« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

本日のお稽古着 : 着込まれた紬


本日のお稽古着。カジュアルな紬。

母と祖母が着込んでうっとりするほど柔らかく着やすくなっている紬に、丁子屋で買った名古屋帯。たくさんの色がミックスされた帯締めは母のもの。
帯揚げは薄いピンクに淡いグレーの絞りのものを使ったら先生から、「着物に合うからこれでもいいけれど、ちょっとよそ行き用だから、本当はお召しより上の格で使った方がいいわね。普段着の紬なら、ちりめんの帯揚げの方がカジュアル感が出るわよ。」とアドバイスされた。

ま。とはいえ慌ててそれを買えばまた出費でもあるからして。
あるものを使いながら少しずつ揃えていけばいいのである。

| | コメント (0)


紬の模様はこんな感じ。
八掛は小豆アイスみたいな色だ。
袖口や裾にちらりとのぞく八掛の色を組み合わせるのも、着物の楽しみのひとつなのだそうであるが。私にはまだよく組み合わせがわからず、お店任せだ。

着物は実に奥が深く、着物と帯、帯揚げと帯締めだけではない。
チラ見せで言うと、八掛に袖からのぞく襦袢。半襟、それに羽織などであれば、羽織そのものだけでなく羽織紐、羽織裏。コートも道行きに道中着と色々だ。

織りと染め、着物や帯の格、そして季節を織り込んで様々なルールがある。
それを面倒と思うむきもあろうけれど。今の私はその奥深さに夢中だ。

いつかマスターして、粋に着こなして、「りきまるに着物を託してよかったねえ。」とかーちゃんやばーちゃんにほめてもらえる、そんなかっこいい着物ばーさんになりたいなと思う。

| | コメント (0)

ハロウィーンに思い出すこと


直行で名古屋顧客訪問。商談は不発でがっかり。

大名古屋ビルヂングはすごく独特のデザインで、何かのモニュメントみたい。
名古屋駅ビルで台湾ラーメンを食べて帰った。(写真は失念。)

| | コメント (0)


着付け教室のあと、虎ノ門の花たろうで晩ごはん。
着物を着てここに入り、着物姿を絶賛してもらうのが、なかなかのモチベーションにつながっている。

そして花たろうのつまみは、いつもながら大変丁寧で素晴らしい。あなごのたれのかけ具合も、きちんと計算されている。

ところで明日は母の命日である。31日の今日あたりから、あの世とこの世の境目に入り初めて、日付が替わって間もなく旅立った。
もう2年なのかまだ2年なのか、どちらにも思えるけれど。
自分が生きている限りハロウィーンが来る度、あの日病室で母を見送った時のことを思い出すのであろう。そういうことの積み重ねが人生というものなのかもしれない。

| | コメント (2)

2016年10月29日 (土)

土日の瞬発力


遅い朝ごはんのあと、ご馳走食べるから控えめにしなきゃと思いつつ。551のぶたまんをぱくり。

今日のスケジュール、実は①猫の通院(1号のアレルギー)②農大の学園祭③京都の呉服屋さんの展示会④ホームパーテイ
とみっちりのはずだったのであるが。
寝坊した上に1号のアレルギー湿疹が小康状態で気が緩み。(ステロイド注射は極力避けたい。)
結局だらだらと過ごして、病院も農大も展示会も行かず仕舞い。最近土日の瞬発力が落ちてるけれど。
まあ、こんな時期もあるよね。

| | コメント (0)


YK会定例会に参加。

前職のOB会にして、平均年齢70代の『愉快な仲間の会(略してYK会)』。
月一の定例会の他、毎年参加させていただいている鰤の会などをされているのであるが、私の退職でありがたいことに女性初の正式会員に認定頂いた。

会の親分Tさんのお宅にて、楽しい会食となった。Tさんの奥さまは商社マンの妻として海外経験も長いため、ホームパーティの仕切りも素晴らしい。お料理もおいしく、さりげない気配りで明るく会を支えるまさに女の鏡のような方である。

以前にも何度かうかがっているTさん宅は昭和の邸宅という風情でとても落ち着く。入ってすぐの間には、長い海外生活で買ってこられたと思われる品々が飾られている。この部屋に入る度、ずらりと並んだ象の置物を見るのを密かな楽しみとしている私。見ている時はいつも、お金持ちの親戚のおじさんの家に遊びにいった小学生のような気持ちになっている。

