« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

古巣でイベント

本日の催事は芝公園の古巣にて。
知り合いが来てくれたときに挨拶したいし、お昼出かけないで済むようにお弁当を作った。
2016121607204100

イベント終わってふと、久々にうとらさんに顔を出そうと思い立った。
2016121607222500
最近一人の時はお酒はあんまり飲まないのだけど。美味しいつまみに酒が進む。
おでんは大根と豆腐。
2016121607231400
野菜をなにか。。と、蕪のサラダに。
2016121607232600_2
あともう少しだけ食べたいなと卵焼きをたのんだら、ちょっと量が多かった。
2016121607240500
〆におでんの出汁でお茶漬け。
2016121607244900
ごちそうさまでした!

田町からバスで帰った。途中白金の北里研究所病院の前をとおるのである。
あんなに病院を嫌がっていた母だから、こには居ないよなあ。と思うのであるが。気がつくと時々このバスを使ってしまう。
案外母は、そんな私の横に立っているのかもしれない。

| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

ぐびぐび ドン! で〆る夜

今日は品川で催事のため、駅のシティベーカリーで朝ごはん。2016121400151000
品川駅を横切る大通路は、朝夕の時間帯端から端まで黙々と歩くサラリーマンで埋めつくされる。何度見ても慣れないシュールで不思議な光景だ。

いざ!と催事準備始めたら、忘れ物だらけで大騒動になった。オフィスにいる部下にタクシーで持ってきてもらったりもうクタクタ。
ということで、汐留に車を停めてはなまるうどんでへたりこんでお昼を食べたのが16時過ぎ。
2016121400153200

遅くまで資料を作ったあと、とぼとぼと帰った。

帰り道、江戸橋松月庵で。最近『飲まなきゃ帰れない!』ってのはなかったんだけどね。
こはだ。、
2016121400165800
こはだが来た段階で、生半分空いている。。
ビール来るなり、 
ぐびぐびぐびぐびー ドン!  はあ~。。(深いため息)
だったわけで。

鶏皮焼き、
2016121400174000

〆の半蕎麦
2016121400180500

| | コメント (2)

都会の風景

淡いブルーのロビーに同色系のリースとツリー。
2016121400160600
リノベされたビルだけど、誰かが選んだ、周囲にマッチした飾りを見る度にほっとしている。
2016121400163000

私は旅が大好きだ。そしてそこで目にしたたくさんの素敵な人たちを思い出す時にふと、私自身も旅行者から見たトーキョーの風景の1つなんだよなと思うようになった。
だから(たとえ当社比であったとしても)、自分の生活環境を美しく整えて、自身も身綺麗にして、自分なりの美しさを引き出して、生き生き歩いていたいなと思うのである。

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

反ヴェーダ的生活

今日は東京ビルにて催事。終わったあとみんなでインディアンカレー。(私はご飯少な目。)
2016121400133500
催事をやるとランチが恐ろしく遅くなり、規則正しい生活を推奨するアーユルヴェーダ的生活から程遠くなる。
この日のランチも15時過ぎ。

ということで、夜はあまり食べぬがよかろうと、いつものえんコレド日本橋店でお茶漬けを食べて帰った。

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

懐かしいお菓子

昨日大好きな水戸の梅とのし梅のセットを買ってきた。
2016121320463200
子供の頃母と弟たちと毎年、那珂湊の海に遊びに行き、お土産で買ってきたお菓子だ。

朝ごはんにいただいた。春菊いっぱいのおみおつけとともに。
2016121320470100
懐かしい味だー!

休み一日はすごく慌ただしい。
夜ご飯を作る気力もなく、買い物の帰り居酒屋で一杯。
2016121320484700

ちょっともの足りず、自宅で一杯やった。
2016121320493600
大河ドラマ真田丸にはまっているのであるが。
今日は豊臣が苦境に立たされる厳しい内容だった。ちょっと悶々がたまってしまい、録画していた13日日曜日の回、真田丸での初戦で大勝利をおさめた回を口直しに見た。

ここのところ仕事で疲れると、帰ってからあれこれ支度しながらこの回を流したりしている。幸村は悲劇なのだけれど。勝ち戦は見ていて気分がよいものね。
忙しさも折り返し。気張らないとである。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

落ち着ける簡素な宿

お風呂に入ろうと早起きして窓をあけると、それはそれは爽やかな風景が広がっていた。
2016112808082400
あー、旅はいいね。下界に置いてきたあれこれに囚われない自分がいます。
筑波山中腹にある江戸屋は、高級ではないけれどとても落ち着く宿だ。
2016112808045400
書棚のあるロビーに飾られたツリーも暖かな雰囲気。
外に出ると、こんな癒しの風景を眺めながら足湯もできる。
2016112808043100

朝食も程よい量で。茨城だもの、ナットーはお約束。
2016112808053000
さあ、ツアーに出発です!

| | コメント (0)

筑波はいまでも『がま』で食っている

昔わたしがパンパンに肥えていた若い頃、母がダイエットしない私に向かってこう言った。
「あんたさ、『がま』みたいに鏡によーく自分を映してみたら、たらーりたらりと油が出て少しは痩せるんじゃないの。あはは。」

我が母ながらひどいこと言うわい。。と思った私の脳裏には、「さあさ寄ってらっしゃい見てらっしゃい。(以下略)」の、がまの油の口上が、ばっちり流れていた。つまり昭和世代にはなじみあるがまの油。

前振りが長かったけど、そのことを久々に思い出した。
江戸屋にがま。
2016112808060200
どどーん!

そして油売りの写真。
2016112808065900

まさか本当にがまの脂汗が取れるわけもなく、がまをすりつぶして入れてるんじゃ。。と疑っていたのであるが。
2016120208111900
女体山への参道にあるこのがまの形をした岩を見て、がまの油の宣伝口上を思い付いたらしい。実に関ヶ原の合戦の頃、すごい前である。

2016120208143400
筑波山神社の門前では、今もお侍のかっこでがまの口上をやっている。
時間がなくて、始まると同時に出発。でも聞かなくても「一枚が二枚、二枚が四枚」「ここに取りいだしたるはがまの油!」というあの口上は頭に流れる。そのくらい昭和までは一般的なものだったってすごいなあ。江戸時代の薬売りだからね。

2016120208122600
なあんて思いながら歩いていたら、「おばさん、歳がばれるよね、くすくす。」と土産屋のがまに笑われた気分。

平成の世になり、かつてほどの知名度はなくても、筑波はいまでも『がま』で食ってました。

| | コメント (0)

紅葉と積雪の筑波山

まずは江戸屋からすぐの筑波山神社に向かう。
2016120208085000
筑波山は丁度江戸から見て鬼門の方向ということで、江戸幕府の時代大切に祭られてきたそうであるが。
あちこちに万葉の石碑があったように、万葉の時代から人々に愛されてきた山だそうだ。

筑波山神社は神仏混合で祭られていたため、山門は寺、自社は神社な作り。
2016120208085800

ケーブルカーで上へ向かう。
2016120208111200
下は見事な紅葉なのに、上につくと雪景色でびっくり。
2016120208082600

そこから15分ほど軽い散歩で、女体山頂上にいく  というスケジュールだったが。
氷やシャーベットと化した雪道で、転ばないよう必死になって頂上にたどり着いた。
2016120208112600
はあ~。。足ガクガク。しかも岩の上のような狭い山頂に人もぎっしりで、早々にケーブルカー駅まで戻った。

しかし山自体が御神体という筑波山、古い杉や
2016120208113500
見事なブナなど、
2016120208114200
神々しくて、ついうっとりと見とれていた。

ケーブルカーで下界に戻ると、ごく普通の門前の風景。
2016120717141600
ワープでもしているみたいに不思議だ。

駅近くで、みかんを買った。
2016120208110500
これは福来(ふくれ)みかんといって、日本最北限にして在来の品種のみかんで。皮の香りが良く、干したものは陳皮の材料として使われる。

いままで何度か土浦などから筑波山を眺めたことがあったけれど。『寒村の中ぽつねんと寂しげな山』があるくらいにしか思っていなかった。
2016120208115100
豊かで美しい筑波山、なんか見直しちゃったな。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

シフトチェンジ

誰にぶつけたら良いのかわからぬ怒りとか、どうしようもない葛藤にまみれて、ギリギリまで仕事をしてバスに乗り込んだ。
今日明日と筑波ジオパークを巡る女子旅のモニターとして参加するのである。

仕事の真っ黒なオーラを纏ってツアーバスに乗り込むと、ほんわりとした女性たちが出発を待っていた。あー、なんか女の人っていいなあー。。と最近思います。

お弁当を受け取りバスの中で晩ごはん。
2016112807590500
一口食べて、ひゃー。。美味しいとびっくり。
旅を企画した先生の話を聞いたり、ワイン飲みながら誘ってくれた友達と話していたら、黒いオーラがどこかに消えていくのがわかる。

本日の宿は、筑波山中腹にある江戸屋。
2016120708281100
華美ではないけれど、落ち着いた旅館でほっとなごむ。

みんなで地元のお酒を飲みながら、ツアーの企画意図や地域のことを聞いてお喋りした。
2016120622084500

終わったあとゆっくり温泉に浸かって、同室の若い女子たちとおしゃべりして楽しいときを過ごしていたら。
2016120708271000
わずか数時間前にいた、あの訳のわからない苦痛の嵐みたいな時間がうそみたい。
世界にはもっと楽しいことが沢山あるのだから。
会社での出来事は私の人生のほんの一部なんだと思えばいいな。
心がシフトチェンジできて穏やかな夜だった。

| | コメント (3)

2016年11月24日 (木)

カリカリの天ぷらは怖いと思う

午前中半休して商談先に直行した。
新橋駅地下、総武線改札前にある讃岐うどんやで、かけ小、なす天と紅しょうが天。
2016112412215500
ここ数年でぐっと増えているセルフで天ぷらをとるスタイルの讃岐うどんや。どこも天ぷらがカリカリに揚がっていて、一般的には美味しいのであろうが、私は食べる度にいつも怖い。だから皿に取って一口たべていつも取ったことを後悔する。
自分で天ぷらを揚げたことがある人なら、揚げて5分以上たったらこんなにカリカリしていることはあり得ないことを知っているはずだ。
衣は純粋な小麦粉ではなく、何かが混ぜ込まれている。それが何かわからないし、最近のメーカーは売り上げのためなら添加物を混ぜることに何の躊躇いもないから怖いのである。

夜は着付け教室の前にsoup stock TOKYOで。開催されているゴーギャンとゴッホ展とタイアップか、ゴッホのスープ、ゴーギャンのスープとあった。
2016112421513200
これはゴッホのスープ。ズッキーニがたくさん入っていた。

| | コメント (2)

番外編 : 本日のお稽古着

本日のお稽古着。
着物 おばさんのものと思われる西陣お召
帯  祖母の大島の羽織裏で作った帯
帯締め うすいサーモンピンクの絞り
帯留め タンスの中から発掘したもの。短くて締めづらい
2016112709195800_2
初めて自分で試してみた柄on柄。先生からもok頂いた。帯締めは歳の割には可愛いようであるが。水玉の色をとったもの。
2016112709200900
八掛は明るめの小豆色。これが帯の模様の色と合っているのでいけるかなーと思ったらばっちりであった。

裄(袖丈)の直しをお願いしていた祖母の(のち母の)綸子のコートが仕上がっていたので着て帰った。
2016112709204300
帯は見えなくなってしまうので、この見た目よりはすっきり。紺黒のあわせだけど、先生はこれもOKとのことである。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

和三昧の休日

今日は夏に三味線を聞きに行った、日本橋よし梅さんで今度は尺八鑑賞。

羽織で誤魔化せるので、頑張って大島紬に名古屋帯をあわせた。2016112405415900
パンフの下がその大島。

最初は独奏、後半3曲はフラメンコギターの人との協奏で、個人的にはそれがとても気に入った。そう言えば昨日コッペリアでご一緒した方が、「尺八は琴とあわせるとすごくいい。」とおっしゃっていた。弦楽器との相性が良いのである。
ラストソングはなんと、アメイジンググレイス。よし梅さんの、欅の天井に響き渡り、アメリカ人が聞いてもきっと感動するよねと思った。
2016112405440600

終わってからは、浅草酉の市へ。
2016112405425300_2
毎年大混雑で二時間待ちは当たり前の酉の市。並ぶのが嫌でいつも隣の妙見大菩薩から横入りしているのが、こんなに度々行ってるのにイマイチ自分のじんせいがぱっとしない原因ではないかとふとおもふ夜。(が、待ち時間ゼロ。実にお薦めである。)

お約束の切山椒とか、べったら漬けとか購入。
2016112405433900_2
毎年帰りは浅草に出て、いもきんつばを買う。
いもきんとか切山椒をつまんだらあまりお腹が減らないので、晩ごはんは抜きで寝た。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

深い海の底のバーで二次会。

本日もイベント。合間に茅場町の中華屋でお昼。
お腹が空きすぎて、ワンタン麺とミニ麻婆丼のセットをたのんだら、本気二人前、麻婆丼は普通サイズでびびった。
2016112220263100

夜、本当は懐かしい新橋のよし田さんでふぐを食べる予定だったのだが。
イベントが長引き不参加となってしまった。でもひさびさによし田の女将さんと電話でお話しできてすごく嬉しかった。ブログも読んでいただいているとのこと。気にかけて、会いたいと思っていただけるなんて、本当にありがたい事である。

二次会に行こうよと誘っていただいて、時間調整のため軽く一人飯。
2016112220271500
メゾンカイザー日本橋コレド店で、ミネストローネとさつまいものパン。

合流した二次会は、大好きな銀座コッペリア。
2016112414105600

きっぷのいいママ(注.元男子)と話していると、小さいことにくよくよする自分がアホらしくなる。
そして深い海の底にいるような、古き良きお店の雰囲気も大好きで。
行く度勝手ながら、誰もカラオケ歌わないといいなあって思うのである。

それにしても疲れたなあ。。大阪から終電で帰宅してのイベントが身体に堪える夜である。

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

変わらないもの

催事のピークを避けて、少し遅めのランチはきつねうどんとかやくご飯のセット。地味だけととても美味しい。

2016112115124200

実は朝ここを通りかかって、出汁をひくよい香りに惹かれてやってきた。
2016112200224700
ごく普通の町のうどんやさんが、しみじみ美味しいというのはいいなあー。

この店の近くには大好きな立売堀ビルがあり。
2016112109273300
この変化激しき時代の都市において、変わらぬ昭和な佇まいにほっとする。
2016112109270000
しかも古いビルをぞんざいにせず、細部まで大切に使っている心意気が伝わってくるのである。

| | コメント (0)

夜は新大阪駅地下でメンバーとともに一杯。
みんな自分の子供といってもおかしくない年齢だ。
2016112200234900

精神仕事もありつかれたせいか、ついカツサンドなんか買っちゃった。

ストレスはやはり、色んな意味で心身を蝕むのである。よくないなあ。2016112200241200


| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

懐かしのたこ焼きや

明日のイベントに備えて、夜から大阪入り。
お約束のDEEN &DELUCAで惣菜とワインを買った。
2016112019254300

大阪に着くと部下から「どっかで飲んでますか?」とメールが入ったので、合流してホテル近くで一杯やった。

この店は前職時代によく来たなあ。2016112109260400


| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

消息

今日は大崎で13年前に出向していた会社で催事だった。
懐かしい人達がたくさん顔を出してくれた。

その中で、13年前とてもお世話になった人に声をかけてもらい、南部どり大崎店で一献となった。
2016112007192800
お通し、美しくて美味しい。

2016112007193900
お刺身盛り合わせ。
最近の私は、これにおひたしでもあればお腹一杯というていたらくである。
しかし現役バリバリ、活力あるビジネスマンのペースで、あと何品もたいらげ。

2016112007211000
ミニラーメンで〆たら、催事の疲れも相まって、立ち上がれないほどの疲労感に襲われた。

以前とてもお世話になっていたけれど、最後に挨拶出来なかったので、会えてとても嬉しかった。
「りきまるさん、エステティシャンになったって聞いてたんですよー!」と言われた。
わははははー。なんじゃ、そりゃー!
人の噂って恐ろしいねえ。伝聞と憶測がほんものの話として伝わっていく。
そんなのにやられちゃって、仕事でひどい目にあっていた人もたくさん見てきた事を思い出して、ちょっとぞっとしていた。

| | コメント (0)

2016111915594100
大崎ブライトコアの周りは、すっかり歳末の装いだ。
2016112007110600
飲んでいて、色々な人たちの消息を聞いた。病んだ人、復活した人、偉くなっている人、頑張っている人。

とりわけ何人かの、重篤な病にかかった人の話は衝撃だった。私たちのあまりの身近に、ひっそりと『死』の影が忍び寄る年齢になったのである。

健康に生きていられる今の時間を無駄にしてはいけないなあ。せっかく生まれてきて生きているこの時間を、自分の成長と人生の悦びを味わうために使わなくてはいけないのである。


| | コメント (2)

2016年11月17日 (木)

気のおけない仲間と食べる肉


いかさつま揚げと乾燥こんにゃくの煮付け
きゅうりと湯葉の酢の物
蓮根の薄味煮
ちりめん山椒
玄米

疲れていたけど、朝張り切ってお弁当作ったのに。
昼に外出する予定を忘れていたよー。
帰宅しておかずは詰め替えて冷蔵庫に、玄米はちりめん山椒と混ぜてからにぎって冷凍庫に。(焼おにぎりにする予定。)

| | コメント (0)


商談のあと東新宿の若鯱屋にて。五目とじきしめん。まあまあ。お弁当の方が良かったけど。

隣の部署の元気な営業マンの話もきけたので良かった。
すぐ側なのに意外に知らないことも多く、もっと早くこんな風に話を聞く機会を持てば良かったかな。

| | コメント (0)


新橋の羊肉炭火焼 肉汁屋にて肉会。この面子ではいつも肉ばっかりたべてる。

ここのところあまり食欲がなくて、肉、きついと思ってのぞんだのであるが。
気づけば誰よりも食べていた。気のおけない友達との会話は、何よりのココロの薬である。

| | コメント (0)


前職時代につれていってもらったバーを探し出して一杯。
久々にマティーニ、ドライでないのの気分。すごく美味しいなあー。

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

落ち込まないこつ


本日のミッションすべて完了し、名古屋駅を見上げる。

6時半に自宅を出て名古屋入りし、商談一件のあとイベント。くたくたになりメンバーと大名古屋ビルの地下のハンバーガー屋に入ったけれど、あまりに疲れてサラダしか食べられなかった。(画像なし)

そのあとの商談は、新しい取り組みが期待できるものだった。

嫌なことがあれば良いこともある。
大切なのは起きている事実だけを受け止めて真摯に対応することだ。自分自身の価値と連動して考えない。そうすれば落ち込まずに済むよね。

| | コメント (0)


名古屋駅前の地下街エスカにて。味噌串カツでビール。
麺は何にしようかなと迷い、暖かいきしめん以外で、名古屋っぽいものってどれですか?と聞くと「『きしころ』だね。」と言われ試すと。
ただのぶっかけきしめんであった。あはは。
にしても私、麺ばっかたべてるなあ。

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

惨敗


兜町のトラットリア ラチェーロにて。パスタランチ。
ちょっとしたサラダとたっぷりのパスタがついて1000円。
お店もなかなか素敵な雰囲気で、窓から見える景色も素敵でほっとする。

わたしの勤務する会社の人達は、贅沢を好まず昼は役員もコンビニ飯を食べている。
美味しいお店を探したり行かないことが、『一生懸命働いている証』と思っている節がある。
いい人が多いし仕事も合っていると思うのだけれど。根底に流れる価値観みたいなものに、時々ギャップを感じる。

こんなところでのんびりお昼食べてるの見られたらまずいかなとちらりと思ったが。
もうそういうことを気にする歳でもないので、開き直ってパスタをもぐもぐしていた。

| | コメント (0)


江戸橋の松月庵にて、山菜そば。
今日、半月の実績が上がってきた。惨敗である。
まあ、新規事業がそんなに簡単に行くわけではないのだけれど。
顧客も半年で100社近く開拓して、自分としては相当頑張ったはずなんだけれどなあ。。。つまりは目標の立て方を失敗したということである。

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

むちゃなスケジューリングの癖


播磨坂のもりずみにて。醤油のチャーシュー麺。
外観はビストロ、中ラーメンというお店。スープはちょっと脂っこいけど、麺がいい。

今日もイベントがあり、2時半まで飲まず食わず。

みんなへとへと。でも美味しいラーメンのラストオーダーに間に合ってよかった。
このイベント、東京、名古屋、大阪にて2か月で20回やる予定だ。年明けには外注に出す予定だけれど、標準化とパッケージ化するために(と、準備が遅れた。とほほ。。)、まずは自分達で ということなのだ。
自分が決めた事だけど、体力的にキツイ。四捨五入して還暦となるくせに、スケジュールの組み方が30代になってしまうのは悪い癖である。

| | コメント (0)


会社近くの居酒屋で、イマイチなつまみで一杯飲んだあと、〆のおにぎり。

8時には終わるだろうと思った資料作成が、結局終わったら10時過ぎていた。単純だけど細かい表計算が何より苦手で、なんどやっても合わない。こういうことが出来ないことが、すなわち自分のビジネスマンとしての価値ではもちろん全然ないんだけれど。
仕事がうまく行ってない時は意外にこんなことが落ち込みの原因になったりするんだよなあ。

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

番外編 : 生きとし生けるもの


今日は浜松でのアーユルヴェーダの講座の日なので、途中三島のヴァンジ彫刻庭園美術館に、生きとし生けるもの展を見に行った。

これは三沢厚彦さんの彫刻、フロア一杯に置かれた等身大の動物たち。野性動物はこの20年で激減しているという。こういう生き物のいない世界にしてはいけないなと思う。

| | コメント (0)


中谷ミチコさんの鳥の絵は、漆喰を掘って彩飾したしたもの。とてもきれい。
和紙などを使って繊細に描かれた染谷裕子さんの絵は、こんな帯あったら欲しいなという感じです。
ムラタ有子さんの白鳥の絵も、実物が見られてまんぞく。

他にも素敵な作品がたくさんで、1時間半ではちょっと足りなかったな。会期はまだ少し残っているのでまた行きたい。

| | コメント (0)


庭園も素晴らしく、すっかり気に入った。
四季折々にやって来るとしよう。最近の三島がお気に入りである。

| | コメント (0)


いちばん印象に残ったのは、動物写真家の宮崎学さんのフクロウ。
赤外線センサーなどを使用して、暗闇のなかで動物を撮っているそうだ。タイトルを読んで心が震えた。
[卵の中のヒナの声に耳を傾けるメスのフクロウ]

動物の生きる世界は、私たちが思っているほど単純ではない、そう思った。

| | コメント (0)

飯はしょぼいが楽しい1日


三島駅の箱根ベーカリーでカレーパンを買ったら、袋が参勤交代だった。

| | コメント (0)


新幹線ホームの立ち食いで、椎茸そば。三島のお蕎麦やさんにはあるようでたのんでみたが、椎茸が甘すぎて私にはいまいちだった。蕎麦つゆは美味しかったけどね。

今日は本当は桜屋でうなぎを食べるつもりで予約もしていたのであるが。
今週のあまりのハードさに朝起きられず、キャンセルしてしまった。ごはんはしょぼいけど、美術館が最高だったのでよしである。

| | コメント (0)


駅で見つけたポスターに目が釘付け。三島名物ようかんパン。
でもおなかいっぱいだったので、次回チャレンジしてみます。

| | コメント (2)


浜松から帰って軽く晩ごはん。疲れた体に無理したけど、今日の予定はみんな楽しかった。
次の浜松入りには、静岡あたりに寄ろうかな。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

疲れMAX


茅場町のやよい軒高級バージョンにて。土曜。午後二時過ぎ、茅場町であいてるのはここだけだ。唐揚げと卵とじのセット。

今日は終日梱包作業。2時に出荷しますからね!と言われていたのであるが、あまりの疲れに寝直してしまい10時出社。みんな、スマン。。
ガチの肉体作業なので、汚れてもいいようにジーンズで行ったら皆に笑われた。えー。。いいでしょ?

作業は遅れに遅れ、ギリギリ2時に仕上がった。定食を前にして、全員燃え尽きて真っ白な灰状態だ。

| | コメント (2)


昼が遅かったので食欲がいまひとつ。チリコンカルネだけ食べて、メゾンカイザーの美味しそうなパンを買って帰った。

| | コメント (0)


つい、コンビニで買ったペヤングの新商品に手が出た。文字通りぎっしりわかめ、そしてジャンキーで美味しくやばい。半分冷凍に回した。
わかめMAX食べながら、「疲れもMAXだよー。。とほほほほー。」とつぶやく私であった。

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

つられ牛丼


昼、H君が買ってきた牛丼弁当を見てつられ食い。茅場町の吉野屋にて、並・ご飯少な目・ギョク・紅しょうがいっぱい・軽く七味 のわたし的基本型。

| | コメント (0)


西新橋でセミナーに出たあと、久々に虎ノ門大串に寄った。

| | コメント (0)


もう一杯飲みたくてつまみに煮込みをたのんだら、ほんの一口分しかないのでサービスね。と頂いた。
結果的にはお腹の量にちょうどだった。

セミナーの講師は、先代の急逝で20代で会社を継ぐことになった若き社長。内容は実に面白いものだった。
最近の若い人は優秀だなあー。とても敵わないと思うことが増えた。対抗できるものって何だろう。人間力も自信ないしなあ。修羅場に強いって思ってたけど、今日の社長の修羅場も相当だ。
ま、対抗しなくてもいいんだ。わたしはわたしの人生を生きるということなのだから

| | コメント (0)

番外編 : 今週のお稽古着


今週お稽古で着た着物。
泥大島に丁子屋の先生デザインの染め帯。

泥大島はとても古い着物でかなり着込まれた感じ。しかも男物ということで。
祖父のか叔父のか、はたまた曾祖父のか。少し小さめの体格的にはその確率が高いようにも思う。

そんなことを考えながら仕立て直して着るのもまた、着物を引き継ぐ楽しさでもある。

| | コメント (0)


八掛はきつね色。まあ無難なあわせである。

男物の着物というのは衣紋も抜かないし『おはしょり』もない。(帯の下にぴろっと出ている部分)
だから女物に仕立て直す時は、襟とお腹に足し布が必要だ。

丁子屋さんの判断で、同じく男物だった大島紬の着物をひとつつぶして、全ての着物の足し布にしてある。下の写真右側がそうだ。

しかし実家の荷物の最終整理で、なんとつぶした着物の羽織が見つかってしまったのである。わざわざ母が取り置いていたくらいだから、よい着物だったはずである。見れば右の織りの方が緻密だ。つぶさなければ羽織付きの大島のセットにできたのに。(涙)

それ以来あちこちの継ぎにしたこの大島を見るたびに心がちくっとしたり。母に怒られるんじゃないかってどきどきしているのである。
そもそもは、ちゃんと着物と羽織を一緒に取りおかなかったかーちゃんが悪いと思うんだけどねえー。

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

終わってみればよい一日


わかめうどん
マクロビ本レシピの煮物
ポテサラ
蕪の葉のおひたし

午後は評価会議。
立ち上げ半年は様々な課題が山積し、ビジネスをスタートできず数字は惨憺たるものであった。これを上席から指摘されわたしのチームは評価も悪かった。

ひでえなあ。。と思ったけれどもう仕方ないので応諾したのであるが。
評価会議の面々が皆、「新規事業にこんな評価をつけてはいけない。」と庇ってくれ、無事部下たちの評価をアップできた。

中でも強い熱意をもって主張してくれたのが、実は少々苦手に思っていたマネージャーだったのである。
ありがたい事だと、心でそっと手を合わせると共に、人を見る目の足りぬ己を反省した午後であった。

| | コメント (0)


夜は見知らぬ人達ばかりで集まって、ビックエコー八重洲本店にて。でも合コンではなく、ただのカラオケ大会。

なんと、コース料理、飲み放題つき三時間歌い放題で3500円だ。びっくり。そして食べ物もそこそこなのでまたびっくりだ。

歌っているうちに好きだった歌を思いだし、きりなく歌ったらすごくすっきりした。みんないい人達で、そういう人と一緒にいると心がなごむ。

朝からハードで疲れたけれど、終わってみればしみじみ良い一日だった。

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

大統領選挙とわたし


ゆかりごはん
豚すき
いんげんのおひたし
菊花かぶ
いやいやー、今日のお弁当はうまかった!自画自賛ですけれど。

昼過ぎに判明するはずたったアメリカ大統領選挙は、結局午後の商談が終わったところで決着した。
実は嫌われものというヒラリー、10年ほど前に著書を読んで以来、ずっとフォローしてきたのである。
前回はオバマの新しさに負け、今回は既得権益の代表と言われ負けた。親戚の選挙戦を見ているような気持ちだ。

| | コメント (0)


会社の近くで辛く痺れる刀削麺。
かっこんで22時まで仕事。

こんなに遅くまで残っていることは珍しいのだけれど。
残業タイムのみんなの会話を聞いたり参加したりしながら。
ほんとの仲間になるための飛び込みが不足していたかななんて反省したりしていた。

人との距離感の掴み方が、いい歳してまだちょっと苦手だなあ。

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

苦楽の分水嶺


着付け教室の帰り、近くのお蕎麦屋さんで一杯。
コートを用意していたのに雨が降ってきて着物で帰れなかった。残念。
最近着付け教室が楽しくて、朝からうきうきしている。数ヵ月前はあまりの自分の鈍さ加減に、がっくりきていたというのに。
苦楽の分水嶺は人生の至るところに隠れていて、苦に居るときは全く見えないのである。そこを辛抱できず今まで短気を起こしてきたのかもしれないなあ。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

一区切り


鳥の照り焼き
蕪の葉のお浸し
ポテトサラダ
伊勢原の間引きごぼうの味噌漬け

今日は前職の会社で催事をさせてもらい、たくさんの懐かしい人達に会った。
一昔前なら、『会社を辞める』なんて大事で、よほどの仲良しでなければ縁もこそできれてしまっていたのであるが。
会社が寛大なのか、時代が変わったのか、私が図々しいのか。(多分ぜんぶ。)誠にありがたいことである。

ひっきりなしに顔を出してくれる人達にと話していたので、2時過ぎに10分でかっこんで味はよくわからなかった。

| | コメント (0)


夜は浜松町の貿易センタービル地下の札幌屋で、みんなでラーメンと餃子。
ここ、私が入社した頃から残る貴重なお店である。
あまりにくたくたで食欲もなく、ぎょうざはひとつつまんだだけ。

| | コメント (0)


とりあえず一仕事終わったので、カヴァで乾杯した。
ここから12月まで怒濤のような仕事に突入する。

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

プシプシーナコーヒー


プシプシーナコーヒーと、生姜糖とポット。

昨日三回忌の帰りに渋谷に寄ると、世の空前の猫ブームを反映してか猫グッズの特設販売をしていた。この生姜糖が好きなんだよな。。と思っていてら、次々つられ買い。

| | コメント (0)


ということで、さっそくコーヒーをいれてみた。
コーヒーに関して好みがお子ちゃまで、酸味が苦手な私には大変美味しい。とってもマイルド。
生姜糖にもあうなあ。

| | コメント (0)


昼は散歩の途中、営業して60年と看板が出ていた、汚く古い中華やでタンメン。
ちょっとしょっぱいかなー。

最近しょっぱいものを食べると、むくんで指輪がきつくなるので注意しているのだ。塩分控えめのバロメーターというか孫悟の輪だな。

| | コメント (0)


久しぶりに大学に行ってみた。もう移転してしまい面影は殆どないのだけど。
昔の場所に残っていた6本ほどの銀杏並木を見たら、まるでリバイバル映画のように脳内に昔のキャンパス風景が広がった。。

| | コメント (0)


あまり食欲もないので地味飯。
猫の上前をはねて、鰹のなまり節で焼き飯。焼き茄子の赤だし。お酒でなく白湯で。

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

自家製紅しょうが


伊勢原の畑で我が家の使用量の一年分以上の生姜がとれたので、紅しょうがを作ってみた。
一瓶は今年漬けた梅干しの白梅酢で。ほんのりピンク色に染まりこちらもなかなか。
紅しょうが作りの大変なのは、生姜のお掃除。たわしで擦ったあと、ひたすら汚いところを包丁でとっていく。
それを塩でもんで一晩置いたあと、半日風に当てて乾かしてから梅酢に漬ける。

保存瓶がなく、調達していて干す時間が増え、後ろの二瓶は少し生姜が皺っぽくなってしまいとても残念である。

| | コメント (2)


今日は母の三回忌で、朝から大忙しだった。ランチは虎ノ門ヒルズの糖朝。なかなか美味しい中華だったが会食の写真は失念。

帰宅して猫を病院に。飲んじゃってるので、バスをのりついでいき、今日はよく働きました!
551のぶたまんにインスタント味噌汁、おべんと用に作ったはやとうりの生姜風味の浅漬けで軽い夕食。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

手を抜けない性格


今日もお弁当。
竹輪入りねぎ卵チャーハン
ブロッコリー
ひじき
梅れんこん
自分で作る料理は、簡素なものでもほっとするね。そのうち飽きそうな気もするけど。

夜はお弁当用に作った惣菜や茹で野菜の残りを食べた。
来週からのイベントの準備で今日はばたばた。今週はほんと忙しくてへとへとだ。仕事に手を抜けない性格がにくいです。

| | コメント (0)


昨日小田急百貨店でコートや洋服を買ったら、創業55周年ということでかぶきあげを頂いた。パッケージがとても江戸な感じで素敵で、美味しいのだけれど。

添加物に化学調味料などみっちり入っているのが誠に残念な感じ。せっかくだから、無添加昔の味ってパックもひとつ作ってみたらいいのになあ。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

高い買い物のあとの地味ごはん


コートを買ったあと、小田急百貨店地下、更級の立ち食いコーナーで春菊天蕎麦。ここ、ちいと高い。この値段ならも少しかき揚げのクオリティを上げてほしいな。
名古屋駅のホームにあるきしめんやはレベル高いと改めて思う。

15年物の綿コートを去年処分したので、今年は新調しようとアクアスキュータムに買いに行った。
丁度出始めでサイズと色が揃っていたので、スタンダードでなく黒を購入。普段は11号か13号の私なのだか、何故かアクアスキュータムでは9号。
ほんとインポートはサイズ感が不明だ。

立ち食いには外国人が珍しそうに、入れ替わり立ち替わり入っていた。確かに、私が外国人だったら立ち食い、絶対試すよ。

| | コメント (0)


買い物の帰りはお墓掃除。その帰り道恵比寿のヨロイヅカでババ(サバラン)を買ってきた。リキュールたっぷり効いて美味しい。ベルサイユのレストランで食べたババを思い出した。
川島なお美のご主人が経営するこのお店は、実はできたばかりの頃から好きで時々買っていた。鎧塚氏って、農場を作ったり糖尿病患者も食べられる低糖質のスイーツを作ったり、面白い活動をされているよね。

もうすぐ恵比寿店が閉店になるらしく、ご近所の常連さんがとても惜しんで店員さんと話をしていた。町に愛されている店なのだなあ。

| | コメント (0)


超絶地味めしで調整晩ごはん。

久々に玄米を炊いた。お弁当にすると冷めてぼそぼそするので、もちきびやもち粟をたくさん入れたら、もっちりとしたつなぎになり、風味も楽しい。

| | コメント (0)

番外編 : 待っている女


あれこれ片付けものをしていたら、寝るのがすっかり遅くなってしまった。
で、寝室にいくと私を待ちくたびれた1号が爆睡していた。
こんなんを見ると、かわいいなあー。。とぐっとくる。とともに、女として自分に足りないところも反省する。あはは。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

ちょっとだけ『おんな道』な生活


銀座にクリスマスツリーが登場って、ちょっと気が早すぎない?

春に買った補正下着のアフターケアに行った。
身体の各サイズがダウンして、バストとヒップが少しずつ上がっていた。

若い頃から評判の美人だった母はずっと、美容命な人でおしゃれに化粧にお肌の手入れになかなかの情熱をかけていた人だったけれど。
娘の私はからっきしで。学生時代なんか雨の中バイクで通学し、濡れた服のまま講義うけるような女だった。

『顔形に血道をあげるより大切なことがあるじゃねーか。』と、心のどこかで密かに思って来たのだと思う。
そんな私が、母が亡くなってからまるで母が乗り移ったように、美容やおしゃれにお金と時間を遣うようになった。とはいえ、昔がひどすぎたからまあ人並み+ちょっとくらいにというところではあるが。

『メシメシ言ってる暇に仕事』といって食事をテキトーに生きている人と同じことを言っていたと気がついたんだよね。
せっかく生まれてきたのだから、女性としての自分にあえて目を背けず、お金と時間が許す範囲で磨くプロセスを楽しんだ方が、絶対人生が楽しくなるよなあと今は思うのである。

| | コメント (0)


夜は銀座泰明庵でせりかしわ蕎麦。丁寧に処理された根っこが美味しい!根三つ葉と一緒だなあ。

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

筋の通った家庭料理


いつも掲載を楽しみにしているNobrinさんのししゃも弁当が美味しそうだったので、真似っこしてみた。
おべんとを持っていくと、当たり前だけれど劇的にお金の節約になる。
飽きっぽい私だけれど、気がすむまで続けてみるとしよう。

| | コメント (0)


ほんとうに久しぶりに、中目黒のことことさんに行った。

お連れしたのは、昔のプロジェクトでお世話になったMさん。どの料理も絶賛いただきとても嬉しい。

かれこれ20年のお付き合いのMさん。
まだ30代でキンキンにとんがって超絶成果主義だった私は、Mさんはじめパートナー会社の人や同僚(あ、上司も。。)酷い目にあわせたのである。
昔の私とは仕事したくないよー。といつも思うけれど。
皆さんが寛大なのか、真剣勝負でやる仕事はたとえ一時はぎすぎすしても、どこか心が繋がる部分があるのか。
皆さんと長らくお付き合い頂けるのはありがたいかぎりである。

| | コメント (0)


いつもながらひろみさんのお料理は、ビシッと一本筋の通った潔さみたいなものがあって好きだ。
ご自慢の糠漬けも、すうっと染み込むようである。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »