本日のレッスン22名中、わたくし年齢ダントツの金メダル、ジャバ・ザ・ハット度銀メダルであった。

という事実を見つめて。
シンプルに肉ごはん。
2017022117290900
いや実は間違えて田中さんの肉を解凍してしまっていたのでですが。美味しいなあー。。

肉汁パスタなんか食べてしまうと、なかなか銀メダル脱出できないと思うんだけどね。
2017022117300800


| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

北品川の履き物やさん

午前中は、泣き叫ぶ1号をつかまえて病院へ。 月一の通院、そろそろ慣れて欲しいんだけどなあ。。

ねこ、ヒトともに疲れはててたこ焼きでお昼。
2017022114532300
帰宅すると2号がどこにもいない のであわてて探すと、騒動に怯えてソファとカーテンの間に隠れていた。

午後はネットで見つけた北品川の履き物やさんに行ってみた。
2017022117260500
中に入ると、ああ昔はこんな履き物やさんがうちの近くにもあったなあー。。とまことに懐かしい。そしておやじさんがまことに懐かしい東京弁。

ここのあたりは旧品川宿とのとこで、昔のままの道幅に昔ながらの建物が残っている。
2017022117255700

ここはもう少し時代が新しい。
2017022117262700
本当に昔のままのお店は数少なく、ここも少しずつ時代の波に侵食されている。

たくさんの鼻緒から、迷って博多献上を選択。
2017022117253600_2
雨用の妻皮つけた。妻皮、白い昔ながらの方がいいかなあ。

田中畜産さんの放牧牛を焼いて頂いた。
2017022117270800_2
焼肉のたれ、塩こしょう、フレンチマスタードなどをつけていただく。とても美味しい。あ。ぽんずがあってもよかったかも。

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

リベラルアーツについて考えるなごや飯

九条ねぎと生姜のおみおつけで朝ごはん。
2017022114510300

昼から名古屋入り。ランチは地元で知る人ぞ知る、名古屋駅4番線ホームの立ち食いきしめんすみよし。
2017022114512600
かき揚げきしめん。
揚げたて天ぷらで有名な4番線ホームのすみよし。でもかき揚げはレトルトの揚げ直しなので、いか天か海老天がよいかもね。

仕事終わって、名古屋駅地下街エスカにあるやぶ福で一杯。
2017022114515200
どて煮としらすおろし。赤味噌でこってりしたどて煮、ちょっとわたしには濃すぎるかな。

名古屋ですもの。海老ふりゃーもいきましょう。
2017022114521000
私らみたいな酔っぱらいが間違えぬよう、でかてかと書かれたソースの文字がいい味出してます。

ずっと気になっていた田舎うどんを試してみた。
2017022114524400
まあまあであるが、ちょっと塩からいかな。最近濃すぎる味の食べ物が辛い。

などと言いつつ、新幹線ではこんなギラギラするものを食べた。
2017022114525400
ちょっとした『自傷行為』に近い気がした。

今回の出張でこの本を夢中で読んだ。
2017022114522300
最近はまっている、池上彰と佐藤優の共著シリーズ。そしていまから40年近く前、歴史学科中国古代史専攻だった元歴女のつぼにはまる。

すぐに役に立つ知識はすぐに役に立たなくなる。だからより良くいきるため『リベラルアーツ(教養)』が必要で。その科目として歴史を入れていただいていることに深い共感と感謝の念を持った。

単なる年表だけでなくそこに存在していた人々の心や営みをリアルに感じる。その人々と思考を重ね、息づかいまで共有し、併せて『今』を考えることができる。まこと大人になってこそ歴史は面白い学問なのだよね。

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

久々のポンヌフ

昼前、久々に知人をたずねて攻略先企業の相談をしてからランチ。元気に活躍されている姿を拝見して嬉しい。
女性活躍推進法だなんだといっても、大きな企業で女性がそれなりのポストを得ていくのは、今も昔も変わらず大変だからね。

ふたりで、こちらも久々に新橋のポンヌフで、ハンバーグナポリタン、麺少なめ。
2017022114482300

飲み物をたのんだら、プリンがついてきた。
2017022114484400
プリンは、昔母が作ってくれたようなとても懐かしい味がした。

『昼食べ過ぎを夜解消』ごはん。
2017022114492400

しかしデザートはついた。
先日行けなかった澄川酒造の酒粕を使ったお菓子を友達が送ってくれた。
2017022114494600

丁寧にコーヒーをいれた。カップは母の愛用品。
2017022114501500
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