葉山にお住まいのメンバーさんが、すばらしく美味しいケーキを人数分もっていらして、お目当てのケーキをぱくりでご満悦であった。

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

料理リハビリとしての弁当


今日もお弁当。551のシュウマイと、阪神百貨店で買ったちりめん山椒。畑のかぼちゃに青菜のごま和え。おべんと、いいわあ。
最近あまり料理をしなくなってしまい、作れなくなってしまったような気がしていたので、料理リハビリにも良い。ま、大したものは作ってないけど、献立の組み立ての訓練になる。

午前中は半休で、免許証の再発行のため鮫洲に行ったら、劇的に美しく建て替わっていてびっくりした。今思い返すと昔の鮫洲は、昭和の映画のセットみたいだったもんね。

| | コメント (0)


届け物があり、帰り道後輩の職場にいくと、高崎市のイベントをやっていてだるまがいっぱい。懐かしいねー!前橋勤務時代は毎年だるま市に行ったものである。

『目標達成 大願成就』
『開運吉祥 家内安全』
『厄難消除 家内安全』
どの願い事が書かれただるまを買うかというと。
昔なら目標達成だけど、今なら開運吉祥かな。今厄難はないと信じたい。

| | コメント (0)


そのまま大手町のとある蕎麦屋で後輩と一杯。カツ煮がうまい。この店いいなあー。定宿になりそうだ。

ところで蕎麦屋でカツ煮を食べると、8年前に亡くなった上司を思い出す。とても素晴らしい方だった。

「その人が今の私を見たらどう言うだろうか。」という『目』を持ちながら仕事をしていくのは大切なことのように思う。

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

久々の関西出張


やったー!今日は久々の関西出張です。実に10か月ぶり。
毎月来ていたときは、面倒だなあー。。と、いつも少し暗かった(仕事の内容も)のだけれど。

出張が決まった瞬間から、見慣れた街並みの面影がちらちらして、自分がいかに関西が好きかを思い知らされた。

まずは新大阪の浪速そばで、わかめそばかっこんでお仕事開始。

| | コメント (0)


大阪で二軒顧客訪問したあとは神戸へ。居留区にある会社に向かう。神戸は何度か来たとこあるけれど、この地区は初めてだ。
すごく素敵な街並みにびっくりしながら歩いた。

| | コメント (2)


三宮駅前の鶴橋風月にて。牛筋ねぎ焼き。

大阪に戻るため駅まで来たけれどお店のあてもなく、あれこれ眺めていてふと目に留まった店。焼きにすごく時間がかかったので少し焦ったけれど。とても美味しくて満足。駅弁食べて名古屋に向かっているであろうH君にも食べさせてあげたかったなあ。

| | コメント (0)


仕事の打ち合わせで、前職の会社にやってきた。

またこの景色を見るとは思わなかったなあ。懐かしいだけでなく、この景色を見ながら辛かったこと楽しかったこと様々が思い出される。
でももう全て終わったことだと思うと、何やらほっとするのである。

| | コメント (0)


新大阪駅地下にて、後輩女子と一献。メニュー見た瞬間から決めていたらしい『飲み比べセット』はわたくしではなく後輩女子のオーダー。

昔同じ部署で今は転職した彼女のことがとても気になっていた。
前職時代はあまり一緒に呑むことはなかったし、性格も全然違うのだけど。なんとなく『同じにおい』のする子だなと思っていた。だから大阪行きが決まったとき躊躇いなく連絡を入れた。

元気そうな様子を見てとても嬉しい。私も彼女も前職における『人材に対する嗜好性』から少し外れていたのであるが。
世の中捨てる神あれば拾う神あり。人間万事塞翁が馬ともいおうか。まあ人間ってきっと、どこででも生きていけるのである。

今度はもっとゆっくり話したい。関西旅行でも企画しようかな。

| | コメント (0)


しかし食欲を押さえすぎたか飲みすぎたか。
新幹線発車までのわずかな時間でこんなものを買い込んだことを告白しておこう。今日うかれて食べ過ぎだよ、お前。(涙)

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

むかし手習い、いま学習


外出がない日はお弁当で、お金とカロリーの節約を開始。
初回は畑でとれたものばかりの超ローコスト弁当。お米は関わっている新潟の田んぼのものだし、奈良漬も自家製。
肉団子は昨夜、ワークショップの打ち上げの残り物。

| | コメント (0)


虎ノ門大阪屋砂場にて。着物のまま先日食べたかったねぎ丼、ご飯少な目をいただく。
ねぎ丼というよりは鶏どんだね。ちょっと甘めのたれ。

野菜丼というのもあり、聞いてみたら野菜天丼なんだそう。砂場は母の好きだったお蕎麦やさんだけど、ご飯ものも多様。早めの着付け教室の晩ごはん、しばらくはここに決定だ。

| | コメント (0)


祖父か叔父さんの泥大島の仕立て直しに、虎ノ門丁子屋オリジナル染め名古屋帯。
ようやく名古屋が結べるようになった!コーディネートもほめられたぜ、いえーい!(いえーいは古いか。)

「他装(人に着せること)をやって、ようやく名古屋帯の構造がわかってきたら、結べるようになりました。」と先生に言うと、
「昔は先生の手の通りに『なぞって』覚えたものなのだけど、いまの人は『構造を理解』して覚えるのよ。だからあなたも『いまの人』ね。」と言って笑った。なるほどなあ。

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

マハラジャでピンドン


江戸橋の松月庵にて、山菜そば麺少な目。ただいま茅場町界隈で絶賛イチオシの蕎麦屋。

昨日午後訪問した顧客と部下が飲んできたらしく朝イチで報告を聞いた。

「りきまるさん、きのうお客さんに聞かれましたよ。『あの人、いくつ?50歳くらい?』ですって。」

ほうほう、5歳は若く見られるけど、さすがに40代にはみられないのねー。(注、当たり前です。)

「だからちゃんと言っておきましたよ。あの人55歳、バブル絶頂期経験者ですよ。バブルの頃、お客さんとマハラジャのVIPルームでピンドン開けてたんですよ~。って。」

「でもそれ、マハラジャっても前橋なんです!」

めちゃ受けたそうで。
ついでに20代のH君には呪文のごとく意味がわからぬ言葉だけれど。「ジュリアナより昔ですか?」と聞かれ、老いを感じましたさ。

宴席に楽しい話題が提供できて本望である。くっすん。(涙)

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

全部のせで〆る夜


昼前、ミッドタウンで顧客訪問。そのまま、場所の割にはお手頃なお店でランチ。

野菜カレー、かりっとして美味しいけどカロリー考えたら、茹でたまま出してほしいな。

| | コメント (0)



あー、秋ですね。
快晴の空とハロウィンの飾り付けに秋を感じます。

| | コメント (0)


師匠宅にて、元上司二人と飲む。このメンツで飲むと、気が緩むことこの上なく。

最近あまり酒飲まない私としてはしたたか酔っぱらって、ヘロヘロになり、やばいパターンに突入。

| | コメント (0)


あーあ。。(涙)
一人、恵比寿にてラーメン(麺半分なのに具全部のせ)。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)


上、朝ごはん。ドライフルーツの水煮と、削り節、きざんだ三つ葉、おろし生姜、味噌を入れてお湯を注いだだけのおみおつけ。フルーツに入っている白いのは、一晩水につけて皮を剥いた生アーモンド。ただいま私の絶賛好物中。
下、小腹がすいたので10時のおやつ。お握りと白湯。

じりじりっと体重が戻りつつあるので警戒中。

| | コメント (0)


午後は渋谷青山乃木坂とひたすら歩く。免許証の再発行まで車が使えないのだけれど。徒歩や電車でこそ見える風景も楽しい。あ、これって大きな会社をリタイアした感覚と似てるかも。
まあ、それでも飢えないで済むのだから、豊かな国に生きるありがたさをつくづく感じるのだ。正確に言うと、豊かな時代に社会人人生を過ごせたことにだろうかね。
今の世は格差も大きく、国や企業の豊かさの分配にあずかれない人達がたくさんいるのだ

乃木坂駅でこんなポスターを見つけた。
残念だなあ。この日この時間は無理だ。
歩いていて素敵なボサノバが流れる夜なんて、ちょっと素敵だけどね。

| | コメント (0)


たくさん歩いたせいか疲れてしまったので、買ってきた酢豚と若芽で晩ごはん。
三陸の早採り若芽というのを買ってみたら、とても柔らかくてすべらかで驚いた。

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

大人のための人生入門


八丁堀の七彩にて。
煮干しじゃない方の醤油ラーメン。結果的に私はこれで正解。

その場で打っている少し幅広の手打ち麺がすごく美味しくて、また来ようと思ったら。
出るときには大行列。

にしても最近、麺ばっかり食べてるなあ。小麦に太る体質なので大概にしないとね。

| | コメント (2)


久しぶりに銀座に行くと、建て替わった四丁目の日産ショールームが完成していた。
淡い紫の光をまとい、なんとも色気のある風情。

| | コメント (0)


実に久しぶりに劇場で映画を見た。シーモアさんと、大人のための人生入門。
ピアニストから教師の道に転向した彼の半生を追うドキュメンタリーだ。

いちばん心に残った言葉は。。
こころにとどめて内緒にしておこうっと。

| | コメント (0)


映画館を出てしばし散歩。
不況の波とインバウンドに荒らされまくった傷痕の残る銀座であるが。
そこここに銀座らしさは健在で、やはり東京で一番大人で一番好きな街だ。

映画の中でマイケル・キンメルマンが時に厳しくシーモアさんに迫っていた。
その中の質問のひとつにシーモアさんははっきりと答えていない。
演奏家としての絶頂期に転向した事に対して、「演奏家としての人生を究めるべきではなかったのか。あなたは逃げたのではないか。」というものだ。

それは長年周囲から『会社初の女性執行役員になるんじゃないか』と言われ続け、今ここに至る自分に百万遍問いかけた言葉でもある。

人にはそれぞれ与えられた役割があり、人は本能的にそれに気づき、なすべき道を選ぶものなのだ。
シーモアさんには、演奏家として究めることが、その先なすべき事のために必要だったけれど、極め尽くすことは彼の人生ではなかったんだろうな。

そんなことを、懐かしい銀座の街を歩きながら思っていた。

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

懐かしい松月庵


名古屋駅新幹線ホームのきしめん住吉でお昼。。と思いきや、まさかの大行列。
今日はきのこきしめん。ここのは東京では考えられないほどほどきのこたっぷりで、松茸も入って500円。
食べ終わると列は3倍に、10メートルを越してました。いつの間にこんな人気になったんだ。

| | コメント (2)


去年転職活動を開始する時、一番最初に話した友達と一献。お店は15年前近くの営業部門にいた頃よく通った八重洲の松月庵を指定した。
なんの変哲もない(失礼ながら)、昔ながらの町のお蕎麦やさんなんだけど、つまみが好みで常宿のように夜は通っていた。

| | コメント (0)


懐かしの松月庵王道のつまみ。白滝のぴり煮、コロッケ、中落ちっぽくない中落ち。
友達がアジフライときのこそばもたのみ(そば1/3ももらった)、お腹いっぱい。
どれも出てきた瞬間「げげっ!」とドン引く量で、昔はこれに、ゴーヤチャンプルとかも食べていたんだから、ほんと肥えない理由が無いわけだ。

| | コメント (0)


店を出て昔のように、桜通りを歩いて帰る。
15年の歳月が経ち、桜もずいぶん見事になったな。昔はひょろひょろだったのに。

| | コメント (0)

おまけというか番外編


駅に貼ってあったポスター。
何というか、尾張名古屋の文化は独特で、赤味噌のごとくこゆい。

『やっとかめ』 愛知の人以外で意味を知ろうはずもないこの言葉を堂々ポスターにするんだもんなあ。
名古屋文化って東京では『(笑)』的なニュアンスで語られることも多いけれど、こんなところに名古屋人のプライドの高さを感じてしまうのだよね。

ちなみに名古屋愛半端ない元部下デブ君にきいた『やっとかめ』。
「やっとかめだがね。」と使い「ひさしぶりだねー。」と意味だそうで。
Google先生によれば、やっとかめを漢字であてると『八十日目』。人の噂も七十五日、それを越えるほどの日数ってことなんですと。

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

懐かしき大阪


昼は有楽町の東京ビルで友達と。二人とも体重の気になる世代ゆえ、友達:サラダランチ、わたくし:スープランチ。

来週久々の大阪出張が決まったので、昔の上司の秘書さんに連絡してアポイントを入れた。ほどなくしてご本人から携帯に連絡いただいた。
気さくな会話に懐かしい関西弁。あー、なんかいいなあ。大阪のオフィスや街角を思いだし、懐かしさに胸が一杯になった。

| | コメント (0)


神保町のどまん中にて。前職の先輩や同僚たちと一杯。
ふるさとの上場企業に転職した友達は、夏前に退職しわずか1ヶ月で見事再就職を果たした。
生き生きした様子からは想像もつかないが、最初の転職先では本当に大変だったそうだ。私とは違うタイプの苦労話を聞いた。

「でも大丈夫!りきまるさん、最後は必ず良いことがある!」
と言われたことを信じることにするよ。

| | コメント (2)

2016年10月18日 (火)

美味しい蕎麦屋のあるしあわせ


我が家のあるエリアは長らく『美味しい蕎麦屋不毛
地帯』で。蕎麦前の一杯をこよなく愛する私はずっと寂しい思いをしていたのであるが。
今宵ついに新しいお店が開店しているのをみつけ入ってみた。

お通しの鶏肉を一口食べて、はっと目が覚めるほど美味しい。

| | コメント (0)


暖かい出汁がほしくてかけ蕎麦にした。かけ蕎麦は太打ち。とてもいい出汁、いいお蕎麦だ。
開店祝いのお花に、山の手の有名店の蕎麦屋の名前があったから、そこで修業をされたのかもしれない。

転職して給料が下がったんだから、そろそろ給料に見合う生活にしなくちゃいけないんだけどねえ。外食は控えようと思っていたんだけれど。

こんな素敵な蕎麦屋のカウンターで一人、蕎麦前を楽しめるかと思うと、それだけですごく幸せになった。

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

BOSCHカフェ


昼前、原宿で顧客訪問。
もっと色々あるってのに、九州じゃんがらラーメンで東京じゃんがら角煮のせを食べた。
うっかりスープを結構飲んでしまい、午後のどが乾いて閉口した。太って見えるのはむくみであることも多いので、最近むくみケアはすごく気を遣っているのである。

| | コメント (0)


夜。渋谷での用事を終えて、またBOSCHカフェにやってきた。

| | コメント (0)


ミネストローネとビール。
いやー、ほんと快適。シンプルで明るい。

口にすると何やらスピリチュアル系な感じだけれど、最近暗い『気』の立ち込める場所に身を置くのを好まなくなった。
だから徒歩3分の茅場町駅を使わず、外出の時はわざわざ10分歩いて日本橋を使う。
「だって茅場町駅、暗いんだもん。」とわがまま言う私に、いつも部下たちは付き合わされて。誠に迷惑な話であるね。ははは。

| | コメント (2)

2016年10月16日 (日)

餌をくれるよオーラ


渋谷のカフェにて、ファラフェルサンドとダージリンティー。ひよこ豆のコロッケファラフェルは、揚げたてあつあつ。
ここ、すごくいいなあ。

| | コメント (0)


渋谷のcafe 1886 at Bosch、通称BOSCHカフェにて。素晴らしく居心地がいい。もう少し時間がある時なんかに、ゆっくりと時を過ごすのに最高だ。

| | コメント (0)


あまりに色々あるんで母の墓参りにいった。
弟の帰りを待っていた黒猫が、ハロウィンのオブジェのようだ。

| | コメント (0)


実家をあとにして、虎ノ門ヒルズに向かう。
メゾンカイザーでキャラメルパイを、TORANOMON COFFEEでラテを買ってベンチに座ると、即座にすずめが飛んできておねだりされる。
『この人は餌くれるオーラ』でも出てるのかいな。
パイのくずを投げてあげるときりなく食べる。

| | コメント (0)


あー、またいつか小鳥を飼いたいなあ。
祖父母が小鳥やを営んでいたので、子供の頃は自宅にいつも、文鳥やインコがいたのだ。

| | コメント (0)

2016年10月15日 (土)

なんとなくぼんやりの土曜


朝、忘れ物センターに電話するが出てこない。
久しぶりの快晴だけど、なんとなくうつうつと過ごす。

届いた本を読みながら、買ってきたたこ焼きでお昼。
確かに「ソース、多目ね。」とたのんだけど、限度ってもんがあるよなあ。とほほ。多目のソースは少しケミカルな味。

| | コメント (0)


夕方所用で渋谷へ。
疲れて料理をする気になれないので近所で一杯。

昨日の狼藉の解消のため、酒もつまみも少な目だ。

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

今日は超絶厄日なのの巻


予兆だったのかなあ。
昨日いつものように朝、窓を開けようとしたら「ぱらりーん」とサッシの取っ手が外れたのである。ひえー。。

| | コメント (2)


大好きな虎ノ門ケルンで、弟に借りた金でランチ中。

実は朝、メッセンジャーの乗っ取りに気づき、慌ててアプリを削除したりしていたら。品川駅でハンドバッグを網棚の上に置いたまま降りてしまったのである。
すぐに駅で申告し、東京駅で車両を探してもらったが見つからない。

手元にあるのは出張バッグと個人スマホ1台の文無しだ。今日は名古屋で6社のアポが入っている。とにかく家に帰って新幹線代を持ってこようと、交番でお金借りて自宅に戻ったところで、鍵もない事態に気づいた。

もう一回交番でお金借りて弟んちに行って自宅の鍵と金を借りた。
くたくた、そしてはらぺこ。一文無しはコーヒーを飲むことはおろか、電車に乗ることもできないのだ。当たり前の事実にいつになく動揺する私であった。

| | コメント (2)


新丸ビルのmusmusで飲んだあと、銀座のはしごで餃子+さんほん麺、麺半分で散々な一日を締め括った。

会社のスマホの位置情報を調べてもらうとどうやら秋葉原駅にあると言われ、安心して駅にいくがどこにもない。と言うことは盗難にあってバッグはどこかに捨てられているのである。

ふと、免許証と自宅の鍵が一緒に入っていたことを思い出し慄然とした。泥棒に入られていたら。猫も大変である。
飛んで返ると自宅は無事だったが、怖くて外出もできない。
管理会社に連絡して、早速鍵を交換した。

夜、大手町で打ち合わせをしていたら、知人たちに飲みに誘ってもらった。明るい人たちとたくさん笑って、すごく救われた夜。神様っているのかな。さいごにありがとうございました。

| | コメント (2)

2016年10月13日 (木)

昼夜麺の日


大塚の鳴龍にて麻辣担担麺。
ここの麺、すごく好み。醤油ラーメンも美味しそうで、全種類制覇したいな。

部下のKさんは美味しいお店を探すのが上手くて、同行したときに楽しい。

| | コメント (0)


着付け教室にパンプスを忘れてしまったので、受け取りに行った帰りに虎ノ門砂場で盛りそば、麺少な目。
一昨日も盛りそばだったんで、葱丼とかにすればよかったとお会計の時にちらりと後悔。

| | コメント (0)

2016年10月12日 (水)

好みの居酒屋


チームのキックオフミーティングのあとは宴会。淡路町のみますやにて。
この店のたたずまい、サイコーに好み。

| | コメント (0)


みますやにて、チーム懇親会。といっても過疎の村の分校の卒業式みたいなささやかなものなのだけど。
料理は写真写りが今一だけど、どれもとても美味しい。オッサン居酒屋なのに女子トイレがちゃんとしてるのもいいなあー。

したたか酔っぱらって、家に帰っても食べてしまった。とほほ。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

番外編 : (*T^T)


今朝の3びき。
ラブラブカップル+1(*T^T)
こっ、こらえてくれ!2号!!

| | コメント (0)

誉められて育ってます


外出の帰り、OOTEMORIの鳥勘助で釜飯。
味はいいけど、鶏肉がブヨっていて小松菜が筋っぽいのがちょっと残念。まあ基本的に国内でしっかりした鶏肉をたべようと思ったら、結構なお金を出す必要があるので仕方ないのですが。

| | コメント (0)


夜は着付け教室。
帰りに所用で人と会い、教室の近くでお蕎麦を食べた。
着物姿を誉められると、ちょっとはげみになるなあー。

| | コメント (0)


本日のお稽古着。母の紬+祖母の絞りの羽織で、私が着るには裄が足りず仕立て直した帯。
箪笥の中で一番「これはイマイチでしょう。。」と思ったふたつが、いちばんお気に入りの着物になりマッチする組み合わせになるから、着物ってやはり洋服のコーディネートと全く違って、不思議で楽しい。

| | コメント (4)

2016年10月10日 (月)

牛肉解禁


朝から伊勢原に。来年は止めようと思っていた畑。もう一年、継続することにして、春収穫予定の種や球根を植えてきた。→クリック

| | コメント (0)


ものすごく久しぶりに、景気づけにステーキを食べた。
アーユルヴェーダでは牛と豚は消化の悪い食材なので、しばらく自粛していたのであるが。

ちょっといいワインもあけた。何に乾杯かなとふと思ったけど、昨日ラーメンるんるんのおやっさんから言われたゲンを担いで、『これからあげあげとなる予定の運気に』ってところかな。
ああっという間に連休は終わった。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

ラーメン屋で浜松餃子


朝食は先週収穫したすいか。
ちょっと未熟だけど十分甘い。

朝からどしゃ降り。
今日は三島の美術館に行こうと思ったけど、予定は順延。

| | コメント (0)


昼は昨日入れ換えた賞味期限間近な非常食でカレー。
野菜はおみおつけで摂取。

| | コメント (0)


ラーメン屋るんるん(改めて見返してもひどいネーミングだ。)@浜松駅前にて。半ラーメンと餃子。
先月から月イチでアーユルヴェーダの講座を受けに、浜松に通っている。一体全体自分、次どこにいくんだよ。。ということはちょっと置いておいて。
駅前の有名店は軒並み、行列とか閉店していて。何の期待もなく入ったのに、これがえらくウマイ。
奥の神棚の横に競艇選手のサインがずらり。何でも「○○君(有名選手らしい)が、無名時代に店に来てから勝ち進んでいったんで。以来選手たちがゲンをかついでやって来るようになった。」んだそうだ。
ここの所ろくな事がないので、おじさんに「運気上がるよ♪」と言われたのをちょっと信じてしまう私である。

| | コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

番外編 : 偉そうなねこ


目が覚めると、2号がものすごくエラソーに添い寝していた という朝。

ばんざーい、連休だー!

| | コメント (0)

自慢にならない得意料理


昼は焼きそば。
今日はのんびりを決め込んで、たまった本を読んだり録画したドラマをみたり、自宅で過ごす。

| | コメント (0)


豆苗ともやしのソテー
サラダ玉ねぎの梅酢かけ
鰈の煮付け
数ヵ月ぶりに生活クラブのデポーにいくと、鰈が安くなってたので煮付けにした。自分で言うのもなんですが、私煮魚が得意。レシピとかみなくても味がぴたりと決まる。
あまりに地味すぎて、人様から羨ましがられない得意料理だけれど。

非常用食料の賞味期限をチェックして、生活クラブやオーガニックショップでレトルト品などを買い足した。非常時をイメージしながらあれこれ選ぶのは楽しい。
実際に使う時が来ないことを祈るけれど。

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

お気に入りの蕎麦や発見


江戸橋松月庵にて。山菜そば。茅場町界隈の蕎麦やは色々試したけれど、ここが一番だ。
今日は中央通りをオリンピック選手がパレードしたらしく、周辺道路は3.11直後並みの大渋滞。茅場町のランチ場も大混雑だった。

午後は評価面談。何十回やっても楽しくない仕事だ。するのもされるのも嫌だけど、サラリーマンでいる限り逃れることのできない宿命みたいなものである。

| | コメント (0)


着付け教室の帰り道、花たろうで一献。花たろうの煮物はいつも芸術的でしかも美味。

今回から、ひたすら名古屋帯のお稽古に変わった。名古屋、半巾、袋と一メニューをつきつめて、お免状をもらうのである。
永遠に覚えられないと思っていた名古屋帯が、最近すこうしだけコツとかやり方がわかってきて、頂くお酒がなおさらウマイのう。

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

拠点マネージャー宴会


夜、東京営業所初のマネージャー宴会。私の発案なので幹事を買って出た。
大好きな鳥徳にしたのだけれど、残念ながら本館で席がとれず向かいの新館。あの昭和な趣を皆さんに味わって貰いたかったんだけどなあ。

役員が帰ったあとは、10人全員一人も帰らず二次会に行き盛り上がった。
ベンチャーだし忙しいし、みんな質素な生活を好んでいるけれど、こういう場ってやっぱり必要だと思うなあ。役員がにこにこしながら「半年にいっぺんくらいやりましょう!」というのを聞いて、「んな先かよ!!」と心で突っ込んだ私でした。

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

苦労は買ってでも


茅場町のきよ川にて。鳥なんばんそば。

朝イチに、Facebookの『過去のこの日のあなた』という機能で、去年の今日の投稿を見た。

大阪出張で朝そばを食べていて。そのあとの会議は自分の社会人人生で多分一番の屈辱的で絶望的なものだったのだ。

あー、それに比べれば今は天国!(あくまでも当社比。)苦労はしとくもんだね。

| | コメント (0)


少し遅くなったけれど、自炊。海老とししとうと黄ズッキーニのソテー。

最近ちゃんと料理してないので、料理の作り方忘れちゃったなあ。

| | コメント (0)

2016年10月 4日 (火)

私の目指す場所


火曜日、あまり愉快ならぬことがあり、珍しく午後は意気消沈していたのであるが。

夏前から参加しているワークショップが、初心とか、そもそも自分が目標としていたことを思い出すような、とても心に響くもので感動した。そしていまの自分に足りないこともたくさん自覚することができた。

終わって懇親会。
熱燗をたのんだら、黒龍のとっくりに入って出てきた。このとっくりがなかなか素敵。

| | コメント (0)

2016年10月 3日 (月)

ベトナムつけ麺


六本木ヒルズの地下で、ベトナムのつけ麺。
味はまあまあなんだけど、汁がぬるいのがいただけぬ。冷たいか暖かいかどっちかにして欲しいなあー。

午後イチの仕事は、とある企業への提案プレゼン。
びしっと決まったとは言い難いけれど、次への宿題もとれたのでなんとか足掛かりにしよう。

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

プリンター事始め


『行こうと思うと雨』が続き、1か月ぶりの伊勢原。荒れ果てたわりに収穫もあり。
そんな畑の様子はこちら。→クリック

| | コメント (0)


夜は軽くと、買ってきたかっぱ巻きでごはん。かっぱ巻き、もう少しきゅうりを多目にして欲しい。なんか余計にビンボーくさいよ。

夜、ずっと先のばしにしていた資料を作り、プリントしようと試みた。実は必要にかられて、生まれてはじめてプリンターというものを買ったのであるが。
邪魔だし、印刷した紙を整理したり置く場所も必要になるからほんと面倒。

設定に苦労して印刷し終えると、結局夜中の2時近くになってしまったよ。とほほ。

| | コメント (0)


収穫したすいかをデザートに頂く。

こんなにちっちゃいのに、ちゃんとちゃんとすいかでびっくり。

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

久々のトルコ料理


蕎麦とひやむぎの相盛り。
久々のゆっくり土日をしみじみ味わう。

母の三回忌のスケジュールをおさえて、弟たちに連絡をした。
久々に上の弟と長電話。
「ねーちゃん、はじめての転職はやっぱ、うまくいかなくて当たり前だから。気にすることはないよ。」
「週休二日を経験してしまった人はさ、土曜出勤に耐えられないからだになってるのよ

とか言われて、なんかちょっとほっとしたなあ。

| | コメント (2)


阿佐ヶ谷のizmirに元部下と久々に訪問。
ここのフムスをエキメキ(パン)につけて食べるのは絶品で。うっかりするとメインを忘れるほどがっついてしまうのである。

前職の色々な話や、部下の悩みを聞いていると、私が去る前にあった問題はそのまま残っていて。
息苦しく感じていた当時のことを、リアルに思い出したりした。

それにしても。
人の悩みというものは、時代も性格も越えて共通なのかねえ。。話を聞いていたら、隣にいるのが部下でなくて、20年前の自分の相談に乗っているようだったよ。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »