« 懐かしのいそや | トップページ | 差し入れと大騒ぎの夜 »

2016年2月 3日 (水)


一番最後に出向していた会社メンバーでの送別会。お店は私の大好きな、田町のちろり。このお店にもとてもお世話になりました。
女将さんからお酒一升を差し入れ頂満面の笑みの私。

法人営業部門立ち上げ当初のメンバーが集まり、久々にハードに飲んでみんなヘロヘロになった。お約束のカラオケに行くと、その会社の若者達が歌っていた。そこになだれ込み大騒ぎで歌って飲んで。

この部署では5年、会社人生最長期間の部門在籍を経験。今では私にとって最も『心のふるさと』のような場所となった。私を呼んでくれた師匠に感謝してもしきれない。

でも最初に辞令を聞いたとき、「わー、何だかすごく私に似合わぬ会社であまり気乗りしない仕事だな。」と失礼ながら思ったのだけれど。

結果的にはとても勉強になったし、自分の中で指折りの記憶に残る仕事となった。案外自分の特性ってものは自分では判らぬものなのだと思う。

それにしても。
こうして毎日昼夜と会社生活の様々な局面で出会った人達と再会していると。ふと人が亡くなる時みたいって思う。ほらよく聞きませんか?人が亡くなり天に召される前、走馬灯のようにそれまでの人生のシーンが浮かぶと。
そしてそれぞれの経験から得たもの、反省点を神様に言うのだと。

最近の私は毎日そんな感じ。この作業を通じて、自分の人生が今までとは違うステージに変わろうとしている そんな風に思っているのです。

|

« 懐かしのいそや | トップページ | 差し入れと大騒ぎの夜 »

コメント

長い間お疲れ様でした。新しい環境で頑張るりきまるさんのことも応援させてください。

りきまるさんの笑顔にはっとしました。本当に素敵です。うまく表現できなくて申し訳ないのですが、将来、私もりきまるさんのような女性になりたいなって漠然とおもいました。

投稿: ねこ | 2016年3月 7日 (月) 16時58分

ねこさん、ありがとうございます♪でもねこさんは、もっともっと素敵な女性になってください!
送別会を通じて毎日沢山の反省と、でも結局その当時の私はそうするしかなかった未熟モンだったんだよね。。と納得したりしています。これからも反省と納得繰り返して生きていきそうですが。。
それが人生というものですかね。
引き続きよろしくお願いします(^-^)

投稿: りきまる | 2016年3月 9日 (水) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懐かしのいそや | トップページ | 差し入れと大騒ぎの夜 »