蕎麦+そばの一日

昼、江戸橋松月庵にて。野菜天蕎麦麺少なめ。
2017022114461800
山菜蕎麦にしようと決めてきたのに、隣の人につられた。

夜、「辞める前に飲みましょう!」と熱いメッセージを頂き、茅場町ちかくのお店で一献。
2017022114464200

おでん。ちくわぶっていったのに入ってないのだけ不満。
2017022114470400

自分の気持ちひとつで、もっと色んな事がここで出来たような気もするし、結局何も変わらなかったような気もする。
ひとつの仕事を終えるといつも、心に後悔のような石が混じるけれど。

若い頃とひとつ違うのは。
「ま、仕方ないよね!」と切り替えが早くなったところだ。
あ、いい加減なのとは違うよ。
駄目な自分もそれとして、受け入れることができるようになったということかな。

なんてことを考えていたら、
帰り道、立ち食いそばなんて食べちゃったところを見ると、
2017022114475500

言うほど悟っちゃあいない気もするけどね。ははは

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

ニルヴァーナNYでランチ

六本木ミッドタウンのニルヴァーナNYのカレービュッフェにて、遠方に転勤となる先輩とランチ。
2017022009190500
秋口にもと上司に転職の相談をした時連れてきてもらってからお気に入りのランチスポット。

調子にのってデザートもたのみすぎた。
2017022009192500
転職する前後で何度か声かけ頂いて、愚痴を聞いて頂いたり、仕事のアドバイスを頂いたり。
はじめてお会いしたのは前職でなんと新人の頃。こんな形で長らくお付き合い頂けるとは、人のご縁というのは誠に不思議なものである。

夜は着付け教室に向かう。今日の東京タワーはちょっと潤んだような色っぽい色だなあ。
2017022009200700

帰りにいつもの蕎麦屋で一杯。
2017022009203600

昼食べ過ぎたので、生ゆばと
2017022009205700

生牡蠣だけ、蕎麦は食べなかった。
2017022009212400
胃は休まったけど、実はあまり消化の良い食べ物ではないんだよなあ。

| | コメント (0)

バレンタインがテキトーな日の巻

母愛用の帯の仕立て直しが上がってきた
2017022009223000

懐かしい染め帯。この帯に大島紬を着た母はとても美しかったけれど。
着付けを手伝わされた私はいつも、不器用のバカ呼ばわりされた ってことで、長らく着物にトラウマを作ったのである。
2017022009225700
ま。とあれ、きれいに仕上がった帯は嬉しい。ということで、

買って、数年何となく開けそびれていたバーボンをあけた。
2017022009220100
いつ買ったのかもいくらで買ったのかも忘れてて、今調べたら二万円近い値段でしかも品切れ中。

超希少品じゃん。こんなテキトーな日にあけちゃだめじゃん。。

| | コメント (2)

2017年2月13日 (月)

つながるお肉

退職までに茅場町鳥徳のランチ全メニュー制覇プロジェクト。(というほどのものでもないけど。)
今日は上チキンカツ。
2017022009180000
当たり前ですけど、これは至極普通。別にここでなくてもいいかなあ。

今週は比較的暇なので、自宅に帰ってこの前届いたお肉を焼く。
2017022009173200
毎年楽しみにしている但馬の田中畜産さんの放牧牛。ひなこの肩ロース。

アニマルウェルフェアや農業の勉強を始めた頃知り合った田中さん。一時期大変な事業の危機を乗り越えて、今やあっという間にお肉が売れてしまうほど人気となった。
2017010223180200
実際にお会いしたのは一回なのに、わたしの中心の中では勝手に『親戚』みたいな存在になっている。

牛飼いの仕方、お肉の販売の考え方、その努力に共感して買うお肉は、自分としても嬉しく美味しい。こんなつながりが持てるのも、ネット社会ならではの楽しみである。

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

京の都のモンマルトル

窓から沈む満月を臨む。京都で見ると、月まで雅な気分で、うっとり眺める東夷。日本標準時だと関西は朝6時でもまだ暗いんだなあ。
2017021922334300

朝食はとらずチェックアウト。宿の敷地内に地蔵。
2017021922342000
仏教寺院の敷地に地蔵があって、大切に管理されているってなんか良いなあ。

太鼓楼と言うんだそうだが、なかなかかっこいい。
2017021922345500
この前見て大いにはまった映画、のぼうの城っぽいなあと思ったら、もともと江戸時代初期の建築の建て替えとのこと。時代的にあまり離れてないのかもね。

西本願寺はバスで通過するたけだったけれど、なかなか荘厳な寺だ。
2017021922353500

門前町は仏具店がたくさん。我が家のミニ仏壇の鐘がほしいから、今度このあたりの店をのぞいてみようかな。
2017021922360400

さて、今日は久々に東山あたりを散歩しよう。バスを降りて八坂の塔へ向かうと、途中にアラビカコーヒー店があった。
2017021922375000_3
嵐山で飲んでとても美味しかったんだよね。朝ごはんを食べていないことを思い出し入った。

今朝も手が切れそうな寒さだ。奥のテーブルのお誕生日席でカフェラテの暖かさにほっとしながら
2017021922364400_3

バゲットサンドを待った。
2017021922372200_2
少しぱりっとするまで暖めるので時間がかかるけど、これ、とても美味しい。

八坂の塔に向かう坂は、誠に京都らしい風情のある場で、ポスターなどでもよく見るが。今朝は朝も早いので人も少なく快適。
2017021922385400_2

途中の民家に珍しい黄色い実の南天があった。
2017021922394900
青空に映えて美しい。

そして八坂の塔。
2017021922410000

この塔のあたりを見たら、なぜかモンマルトルを思い出したよ。
2017021922420600

坂の途中でひとだかりしていて
2017021922430500

結婚写真の撮影のようである。中々の美男美女で、フランス人観光客の集団がやたら盛り上がっていた。
2017021922435000
数日後NHKのおはよう日本で、香港人がこういう写真を撮って、日本で結婚式をあげていると放送していたので、もしかするとそれだったのかもしれないね。

| | コメント (0)

好みの変化

京都ではいつも人出を避けて観光しているから、清水寺に来るのも20年ぶりくらい。
2017021922444100

若い頃はここと南禅寺が好きだったけれども。今はこういう『どどーん』とした場所はさほど心に響かぬ。
2017021922462300
大人になると趣味も変わってくるのだなあ。

変わったと言えば。
清水寺の裏にかわいらしい縁結びの神社があったやに記憶していたが。。
2017021922445800
かぞえ57歳の身に入るのも恥ずかしい様相に変化していた。ま、『娘に頼まれた』風って感じかな、はた目には。

しかし中は更にすさまじく。
2017021922325200
こっぱずかしくて手も洗えないよー。
年末のおせち張ってる魚やみたいな札もやりすぎだ。。

三年坂を降りながら、香十で着物のたもとに入れる匂袋を買って、石塀小路に抜ける。
2017021922472900

あー、やっぱりこういうところがよいなあ。
2017021922475100

それにしても。
2017021922481500

全然人に会わないよ。
2017021922561800

京都旅行の楽しみは、こういうところの散策にあると思っているのだけれど。
2017021922564800
まあ人様と趣味が違うのはありがたいのやも知れないね。

石塀小路を抜けた先、八坂神社に向かう道の途中で、ちりめん山椒を買ったり。
2017021922571600

お茶碗やさんを見たりした。
2017021922582300
いいなと思う樂茶碗はどれも50万円越え。昨日見ていちばん欲しかったお雛様は100万円越え。どれも見るだけに留めておこう。

四条河原町に戻り、いつもの龍鳳で餃子と辛子そばを食べた。ぴりっと和辛子が効いたこの麺が好き。
2017021922592500
でも京都のおしゃれなお店の食事ではないから、気楽な一人旅の定番の店。

昼過ぎの新幹線で浜松に向かうと、彦根から米原あたり、窓の外はホワイトアウトしていた。
2017021923005200

京都は晴れて、本物の冬の寒さだったのは、すぐとなりでこんなだったからかな。
2017021923011500

浜松にて。アーユルヴェーダの勉強を終えて家路につく。
2017021923013600
朝からあまりに色々なものを見たので、なんだか心が整理つかない感じ。

京都駅の新幹線ホームで売っているサンドイッチが好きなので、セットで買い。コーヒーは昼に飲んでサンドイッチを晩ごはんとしたのだけれど。
2017021923324000

裏の表示を見てひそかにビビった。
2017021923020100
卵サンドなのに卵という文字がない。。あれは一体何で出来てるんだろう。。

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

予定大変更

ホテルの朝ごはん。三種類の中から選べるのだけど、どれも「朝からこんなに消化の悪そうなものたくさん食べられない。」ものばかり。
2017021220083300
だったら食べなきゃいいんだけど、貧乏性ゆえ完食。ホットドッグはトースターで暖めていただく。

外はうっすら雪化粧している。澄んだ空気の中駅に向かう。
2017021220110600
『冬はつとめて』ですなあ。気分が良い。
と呑気に改札に行くとなんと新幹線がえらく遅れている。朝イチでネットで遅延なしと出ていたのはなんと山陽新幹線。東海道は30分以上の遅れだ。

一瞬パニック、でも冷静に考え直すとどうやっても間に合わない。お詫びの電話を入れて山口行きは断念した。

実は明日浜松に行かねばならず、ならば今日はこのまま関西にいる方が良い。すぐに宿をおさえ、あとは観光だ。

折角の朝一番の雪景色、どこで眺めようか考え、バスに乗る。道中の景色も誠に眼福。
2017021220120300

哲学の道もロマンチックで、期待高まります。
2017021220123700

開門前に到着。20人位が待っている。
おおー、素晴らしい。
2017021220140400

一面の雪。
2017021220152600

さあっと雲が晴れてきて、静かな湖面に空が映る様も素敵。
2017021220180600

でも一番は、花とみまごう雪だ。
2017021220162800

一面真っ白な花が咲いたよう。
2017021220191100

圧倒される美しさ。
2017021220171800

そして雪はさらさらで、風に吹かれてはらはらと落ちてくる。
2017021220210900
夢の中にいるような風情である。

山の上から眺める。遠くの山も雪景色。
2017021220200300

観光客は皆、幸運な出会いに感動していた。沢山写真を撮ってあげた。
2017021220203900
ここを建造した足利義政はその優柔不断から、応仁の乱の原因ともなったといわれる跡目争いを引き起こしてしまった。
応仁の乱で京の町は荒れ果て、現存する建物の多くは応仁の乱以降のものだ。

文化深き歴史ある都市を壊滅にまで追い込んだ、そんなダメな人が作った銀閣寺はその後、長らく訪れる人びとの心を癒し、京都に観光の恩恵をもたらし続けている。

ダメなだけの人もいないものなのだな。まこと人の評価は時が定めるものなのだなと、何やら考えてしまうのであった。

| | コメント (2)

初めての上賀茂神社

美しい銀閣寺のあと、一瞬金閣寺も行こうか迷ったけれど。
朝一番の清らかさはないだろうなと思い、はじめてのこちらにした。
2017021811420800_2
上賀茂神社。京都訪問歴は30年以上、総滞在日数百日は軽く越える私であるが、いつも同じところばかりなのでここは初めて。

細殿と立砂前の一角がきれいに除雪され、なにかイベントでもあるようだ。
2017021811423900

橋殿の脇で美しい光景の写真を撮る。清く澄んで、神おわすがごとくだ。
2017021811431000

どいて下さいと声をかけられたので、なにかと振り向くと装束姿のひとがぞろぞろとやってきて。
2017021811433900
橋殿で神様にご挨拶のあと、
2017021811440400
並んで立砂前にむかう。
2017021811443300

なんと、蹴鞠の奉納であった。
2017021811453900
平安文学では度々出てくる蹴鞠。本物を見たのは初めて。
なんか昭和時代、会社の屋上で若きサラリーマンやOLがわになってバレーボールやってる感じ。

さして面白いものでもないので、裏手から本殿に向かう。
2017021811470500
本当に美しい。こんな日に京都にいられるのは、実はとてもラッキーなアクシデントだったのである。

本殿にお参り。母が存命の頃は母のことをお願いすることが多かったが。今のお願いは『猫3匹を看取れますように。』になった。
2017021811482700

地味なお願いが済んだあと。。
お!!!
2017021811490800
かっ、かわいいー!これ、ヤタガラスだ!

一匹連れて帰ることにした。
2017021811550600

そしてこのヤタガラス、中におみくじが入っている。
2017021811494500

末吉!
2017021811514100
でも気運は上昇し、就職は恵まれるってなかなかである。

ついでに ってのも失礼であるが、なりゆきで縁結びの片岡社も詣でる。
2017021811521400

帰りにここで焼き餅を買うのを楽しみにしていたのであるが。
2017021811524400
なんと午前中で売り切れ!
着いたときはあったのになあー。。残念無念。

| | コメント (0)

餅ゴコロを満たすの巻

餅ゴコロを満たすべく、バスでこちらに向かった。
2017021811531500
鬼平犯科帳のラストに流れる曲のシーンでお馴染みの場所。
今宮神社のあぶり餅。
2017021811555800

寒いけれど、屋内でなくいつもの場所でいただく。
2017021811534900
あー、やっぱり美味しいわあー。若い頃から変わらぬ。いやきっと出来たときからずっとなんだろうねえ。

柔らかい餅を小さくちぎってからきな粉をまぶし、
2017021811553500
炭火で軽くあぶり、白味噌のたれをかける。

今度うちでやってみようかな。

| | コメント (2)

茶碗の中の宇宙

毎回マンネリを楽しむわたしの京都旅定番の場所のひとつがこの、樂美術館。
2017021823360800
大学時代茶道研究会にいたので、多少茶の湯の心得があるわたし。樂茶碗が大好きなのだ。
今日の展示はめずらしく茶碗でなく器が多い。これもまた良いなあと眺めていて
2017021823364900

はっ!と、先日日曜美術館で樂家代々の大がかりな展示会をやっていたのではと気づいた。
美術館入り口で頼まれていたアンケートを渡すと、「京都では明日まで。」と言われ割引券を頂いた。
2017021823371900

なんとラッキー。そのあと会期は東京に移るが。大掛かりな美術展は東京は混んでしまって落ち着いては見られないのだよね。

その前に美術館近くで遅いお昼。
2017021823374300
里芋とお揚げと菊菜入りのあんかけそば。別に有名でもない通りかかりの普通の店だけど、だしがとてもよくて美味しい。

展示会は素晴らしいものだった。
2017021823381800
初代の長次郎から続く時の流れの洗礼を経た名品の数々は言うまでもなく。
実は現在の当主である十五代吉左衛門氏の器は、あまり好きではなかったのである。装飾に勝るように感じ、「あれが樂家の茶碗?」という気持ちを長らく持っていた。

しかし今回改めて沢山の作品を間近に見て、その器の持つ有り余るパワーを実感した。
とともに、数年前の器を見てはっとした。代々の『樂らしい』黒樂。そこに従来の激しさが溶け込み、紛れもなく『十五代としての樂』となっていたから。
すべての色を混ぜると「黒」になるがごとく、自分の情熱、個性、伝統を混ぜ合わせながら、伝統の形に収斂させかつ個性を表現する。そんな姿に感動していた。

春から東京で開催される。混んでいてももう一度見に行きたいなと思う。

| | コメント (0)

和室で寝る楽しみ

美術館のあとは、四条烏丸の大丸に行き、お雛様や和服や和装小物などを見た。もちろん『買うため』というより『眺める楽しみ』。着付け始めてから、新たな楽しみが増えた。

しかし少々時間をかけすぎたため夕食の時間が遅くなり、お目当ての店はどこも満杯。(予約なくても18時に入るとだいたい入れるのだ。)

どこもダメだったときに行けるかもと、いつも前を通る度に思っていた四条河原町の路地の店に入ると、やはりオッケーだった。しかも有名店ではないけれど、落ち着いたカウンター席もある。
2017021823383900
まずは京都のお酒。

お通し。
2017021823390200
ぶり焼き、のれそれ、唐辛子味噌、ごま豆腐。なかなか美味しいじゃないですか。

鰊の昆布巻き
2017021823392700
日本酒が進みます。

青菜とお揚げのおひたし。上品なだしの味。少し厚めのお揚げが京都だなあ。
2017021823395400

かぶら蒸しと鯖寿司で〆。
2017021823405100
かぶら蒸しが小さめだし鯖寿司は一切れからたのめるし。しかも安いし。
予約の必要な有名店ではないけれど、ふらっと入ったこんなお店のクオリティがなかなか。一人の晩ごはんとしては満足。

夜は西本願寺の運営する聞法会館がとれた。
2017021823412800
お布団を自分で敷いたり、お風呂が10時までで朝やってなかったり(部屋風呂はある。)するけれど。
久々の和風の部屋はとても落ち着く。
清潔で良い宿だ。

テレビのチャンネルに仏教ものがあったので、
2017021823422400
親鸞の生涯を見ながら一杯やったり。

こんなもんがひっそり置いてあるのにウケたり。
2017021823415800
みんな恋愛をしないんだろうかねえ。
わたしの頃とは違う、結婚の困難さがあるんだねえ。。

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

予定変更

出社後、TULLY'Sにこもって資料作り。
2017021016365900
サンドイッチがすごく余計だ。。

昼、コレド日本橋のえんでお茶漬け。
2017021016372000
追加オーダーの唐揚げがとっても余計だ。。

午後は催事に臨時で助っ人参加。個人的には事務仕事より現場でもの売る方がはるかに楽しい。唐揚げを消化すべく頑張りました。

実は明日、山口県萩市の澄川酒造にて、初絞りの会に参加する予定だった。現地へは新山口からバスで送迎してくれるという話であった。
宇部空港から新山口へ出られるということを知らず、新幹線で行く予定にしていたが。新幹線の予約をしようとすると、始発では間に合わないことが判明。(前日にわかる自分に呆れるが。)

急遽今日中に関西まで移動することに。
ホテルとって、ペットシッターさんを手配して、自宅に帰って荷造りして。
2017021219494100
はー。。
DEEN & DELUCAでお総菜仕込んで、何とか間に合いました。

が。

2017021219533100_3
京都、雪。
新幹線は遅れなかったんだけどなあ。

京都駅で買ったつまみで、
2017021508215600
呑気に部屋で飲んで寝た。

| | コメント (2)

落差の激しいゲストハウス

本日の宿は、京都駅南口徒歩5分のゲストハウス。
2017021508211600
サクラテラス アトリエ。

1階は食堂兼共有スペースになっていて、
2017021219553300

2017021219574500

2017021220091300
なかなか美しく快適だ。

お雛様もあった。
2017021219580500
私のお雛様は曾祖父が京都に発注した特上の品だったのだが。父が亡くなったゴタゴタ引っ越しの時親戚に預けたままなくなってしまった。だから実はいい雛人形がほしくて、ついチェックしてしまう。

共有スペースの快適さとは打ってかわり、部屋はまさに『寝るだけ』な空間。
2017021508243200

コンクリート打ちっぱなしの床に、洗面台、丸椅子。
2017021508250600
お風呂もトイレも外。

この落差を楽しんで、コミュニケーションスペースで過ごすなら、結構リーズナブルで良い宿だと思う。
予算不足の京都旅の時は使うかも。まあ大人だからほんとはもう少しちゃんとしたところに泊まりたい気もするけどね。

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

第二の新卒

今日は朝から冷たい雨。昼前に外出して、大手町でお昼。
大手町のフィナンシャルシティのえびキングにて。
2017021016363300
ざっぱくな感じの店に似合わず、料理はちゃんとしているし、フリーで頂けるパンがすごく美味しかった。
取り放題のパン、スープ、ドリンクにひとくちデザートまでついて1000円はなかなかお得。

夜は大手町でセミナーに参加したあと懇親会。
以前出た未来研究のセミナーでも、30年後の世界は寿命100年の世界だと聞いていたが、今回のセミナーもそれがテーマ。

するってえと本当の『老後』は85歳以降ということになる。

しかるに社会は労働モデルをある意味『新卒、就職、昇格、定年、再雇用で65歳』ってものしか描けていない。
ここから80.90歳までの働き方は、団塊世代や年金で損をする境目である私たち昭和36年生まれあたりまでの世代が、時代の先頭を切って自分達で模索していくしかない。

一歩先に会社という枠から出て、少し変わった形態で働き始める自分は、ある意味それを春から実践して、次の数十年の労働人生のスタートを切るってことなんだなあと思ったら元気になった。(単純)

2回目の新卒。90歳の私がほほえましく今を振り返れるように、頑張れ、私!

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

昔仲間

ランチを買って、大手町のアーユルヴェーダ勉強会に向かう。
2017020813350400 
基本的なことが中心だったので、私にとっては復習。
監修していた人が、スリランカのアーユルヴェーダ医師だった。某大学医学部に招聘されているとのことだ。
WHOでも認定されているアーユルヴェーダ医療。日本では本来の医療施術の一部がエステで広まったので、医術としての認識が低いのだけれど。ようやく医療として認定されるのかもしれないねえ。

夜、麻布十番の鳳仙花で宴会。
キムチ盛り
2017021011361000
少し発酵ぎみのカクテキが気に入り、私だけリピート。
蓮根のチヂミ
2017021011363600

牛スジ煮
2017021011371500

チャプチェ
2017021016341100

もつ鍋
2017021016345100

さいごはおじやで〆。
2017021016351300

韓国料理って私のなかでは、単調な味の料理なんだけど。今日はすごく食べてしまった。
反省しつつの二次会。プレゴに決まった瞬間から嫌な予感。
いちごのショットガン
2017021016353500
ゆうに6人分はあるフローズンマルガリータのショットガン。昔デートん時二人で2本飲んだ。そんな女、モテなくて当然である。(涙)

で、お約束のハニートースト
2017021016360200
今じゃどこででも見かけるけれど、私の知る限りここが元祖のひとつだと思うな。

昔は毎晩こんな宴会をやっていたのかと思うと、よくぞ体力がもったものだと感心する。
今日は前職の仲間での宴会。みんなまだ前職で現役で、今もこんな生活をしている人もいる。

みんなと働いていた頃の私はまだ若かった。
日々競争し戦っていた。大きな収益目標をこなしながら、よい仕事をすることに必死になっていた。数年おきの昇格や異動を控え、『仕事の報酬は仕事』と頑張っていた。
会社の成長と自分の成長がリンクしていた幸せな時代もあった。

今までの延長線上で転職を決めたら、うっかり失敗してしまった。やりたいのはそれじゃないんだという思いがいつもあったから、そんな状態では色々うまくいかないよね。

これから5年は少し働き方が変わるように思う。河岸の違う仕事にチャレンジして、また一歩ずつ頑張っていこう。

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

着付けのお稽古のあとの野郎メシ

虎ノ門にて、東大阪高井田系ラーメン『麺屋4.5Hz』にて晩めし。「中華そば、麺半分メンマ増し」でいただく。
2017020721342600

脂気皆無のしょっぱい太麺に最近はまり中。満足である。

しかし着付け教室の帰り道、毎度オッサンめし、野郎めしなのはいかがなものかなあと思うのであるよ。(しかも今日なんて、レンタルでかけ襟つきピンクの訪問着なんて着てお稽古したと言うのにねえ。。

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

日本酒の探求

今宵は阿佐ヶ谷のじゃんぐるにて。
2017020721265100
マスターお勧めの日本酒たち。私は豊杯が一番好み。この味覚探求のたしかさはマスターの技。ついこの前までサラリーマンやっていたとは思えないなあ。

お猪口は『牛』で。
2017020721303900

メンバーを知らされていなくて、サプライズな面々で入るなりびっくり。
2017020721305900

増量を気にしつつ、ぱくぱくいく。
2017020721312400

今日は近く誕生日を迎えられた2名のお祝い会であった。
2017020721330400

ケーキでもういいじゃん とおのれに語りかけたが、煩悩に負けて卵かけご飯。。
2017020721333000
じゃこで味付けするというのははじめてだけど美味しかった。

アーユルヴェーダ的にも現代医学的にもきっと良くないはずであるが。満腹。
ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

損な性分

たこ焼きマヨ少なめと、昨夜茹で置いていたほうれん草をお昼にいただく。
2017020520383300
一口食べて、ここのソースがあまり好みじゃなかったことを思い出した。

口直しって訳じゃないけれど、ケーキも買ってきていたので3時のおやつ。
2017020520394400

おやつ済んだら、昨日下北沢のもめんやまきので買った化繊のちりめん生地で、着付け教室て使う風呂敷をちくちくした。
2017020520401600
着付けのお師匠さんから頂いた『くけ台』を使ってね。

ずっと欲しかったくけ台。こんな風にお尻に敷いて使う。
2017020520413600
とても縫いやすくて感動だ。昔の生活道具はほんとによく考えられてるなあと思う。

生活道具と言えば、この祖母の愛用品だったこのはさみ。
2017020520404000
持ち手の角度といい、鋼の確かさといい、切れ味といい使い心地抜群で。母の遺品のなかで最も大切にしているもののひとつである。

夜、地味メシで目刺しを食べきった。わかめを炒めておかかで和えたのがおいしかった。
2017020520415700

実は31日、辞表を出した。
入社直後の「ぜんぜん話が違うじゃん。」から始まり、もう驚くことの連続で。最後辞表を出すまでの二ヶ月は、それはそれは苦しかった。

でも、とにかく仕事は真面目にやっていた。いや、今もやっている。


昨日iさんから、「会社の方が悪いんだから、もうやらなくていいんじゃないんですか?なんでそこまでやるの?」と聞かれて、上手く説明ができずもやもやしていた。

『会社から(または部門から)こんなことをされている』ということと、『仕事はもう、されたことなりでほどほどにする』ってえのが、自分の中でイコールで結び付かないんだよなあ。
環境はどうあれ、仕事は仕事、与えられた環境でベストを尽くさねば気が済まない。たとえ心身症になっても。

まことに損な性分であるけれど。
日本人ってそういう人か結構多いんじゃないかなあと思う。

| | コメント (3)

2017年2月 4日 (土)

今年も芝居小屋で定期講演

遅めの朝ごはん。カリフラワーと長ねぎの青いところのおみおつけと、白めしに海苔。
2017020520353500
昔は粗食なんてつまらないと思っていたけれど、年々シンプルな食べ物が好きになる。もちろん、ちゃんと手をかけた料理も好きだけど、ハレとケがしっかりした生活が理想。

午後、iさんと下北沢のシアター711に、演劇集団ring-bongの『逢坂~めぐりのあて』を見に行った。毎年楽しみにしているこの劇団の定期公演だ。

女優にして脚本も手掛ける山谷典子さんのお芝居はいつも、そのたおやかな風貌からは想像がつかぬ、硬質でずしりとこころに訴えかけるもので。そのストーリーは年々厚みを増していくようだ。

芝居小屋で見る演劇は、まさに空間を役者と共有するから、瞬時に役者たちが作り出す世界に引き込まれる。そしてまるで透明人間になって他人の横に立ち、描かれている人々の人生を覗き見しているような気持ちになる。

下北沢のカイソというパンやにパンを買いに行ったが売り切れだったので、隣の喫茶店で遅めのランチ兼おやつにした。
ポテトサラダのサンドイッチと
2017020520362900

フルーツサンドをシェアして食べた。
2017020520365600

ヴィンテージ家具や食器を扱う店、カイソ、そして昔ながらのこの喫茶店が並ぶこの場所は、ちっちゃな水溜まりのような私のお気に入りの散歩スポット。
2017020520372000

夜はまた残り物で粗食。もちろん酒抜き。
健康的だけど、なかなか体重は落ちないよね。

| | コメント (0)

ヱ霞のつむぎ

立春の今日、お芝居に大好きな祖母のヱ霞の紬を着ていった。霞たなびく本物の春を待ちわびる気持ちを表現したつもりです。
2017020618481900
帯は博多織り、細かい格子模様で縞の帯。縞の帯って、きちんと結ばないと、曲がったりゆがんだりが目立つんですね~。おかけで待ち合わせに遅刻してしまったよー。

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

節分

昼、連続鳥徳。今日はきじ弁。
2017020317451900
A弁当というのが、つくねときじ焼き弁なので、そちらの方がお得感あるかもしれないな。
鳥徳、お店の雰囲気といい、東京指折りの私的好きなお店なので、しばらく通ってメニュー全制覇の予定。

なんてこと考えてるからか、ここのところ2kg増量してしまい、節分の夜は節制メシ。
2017020320245700
葱ぬた、目刺し、キムチ、若芽のおみおつけ。
今日鳥徳できじ弁に単品で葱ぬたを追加している人がいて、とても羨ましかったので夜に作った。
ちなみにわかめは、鳥徳に行く途中にある問屋みたいなお店で買った。とても美味しいわかめだ。

食後は久々にリアルに豆まき。子供の頃、まだ父と一緒に、父が亡くなってから、様々な時の節分のことを思い出す。
たしか源氏物語にも鬼やらいのシーンが出てきたよなあと調べたら、なんと706年に疫病退散を祈念して中国から導入されたものなんですと。
2017020320270500
数え年の豆は57個。「お祖母ちゃんもお母さんも、たくさん食べられていいなあ。」と言っていた子供の頃の自分も、あっという間にその頃の母の歳を追い越し、むしろ当時の祖母の歳に近くなった。

暦の上では明日も新年。良い一年になりますように。

| | コメント (0)

笑顔

床暖の上で微笑みながら眠る1号。
2017020305425400
1号ちゃん、

しあわせ?

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

1軒まるごと消えるの巻

朝目が覚めると、すごく久々に枕も上がらぬほどの二日酔いである。そんなに飲んだ記憶ないんだけどなあ。
午前中の人間ドックを必死に耐え、昼は水分のみ。

ところで酔っぱらって、化粧ポーチや水筒などの入った小さいバッグを店に忘れてしまっていた。
持って帰ってくれていた元部下から、後輩の営業女子に預けておきますと連絡があり、帰り道前職の会社に取りに行った。

今朝からの皆のメールやLINEに、やたら二次会の話が出るので聞いてみた。
「ラーメン屋のあと、みんなでどっか行ったの?(そりゃ三次会だけど。)」
「りきまるさん、覚えてないんですか?2軒目にイタリアン行ってからラーメンです!!」


赤羽橋の蕎麦屋で、しらすおろしと鶏南蛮を半蕎麦で作ってもらい
2017020305443700
ため息をつきながら蕎麦すすり反省会。
さすがに1軒分丸々記憶が飛んだのは初めてだ。

でもまあ、記憶喪失者多数出現の恐ろしい宴会だったけど、みんな楽しかったねーということが何よりである。

おまけ。

くだんの忘れ物バッグ。中身は水筒、化粧ポーチ、読みかけの本。(そしてボロボロ。。)には、
 2017020708001900_2
翌日の人間ドックに持っていく予定だった『検便』が入っていたことは、読者の皆さんとわたくしだけの秘密である。

| | コメント (2)

2017年2月 1日 (水)

久々の幹事役

前職の元部下と茅場町の鳥徳でランチ。
2017020113483200
今日はきじ弁にしようかと思っていたのだけれど。あまりに寒くて暖かいものが食べたくなり鳥鍋。今の部署に留め置かれ希望先に行けず悶々としている姿を見ると、丁度彼と同じ年頃だった頃の自分を思い出した。
必ず誰かが見てるから、くさらず頑張ってほしいな。ああ、でもそれは若いうちだけだけどね。年取っての我慢は、社畜化と紙一重だから気を付けないと。年期ものにはある意味したたかさも必要だ。

夜はもと上司の転職後10周年のお祝い。わたしは発起人にして幹事。中目黒の煮炊屋金菜にて。
2017020219350800

おつくり。
2017020305382200

焼き牡蠣。小降りだけど美味しい。焼き加減も良い。
2017020305392200

豚のロースト。手前の黒いキノコが、歯触りがさっくりして美味。
2017020305394900

かすべの揚げ出し。これ、おいしいです。
2017020305402300

〆に押し寿司。
2017020305415600
あと数品でたが写真撮り忘れた。全体に上品な料理だったけれど。隣のテーブルに出ている料理を見たら、コースより個別で注文した方がずっと美味しそうだった。

さいごは百麺のラーメン。ものすごく余計な感じで、全然美味しく感じなかった。
2017020305423000

久々に宴会を企画して、しかも前職のひとたちばかりだったので、退職者として如何なものかとも思ったけれど。
来てくれたひとたちもお祝いした上司も楽しんでくれたでしょうか。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »