« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

着物と私


部下にちょっとめんどくさいことを頼んだので、お昼をおごる。兜町の入金にて天ぷら定食。相変わらずここの定食うまい。でもオーダーの時ちゃんと「ご飯少な目。」コールをしないと、どんぶり一杯のご飯を食べてしまうので大変危険な店でもある。

| | コメント (0)


今日は着付け教室。この場所は一帯開発で大きなビルに生まれ変わるそうで、今日を最後に仮店舗に移転する。
去年の夏休み、スーツケース一杯に着物を詰めてこの帳場に来て「この着物、着られるようになりますか?」と相談したのが懐かしい。

店の入り口に七夕の笹があり、常連さんがメッセージを書いていた。私も感謝を込めて『丁子屋と着物に出会い、私の生活はとても楽しくなりました。』と書いた。願いごとじゃないけれど。
祖父の家から運んだごちゃごちゃだった桐の箪笥は、今きちんと整理され、小物含めていつでも使えるセットとして整備された。代々家に続く着物を整えられたのは本当に幸せだ。まだ一人じゃまともに着られないんだけどね。

お稽古は寸法とり半巾帯。着物の仕組みを教えていただく。浴衣と下駄で帰ったが。和装ブラジャーを忘れてしまい、補正で軽く胸を押さえただけのノーブラだ。とほほ。
それにしても。ちゃんとした着物を着ると浴衣は抜群に楽チンで、大袈裟だけどTシャツ短パンな感じです。

| | コメント (0)


着付け教室が終わり、虎ノ門の花たろうで一杯。
つき出しのホワイトアスパラ
万願寺焼き
鳥の塩焼き
牛筋はサービス。
カウンターで一人、浴衣姿でぐびりとやっているこのおばさんが実はノーブラだと、周囲の誰が思うだろうか。人生とはわからないものである。いや、人生語るほどのことでもないけどね。

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

古今のお弁当


馬喰町の古今のお弁当を目当てで、大手町の3×3らんちーずに参加。
古今のお弁当、温かくて抜群にうまい。

| | コメント (0)


ちょっと一杯気分ならぬおにぎり食べたい気分で、いつもの居酒屋に寄る。
ふんわり握ったここのおにぎり、大好き。

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

昔の食行動


丸の内オアゾ地下の屏南にて辛い麺を食べる。久々でうまい。
昔みたいな生活(昨夜の宴会)をすると、昔みたいな食生活に戻ってしまう気がするなあ。

| | コメント (0)


ちょっと乱れた食生活は夜で調整しよう。
コレド日本橋のえんにて、じゃこと生ゆばのお茶漬け。

こういう理性がはたらいているせいか、体重減少は順調で退職時から6kg減。あまりひもじい思いはしていないし、我ながら健康的に体重が落とせていてアーユルヴェーダの教えもなかなかである。

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

ポテトフライとサワークリーム


茅場町の鶴亀庵にて。
鱧と季節の野菜天ぷらそば。
たっぷりの鱧天ついて、なかなかいいお蕎麦で1000円は安いなあ。

| | コメント (0)


午後、営業本部の会議のあと全員で懇親会。若い子達が色々レクリエーションを工夫して、とても楽しい。
場所は東京証券取引所の隣、ヴァション/シアトルズベストコーヒー 。
最初に出てきたポテトフライにサワークリームがかかっていて。このサワークリームとの組み合わせが、マヨネーズよりも美味しくヤバい。

一次会で帰ろうと駅に向かっていると部下から電話が入り、近くの蕎麦屋の二次会に合流。
結局バラバラとみんなその店に集まり、賑やかに深夜まで飲んで騒ぎ。入社して一番の楽しい宴会だった。

でももうこのテの宴席は体がもたん。昔は毎晩だったんだから、若かったよなあー。

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

テンちゃんの卒塔婆


今日は実家の檀家の寺でお施餓鬼の法要に参加。
地獄、餓鬼道、畜生道に堕ちた人々に回向を向け極楽に救うという考え方が優しくて気に入っている。

併せて毎年ご先祖三家の卒塔婆をお願いするのだが。
幼馴染みのご住職が、先日死んでしまったテンちゃんの卒塔婆を「サービスしといたよ。」と立ててくださった♪猫の卒塔婆、初めて見たなあ。

なみあむだぶうー。ありがたいです。

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

私と似ている子


土曜だけれど、仕事で終日名古屋。会食までみっちりついて、ヘトヘトで一日が終わる。

帰りの新幹線でワインを飲もうと売店で買ったら。
ホームのベンチに座るなり部下(注.女子)が、
「あーあー。疲れましたね~!」と社章を外してプシっとワインを開け、プラコップに注いだ。
「ええー!ここですか?!(笑)」と付き合う私。
何だか20年前の自分と一緒に仕事してるみたいだなあ。

ところで最近新幹線での移動に耳栓を愛用している。
何でもアーユルヴェーダ的に飛行機や新幹線に乗るとヴァータというのが乱れると聞き。現在ヴァータが乱れまくっているのを治療中であるから早速試したのである。

これが摩訶不思議で、降りた後の疲労感がぜんぜん違うのである。音だけでなく振動も耳から入るというから、そう言うものもカットできるのかもしれないね。出張の多い方、是非お試しを。品川でしたらecute迎いのコンビニでも売ってますよ。

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

反省


茅場町の鳥徳にて、鳥鍋。
ここのご飯はつやつやで本当に美味しい。最近の定食屋ではそのあたりでコスト削減しているところも多いから、貴重な昼飯やである。そしてうまくていつも少し食べ過ぎる。。

| | コメント (0)


大手町の3×3Laboにて、異業種交流会に参加。
普段会わない業種の人と話すのは楽しいけれど、とりわけオランウータンの研究者の方の話は興味深くて心に残った。

しかし帰り道、メールと電話で弟とレベルの低い喧嘩をしてしまい、弟をえらく傷つけてしまい誠に後味の悪い週末。仕事でも「そんなあ。。」な事態も起きたので、今日は運気の渦の谷間に巻き込まれたような1日だったのかも。反省もしきりである。

| | コメント (2)

2016年6月23日 (木)

銀座散策


ドライフルーツと生アーモンドを前日の夜に水に浸けておいたのを、朝食にいただく。
生アーモンドはつるりと皮がむけて、口当たりがよくなり、ドライフルーツも水っぽくなるかと思ったらみずみずしくなり大変美味しいのである。

| | コメント (0)


有楽町の泰明庵にて。わかめ蕎麦といんげんのお浸し。

月一で有楽町に用事があり、アジェンダ閉店以降足が遠退いていた銀座に出没している。
今日は新しくできた旧数寄屋橋阪急跡地の商業施設に行ってみた。地下の生活雑貨などのコーナーがえらく楽しい。今度もう少しゆっくり回ってみよう。

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)


研修をしてくれた講師とうちのメンバーと、新丸ビルのmus musで軽く飲む。

若い人たちで運営している会社ゆえ、それぞれの思いをセーブすることなくぶつかり合うことも多く。

それゆえギスギスすることもあるのだけれど。
根っこにある思いは本質的には変わらないのではないかしら。
そんな風に思ったりしている私がこの会社に居たことの価値が、少しでも残るといいな。私が居なくなったあと、三日月より細い傷のように、自分の足跡を残せるといいなー  なんて考えながら帰った。

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

着物文化の伝承


たっちのお店でランチ。
あ、本物のたっちではなくて、『たっち+各15歳+各20kg』なにーさん達が、ちょっと不器用に切り盛りしているお気に入りの定食屋です。

| | コメント (0)


丁子屋の在庫セールを見に行った帰りに、虎ノ門の花たろうで一献。

丁子屋やの女将さんは、和服文化の伝承に心血を注いでいる方だ。それでいて優しく教えてくださるので、いつまでもお話をお聞きしたくなる。

着物は母から娘に受け継いでいくものだし。
私には娘はいないけれど、姪っ子なのか誰なのか、まだ見ぬ誰かに着物を引き継ぎ文化を受け継ぐつもりで、いつも居ずまい正しておはなしをお聞きしているのである。

| | コメント (0)


伝統ある芝教会も建て替えの憂き目に会うらしい。
母との思い出の場所が次々消えていくのは本当に切ないなあー。。。

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

パン焼きのプロ


日本橋のよもだ蕎麦にて。岩下の生姜天とカレーのセット。

仕事の情報収集のため、知人の会社に行ったあと、日本橋の立ち食いの名店で一緒にお昼。日本橋に3年も居たのに知らなかったです。
ものすごく混んでるけど、なかなかやるなー。。な店です。

| | コメント (0)


知人の奥さまはパン焼きのプロで、伺った際にお手製のパンを頂いた。
耳を切って食べたらすごく美味しいので、全部冷凍せずにまず晩ごはんで頂くことにした。

| | コメント (0)


トーストにアボカドディップと、タイム風味でソテーしたズッキーニをのせた。
あとは韮モヤシ炒めと、鰹の角煮。かつおはねこたちにあげたなまりの上前をはねたもの。
私も以前はよくパンを焼いていたけれど、最近はとんとご無沙汰である。(ベーグルとか凝ったものも焼いていた。)
こんなしっかりした玄人なパンが焼けたら楽しいよね。少し時間に余裕ができたら再開してみようかと思った。

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)


さくらんぼと白湯持って畑。

今日は大豆を蒔いたり、韮を植え替えたり。結局五時間もかかってしまった。

| | コメント (0)


万願寺唐辛子のじゃこ煮
ほうれん草のお浸し
スイートコーン
ズッキーニと浅蜊のソテー
短い週末を惜しむ夜。

| | コメント (0)

2016年6月18日 (土)

子供のころから変わらず好きなもの


牛タンみたいに、今禁止されている食べ物はその場ではとても美味しく感じるのであるが。翌日、胃が重かったり喉にひっかかる感じがあったり。
なので軽めのお昼で内臓にも休息を。

| | コメント (0)


梅干しの水が上がりたてでフレッシュなのをつまむのが何よりの好物。

子供の頃帰ると、ランドセルも下ろさずに梅干しに直行。母が、「あんたが帰ってくると、『カラーン』って甕の蓋の音がしたわねえー。」と、昔笑って話していたのを思い出す。

| | コメント (0)


質素に消化の良さそうな晩ごはん。
万願寺とうがらし焼き
ほうれん草と卵のソテー
冬瓜の生姜スープ

ほうれん草のソテーにナツメグを加えると、何とも美味しくて好きだなあ。

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

とんぼ返りで送別会


朝必死で起きて名古屋出張。

ガストで仕事仲間とランチ。
名古屋に行ってもいつも、名古屋らしい飯からは程遠い、しかもチェーン店で食事って何だかなあー。せめてコメダに入りたいよ。
せめて名古屋らしい飯ということで、海老ふりゃーつきランチセット。

| | コメント (0)


新人時代のトレーナーが退職されることになり、四ッ谷のたん焼き忍で送別会。
予約は全員揃うまで入れてくれないお店なのに、名古屋での打ち合わせが長引きまさかの遅刻。
慌てて行くと、そんな厳しくなくちゃんと中で皆さん飲んでいてほっとした。

日比谷バーに移動して、若き日を懐かしみ杯を重ねた。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

根津の宴会


浜松町のパラタンで久々にコールマンカレー。
10年くらい前、プロジェクトが破綻しそうになった時、久しぶりに本社に戻りやるせない気持ちで、食べていた頃が懐かしく思い出された。
随分遠くに来たように思います。

| | コメント (0)


師匠の参加している懇親会に参加して根津の車屋へ。
駅前の路地を入ると、それはそれは趣ある風景が現れた。

この宴会もかれこれ5~6年は参加させていただいている。
みんなでえらく盛り上がり、料理の写真はなし。

| | コメント (0)


久しぶりに酔っぱらって、近くの居酒屋で一人酒+炭水化物をやったもよう。

酒は魔物ですなあ。

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

梅仕事2016年、完了


日曜に収穫した梅。忙しくて全然処理できずにいたので、朝4時起きで作業。
左から
梅+千鳥酢
梅ウイスキー+黒糖
梅メープルシロップ
梅干し(紺のホーローポット)
青梅が少し黄色くなり、カリカリ感がなくなってしまったが。まあそれはそれでいつもと違う風味になるだろう。

ということで、梅仕事2016年、完了。ほっとしました。

| | コメント (0)


我が家でいつもお世話になっているペットシッターさんとご近所で飲んだ。

ペットシッターの草分けでもあり、それはそれはたくさんの動物たちに出会い別れてきた方である。
私もアニマルウェルフェアなど少々かじって支持している自称『動物派』であるが。
彼女の生き物に対する姿勢は私などをはるかに及ばぬ心からの暖かさを感じる。

料理はどれもとっても美味しかったけど、ビオが多いお店のワインはちょっと酸っぱかったな。

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

語学と帯結び


小網町の焼き鳥一斗にて。
1日限定10食と張り紙を見て試してみた。
入ってみたら、居心地はよいし、たれも好みの味だし、小鉢もサラダも美味しい。夜軽くつまむにもよさそうだ。
よい店を発見するのはなかなか楽しいね。

| | コメント (0)


丁子屋で着付けのお稽古なので、スープストックトーキョーでいつもの晩ごはん。

私の持っている着物は、紬、お召し、浴衣。つまり全て普段着だ。(たとえ百万円を越える結城や大島といえど、紬は普段着だ。あ、そんな高価な紬は持ってないけれど。)

訪問着や留め袖なら着付けの人にたのめばよいが、紬は自分で着られなければ意味がない。なので一生懸命なんだけどねえ。
どうも、語学と帯結びの能力は、人並外れて欠落しているように思えて、くっすんな夜なのである。

| | コメント (2)

2016年6月12日 (日)

久々の雨岳文庫


ここのところの朝の習慣。飲み物は白湯。おろし生姜をお椀に入れてから、おみおつけを注ぐ。
これにドライフルーツをつけたり。大変健康的。

| | コメント (0)


今日は伊勢原の雨岳自然の会の梅もぎに参加。
伊勢原に代々続く庄屋さんの建物のある雨岳文庫は、屋敷の周囲に沢山の梅の木、その下には茶の木が広がる。
古い梅林で採れる梅は肉厚でとてもよい。

自然の会のニューアイドルのわんこが来ていたり、ぽん菓子の実演販売をしていたり。

調子にのってたくさん梅を採ってしまったので、明日会社であげるとしよう。

| | コメント (0)


いんげんのサラダ
ニラ玉
しらすおろし
を、白湯で頂く。
クリニックの指導に基づく地味ごはん。

昨日先生に「食事制限苦しいけど守ってますよー。一番辛いのが『餅系』です。」というと、「そこですかー?」と可笑しそうに笑われた。

ネバネバ系はアーユルヴェーダでは消化に負荷が高いので、しばらく禁止。肉と魚も同様にできるだけ食べていない。(たしかに食べた瞬間は美味しいけど、消化に時間がかかっているのを実感する。)

お酒もやむない会食以外は飲めないし、せめておやつには好きなものでも。。と思った時、意外に自分の好みが餅系和菓子なんだなあーと改めて知りました。

| | コメント (0)


冬に行った佐原でのワークショップの帰り、道の駅で何気なく買ったこの醤油が、とても美味しかったので驚いている。
ネットショップで買おうと思ったら品切れ中であった。
勿体ないので冷蔵庫にしまい、ちびちびと大切に使っている。

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

アーユルヴェーダな生活


昨日セミナーの前に虎ノ門の丁子屋で毎月開かれている[懐古布]という、中古の着物の販売会をのぞいた。サイズさえ合えばとてもお得なのである。
8000円ででていたグレーの紬、あまり品質は良くないけど、現代風で我ながら似合う。普段のお稽古用にと購入した。
うちにある帯との相性も良くてなかなか。あれこれあわせてみてにまにまする土曜の朝である。

| | コメント (0)


蕪の煮物
レンズ豆のサラダ
しらすを海苔で巻いて
ホワイトアスパラの瓶詰めをマヨネーズで。

夕方クリニックの再診があった。状態はしごく良好で、もうしばらくこの治療を続ける予定。

体重は2ヶ月半で5kg無理なく落ち、しつこい頭痛も姿を消した。
もちろん、食べる量もお酒も激減したので、だからだと言われちゃうんだろうけれど。
その後先生の本を読んだり自分なりに理解し納得している。

……………………………
以前コメントに質問がありましたので掲載しておきます。
私が通院しているのは、日本で初めてのマハリシアーユルヴェーダのクリニック、マハリシ南青山プライムクリニックです。。費用はエステサロンのチケットをローンで購入する並みにかかるので、私は貯金から医療費を家計から別枠で口座に移しています。(家計から支出すると心折れる金額のため。)

しかしアーユルヴェーダの知恵は、様々な代替療法を見てきた私にも実に納得するところ多く。すっかりアーユルヴェーダ的生活習慣にはまっています。
治療が完了したら、自分で調整できるように目下猛烈に勉強中です。

| | コメント (2)

2016年6月10日 (金)

久しぶりのパスタ


前職での先輩を訪ねて行き、六本木でランチをご馳走になった。ちゃんとしたイタリアンのパスタ、久々だ。
いつも適切で示唆に富んだアドバイスを頂く先輩に感謝の一言に尽きる。

夜はとある異業種交流兼懇親会に参加。

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

サラリーマンな飲み会


商談の帰り浜松町の煌味屋にて田舎そば。
ここのぶっとい蕎麦大好き。
若い部下にも好評でちょっと嬉しい。

| | コメント (0)


定期ミーティングのあと、八重洲の居酒屋で一献。
こんなサラリーマンなお酒、最近はあまりやっていなかったので、ちょっと懐かしい。

社内風土に違和感を感じることも多いのだけど。現場の人達と話すと、どんな会社でもどんな社風でも、人間って変わらないものなんだよね。楽しい酒でした。

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

新しい東京、昔ながらの東京


今週訪問した大手町JXビル前の景色。
素敵な建物が写ってる、何だろう!と思ったら、ただの道路標識だった。エッシャーのだまし絵みた気分。

それにしても大手町は再開発が進み、まるで別の国のようだ
そして、綺麗な百合を植栽にしても誰もドロボーしないとは。日本も豊かになったんだなあ、と思う私。

| | コメント (2)


大手町の永楽ビルの地下にて祖谷そば。
讃岐うどんのお店で見つけた祖谷そば。
行ってみたい場所のひとつだけれど、しばらくは仕事も忙しいしお預けだなあ。

| | コメント (0)


夜、一杯やろうかと茅場町界隈を歩いていると、日枝神社のお祭りが近いということで、あちこちにこんなのがある。

丁度再開発途上の街ゆえ、あちこち無人で取り壊しを待つビルが増え、昼間は活気のない街だけど。
日本橋にほど近い茅場町や八丁堀は、さすが江戸の本場。こんな街で仕事できるのも良いなあと思った。

| | コメント (0)


茅場町の鳥徳で今や20年越しの飲み友となったIと一献。やっぱ鳥徳、美味しいや。老舗はいいなあ。

帰り道iPhoneを見ると友人Kから遅い会議で疲れたか、一杯メッセージが入っていたので、鳥徳からフェイスタイムで電話して羨ましがらせればよかったかな。ふふふ。

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

朝パン、夜パン気分


兜町のシアトルズベストコーヒーにて。アボカドえびサンドとカフェオレ。

朝からものすごくパン気分だったので、パン心を満たした。とても美味しい。

| | コメント (0)


夜。残業モードなので、コレド日本橋に軽い晩ごはんを頂きに行く。
焼き上がりの素晴らしい香りを放つメゾンカイザーに惹かれて、イートインコーナーでスープをオーダーしてバジルのパンとクインニーアマンを食べた。
美味しかったけど、クインニーアマンが余計だったなあー。。

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

昔の仲間のありがたさ


夜、久々の仲良しの面々で、茅場町の牛幸にて、しゃぶQで一献。私はすき焼き食べたかったんだけどな。

二次会にはいつもの、霊岸橋のたもとにあるバーで遅くまで飲んで騒いだ。
師匠が写真の顔を加工するアプリを使ってみんなの顔をいじりまくり、上海のデブ君にLINEで送って羨ましがらせたり。

転職したけれど、昔ながらの友達は友達のままだし。ネットやSNSの関係もそのままだから、孤独を感じることもなくありがたいことである。

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

さよならテンちゃん


虎ノ門ヒルズのカフェでランチ。
いつも思うのですが、こういうこじゃれたカフェの所謂[カフェ飯]ってほんと美味しくない。町の昔ながらの定食やさんのご飯を見習ってほしいな。

呑気に写真などとって、心でぶつぶつ呟いていたけれど。
このあと実家に行き、瀕死の弟のねこ、テンちゃんに遭遇するのである。

| | コメント (0)


亡くなった母が残した最後のねこテンちゃんが18歳で大往生した。

前日弟にせがんでリード付きでテリトリーのお散歩をしたテン。弟が慌てて帰宅するのを待っている間、静かに自分の死を見据えているように見えた。
『犬猫』と、人より劣った物のようにいう人もいるけれど、テンちゃんの最後はとても立派で、尊厳のようなものを感じた。まるで私にねこの死に方と看とり方を教えているようで、病床の母を思い出した。

実は午前中、免許更新の講習を受けていたら、実家に行きたくていてもたってもいられなくなり。急遽実家に向かうと瀕死のテンちゃんがトイレの前で倒れているのを発見。

飲み屋でテンちゃんぬいぐるみをもらったり、会社で使ってる岩合さんのカレンダーが今週はテン似だなあーと思っていたり。思えばここ数日テンに呼ばれまくっていた訳で、ようやく間に合うことができた。

ねこがくれる幸せや居なくなる喪失感はものすごく大きくて。
あんなにちっちやいのに、ねこってすごいなあと改めて実感している。

| | コメント (0)


自宅に戻り控えめな晩ごはん。
レンズ豆のスープ
胡瓜の梅酢あえ
ズッキーニと卵のソテー(ちょっと盛り付けが汚い)

シンプルなレンズ豆のスープが秀逸に美味しい。
洗った豆を火にかけて、生姜、ターメリックを入れ15分ほど煮る。(私はカルダモンの香りが好きなので、それも入れた。)フライパンにオリーブオイルとクミンシードを入れて、熱を入れて香りを出す。(本当はギーが良い。またはひまわり油)

レンズ豆の鍋は塩で味付けして、クミンシードとオイルをじゅっとたらして終わり。

テンの臨終前、弟が戻ってきたので私は一旦外出。夜に戻り冷たくなったテンに再会した。
弟はさぞ辛いと思う。そしてそれは何年か後の自分の姿でもあるのだと、少し覚悟する夜である。

| | コメント (0)


玄関前にたたずむありし日のテンちゃん(左)とトラ子。

亡くなる数時間前から、外ねこで宿敵トラ子と、2ヶ月ほど前テンに大怪我をさせた流れ者の荒くれ黒猫が、ずっとうちの前でじっとしていた。ふたりとも、テンが旅立ちをすることをわかっているようだった。

本当にねこって不思議な生き物だ。

テンちゃんありがとう。お母さんによろしくね。さようなら。

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

人生の師匠


銀座のオーバカナルでカフェオレで一服。
気持ちの良い週末、久しぶりに銀座をのんびり散歩した。
カフェの上には骨董屋やギャラリーがあり、丁度京都とパリの絵画を展示していた。

わたしの好きな京都の景色がたくさん描かれている。パリの雨に濡れた街角の絵を見たら、旅に行く余裕がない日々もあいまって、胸がきゅっとなった。

| | コメント (0)


夜は新橋亭にて、中学の同窓会。
去年の会のあとFacebookでも繋がったり、個別に飲み会とかしていたので、何となくご近所の会合な感じ。

新卒で私たちを担当したという、まだお若くてとても素敵な先生が、数年前奥さまを亡くされていたとメンバーから聞いた。人は誰にも言わないけれど、何かしら心に苦しい思いを抱えて生きているものなのだなあ。

でもそんな辛いことを乗りこえたなんて微塵も感じさせず、明るく飲んでいる姿を見ていると、先日とある大学の教授を退官された時、沢山の学生が別れを惜しんだと言う話も頷ける。

私も先生のように、強く明るい人になりたい。今は人生の師であると思った。

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

宴会料理の苦悩


昔のプロジェクトメンバーの定例会で、青山のあおしまに行った。

コース料理は美味しかったけれど、実は食べてはいけないもの満載。

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

居酒屋ぼるが


茅場町の焼き鳥宮川にて。唐揚げ定食。

いつも行列が絶えない宮川にきてみた。お客さんの8割以上がオーダーしている唐揚げ。鳥自体は薄味で、かなり酸っぱい酢醤油をつけて食べる。

かりっとふわっと揚がった鳥は美味しいけど、私は近くの老舗鳥徳の方が好きかな。

| | コメント (0)


顧客訪問のあと、新宿のぼるがで部下と打ち合わせ兼ねて一杯やる。ここは前職の送別会の二次会でやってきて、全員がいたく気に入ったお店だ。

早い時間に入ってみたら、やっぱりなかなか侮れぬ味わいあるお店で、更に大いに気に入った。

メニューボードの下に、壁に直接書いてあるのもメニューなんですって。子供の落書きかと思ったよ。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »